1,553 views

夢芝居・梅沢富美男の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 梅沢富美男

記事公開日:2017年10月19日
最終更新日:2019年10月08日

梅沢富美男
→ 画像検索はこちら

梅沢富美男(うめざわ とみお)は、日本の俳優、歌手、タレント。下町の玉三郎の異名を持ちます。

歌手としては、1982年に『夢芝居』が大ヒット。
2000年以降はバラエティー番組やワイドショーでのコメンテーターとしての出演が増加します。

このページでは梅沢富美男の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

梅沢富美男の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1950年11月9日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin155(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 黄色い種 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin106
絶対反対kin kin25

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin155の誕生日占いは、心のままに生きると自然に願いが叶うタイプです。血気さかんな時こそ、来るべき事態に備える。

広告

梅沢富美男の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

福島県福島市に8人兄弟の五男(7番目)として生まれます。
父は戦前・戦後まもなくの大衆演劇隆盛期のスターの梅沢清で、1939年に梅沢劇団を創設していました。
1953年に兄の梅沢武生が梅沢劇団を引き継ぎます。

女形に転身

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1974.11.9~ 24 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
1975.11.9~ 25 180 11 黄色い太陽 白い犬
梅沢富美男は当初男役を演じていましたが、1975年以降は兄の勧めで女形に転身します。
美しさが一躍話題となり「下町の玉三郎」と呼ばれ劇団のスターとなります。梅沢劇団の副座長として兄・武生を支えます。

ウェブスペルの色が白色の後半に兄の勧めで女形に転身。「下町の玉三郎」と呼ばれ劇団のスターとなります。

夢芝居

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.11.9~ 31 30 4 白い犬 青い手
1982.11.9~ 32 135 5 青い鷲 青い猿
1983.11.9~ 33 240 6 黄色い太陽 青い鷲
1982年に歌手として『夢芝居』が大ヒットします。
1983年に『夢芝居』で紅白歌合戦に初出場します。

ウェブスペルの色が青色の前半に『夢芝居』が大ヒット。翌年には紅白歌合戦に出場します。

TV出演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.11.9~ 50 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
2001.11.9~ 51 50 11 白い犬 黄色い太陽
2002.11.9~ 52 155 12 青い鷲 黄色の種
2000年代以降、バラエティー番組やワイドショーでのコメンテーターとしての出演が増えます。
自分の本業は大衆演劇なので、いつ降板依頼が来ても構わないというスタンスで、辛口のコメントを行うようになります。

ウェブスペルの色が黄色の後半からコメンテーターとしての出演が増え辛口のコメントで人気となります。

梅沢劇団の座長になる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.11.9~ 61 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
2012.11.9~ 62 165 9 赤い蛇 赤い地球
2012年10月に兄・武生から座長を引き継ぎ梅沢劇団3代目の座長になります。武生は後見になります。

梅沢劇団は、歌舞伎演目のパロディー芝居、ミュージカル仕立てのショー、富美男の歌謡ショーを織りまぜた3部構成で舞台が行われています。

ウェブスペルの色が赤色の後半に梅沢劇団3代目の座長になります。

梅沢バブル

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.11.9~ 65 220 12 黄色い太陽 赤い月
2016.11.9~ 66 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
2016年に入り梅沢富美男の活躍が多くなり、テレビで見られない日が少なくなります。
「ツッコミどころ満載の頑固おやじ」のキャラクタも定着しテレビで親しまれています。

多忙となった現在でも梅沢劇団の仕事を優先しており、劇団の地方巡業時はレギュラー番組の出演を休止しています。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近にテレビでの活躍が多くなります。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.11.9~ 68 15 2 青い鷲 白い魔法使い
2019.11.9~ 69 120 3 黄色い太陽 白い鏡
2020.11.9~ 70 225 4 赤い蛇 白い風
梅沢富美男の現在は、ウェブスペルの色が白色の始まり付近に当たります。
69才の時はKin120。多くの人の魅力を引き出すことの期待ができる年です。変化に身を任せよう。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。

