427 views

北の国からで蛍役・中嶋朋子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 中嶋朋子

中嶋朋子
→ 画像検索はこちら

中嶋朋子(なかじま ともこ)は、日本の女優、ナレーター、エッセイスト。

『北の国から』で黒板蛍役。兄役の吉岡秀隆とともに人気を博します。
20才を機にセクシー路線に転向した時期もありました。
40才になり重厚な語り口の朗読活動をメインワークにシフト。

このページでは、中嶋朋子(なかじま ともこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 北の国から・倉本聰の誕生日占いと人生

中嶋朋子(なかじま ともこ)の誕生日占い

生年月日:1971年6月5日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin123です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い夜 白い鏡 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い空歩く人
互いに秘かれあう 神秘kin 白い鏡
以てるもの同士の類似kin 黄色い戦士
鏡の向こうのもう一人の自分 kin138
絶対反対kin kin253

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

ひとことでいえばKin123の誕生日占いは、マイペース、鉄の意志、信念の強さを持っているタイプです。見極めがつかないことはこれから伸びる可能性あり。

広告

中嶋朋子(なかじま ともこ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都出身。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.6.5~ 2 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1974.6.5~ 3 178 9 白い鏡 白い犬
1975.6.5~ 4 23 10 青い夜 白い魔法使い
2才の時に子役デビュー。
1975年に劇団ひまわりに入団。

ウェブスペルの色が白色の後半に子役デビュー。

北の国から

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.6.5~ 10 133 3 赤い空歩く人 青い猿
1982.6.5~ 11 238 4 白い鏡 青い鷲
1983.6.5~ 12 83 5 青い夜 青い嵐
1981年から2002年までの『北の国から』で黒板蛍を演じ兄役の吉岡秀隆とともに人気を博します。

ウェブスペルの色が青色の前半に『北の国から』で黒板蛍役。吉岡秀隆とともに人気を博します。

映画初主演・初舞台

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.6.5~ 16 243 9 青い夜 青い鷲
1988.6.5~ 17 88 10 黄色い星 青い嵐
1989.6.5~ 18 193 11 赤い空歩く人 青い夜
1988年に映画『四月怪談』で国下初子役。映画初主演。
同年、『ロミオとジュリエット』でジュリエット役で初舞台。
1990年に映画『つぐみ』でブルーリボン賞助演女優賞を受賞。

ウェブスペルの色が青色の後半に『四月怪談』で映画初主演。『ロミオとジュリエット』で初舞台。

セクシー路線

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.6.5~ 20 143 13 青い夜 青い猿
1992.6.5~ 21 248 1 黄色い星 黄色い星
1993.6.5~ 22 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
10代後半は清純派の役が多かったが20才になりグラビアに披露。
1991年に映画『あさってDANCE』で主演の日比野綾役。
カルピスのCMなども行い、セクシー路線に転向した時期もありました。

ウェブスペルの色が黄色になりグラビアに披露したりセクシー路線に転向した時期もありました。

できちゃった婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.6.5~ 26 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
1998.6.5~ 27 98 7 白い鏡 黄色い人
1999.6.5~ 28 203 8 青い夜 黄色い戦士
1998年に6歳年上のヘアメークアーティストと入籍。
入籍時に妊娠7カ月。同年男児を出産。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに結婚。男児に恵まれます。

重厚な語り口

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.6.5~ 40 163 7 青い夜 赤い地球
2012.6.5~ 41 8 8 黄色い星 赤い竜
2013.6.5~ 42 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
40代になってからは舞台劇出演のほかに、『ラジオシアター 文学の扉』などの朗読活動をメインワークとなった。
声の低さに重きを置いた重厚な語り口へとシフト。

ウェブスペルの色が赤色の半ばから重厚な語り口の朗読活動をメインワークにシフト。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.6.5~ 50 173 4 赤い空歩く人 白い犬
2022.6.5~ 51 18 5 白い鏡 白い魔法使い
2023.6.5~ 52 123 6 青い夜 白い鏡
中嶋朋子の現在は、ウェブスペルの色が白色の前半に当たります。
50才の時はKin173。自分は何を求めているかを探し、求めることをする年です。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。
  • 白い犬は、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝えます。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

