389 views

剣劇女優・浅香光代の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 浅香光代

浅香光代
→ 画像検索はこちら

浅香光代(あさか みつよ)は、日本の剣劇女優。

「浅香光代一座」を発足し戦後の女剣劇全盛時代を創りあげます。
野村沙知代と「ミッチー・サッチー騒動」で新語・流行語大賞トップテンに入賞。

2020年12月13日に亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。

このページでは、浅香光代(あさか みつよ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

浅香光代の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1928年2月20日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin183です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い夜 青い夜 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い空歩く人
互いに秘かれあう 神秘kin 白い鏡
以てるもの同士の類似kin 黄色い戦士
鏡の向こうのもう一人の自分 kin78
絶対反対kin kin53

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

ひとことでいえばKin183の誕生日占いは、自分の考えを持っており自分の世界をしっかり持っているタイプです。進行を妨げられたら計画を温めなおすこと。

広告

浅香光代の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京の神田出身。本名は北岡昭子(きたおか しょうこ)。

新生国民座

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1937.2.20~ 9 88 10 黄色い星 青い嵐
1938.2.20~ 10 193 11 赤い空歩く人 青い夜
1939.2.20~ 11 38 12 白い鏡 青い手
1937年に映画界で活躍していた浅香新八郎、森静子らの舞台劇団「新生国民座」に入ります。
座長の浅香新八郎から芸名・浅香光代を贈られます。

ウェブスペルの色が青色の後半に舞台劇団「新生国民座」に入団。芸名・浅香光代となった。

浅香光代一座

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1944.2.20~ 16 43 4 青い夜 黄色い太陽
1945.2.20~ 17 148 5 黄色い星 黄色の種
1946.2.20~ 18 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
1944年に座長の浅香新八郎が急逝。
新生国民座は解散することになり、浅香は担がれ「浅香光代一座」を発足。
新生国民座からのプログラム演目を引き継いだものの人気はしばらく低迷します。

ウェブスペルの色が黄色の前半に「新生国民座」は解散となり「浅香光代一座」を発足。

女剣劇の復活

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1947.2.20~ 19 98 7 白い鏡 黄色い人
1948.2.20~ 20 203 8 青い夜 黄色い戦士
1949.2.20~ 21 48 9 黄色い星 黄色い太陽
戦中に禁止されていた女剣劇が戦後復活すると話題になります。
1948年に浅草松竹演芸場に出演し「一本刀土俵入り」を公演。女剣劇で人気を取り戻していきます。

19才の時に30歳以上年上の政治家と不倫。未婚のまま2人出産したと2013年に週刊誌で公表。
20才台に出産。総理大臣、副総理を歴任した故人で子にも父の名は明かしていないといいます。

ウェブスペルの色が黄色の後半から女剣劇を公演し人気を取り戻していきます。

女剣劇全盛時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1954.2.20~ 26 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
1955.2.20~ 27 158 2 白い鏡 赤い地球
1956.2.20~ 28 3 3 青い夜 赤い竜
やがて浅香光代一座は浅草や新宿などの芝居小屋で専属など長期興行を張る中堅人気劇団へ成長。
浅香光代一座にはてんぷくトリオで有名になる戸塚睦夫・三波伸介などが在籍。

1955年に大江美智子、不二洋子らと共に女剣劇全盛時代を創りあげます。

ウェブスペルの色が赤色になり女剣劇全盛時代を創りあげます。

演劇舞踊浅香流

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1964.2.20~ 36 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1965.2.20~ 37 168 12 黄色い星 赤い地球
1979.2.20~ 51 78 13 白い鏡 白い世界の橋渡し
1964年より映画、1965年よりテレビドラマに出演。

1979年に「演劇舞踊浅香流」を創始。多くの門弟の指導にあたります。

ウェブスペルの色が白色の最後の年に「演劇舞踊浅香流」を創始。

ミッチー・サッチー騒動

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.2.20~ 71 98 7 白い鏡 黄色い人
2000.2.20~ 72 203 8 青い夜 黄色い戦士
2004.2.20~ 76 103 12 青い夜 黄色い人
野村克也の妻・野村沙知代に剣劇を教え舞台で共演していました。
浅香光代が1994年よりレギュラー出演し降板する最後の日だった1999年3月末のTBSラジオ『大沢悠里のゆうゆうワイド』で野村沙知代を批判。
野村沙知代は浅香の内縁の夫である世志凡太(せし ぼんた)をかつぎ出して反撃。連日「ミッチーVSサッチー」と民放各局のワイドショーで取り上げられます。
「ミッチー・サッチー」は1999年の新語・流行語大賞トップテン入賞。浅香光代は若い世代でも知られる存在となった。
ミッチー・サッチー騒動は2004年に野村沙知代に対する名誉毀損で110万円の支払い命令を受け終息。

