346 views

剣客ブーム・柴田錬三郎の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 柴田錬三郎

柴田錬三郎
出典:wikipedia.org 1951年

柴田錬三郎(しばた れんざぶろう)は、日本の小説家。

歴史小説に新風を送った人物。戦国・幕末を扱った作品が多く、剣客ブームを巻き起こした。
亡くなった後に業績をたたえ柴田錬三郎賞が創設された。

このページでは、柴田錬三郎(しばた れんざぶろう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

柴田錬三郎の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1917年3月26日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin102です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 黄色い人 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin159
絶対反対kin kin232

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin102の誕生日占いは、機転が利き、回転の早いタイプです。体が弱い面もあります。過度な欲望を持つな。苦労性。

広告

柴田錬三郎の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

現・岡山県備前市の地主・柴田知太の三男として生まれます。父は日本画家でもありました。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1938.3.26~ 21 227 6 青い手 白い風
1939.3.26~ 22 72 7 黄色い人 白い世界の橋渡し
1940.3.26~ 23 177 8 赤い地球 白い犬
旧制中学校を卒業後、上京し慶応大学に進学。最初は医学部に在籍、半年後に文学部へ移ります。
大学3年の1938年に『十円紙幣』でデビュー。
1940年に齋藤栄子と結婚。婿養子となり齋藤錬三郎と名乗ります。同年、大学を卒業。
「魯迅」に傾倒し大学の卒業論文は『魯迅論』でした。

ウェブスペルの色が白色の半ばに『十円紙幣』でデビュー。

召集

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1942.3.26~ 25 127 10 青い手 白い鏡
1944.3.26~ 27 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
1945.3.26~ 28 182 13 白い風 白い犬
1942年に召集。医学部に在籍していたことから衛生兵になります。
1945年に輸送船で衛生兵として南方へ派遣される途中、撃沈。7時間漂流のあと奇跡的に救出されます。

ウェブスペルの色が白色の後半に召集され衛生兵になります。
白色の最後の年に乗っていた輸送船が撃沈。奇跡的に救出されます。

日本読書新聞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1946.3.26~ 29 27 1 青い手 青い手
1948.3.26~ 31 237 3 赤い地球 青い鷲
1949.3.26~ 32 82 4 白い風 青い嵐
戦後、日本読書新聞の再刊に田所太郎、大橋鎭子らとたずさわります。
編集長となり大衆小説を乱作した後、1949年に文筆活動に入ります。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に日本読書新聞の再刊に尽力。

直木賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1951.3.26~ 34 32 6 黄色い人 青い手
1952.3.26~ 35 137 7 赤い地球 青い猿
1953.3.26~ 36 242 8 白い風 青い鷲
1951年に『デス・マスク』が第25回芥川賞・第25回直木賞候補に入ります。
1952年に『イエスの裔』で第26回直木賞を受賞。しかし松本清張らと共に賞はとったものの食えない時期が続きます。
その後、『別冊文芸春秋』から小説の注文があり、本格的な文筆活動に入ります。

ウェブスペルの色が青色の半ばに『イエスの裔』で第26回直木賞を受賞。

『眠狂四郎』シリーズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1956.3.26~ 39 37 11 赤い地球 青い手
1957.3.26~ 40 142 12 白い風 青い猿
1958.3.26~ 41 247 13 青い手 青い鷲
その後、時代小説を次々と発表。
1956年より『眠狂四郎』シリーズを連載。剣豪小説の一大ブームを巻き起こし、柴田錬三郎は「剣豪作家」のイメージが定着。
俳優の田村正和を高く評価し舞台、TVドラマで眠狂四郎役に抜擢。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に『眠狂四郎』シリーズを連載。剣豪小説の一大ブームを巻き起こした。

直木賞の選考委員

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1966.3.26~ 49 47 8 青い手 黄色い太陽
1967.3.26~ 50 152 9 黄色い人 黄色の種
1968.3.26~ 51 257 10 赤い地球 黄色い星
1969.3.26~ 52 102 11 白い風 黄色い人
1966年から直木賞の選考委員を務めます。
1969年に『三国志英雄ここにあり』で第4回吉川英治文学賞を受賞。

