3,853 views

演歌界の大御所「北島三郎」の人生を見てみる(占い鑑定)

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 北島三郎

記事公開日:2016年03月25日
最終更新日:2020年10月29日

北島三郎
出典:wikipedia.org

北島三郎(きたじま さぶろう)は、演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家。サブちゃんという愛称で呼ばれている。
数多くのヒット曲がある演歌の大御所。NHK紅白歌合戦に出場は歴代最多の50回。

自身の楽曲の作詞・作曲ばかりでなく自身の舞台のシナリオ・演出や、北島ファミリーはじめ、他の演歌歌手への楽曲提供など、マルチな活動を精力的に行っている。

競馬の馬主としても知られており、キタサンブラックは多くの賞を獲得。2018年1月に引退した。

2018年の紅白歌合戦に特別枠で出場。

このページでは、北島三郎(きたじま さぶろう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 昭和の歌姫「美空ひばり」の人生を見てみる
→ 演歌歌手「都はるみ」の誕生日占いと人生鑑定
→ 演歌歌手「石川さゆり」の誕生日占いと人生鑑定

北島三郎の基本情報

生年月日:1936年10月4日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin209(絶対拡張Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い月 赤い月 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い月
互いに学びあう 反対kin 青い嵐
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い人
以てるもの同士の類似kin 白い犬
鏡の向こうのもう一人の自分 kin52
絶対反対kin kin79

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

絶対拡張Kinですので世の中に物事を広めやすいです。

ひとことでいえばKin209の誕生日占いは、粘り強くがんばれるタイプです。その分野の第一人者になりやすいです。初心忘れず誠意と努力で最後までやり遂げる。

粘り強く演歌界での第一人者の北島三郎らしいKin番号ですね。同じKin番号に柔道の山下泰裕がいます。

広告

北島三郎の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

北海道上磯郡知内村(現:知内町)出身。
北海道函館西高等学校に進学。
高校在学中に函館で開催された『NHKのど自慢』に出場するが鐘2つだった。
司会の宮田輝から優しく声をかけられ歌手への目覚めの第一歩になったという。

流しの時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1954.10.4~ 18 19 6 青い嵐 白い魔法使い
1959.10.4~ 23 24 11 黄色の種 白い魔法使い
1960.10.4~ 24 129 12 赤い月 白い鏡
1961.10.4~ 25 234 13 白い魔法使い 白い風
1954年 18歳で高校を卒業後、東京の親族を頼って上京

当初は音楽学校に入学するが歌謡曲志向のために渋谷を拠点に流しの仕事をしながらデビューを目指す
「流し」とは楽器を持って酒場などを回り、客のリクエストに応えて客の歌の伴奏をしたり、歌を歌う人のことです。

1959年 結婚
1960年 流しを行っている時に客から船村徹(作曲家)を紹介される

この時のことを振り返り北島は「こういうちょっとした出会いなんだけど、わずかな出会いが人生で物凄い出会いになってくる」と語っている。これを契機に船村門下となり、レッスンの日々となる。

1961年 ステージ度胸をつけさせるため漫才コンビでのステージも経験

ウェブスペルの色が白色のことでした。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1962.10.4~ 26 79 1 青い嵐 青い嵐
1963.10.4~ 27 184 2 黄色の種 青い夜

1962年に「ブンガチャ節」でデビュー。不発で終わった。
セカンドシングルの「なみだ船」がヒット。公称でミリオンセラー、出世作となります。
1963年に日本クラウンの設立と同時に同社へ移籍。美空ひばりと共に名を連ねる。紅白歌合戦に初出場。

ウェブスペルの色が青に変わりました。青の始めにデビューを果たします。

人気確立

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1965.10.4~ 29 134 4 白い魔法使い 青い猿
1966.10.4~ 30 239 5 青い嵐 青い鷲
1968.10.4~ 32 189 7 赤い月 青い夜
1972.10.4~ 36 89 11 赤い月 青い嵐

1965年に「兄弟仁義」「帰ろかな」「函館の女」が大ヒットし、演歌歌手として認められます。
1966年に「兄弟仁義」は東映で映画化され自らも出演。これも大ヒットし、シリーズ化され、主演映画スターとしても活躍するようにもなります。
1968年に舞台「北島三郎特別公演」を開始する。
1972年に北島音楽事務所を設立します。

ウェブスペルの色が青の始めから終わりにかけてのことでした。

舞台「北島三郎特別公演」はこの頃から行われており、およそ1ヶ月の期間行われる。
北島自身もシナリオ・演出に関与する時代劇ベースの人情芝居と、北島ワールド全開の歌謡ショーの(北島三郎大いに唄う)2部構成となっている。

与作

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.10.4~ 42 199 4 青い嵐 黄色い戦士
1980.10.4~ 44 149 6 赤い月 黄色の種
1985.10.4~ 49 154 11 白い魔法使い 黄色の種
1986.10.4~ 50 259 12 青い嵐 黄色い星
1978年 「与作」がヒットし、ファン層を拡大することに成功。
1980年 ペンネーム・原譲二の名で作詞や作曲、演出を手がけることが多くなる
1985年 飛行機に特設ステージを設け、機内コンサートを開催
1986年 NHK紅白歌合戦の出場辞退。連続出場回数は23回でストップ。

ウェブスペルの色が黄色のことでした。

演歌の大御所

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2003.10.4~ 67 224 3 黄色の種 白い風
2006.10.4~ 70 19 6 青い嵐 白い魔法使い
2010.10.4~ 74 179 10 青い嵐 白い犬
2013.10.4~ 77 234 13 白い魔法使い 白い風
2003年 八王子観光大使に就任
2006年 「芸道45周年」を祝うパーティー