ウェブスペルの色が黄色の半ばにミッチー・サッチー騒動で新語・流行語大賞トップテンに入賞。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.2.20~ 89 168 12 黄色い星 赤い地球
2018.2.20~ 90 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
2020.2.20~ 92 223 2 青い夜 白い風
2017年12月に野村沙知代が死去。騒動後は全く交流はなかったといいます。
2018年の90才の誕生日に卒寿を祝う会を都内のホテルで行い萩本欽一など300名の前で元気に挨拶。
2020年12月13日にすい臓がんで死去。

ウェブスペルの色が白色の始めころにすい臓がんで亡くなりました。

浅香光代のまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

青色の後半に舞台劇団「新生国民座」に入団。芸名・浅香光代を命名。
黄色の前半に「新生国民座」は解散となり「浅香光代一座」を発足。
黄色の後半から女剣劇を公演し人気を取り戻していきます。
赤色になり女剣劇全盛時代を創りあげます。
白色の最後の年に「演劇舞踊浅香流」を創始。
2度目の黄色の半ばにミッチー・サッチー騒動で新語・流行語大賞トップテンに入賞。
2度目の白色の始めころにすい臓がんで亡くなりました。

参考文献

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

伊藤健太郎
伊藤健太郎(いとう けんたろう)は、日本の俳優。雑誌、広告を中心にモデルとして活動後に俳優に転身。2019年後期の朝の連続テレビ小説『スカーレット』に出演し高評価。

続きを読む


平山あや
平山あや(ひらやま あや)は、日本のタレント、女優、元グラビアアイドル。夫は俳優の速水もこみち。第23回ホリプロタレントスカウトキャラバンで約38000人の応募者の中からグランプリを獲得し芸能界入り。

続きを読む


本仮屋ユイカ
本仮屋ユイカ(もとかりや ユイカ)は、日本の女優。2005年の朝の連続テレビ小説『ファイト』ではヒロイン役を1154人の中のオーディションから勝ち抜きます。『王様のブランチ』の4代目女性総合司会を担当。

続きを読む


優香
優香(ゆうか)は、日本のタレント・女優。夫は俳優の青木崇高。ホリプロからスカウトされデビュー。ジョージアのCMに飯島直子と共演しブレイク。志村けんとはデビュー当初より共演。バカ殿様の優香姫で有名。長く『Qさま!!』の司会を担当。

続きを読む


川平慈英
川平慈英(かびら じえい)は、日本のタレント、スポーツキャスター。別名はジェイ・カビラ。長兄はタレントのジョン・カビラ。「ムムッ!」「いいんです!」の決まり文句。楽天カードマンでも有名。熱狂的なサッカー好きで知られています。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin183)

モンキー・パンチ
モンキー・パンチは、日本の漫画家。本名は加藤一彦(かとう かずひこ)。代表作に『ルパン三世』・『一宿一飯』など。本名は加藤一彦(かとう かずひこ)。

続きを読む


村山聖
村山聖(むらやま さとし)は、日本の将棋棋士、九段(追贈)。「羽生世代」と呼ばれる棋士の一人。29才の若さで癌で亡くなります。将棋漫画のモデルとして取り上げられます。

続きを読む


山田洋次
山田洋次さんは、映画監督、脚本家。映画「男はつらいよ」は大ヒットシリーズとなり48作まで作られ、毎年お盆と暮れの興行は日本人の風物詩、国民的映画とまで言われました。

続きを読む


檀れい
檀れい(だん れい)は、日本の女優。元宝塚歌劇団の月組・星組トップ娘役。元夫は俳優の及川光博。宝塚歌劇団を退団後は女優として活躍。

続きを読む


宮本信子
宮本信子(みやもと のぶこ)は、日本の女優、歌手。夫の伊丹十三監督の映画『お葬式』でブレイク、続く『マルサの女』で大ブレイク。長男は俳優の池内万作。

続きを読む


関連記事 (女優)

岩下志麻
岩下志麻(いわした しま)は、日本の女優。松竹の看板女優の一人として活躍。『極道の妻たち』シリーズの初代「極妻」として有名。メナードのCMに長く出演、専属タレント契約の最長記録としてギネス認定。

続きを読む


鈴木京香
鈴木京香(すずき きょうか)は、日本の女優。連続テレビ小説 『君の名は』のヒロイン真知子役を演じ広く知られる存在になります。三谷幸喜作品の常連出演者。

続きを読む


南野陽子
南野陽子(みなみの ようこ)は、女優、タレント、歌手。愛称はナンノ。1985年に『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主役を演じ、一躍トップアイドルの座を獲得。

続きを読む


本仮屋ユイカ
本仮屋ユイカ(もとかりや ユイカ)は、日本の女優。2005年の朝の連続テレビ小説『ファイト』ではヒロイン役を1154人の中のオーディションから勝ち抜きます。『王様のブランチ』の4代目女性総合司会を担当。

続きを読む


大場久美子
大場久美子(おおば くみこ)は日本の女優、歌手。1970年代アイドル。「コメットさん」で主演を演じ全国に知られる存在になります。アイドルを卒業し女優として活躍。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