241 views

刑事ドラマ・内藤剛志の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 内藤剛志

内藤剛志
→ 画像検索はこちら

内藤剛志(ないとう たかし)は、日本の俳優、声優、タレント、司会者。

81か月連続で連続ドラマに出演という日本新記録を樹立。「連ドラの鉄人」と呼ばれます。
いまや刑事ドラマに欠かせない人物です。

このページでは、内藤剛志(ないとう たかし)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

内藤剛志の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1955年5月27日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin254です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い魔法使い 黄色い星 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い世界の橋渡し
互いに学びあう 反対kin 黄色い種
互いに秘かれあう 神秘kin 青い手
以てるもの同士の類似kin 赤い蛇
鏡の向こうのもう一人の自分 kin7
絶対反対kin kin124

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

ひとことでいえばKin254の誕生日占いは、いつも身辺を身軽にしておくことで明るく元気になるタイプです。自身が揺らぐときこそ、変化への動きを感じる。

広告

内藤剛志の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪市出身。父はNHKの技術職者、母は人形製作を行っていました。
両親はピアノ教室や児童劇団に通わせます。1966年にNHKのドラマ・横堀川に子役として出演したことがあります。

上京

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.5.27~ 18 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
1974.5.27~ 19 169 13 赤い月 赤い地球
1975.5.27~ 20 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
大阪の高校を卒業しジャズミュージシャンを目指し上京し飯田ジャズスクールに入学。しかしすぐにあきらめ日本大学芸術学部映画学科へ入学。
同級の長崎俊一と自主映画の制作を開始。多数の自主映画で主演を勤めます。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に上京。日本大学で多数の自主映画を作ります。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.5.27~ 25 19 6 青い嵐 白い魔法使い
1981.5.27~ 26 124 7 黄色の種 白い鏡
1982.5.27~ 27 229 8 赤い月 白い風
文学座研究所を経て、1980年に映画『ヒポクラテスたち』でデビュー。日本大学は中退。
以後、テレビドラマ、映画を中心に活動、地道に芸能活動を続けます。
80年代は刑事ドラマなどで悪役、犯人役を演じることが多かった。

1982年に帽子デザイナーの女性と結婚。1983年に長女誕生。

ウェブスペルの色が白色の半ばに映画『ヒポクラテスたち』でデビュー。
白色の後半に結婚し翌年に長女誕生。

知名度UP

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.5.27~ 36 134 4 白い魔法使い 青い猿
1992.5.27~ 37 239 5 青い嵐 青い鷲
1994.5.27~ 39 189 7 赤い月 青い夜
1991年にドラマ『ホテルウーマン』に沢口靖子演ずるホテル従業員の上司役。
1992年にドラマ『ウーマンドリーム』に裕木奈江演ずるアイドル歌手の事務所のマネージャー役。
1994年にドラマ『家なき子』で安達祐実演じる主人公をいじめる父役を演じます。高視聴率が話題となり知名度UP。

ウェブスペルの色が青色の半ばにドラマ『家なき子』に出演し知名度UP。

連ドラの鉄人

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.5.27~ 40 34 8 白い魔法使い 青い手
1996.5.27~ 41 139 9 青い嵐 青い猿
2001.5.27~ 46 144 1 黄色の種 黄色の種
1995年1月 – 2001年9月にかけて、27クール(6年9か月・81か月)連続で連続ドラマに出演という日本新記録を樹立。
「連ドラの鉄人」と呼ばれるようになった。

1996年から『女神の天秤』で関口宏と司会を担当、タレント活動を開始。

ウェブスペルの色が青色の後半より黄色の始めにかけ連続で連続ドラマに出演。「連ドラの鉄人」と呼ばれるようになった。また、タレントとして活動を開始。

刑事ドラマ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.5.27~ 49 199 4 青い嵐 黄色い戦士
2012.5.27~ 57 259 12 青い嵐 黄色い星
2017.5.27~ 62 4 4 黄色の種 赤い竜
2004年から『科捜研の女』で熱血刑事・土門薫役。
2012年から『警視庁・捜査一課長』で主演の大岩純一役。
2017年から『十津川警部シリーズ』で主演の十津川役。