順序良く進む。進む前に一人で歩けるように。

中嶋朋子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の後半に子役デビュー。
青色の前半に『北の国から』で黒板蛍役。吉岡秀隆とともに人気を博します。
青色の後半に『四月怪談』で映画初主演。『ロミオとジュリエット』で初舞台。
黄色になりグラビアに披露したりセクシー路線に転向した時期もありました。
黄色の半ばに結婚。男児に恵まれます。
赤色の半ばから重厚な語り口の朗読活動をメインワークにシフト。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。間違いがありましたらご連絡ください。修正します。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

イーロン・マスク
イーロン・リーヴ・マスクは、アメリカ合衆国の実業家、エンジニア、投資家。電気自動車企業テスラの共同創設者。宇宙開発企業スペースXの創設者。2022年の世界長者番付で1位となった人物。

続きを読む


ヒコロヒー
ヒコロヒーは、日本の女性お笑いタレント。芸風は仕掛けに頼らない一人コント。2021年から初の冠番組『キョコロヒー』が始まるなどテレビ出演が増え、2021年ブレイクタレントランキングで5位。

続きを読む


五島昇
五島昇(ごとう のぼる)は、日本の実業家。東急創業者の五島慶太の長男。拡大した東急グループを再編し、本業である鉄道業や運輸業と関連性の高い事業に特化。鉄道敷設を行うほか、沿線のリゾートや宅地開発に関しては父慶太が立案した通りに忠実にやり遂げます。

続きを読む


ウィル・スミス
ウィル・スミスは、、アメリカ合衆国の俳優、映画プロデューサー、ラッパー。俳優をする前はラッパーとして活動。その後、テレビ、映画に俳優として進出。出演作はジャンルを問わずメガヒットを放つ、アメリカを代表する「ドル箱俳優」のひとり。

続きを読む


前野朋哉
前野朋哉(まえの ともや)は日本の俳優、映画監督。大阪芸術大学で映画制作に携わります。役者業を勧められ続けます。2016年にCM『au三太郎シリーズ』で一寸法師役で出演し知られる存在になります。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin123)

羽生結弦
羽生結弦(はにゅう ゆづる)は仙台市出身のフィギュアスケート選手。主な戦績として、2018年ピョンチャンオリンピック、2014年ソチ五輪男子シングル優勝。国民栄誉賞の候補者。

続きを読む


葵わかな
葵わかな(あおい わかな)は日本の女優。2017年度下半期放送の連続テレビ小説『わろてんか』のヒロイン・藤岡てん役を演じた人物です。

続きを読む


鈴木敏夫
鈴木敏夫(すずき としお)は、日本の映画プロデューサー、編集者。徳間書店に入社。その後スタジオジブリに移籍。『魔女の宅急便』で日本テレビと提携しヒット。以降スタジオジブリの映画プロデューサーとして活躍。

続きを読む


渡辺直美
渡辺直美(わたなべ なおみ)は、日本の女性歌手、ピン芸人、お笑いタレント、女優。デビュー当初、ビヨンセのダンスのモノマネで「和製ビヨンセ」と呼ばれていました。

続きを読む


仲本工事
仲本工事(なかもと こうじ)は、日本のコメディアン、ミュージシャン。ザ・ドリフターズのメンバー。黒ぶちのメガネがトレードマーク。『8時だョ!全員集合』終了後は俳優としても活動。加藤茶、高木ブーと「こぶ茶バンド」のメンバー。

続きを読む


関連記事 (女優)

鈴木京香
鈴木京香(すずき きょうか)は、日本の女優。連続テレビ小説 『君の名は』のヒロイン真知子役を演じ広く知られる存在になります。三谷幸喜作品の常連出演者。

続きを読む


オードリー・ヘプバーン
オードリー・ヘプバーンはイギリス人でアメリカの女優で1950年代に映画で活躍しました。特に1953年の映画『ローマの休日』で主役を演じ絶賛されます。

続きを読む


宮崎美子
宮崎美子(みやざき よしこ)は、日本の女優、タレント。大学時代にカメラのCMで大きな話題を呼びます。その後、女優としての才能を開花させます。知識が豊富で「Qさま!!」で活躍しています。

続きを読む


橋本愛
橋本愛(はしもと あい)は、日本の女優、元ファッションモデル。「HUAHUAオーデション」でグランプリを受賞し芸能界デビュー。朝の連続テレビ小説『あまちゃん』にヒロインの親友・足立ユイ役で出演。

続きを読む


石田ゆり子
石田ゆり子(いしだ ゆりこ)は、俳優・歌手。高校生の時にスカウトされキャンペーンガールとして活躍。その後、女優と活躍。またアニメのアフレコにも挑戦します。『もののけ姫』サン役は有名です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