738 views

古美術鑑定家・中島誠之助の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 中島誠之助

記事公開日:2017年07月19日
最終更新日:2018年02月25日

中島誠之助
→ 画像検索はこちら

中島誠之助(なかじま せいのすけ)は、日本の骨董商・古美術鑑定家、エッセイスト、テレビタレント。

テレビ東京『開運!なんでも鑑定団』に鑑定団の鑑定士としてレギュラー出演。
決めセリフの「いい仕事してますね」で1996年度の「ゆうもあ大賞」を受賞。

このページでは中島誠之助の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

中島誠之助の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1938年3月5日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin206です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 黄色い戦士 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い世界の橋渡し
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin55
絶対反対kin kin76

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

ひとことでいえばKin206の誕生日占いは、温厚なタイプです。新しい出会いにより自分を再出発します。お先真っ暗でも時が解決する。

広告

中島誠之助の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京の青山に生まれます。
1才の時に両親が亡くなり神奈川の親族のもとに引き取られます。
神奈川の親族はその後家業が成り立たなくなり東京・二子玉川に移住します。

赤坂の骨董商

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1947.3.5~ 9 111 7 青い猿 赤い蛇
1948.3.5~ 10 216 8 黄色い戦士 赤い月
1949.3.5~ 11 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
小学校3年生の時に骨董商を営む叔父に引き取られ赤坂に移ります。
叔父は実子には骨董商の厳しい道を歩ませることを躊躇し引き取った中島誠之助に期待します。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに骨董商を営む叔父に引き取られます。

中島誠之助は東京の高校を卒業後、日本大学農獣医学部水産学科へ進みます。
大学卒業後にすぐに骨董修業に入ることを拒みマグロ漁船などに乗り込んだそうです。

骨董商に従事

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1960.3.5~ 22 176 7 黄色い戦士 白い犬
1961.3.5~ 23 21 8 赤い竜 白い魔法使い
1962.3.5~ 24 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
1960年に骨董商として古美術鑑定に従事。叔父に鑑定技術を仕込まれます。

もともと叔父は骨董商を養子にした誠之助に引き継いでもらいたかったのですが誠之助は家業を嫌ったこともあり叔父の死の直前に実子を後継者にします。

ウェブスペルの色が白色の半ばから叔父に鑑定技術を仕込まれ古美術鑑定に従事します。

独立

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.3.5~ 30 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1976.3.5~ 38 36 10 黄色い戦士 青い手
1979.3.5~ 41 91 13 青い猿 青い嵐
1980.3.5~ 42 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
叔父の実子と誠之助とは仲は悪く、お先真っ暗と見切りをつけ30歳のときに独立。

1976年東京の南青山に古伊万里染付の専門店「からくさ」を開店。古伊万里磁器を世に広める。

1979年には「南青山骨董通り」の作詞を担当。1980年にリリース。東京・青山の「骨董通り」の名付け親といわれる。

ウェブスペルの色が青色の始め頃に独立。青色の後半に古伊万里染付の専門店を開店させ古伊万里磁器を世に広めます。
黄色の始めの年に「南青山骨董通り」がリリースされ、東京・青山の「骨董通り」の名付け親とされます。

開運!なんでも鑑定団

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.3.5~ 56 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1995.3.5~ 57 211 3 青い猿 赤い月
1999.3.5~ 61 111 7 青い猿 赤い蛇
2000.3.5~ 62 216 8 黄色い戦士 赤い月
1994年4月19日に「開運!なんでも鑑定団」の放送開始。当初からレギュラー出演します。司会は島田紳助
歯切れのよいトークで人気者となり現在も出演中。

