1,005 views

夢芝居・梅沢富美男の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 梅沢富美男

記事公開日:2017年10月19日
最終更新日:2018年11月20日

梅沢富美男
→ 画像検索はこちら

梅沢富美男(うめざわ とみお)は、日本の俳優、歌手、タレント。下町の玉三郎の異名を持ちます。

歌手としては、1982年に『夢芝居』が大ヒット。
2000年以降はバラエティー番組やワイドショーでのコメンテーターとしての出演が増加します。

このページでは梅沢富美男の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

梅沢富美男の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1950年11月9日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin155(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 黄色い種 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin106
絶対反対kin kin25

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin155の誕生日占いは、心のままに生きると自然に願いが叶うタイプです。血気さかんな時こそ、来るべき事態に備える。

広告

梅沢富美男の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

福島県福島市に8人兄弟の五男(7番目)として生まれます。
父は戦前・戦後まもなくの大衆演劇隆盛期のスターの梅沢清で、1939年に梅沢劇団を創設していました。
1953年に兄の梅沢武生が梅沢劇団を引き継ぎます。

女形に転身

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1974.11.9~ 24 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
1975.11.9~ 25 180 11 黄色い太陽 白い犬
梅沢富美男は当初男役を演じていましたが、1975年以降は兄の勧めで女形に転身します。
美しさが一躍話題となり「下町の玉三郎」と呼ばれ劇団のスターとなります。梅沢劇団の副座長として兄・武生を支えます。

ウェブスペルの色が白色の後半に兄の勧めで女形に転身。「下町の玉三郎」と呼ばれ劇団のスターとなります。

夢芝居

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.11.9~ 31 30 4 白い犬 青い手
1982.11.9~ 32 135 5 青い鷲 青い猿
1983.11.9~ 33 240 6 黄色い太陽 青い鷲
1982年に歌手として『夢芝居』が大ヒットします。
1983年に『夢芝居』で紅白歌合戦に初出場します。

ウェブスペルの色が青色の前半に『夢芝居』が大ヒット。翌年には紅白歌合戦に出場します。

TV出演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.11.9~ 50 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
2001.11.9~ 51 50 11 白い犬 黄色い太陽
2002.11.9~ 52 155 12 青い鷲 黄色の種
2000年代以降、バラエティー番組やワイドショーでのコメンテーターとしての出演が増えます。
自分の本業は大衆演劇なので、いつ降板依頼が来ても構わないというスタンスで、辛口のコメントを行うようになります。

ウェブスペルの色が黄色の後半からコメンテーターとしての出演が増え辛口のコメントで人気となります。

梅沢劇団の座長になる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.11.9~ 61 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
2012.11.9~ 62 165 9 赤い蛇 赤い地球
2012年10月に兄・武生から座長を引き継ぎ梅沢劇団3代目の座長になります。武生は後見になります。

梅沢劇団は、歌舞伎演目のパロディー芝居、ミュージカル仕立てのショー、富美男の歌謡ショーを織りまぜた3部構成で舞台が行われています。

ウェブスペルの色が赤色の後半に梅沢劇団3代目の座長になります。

梅沢バブル

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.11.9~ 65 220 12 黄色い太陽 赤い月
2016.11.9~ 66 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
2016年に入り梅沢富美男の活躍が多くなり、テレビで見られない日が少なくなります。
「ツッコミどころ満載の頑固おやじ」のキャラクタも定着しテレビで親しまれています。

多忙となった現在でも梅沢劇団の仕事を優先しており、劇団の地方巡業時はレギュラー番組の出演を休止しています。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近にテレビでの活躍が多くなります。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.11.9~ 68 15 2 青い鷲 白い魔法使い
2019.11.9~ 69 120 3 黄色い太陽 白い鏡
2020.11.9~ 70 225 4 赤い蛇 白い風
梅沢富美男の現在は、ウェブスペルの色が白色の始まり付近に当たります。
68才の時はKin15。チャレンジ精神旺盛な年です。チャレンジすると心が落ち着きます。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。

