1,010 views

団塊の世代・堺屋太一の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 堺屋太一

記事公開日:2019年02月13日
最終更新日:2021年01月29日

堺屋太一
出典:wikipedia.org

堺屋太一(さかいや たいち)は、日本の小説家・作家、評論家。

通産省に入り、大阪万博や沖縄海洋博覧会の企画に参加。
通産省在籍中に作家として活動。大河ドラマの原作となった『峠の群像』、『秀吉』をはじめとする歴史小説も数多く執筆。
「団塊の世代」の名付け親でもあります。

このページでは堺屋太一(さかいや たいち)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

堺屋太一の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1935年7月13日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin21です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 白い魔法使い 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い蛇
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin240
絶対反対kin kin151

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

ひとことでいえばKin21の誕生日占いは、目に見えないもの、価値のあるものに目を向けれるタイプです。勢いが増しているときこそタヅナを引き締めること。

広告

堺屋太一の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪市で生まれます。本名は池口小太郎(いけぐち こたろう)。
父は弁護士。母は呉服商の令嬢です。

東京大学時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1954.7.13~ 19 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1956.7.13~ 21 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
1960.7.13~ 25 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
大阪の高校を1954年に卒業。慶応大学法学部に進学しますがすぐに退学。2浪し1956年に東京大学に進学。
高校時代より経済学に興味があり、経済学部に転入。その後、経済学部で3番目の成績で卒業し1960年に通商産業省(現経済産業省)入省。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに東京大学を卒業し通産省に入省。

大阪万博

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.7.13~ 34 211 3 青い猿 赤い月
1970.7.13~ 35 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
1971.7.13~ 36 161 5 赤い竜 赤い地球
通産省時代に日本での万博開催を提案。1970年の「大阪万博」の企画・実施に携わり成功を収めます。

ウェブスペルの色が赤色の前半に「大阪万博」の企画・実施に携わり成功を収めます。

作家活動を開始

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1974.7.13~ 39 216 8 黄色い戦士 赤い月
1975.7.13~ 40 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
1976.7.13~ 41 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
1978.7.13~ 43 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
大阪万博後の1972年に沖縄開発庁に出向。1975年-1976年の「沖縄海洋博」を担当。
通産省在籍中の1975年に小説『油断!』で作家としてデビュー。以降、近未来小説、歴史小説のジャンルを中心に発表。
1976年に小説『団塊の世代』を発表。多方面に影響を与えます。
1978年に通産省を退官。同年から日本テレビのドキュメンタリー番組『あすの世界と日本』でナビゲーターを担当。

ウェブスペルの色が赤色の後半に作家デビュー。『団塊の世代』は広く使われる言葉になります。また、「沖縄海洋博」を担当。
赤色の最後付近に通産省を退官。マスメディアでも活動します。

大河ドラマの原作

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.7.13~ 45 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
1981.7.13~ 46 171 2 青い猿 白い犬
1982.7.13~ 47 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
1981年に小説『峠の群像』を発表。1982年に大河ドラマ『峠の群像』の原作となった。
1985年に小説『豊臣秀長 ある補佐役の生涯』。弟・秀長からみた戦国時代を描いた作品。1996年に大河ドラマ『秀吉』の原作となった。

小説のみならず公共政策分野における政策提言に関する著作も多数執筆。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に大河ドラマ『峠の群像』の原作を担当。

博覧会のプロデューサー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.7.13~ 55 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1991.7.13~ 56 181 12 赤い竜 白い犬
1992.7.13~ 57 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
通産省を退官した後も博覧会のイベントプロデューサーとして活躍。

1990年に『国際花と緑の博覧会』でダイコク電機「名画の庭」のパビリオン総合プロデューサー。
1992年にスペイン・セビリア万博で日本館総合プロデューサー。日本館内で安土城天守閣の最上部をメイン展示として紹介。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に博覧会のイベントプロデューサーとして大阪・花の万博やスペイン・セビリア万博で活躍します。

官僚として

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.7.13~ 63 136 6 黄色い戦士 青い猿
2001.7.13~ 66 191 9 青い猿 青い夜
1998年に小渕内閣で経済企画庁長官に就任。その後、2002年の第2次森内閣まで務めます。
同時に総合交通対策担当大臣、新千年紀記念行事担当大臣、情報通信技術(IT)担当大臣なども兼任。

ウェブスペルの色が青色の半ばより青色の後半まで小渕内閣、森内閣の経済企画庁長官に起用。

政治運動家として

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.7.13~ 73 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
2013.7.13~ 78 151 8 青い猿 黄色の種
2014.7.13~ 79 256 9 黄色い戦士 黄色い星
2016.7.13~ 81 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
2008年に大阪府知事選の際に橋下徹を支援する団体と設立。堺屋太一は橋下徹及び大阪維新の会のブレーンとされています。
2013年に「成長戦略」担当の内閣官房参与として首相・安倍晋三のブレーンを務めます。
2014年に2025年万国博覧会の大阪招致構想を提唱。
2016年4月に一般社団法人「外国人雇用協議会」を設立。外国人労働者の受け入れ拡大を提案。