2000年に「からくさ」を閉店。現在は店舗営業はしていない

ウェブスペルの色が赤色の始め頃から「開運!なんでも鑑定団」にレギュラー出演。歯切れのよいトークで人気者となります。
赤色の後半に「からくさ」を閉店します。

現在は、本業以外でもタレント業や講演等でも活躍。テレビなどに出演する際は和服姿であることが非常に多いです。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.3.5~ 79 181 12 赤い竜 白い犬
2018.3.5~ 80 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
2019.3.5~ 81 131 1 青い猿 青い猿
中島誠之助の現在は、ウェブスペルの色が白色の最後の年に当たります。
80才の時はKin26。チャンスを見る目が確かな年です。心の基本的方針が固まると大きく変わります。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。

全ての準備が整い、調和のとれた形で方向が定まる。

中島誠之助のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の半ばに骨董商を営む叔父に引き取られます。
白色の半ばから叔父に鑑定技術を仕込まれ古美術鑑定に従事します。

青色の始め頃に独立。青色の後半に古伊万里染付の専門店「からくさ」を開店させ古伊万里磁器を世に広めます。
黄色の始めの年に「南青山骨董通り」がリリースされ、東京・青山の「骨董通り」の名付け親とされます。
赤色の始め頃から「開運!なんでも鑑定団」にレギュラー出演。歯切れのよいトークで人気者となります。
赤色の後半に「からくさ」を閉店します。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

秋山徳蔵
秋山徳蔵(あきやま とくぞう)は日本の料理人。その生涯を描いた小説やドラマ化作品のタイトルから「天皇の料理番」として知られ人物です。

続きを読む


蜷川幸雄
蜷川幸雄(にながわ ゆきお)は日本の演出家、映画監督、俳優。商業演劇で世界の舞台へと活躍の場を広げます。国際的に評価が高く「世界のニナガワ」と呼ばれます。

続きを読む


杉原千畝
杉原千畝(すぎはら ちうね)は日本の外交官。第2次世界大戦中に大量のビザを発行し6,000人にのぼる避難民、多くのユダヤ人を救ったことで知られます。東洋のシンドラーと呼ばれることもあります。

続きを読む


小平奈緒
小平奈緒(こだいら なお)は、日本のスピードスケート選手。2018年、平昌オリンピックのスピードスケート女子500m金メダリスト・同1000m銀メダリスト。バンクーバー五輪女子チームパシュート銀メダリスト。

続きを読む


加山雄三
加山雄三(かやま ゆうぞう)は、日本の俳優、シンガーソングライター。ニックネームは若大将。映画「若大将シリーズ」で人気スターとなり、作曲した「君といつまでも」が350万枚を売る大ヒット。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin206)

糸井重里
糸井重里(いとい しげさと)は、日本のコピーライター、エッセイスト、タレント、作詞家。株)ほぼ日の代表取締役社長。妻は女優の樋口可南子。

続きを読む


宇多田ヒカル
宇多田ヒカル(うただ ヒカル)は、日本のシンガーソングライター、音楽家、歌手。デビュー曲がいきなり大ヒットとなり社会現象となります。

続きを読む


関連記事 (タレント)

いかりや長介
いかりや 長介さんはザ・ドリフターズのリーダー。「8時だョ!全員集合」や「ドリフ大爆笑」で一世を風靡し、その後は俳優、タレントとして活躍しました。

続きを読む


引田天功
引田天功(ひきた てんこう)は、日本のイリュージョニスト。別名プリンセス・テンコー 。初代・引田天功が1979年12月に急死し1980年12月に2代目に襲名した。

続きを読む


石坂浩二
石坂浩二(いしざか こうじ)は、日本の俳優・タレント・司会者など。NHK大河ドラマでは『天と地と』を皮切りに『元禄太平記』、『草燃える』と3作品で主演を務めた。

続きを読む


劇団ひとりと大沢あかね
劇団ひとりと大沢あかねは2009年2月に結婚した夫婦です。2人は番組の共演で知り合います。2010年9月に長女が、2016年7月に長男が誕生します。

続きを読む


立川談志
立川談志(たてかわ だんし)は落語家。落語立川流家元。「笑点」の初代司会者。その荒唐無稽・破天荒ぶりから好き嫌いが大きく分かれる落語家の一人でもあった。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事