刑事ドラマに出演することが多く2016年2月で自身が刑事を演じたドラマは32作。

ウェブスペルの色が黄色の前半より『科捜研の女』で熱血刑事・土門薫役など刑事ドラマに刑事役で出演することが多くなります。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.5.27~ 64 214 6 白い魔法使い 赤い月
2020.5.27~ 65 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
2021.5.27~ 66 164 8 黄色の種 赤い地球
内藤剛志の現在は、ウェブスペルの色が赤色の半ばに当たります。
64才の時はKin214。閉じ込められたり拘束されたりするのを嫌がる年です。

  • 音6は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないです。束縛されることを嫌います。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

人も金も集まってくる。我を通すと災いになる。

内藤剛志のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の最後付近に上京。日本大学で多数の自主映画を作ります。
白色の半ばに映画『ヒポクラテスたち』でデビュー。
白色の後半に結婚し翌年に長女誕生。
青色の半ばにドラマ『家なき子』に出演し知名度UP。
青色の後半より黄色の始めにかけ連続で連続ドラマに出演。「連ドラの鉄人」と呼ばれるようになった。また、タレントとして活動を開始。
黄色の前半より『科捜研の女』で熱血刑事・土門薫役。刑事ドラマに刑事役で出演することが多くなります。


参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

木村多江
木村多江(きむら たえ)は、日本の女優。ドラマ『リング』『らせん』で山村貞子役で注目を集めます。その後、演じた役柄から「日本一不幸役が板につく女優」と称され、同世代女優とは異なるポジションを確立。

続きを読む


キムラ緑子
キムラ緑子(キムラ みどりこ)は、日本の女優。長く劇団M.O.P.の看板女優として活躍。2000年頃からテレビにも進出。朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めます。

続きを読む


角田光代
角田光代(かくた みつよ)は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。読みやすい文体で家族や恋愛をテーマにした作品を発表し若い女性から支持を得ます。『対岸の彼女』で直木賞を受賞。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


岩田聡
岩田聡(いわた さとる)は、日本のゲームクリエイター。任天堂の4代目社長で、HAL研究所社長なども歴任。プログラマーとして数々の逸話を持つ人物。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin254)

イモトアヤコ
イモトアヤコの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。イモトアヤコは、お笑いタレント、女優。本名は井本絢子(いもと あやこ)。愛称は珍獣ハンター・イモト。『世界の果てまでイッテQ!』の企画で一躍注目を集めます。トレードマークは太いまゆげ。

続きを読む


庵野秀明
庵野秀明(あんの ひであき)は、アニメーター、映画監督、実業家。代表作に『新世紀エヴァンゲリオン』『トップをねらえ!』『ふしぎの海のナディア』などがあります。

続きを読む


矢沢永吉
矢沢永吉(やざわ えいきち)は、ロックミュージシャン。伝説のバンドと称される「キャロル」を経て、ソロデビュー。ロック系大衆音楽界ビジネスの開祖的存在です。

続きを読む


速水もこみち
速水もこみち(はやみ もこみち)は、日本の俳優。俳優としてドラマ『ごくせん』でブレイク。以降、ドラマで主演が多くなります。2011年より料理コーナー「MOCO'Sキッチン」を担当。

続きを読む


周防正行
周防正行(すお まさゆき)は、日本の映画監督、脚本家。代表作に『シコふんじゃった。』『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』などあります。

続きを読む


関連記事 (俳優)

大森南朋
大森南朋(おおもり なお)は、日本の俳優。妻は女優の小野ゆり子。ドラマ『ハゲタカ』で主演を行い知られる存在となります。2019年にドラマ『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』で民放連続ドラマ初主演。

続きを読む


小日向文世
小日向文世(こひなた ふみよ)は、日本の俳優。19年間「オンシアター自由劇場」に在籍。劇団は解散し映画・テレビドラマに端役で出演。テレビドラマ「HERO」のレギュラーに抜擢されたのを機に人生が変わります。

続きを読む


前田吟
前田吟(まえだ ぎん)は、日本の俳優。映画『男はつらいよ』、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』で長く活躍。大河ドラマへの起用も多く、しぶとい悪役として好演。

続きを読む


成宮寛貴
成宮寛貴(なりみや ひろき)は俳優。宮本亜門の舞台で俳優デビュー。ドラマ『ごくせん』や『ブラッディ・マンデイ』などで知られる存在となります。ドラマ『相棒』では甲斐享役で出演。大人気となります。

続きを読む


ディーン・フジオカ
ディーン・フジオカは、日本の俳優、ミュージシャン、モデル、映画監督。2015年に放送されたNHK連続テレビ小説『あさが来た』で五代友厚役を演じブレイクします。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事