パーティーの席上、一番弟子の山本譲二を独立させることと、音楽事務所の社長を妻・雅子から長男・龍に交代させることを発表し、周囲を驚かせた。

2010年 舞台「北島三郎 特別公演」4000回の大記録を樹立した。
2013年 NHK紅白歌合戦への引退宣言

通算50回目を最後に紅白への出場を「引退」することを発表した。
NHK紅白歌合戦では大トリを務め、歌唱後の瞬間最高視聴率は50.7%を記録した。

2014年 舞台「北島三郎最終公演」。舞台から引退、上演4578回でした。

ウェブスペルの色が白色のことでした。紅白引退の時に音13で白色が終了します。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.10.4~ 82 239 5 青い嵐 青い鷲
2019.10.4~ 83 84 6 黄色の種 青い嵐
2020.10.4~ 84 189 7 赤い月 青い夜
北島三郎の現在は、ウェブスペルの色が青色の半ばに当たります。
84才の時はKin189。直感と意欲で一直線に走る年です。周りを信じて見ましょう。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

自分の立場を考えて状況を静観すること。

北島三郎のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色から人生をみてみると

白色の時に上京し渋谷で流しをします。そんな時に船村徹(作曲家)と出会い門下生になります。
青色の時にデビュー、ヒット曲に恵まれ、映画スターとしても活躍します。
黄色の時に与作のヒットでファン層を拡大。作曲、演出を手がけることが多くなります
赤色の時は書いていませんが、NHKのおじゃる丸の主題歌を歌うなど新しい分野にも挑戦します。
2度目の白色の時に弟子を独立、紅白歌合戦引退

現在は2度目の青色になります。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

山本美月
山本美月(やまもと みづき)は、日本の女優、ファッションモデル。夫は俳優の瀬戸康史。第1回「東京スーパーモデルコンテスト」でグランプリを獲得しモデルとしてデビュー。その後、女優としても本格的に活動。

続きを読む


吉田正
吉田正(よしだ ただし)は、日本の作曲家。亡くなった後に国民栄誉賞を受賞。生涯作曲数は2400曲を超え、戦後の日本歌謡史を代表する作曲家の一人。また、多くの歌手を育て上げた人物。

続きを読む


杉咲花
杉咲花(すぎさき はな)は、日本の女優。子役時代は「梶浦花(かじうら はな)」の芸名で活動。2020年度後期の連続テレビ小説『おちょやん』で、浪花千栄子をモデルにしたヒロイン・竹井千代役に抜擢。

続きを読む


志田未来
志田未来(しだ みらい)は、日本の女優。ドラマ『女王の教室』に出演し一躍話題の若手女優となった。ドラマ『14才の母』で初主演し第15回橋田賞新人賞を受賞。『借りぐらしのアリエッティ』で声優初挑戦。

続きを読む


美内すずえ
美内すずえ(みうち すずえ)は、日本の漫画家。「山の月と子だぬきと」で高校生漫画家としてデビュー。「ガラスの仮面」は大ヒットしTVアニメ化、ドラマ化、舞台化されます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin209)

貴景勝光信
貴景勝光信(たかけいしょう みつのぶ) は、大相撲力士。2014年9月場所に初土俵。2017年1月場所に新入幕。2018年11月場所において幕内初優勝した人物です。

続きを読む


壇蜜
壇蜜(だん みつ)は日本のタレント、女優、グラビアモデル。様々な経歴の後にグラビアとしてデビュー。妖艶な雰囲気で注目され、映画、テレビに多数出演。

続きを読む


山下泰裕
山下泰裕(やました やすひろ)は、日本の柔道家(八段)。1984年ロサンゼルス五輪・無差別級で金メダル。1985年に引退。国民栄誉賞を受賞。引退するまで203連勝(引き分け含む)という大記録を打ち立てた。

続きを読む


田淵幸一
田淵幸一(たぶち こういち)は、阪神タイガーズなどで活躍した元プロ野球選手。3代目ミスタータイガースとも称されます。漫画「がんばれ!!タブチくん!!」のモデルでもあります。

続きを読む


由紀さおり
由紀さおり(ゆき さおり)は、日本の歌手、タレント。「夜明けのスキャット」はミリオンセラー。いかりや長介の薫陶を受けコメディエンヌとして開花。女優・司会者としてマルチに活動。童謡ブームの火付け役。

続きを読む


関連記事 (歌手)

美空ひばり
美空ひばりさんは、歌手、女優。昭和の歌謡界を代表する歌手・女優の1人であり、女性として初の国民栄誉賞を受賞しました。

続きを読む


大江千里
大江千里(おおえ せんり)は日本のシンガーソングライター、ミュージシャン。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー。2008年以降はニューヨークに在住。楽曲提供などの活動を継続。

続きを読む


あおい輝彦
あおい輝彦(あおい てるひこ)は、日本の俳優、歌手、声優。『ジャニーズ』のメンバーとして芸能界デビュー。その後、俳優に転身。ドラマ『水戸黄門』で佐々木助三郎役を13年に渡り務めました。

続きを読む


奥田民生
奥田民生(おくだ たみお)は、日本のミュージシャン、音楽プロデューサー。ユニコーンのボーカルとして活躍。解散後、ソロとして活動。また、音楽プロデューサーとしてPUFFYなどデビューさせます。

続きを読む


ビヨンセ
ビヨンセは、アメリカのシンガーソングライター、音楽プロデューサー、女優。「デスティニーズ・チャイルド」のメインボーカルを務めた後、ソロで活動し大成功。後にグラミー賞6部門を受賞します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