自分自身が輝け、時を得て満足すること。

梅沢富美男のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の後半に兄の勧めで女形に転身。「下町の玉三郎」と呼ばれ劇団のスターとなります。
青色の前半に『夢芝居』が大ヒット。翌年には紅白歌合戦に出場します。
黄色の後半からコメンテーターとしての出演が増え辛口のコメントで人気となります。
赤色の後半に梅沢劇団3代目の座長になります。
赤色の最後付近にテレビでの活躍が多くなります。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

バカリズム
バカリズムは、日本のお笑いタレント、ナレーター。本名は升野英知(ますの ひでとも)。かつては松下敏宏とコンビでバカリズムしたが松下脱退後も芸名をそのまま使用。近年はテレビ番組のMCとしても活動。

続きを読む


的場浩司
的場浩司(まとば こうじ)は、日本の俳優、タレント。映画『ビー・バップ・ハイスクール』やテレビドラマ『はいすくーる落書』などで全国区の知名度を得ます。一時はロックグループ「炎達」で歌手としても活動。

続きを読む


夢枕獏
夢枕獏(ゆめまくら ばく)は、日本の小説家。自称「エロスとバイオレンスとオカルトの作家」。代表作に『キマイラ・吼』シリーズ、『陰陽師』シリーズなど。

続きを読む


堺屋太一
堺屋太一(さかいや たいち)は、日本の小説家・作家、評論家。通産省で大阪万博や沖縄海洋博覧会の企画に参加。通産省在籍中に作家として活動。大河ドラマの原作となった峠の群像、秀吉など歴史小説も数多く執筆。

続きを読む


立川志の輔
立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。落語を続け平成を代表する落語家として君臨。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin155)

波瑠
波瑠(はる)は女優、タレント、ファッションモデル。2015年に連続テレビ小説『あさが来た』のヒロインを演じます。2016年ブレイク女優ランキング2位に輝きました。

続きを読む


ディエゴ・マラドーナ
ディエゴ・マラドーナは、アルゼンチン出身の元サッカー選手。FIFAワールドカップには1982年大会から4大会連続出場。1986年に同大会でチームを優勝に導きました。

続きを読む


浅野総一郎
浅野総一郎(あさの そういちろう)は、日本の実業家。一代で浅野財閥を築きました。「セメント王」や「日本の臨海工業地帯開発の父」とも呼ばれています。

続きを読む


関連記事 (タレント)

国分太一
国分太一は、タレント、俳優、ミュージシャン、司会者、キャスターであり、バンドTOKIOのメンバーです。年間TV出演本数で2014年から3年連続で1位を獲得します。

続きを読む


長野博と白石美帆
長野博と白石美帆は2016年11月に結婚した夫婦です。2人はNHK BSプレミアム「晴れ、ときどきファーム! 」で共演したのを機に交際をスタート。2016年11月29日に結婚したことをV6のファンクラブ会報で報告しました。

続きを読む


叶姉妹
叶姉妹は、叶恭子と叶美香の2人からなるユニット。姉妹と言っているが2人には血縁関係はありません。1990年代半ば頃からメディアでの露出が増えます。「日本のセレブ芸能人といえば?」で上位に入る有名人です。

続きを読む


関連記事 (歌手)

さだまさし
さだまさしさんは、シンガーソングライター、タレント、小説家。トークの軽妙さはテレビ・ラジオ・コンサートなど大きな魅力とされている。

続きを読む


中島みゆき
中島みゆきさんは、シンガーソングライター、ラジオパーソナリティ。幅広い年代層から支持されており、他の人への楽曲の提供もデビューした直後から行っています。

続きを読む


宇多田ヒカル
宇多田ヒカル(うただ ヒカル)は、日本のシンガーソングライター、音楽家、歌手。デビュー曲がいきなり大ヒットとなり社会現象となります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事