ウェブスペルの色が黄色の後半より直木賞の選考委員を務めます。
黄色の最後付近に吉川英治文学賞を受賞。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1976.3.26~ 59 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
1977.3.26~ 60 162 6 白い風 赤い地球
1978.3.26~ 61 7 7 青い手 赤い竜
その後、随筆・エッセイも多数発表。
テレビ番組への出演も晩年まで積極的に行い、文化人タレント的な一面を持っていました。
直木賞の選考委員は1977年まで務めます。
1978年6月30日に肺性心のために亡くなりました。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに亡くなりました。

柴田錬三郎のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色で流れを見てみると

白色の半ばに『十円紙幣』でデビュー。
白色の後半に召集され衛生兵になります。
白色の最後の年に乗っていた輸送船が撃沈。奇跡的に救出されます。
青色の始めの年に日本読書新聞の再刊に尽力。
青色の半ばに『イエスの裔』で第26回直木賞を受賞。
青色の最期付近に『眠狂四郎』シリーズを連載。剣豪小説の一大ブームを巻き起こした。
黄色の後半より直木賞の選考委員を務めます。
黄色の最後付近に吉川英治文学賞を受賞。
赤色の半ばに亡くなりました。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

池田勇人
池田勇人(いけだ はやと)は、日本の政治家。第58・59・60代内閣総理大臣。吉田茂の右腕として頭角を現します。総理在任中に所得倍増計画を発表。東京オリンピック開催など、高度経済成長期を代表する政治家。

続きを読む


木村多江
木村多江(きむら たえ)は、日本の女優。ドラマ『リング』『らせん』で山村貞子役で注目を集めます。その後、演じた役柄から「日本一不幸役が板につく女優」と称され、同世代女優とは異なるポジションを確立。

続きを読む


キムラ緑子
キムラ緑子(キムラ みどりこ)は、日本の女優。長く劇団M.O.P.の看板女優として活躍。2000年頃からテレビにも進出。朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めます。

続きを読む


角田光代
角田光代(かくた みつよ)は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。読みやすい文体で家族や恋愛をテーマにした作品を発表し若い女性から支持を得ます。『対岸の彼女』で直木賞を受賞。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin102)

長谷川町子
長谷川町子さんは、日本初の女性プロ漫画家として知られています。代表作のサザエさんは1969年から放送されたアニメ長寿番組で平均視聴率が20%前後と非常に高い国民的な番組です。

続きを読む


GACKT
GACKT(ガクト)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。「芸能人格付けチェック!」で一流芸能人に分類されるほどの正解率を誇ります。

続きを読む


林修
林 修(はやし おさむ)は、東進予備校の講師。担当は現代文。「いつやるか? 今でしょ!」は2013年に「新語・流行語大賞」の年間大賞と2013年度ネット流行語大賞金賞を受賞した。

続きを読む


松下由樹
松下由樹(まつした ゆき)は、日本の女優。映画『アイコ十六歳』のオーディションに合格し女優デビュー。ドラマ『ナースのお仕事』で準主演。バラエティ『ココリコミラクルタイプ』にレギュラー出演。

続きを読む


益子直美
益子直美(ますこ なおみ)は、日本のタレント、元バレーボール全日本代表選手。『トップランナー』の司会を大江千里と共に務めます。近年はバレーボールの指導者として現場に復帰。

続きを読む


関連記事 (作家)

小林多喜二
小林多喜二(こばやし たきじ)は、日本のプロレタリア文学の代表的な作家、小説家。代表作に「蟹工船」などあります。29才の若さで壮絶な尋問を受け亡くなりました。

続きを読む


松本清張
松本清張(まつもと せいちょう)は日本の小説家。社会派推理小説という新分野を開拓。松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こした人物です。

続きを読む


林真理子
林真理子(はやし まりこ)は、日本の小説家、エッセイスト。コピーライターを経てエッセイストとしてデビュー。「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞を受賞。

続きを読む


池井戸潤
池井戸潤は、日本の小説家。1998年に果つる底なきで江戸川乱歩賞受賞し小説家デビュー。半沢直樹、ルーズヴェルト・ゲーム、下町ロケットと作品が映像化されることが多い作家です。

続きを読む


ルイス・キャロル
ルイス・キャロルは、イギリスの数学者、論理学者、写真家、作家、詩人。『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』の作者として知られています。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事