変化に身を任せよう。頭の切り替えが大事。

梅沢富美男のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の後半に兄の勧めで女形に転身。「下町の玉三郎」と呼ばれ劇団のスターとなります。
青色の前半に『夢芝居』が大ヒット。翌年には紅白歌合戦に出場します。
黄色の後半からコメンテーターとしての出演が増え辛口のコメントで人気となります。
赤色の後半に梅沢劇団3代目の座長になります。
赤色の最後付近にテレビでの活躍が多くなります。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

松野明美
松野明美(まつの あけみ)は、元陸上競技長距離走選手、タレント、政治家。ソウルオリンピックに10000mで出場。現役引退後、タレントなどマルチに活躍。マシンガントークを連発。その後、政界に進出。

続きを読む


室井滋
室井滋(むろい しげる)は、日本の女優、ナレーター、エッセイスト。『やっぱり猫が好き』がヒットし一躍人気者となった。映画『居酒屋ゆうれい』『のど自慢』など代表作。

続きを読む


福士加代子
福士加代子(ふくし かよこ)は、女性陸上競技(長距離走・マラソン)選手。通称、みちのくの爆走娘。オリンピックに、アテネ、北京、ロンドン、リオと4度出場。

続きを読む


陣内孝則(じんない たかのり)は日本の俳優、歌手、タレント、映画監督。元ザ・ロッカーズのボーカル。その後、俳優に転身。トレンディドラマに出演し顔が知られるようになります。

続きを読む


青木雄二
青木雄二(あおき ゆうじ)は、日本の漫画家、エッセイスト。代表作に『ナニワ金融道』があります。金融ネタの漫画がブレイクするきっかけになりました。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin155)

野茂英雄
野茂英雄(のも ひでお)は、元プロ野球選手(投手)。NPBとMLBで活躍した。日本人として2人目のメジャーリーガーでメジャーリーグを広めた先駆者。ニックネームは「ドクターK」,「The Tornado」。

続きを読む


竹下景子
竹下景子(たけした けいこ)は、日本の女優、タレント。『クイズダービー』にレギュラー出演。「三択の女王」と呼ばれ、人気を獲得。『男はつらいよ』シリーズでは別々の役で三度マドンナとして起用された。

続きを読む


槇原敬之
槇原敬之(まきはら のりゆき)は、日本のシンガーソングライター。愛称は「マッキー」。「どんなときも。」「もう恋なんてしない」などヒット曲多数。「世界に一つだけの花」をはじめ、楽曲提供も多い。

続きを読む


関連記事 (タレント)

麻木久仁子
麻木久仁子(あさぎ くにこ)は、日本のタレント、司会者、女優。東京ディズニーランドのCMでデビュー。その後、司会者、女優として活動します。近年は『Qさま!!』に出演。クイズ番組で才能を示します。

続きを読む


神田うの
神田うの(かんだ うの)は、日本のタレント、ファッションデザイナー。モデル、タレントとして活動。その後、自己ブランドの商品を発表。特にパンストブランドのTuche' UKは豪邸が建つほどのヒット商品。

続きを読む


ヒロミ
ヒロミは、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティ、実業家。B21スペシャルで人気を博します。しばらくテレビで見られない期間がつづいたあとバラエティ番組に本格的に復帰し再ブレイクを果たします。

続きを読む


関連記事 (歌手)

山下達郎
山下達郎(やました たつろう)は、シンガーソングライター、ミュージシャン。妻はシンガーソングライターの竹内まりや。1980年代末のJ-POP出現の下地を作ったミュージシャン。

続きを読む


上地雄輔
上地雄輔(かみじ ゆうすけ)は、日本の俳優、歌手、タレント。『クイズ!ヘキサゴンII』で「おバカタレント」としてブレイク。遊助(ゆうすけ)名義でソロ歌手デビュー。

続きを読む


はいだしょうこ
はいだしょうこは、日本の歌手、女優、タレント、声優。元宝塚歌劇団出身。旧芸名は、千琴ひめか。その後、『おかあさんといっしょ』第19代目うたのおねえさんを担当。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事