ウェブスペルの色が黄色の前半より政治運動家として橋本徹、安倍晋三のブレーンを務めます。

死去

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.7.13~ 83 156 13 黄色い戦士 黄色の種
2019年2月8日に多臓器不全のため83才で亡くなりました。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年に亡くなりました。

堺屋太一のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに東京大学を卒業し通産省に入省。
赤色の前半に「大阪万博」の企画・実施に携わり成功を収めます。
赤色の後半に作家デビュー。『団塊の世代』は広く使われる言葉になります。また、「沖縄海洋博」を担当。
赤色の最後付近に通産省を退官。マスメディアでも活動します。
白色の始めの年に大河ドラマ『峠の群像』の原作を担当。
白色の最後付近に博覧会のイベントプロデューサーとして大阪・花の万博やスペイン・セビリア万博で活躍。
青色の半ばより青色の後半まで小渕内閣、森内閣の経済企画庁長官に起用。
2度目の黄色の前半より政治運動家として橋本徹、安倍晋三のブレーンを務めます。
2度目の黄色の最後の年に亡くなりました。

高度経済成長期の流行語「巨人・大鵬・卵焼き」は通産省の官僚だった1961年に経済報告の会見で口にしたものと言われています。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。間違いがありましたらご連絡ください。修正します。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

児嶋一哉
児嶋一哉(こじま かずや)は、日本のお笑いタレント、俳優、プロ雀士。お笑いコンビ・アンジャッシュのボケ担当。イジられキャラとしてソロとしても活躍。

続きを読む


六角精児
六角精児(ろっかく せいじ)は、日本の俳優・タレント。『相棒』シリーズで米沢監察医役で出演。『電車男』に出演したころから注目され多くのレギュラーを持つようになります。

続きを読む


丸川珠代
丸川珠代(まるかわ たまよ)は、日本の政治家、元テレビ朝日アナウンサー。テレビ朝日時代は『ビートたけしのTVタックル』などに出演。安倍総理から出馬要請を受けテレビ朝日を退社し参院選に出馬し当選。環境大臣などを歴任。

続きを読む


近藤芳正
近藤芳正(こんどう よしまさ)は、日本の俳優。ドラマ『中学生日記』でデビュー。劇団七曜日の劇団員ながら東京サンシャインボーイズの舞台に多く出演。三谷幸喜脚本の映画作品に数多く出演。名脇役で知られる人物。

続きを読む


西村まさ彦
西村まさ彦(にしむら まさひこ)は、日本の俳優、司会者。東京サンシャインボーイズに入団し多くの三谷脚本作品に出演。『古畑任三郎』シリーズの今泉慎太郎役は当たり役となった。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin021)

服部良一
服部良一(はっとり りょういち)は、日本の作曲家、編曲家。国民栄誉賞の受賞者。和製ポップス史における重要な音楽家の一人。日本作曲家協会や日本レコード大賞の創設にも尽力。

続きを読む


吉田鋼太郎
吉田鋼太郎(よしだ こうたろう)は、日本の俳優、演出家。長く舞台で活躍。活動の場をテレビにも広げ『花子とアン』で嘉納伝助役、『おっさんずラブ』で黒澤部長役。蜷川幸男の後継の2代目芸術監督に就任。

続きを読む


松任谷由実
松任谷由実さんは、日本のシンガーソングライター。愛称はユーミン。女性最多となるアルバムミリオン「通算10作」、アルバム首位「通算22作目」の記録を持ちます。

続きを読む


坂本九
坂本九の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。坂本九(さかもと きゅう)は、俳優・タレント・歌手・司会者。愛称は、きゅうちゃん。『上を向いて歩こう』や『見上げてごらん夜の星を』、『明日があるさ』など数多くのヒット曲がある。

続きを読む


越路吹雪(こしじ ふぶき)は、元宝塚歌劇団男役トップスター、シャンソン歌手、舞台女優。宝塚歌劇団に在団しながら映画に出演。退団後はミュージカルスターとして活躍。

続きを読む


関連記事 (作家)

野坂昭如
野坂昭如(のさか あきゆき)は、作家、歌手、作詞家、タレント、政治家。『火垂るの墓』『アメリカひじき』で直木賞を受賞。参議院選挙に1度当選しました。

続きを読む


京極夏彦
京極夏彦(きょうごく なつひこ)は、日本の小説家、妖怪研究家。1994年に『姑獲鳥の夏』でデビュー。『後巷説百物語』で直木賞を受賞。代表作に『百鬼夜行シリーズ』、『巷説百物語シリーズ』など。

続きを読む


阿川佐和子
阿川佐和子(あがわ さわこ)は、日本のエッセイスト、タレント。2012年のエッセイ『聞く力』はベストセラー、2017年5月9日に元大学教授と結婚しました。

続きを読む


山本周五郎
山本周五郎(やまもと しゅうごろう)は、日本の小説家。作風は時代小説。代表作に『樅ノ木は残った』『赤ひげ診療譚』など。直木賞受賞決定後に辞退。

続きを読む


樋口一葉
樋口一葉(ひぐち いちよう)は、小説家。わずか1年半で「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった作品を発表。しかしわずか24歳6ヶ月で肺結核により死去しました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