3,006 views

マラソン解説者「増田明美」の人生を見てみる(占い鑑定)

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 増田明美

記事公開日:2016年05月28日
最終更新日:2020年05月12日

増田明美
→ 画像検索はこちら

増田明美(ますだ あけみ)は、スポーツジャーナリスト、マラソンレース解説者。

1984年ロサンゼルスオリンピック女子マラソン日本代表。1980年代前半の日本における女子長距離走の第一人者。
レース解説では選手や監督の思いを伝えたいとのことから個人の詳しすぎる解説で有名です。

2017年10月より日曜劇場「陸王」のマラソン放送解説に出演。
2017年4月3日より放送のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」でナレーションを務めました。
2018年6月に日本パラ陸上競技連盟会長に就任。

このページでは増田明美の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ ランナー「野口みずき」の誕生日占いと人生鑑定
→ 高橋尚子と小出義雄の誕生日占いと相性占いを診断

増田明美の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1964年1月1日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin13です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い空歩く人 赤い竜 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い地球
互いに学びあう 反対kin 青い夜
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い星
以てるもの同士の類似kin 白い世界の橋渡し
鏡の向こうのもう一人の自分 kin248
絶対反対kin kin143

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

ひとことでいえばKin13の誕生日占いは、冒険心にあふれているタイプです。没頭すると怖いものなしです。自分自身が輝け、時を得て満足すること。

広告

増田明美の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

千葉県いすみ市で生まれます。
小学生時代は足が遅いという理由で運動会は嫌いだったそうです。
中学では『エースをねらえ!』に憧れて軟式テニス部に入ってたが陸上部メンバーが足りないために駆り出され、中学3年生の時に千葉県大会の800mに千葉県記録で優勝、全国大会でも4位となる。
瀧田詔生にスカウトされ私立成田高等学校へ進学。小出義雄監督も1週間遅れでスカウトに来たそうです。

高校時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.1.1~ 15 28 2 黄色い星 青い手
1980.1.1~ 16 133 3 赤い空歩く人 青い猿
1981.1.1~ 17 238 4 白い鏡 青い鷲
1979年 高校1年の時に貧血にかかりマネージャーへの転向を指示される。半年後に復帰し猛練習。
1981年 高校3年の時にトラックの3000m・5000m・10000mとロードの10キロ・20キロの日本記録をすべて塗り替えた。

ウェブスペルの色が青色の始めのことでした。
長距離で日本記録を次々と塗り替えていきます。

川崎製鉄時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.1.1~ 18 83 5 青い夜 青い嵐
1983.1.1~ 19 188 6 黄色い星 青い夜
1984.1.1~ 20 33 7 赤い空歩く人 青い手
1982年 マラソン初出場。2時間36分34秒の日本最高記録で優勝
1982年 高校卒業後、川崎製鉄千葉に進む。
1983年 マラソン(アメリカ・オレゴン州)で2時間30分30秒の日本最高記録。この記録は当時の世界歴代8位・年間ランキング8位
1984年 ロサンゼルス五輪女子マラソン出場するものの16Km付近で途中棄権

序盤から積極的に飛び出したものの、ほどなく先頭集団に追いつかれ、その後集団からも脱落し、「集団の中で走っていない」「同じ日本代表の佐々木七恵にも先行された」ことなどに耐えられず、16km付近で途中棄権。
その後、陸上への熱意を失ったことから、同年秋には「引退会見」を開いて川崎製鉄を退社。いったん陸上競技を離れた。

ウェブスペルの色が青色の半ばのことでした。
1982年の川崎製鉄千葉に進んだ年のKin番号は83。この年をざっくりいえば
信じられる夢を前面に出したときに個性的な世界が開ける年です。困ったときは自分の欠点を見直すチャンスになる。

NEC時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.1.1~ 21 138 8 白い鏡 青い猿
1986.1.1~ 22 243 9 青い夜 青い鷲
1987.1.1~ 23 88 10 黄色い星 青い嵐
1988.1.1~ 24 193 11 赤い空歩く人 青い夜
1985年 法政大学通信教育部経済学部に入学。
教員の道を歩もうとしたが「もう一度思い切り走りたい」という思いが募り日本陸連の強化委員長だった小掛照二に相談。
1986年 法政大学を中退。小掛の尽力によりオレゴン大学への陸上留学とNECへの入社が実現
1987年 帰国。
1988年 大阪国際女子マラソン。30位。

30km前後で沿道の観衆から「増田!もうおまえの時代は終わったんや!!」という痛烈な野次を浴びた時に増田は思わず立ち止まり、しばらく歩いてしまうが、再び走り出してゴールまで完走した。
このヤジを飛ばされた時のエピソードは、現役引退後に増田自ら講演等でもよく語っている。

ウェブスペルの色が青色の後半のことでした。
帰国した時に黒Kinが表れていますね。
この年のKin番号は88。ひとことでいえば
物事を的確にとらえることが上手な年です。人に厳しい面もあります。浮気な試練。正式な手続きをしないと二の足を踏みます。

現役引退

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.1.1~ 25 38 12 白い鏡 青い手
1990.1.1~ 26 143 13 青い夜 青い猿
1991.1.1~ 27 248 1 黄色い星 黄色い星
1992.1.1~ 28 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
1989年 東京国際女子マラソン。2時間37分34秒で日本人最上位の8位
1990年 ロンドンマラソン。2時間34分42秒で19位
1992年 大阪国際女子マラソン。16.8Km地点で途中棄権。ラストランとなった。

ウェブスペルの色が青色の後半から黄色の始めにかけてのことでした。
ウェブスペルの色が黄色になり現役引退します。引退した年には黒Kinが表れています。
この年のKin番号は93。ひとことでいえば
挑戦意欲にあふれている年です。誠意と努力の人です。誠心誠意生きなさい。

現役引退後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.1.1~ 36 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
2001.1.1~ 37 258 11 白い鏡 黄色い星
2005.1.1~ 41 158 2 白い鏡 赤い地球

引退後はスポーツライターに転身。引退時に指導者としてのオファーがなかった。
レース解説について、自らの現役時代のレース中継では走りと体調のことしか話題にされず、競技者という視点だけで見られていたことを寂しく思っていた経験から、選手や監督の思いを伝えたいと述べている。

2000年 俳句を始める。俳句番組にも時折ゲストとして出演。俳号は「カンナ」
2001年 日本陸上競技連盟の理事。2007年まで。
2005年 一般男性と結婚

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.1.1~ 55 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
2020.1.1~ 56 173 4 赤い空歩く人 白い犬
2021.1.1~ 57 18 5 白い鏡 白い魔法使い
増田明美の現在は、ウェブスペルの色が白色の前半に当たります。
56才の時はKin173。自分は何を求めているかを探し、求めることをする年です。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。
  • 白い犬は、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝えます。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

順序良く進む。進む前に一人で歩けるように。

増田明美のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の始めに長距離で日本記録を次々と塗り替えていきます。
青色の半ばにマラソン初出場で日本最高記録。ロサンゼルス五輪女子マラソン出場するが途中棄権。1回目の引退。
青色の後半に復帰したが以前ほどの成績には及ばなかった。
黄色の始めに引退。その後、スポーツライターに転身。
赤色に結婚

「一週間の差」で指導する機会を逸した小出義雄は「増田の力をうまく開花させられたら、五輪で最初にメダルに届いたのは彼女じゃなかっただろうか。しっかり食べさせたかった」とその才能を惜しんでいたそうです。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

森永卓郎
森永卓郎(もりなが たくろう)は、日本の経済アナリスト、エコノミスト、タレント。経済評論家やテレビ等のコメンテーターとして活動している人物。独協大学教授。

続きを読む


寺脇康文
寺脇康文(てらわき やすふみ)は、日本の俳優、タレント。劇団『スーパー・エキセントリック・シアター』を退団後、活動の場を広げます。『王様のブランチ』の初代司会者。『相棒』の亀山薫役は、はまり役。

続きを読む


谷原章介
谷原章介(たにはら しょうすけ)は、日本の俳優、タレント、司会者。モデルを経て俳優としてデビュー。『王様のブランチ』の2代目司会者や『パネルクイズ アタック25』の3代目司会者。

続きを読む


上川隆也
上川隆也(かみかわ たかや)は、日本の俳優。ドラマ『大地の子』の主役に抜擢され以降、テレビドラマや映画にも活動の場を広げるようになります。大河ドラマ『功名が辻』で主役の山内一豊役。

続きを読む


福本豊
福本豊(ふくもと ゆたか)は、元プロ野球選手(外野手)、野球指導者。通算盗塁数およびシーズン盗塁数の日本記録保持者。「世界の福本、世界の盗塁王」の異名を持つ人物。阪急ブレーブス黄金時代の主力として活躍。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin013)

ジミー大西
ジミー大西(ジミーおおにし)は、日本のお笑いタレント、画家。明石家さんまの付き人として才能を開花。数々の一発ギャグを身に着けていきます。人気絶頂の時に芸能界から引退し画家に転身。

続きを読む


松下幸之助
松下幸之助のパナソニックを一代で築き上げた経営者です。経営の神様との異名があります。丁稚(でっち)から身を起こし1950年以降、長者番付で10回全国1位を記録しました。

続きを読む


臼井儀人
臼井儀人(うすい よしと)は、漫画家、作詞家。「クレヨンしんちゃん」の原作者で知られています。アニメ版は1992年から放送され、1993年に映画化。社会現象を起こすほどのブームになりました。

続きを読む


ドクター・スース
ドクター・スースはアメリカの絵本作家、画家、詩人、漫画家。アメリカではサンタクロースにならぶキャラクターのグリンチの作者であり、ジムキャリー主演で映画化もされました。

続きを読む


ナディア・コマネチ
1976年に行われたモントリオール五輪で3個の金メダルを獲得。近代五輪で初の10点満点を獲得。世界で最も知られた体操競技選手となり体操競技の人気を高めました。

続きを読む


関連記事 (アスリート)

前園真聖
前園真聖(まえぞの まさきよ)は、日本の元サッカー選手、タレント。1996年、アトランタオリンピックの予選突破の最大の功労者。引退後、酒によってタクシー運転手に暴行を加え逮捕。その後、タレント活動を開始。

続きを読む


三沢光晴
三沢光晴(みさわ みつはる)は、日本のプロレスラー。全日本プロレスで2代目タイガーマスクとしても活躍。マスクを脱ぎ捨てレスラーとして活躍。その後、プロレスリング・ノアを旗揚げ。試合中に亡くなります。

続きを読む


錦織圭
錦織圭(にしこり けい)は、日本のプロテニス選手。2008年に松岡修造に次いで日本人男子史上2人目のATPツアーシングルス優勝者。リオ五輪では銅メダルを獲得。日本人として96年ぶりにメダル獲得。

続きを読む


内村航平
内村航平(うちむら こうへい)は、日本の体操競技選手です。オリンピック3大会に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得します。

続きを読む


入江陵介
入江陵介(いりえ りょうすけ)は、日本の競泳選手。背泳ぎで多くの記録を持つ人物。北京オリンピック、ロンドンオリンピック、リオオリンピックに出場。ロンドンオリンピックでは3つの銀メダルを獲得。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事