3,973 views

ドラえもんの「大山のぶ代」の人生を見てみる(占い鑑定)

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 大山のぶ代

記事公開日:2016年03月17日
最終更新日:2021年01月18日

大山のぶ代
→ 画像検索はこちら

大山のぶ代(おおやま のぶよ)は、声優、歌手、タレント、料理研究家です。
テレビ朝日版「ドラえもん」で、ドラえもん役の声優を26年担当しました。
料理研究家としても活動し「大山のぶ代のおもしろ酒肴」は136万部のミリオンセラーを記録しました。
夫はタレントで『おかあさんといっしょ』初代「体操のお兄さん」の砂川啓介。

このページでは大山のぶ代(おおやま のぶよ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ ドラえもん作者「藤子・F・不二雄」の人生を見てみる
→ 昭和の歌姫「美空ひばり」の人生を見てみる
→ 太陽にほえろ「石原裕次郎」の人生を見てみる
→ サザエさん作者「長谷川町子」の人生を見てみる

大山のぶ代の誕生日占い

生年月日:1933年10月16日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin166です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 赤い地球 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い魔法使い
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin95
絶対反対kin kin36

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

ひとことでいえばKin166の誕生日占いは、人望のあるタイプです。相手をわかってあげましょう。主導権を握ると相手にゆずることができる。

広告

大山のぶ代の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都渋谷区で生まれます。戦時中は母方の実家がある宮城県古川市(現:大崎市)で過ごします。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1955.10.16~ 22 136 6 黄色い戦士 青い猿
1956.10.16~ 23 241 7 赤い竜 青い鷲

1956年 NHKドラマ「この鐘」で俳優座養成所の同期の冨士眞奈美と共にデビュー
当時から冨士とはとても仲が良く、冨士が大山のアパートに転がり込んで4年半ほど一緒に同居していた。

ウェブスペルの色が青色の中ほどのことでした。

結婚、声優業

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1963.10.16~ 30 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1965.10.16~ 32 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
1968.10.16~ 35 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1969.10.16~ 36 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1970.10.16~ 37 151 8 青い猿 黄色の種
1971.10.16~ 38 256 9 黄色い戦士 黄色い星
1976.10.16~ 43 1 1 赤い竜 赤い竜

1964年 結婚。お相手はNHK「おかあさんといっしょ」初代たいそうのおにいさん、砂川 啓介の(さがわ けいすけ)
1966年 「ハリスの旋風」の石田国松役
1969年 「サザエさん」の磯野カツオ役。3か月で降板。
1970年 「のらくろ」ののらくろ役
1971年 「国松さまのお通りだい」の石田国松役
1972年 「ハゼドン」のハゼドン役
1977年 「無敵超人ザンボット3」の神勝平役

結婚後に声優を主に行います。この時期テレビドラマの水戸黄門や清水次郎長などわき役として出演しています。
「太陽にほえろ!」の脚本を手掛けたのもこの時期です。

ウェブスペルの色が黄色のことでした。

夫の砂川啓介とは1963年8月に舞台『孫悟空』での共演で知りあいます。
お付き合いしているる時にドライブで不良に絡まれている少年をとっさのアドリブで助けたエピソードがあります。

ドラえもんの声優業と料理研究家として

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.10.16~ 45 211 3 青い猿 赤い月
1979.10.16~ 46 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
1980.10.16~ 47 161 5 赤い竜 赤い地球
2000.10.16~ 67 181 12 赤い竜 白い犬
2004.10.16~ 71 81 3 赤い竜 青い嵐

1979年 「ドラえもん」のドラえもん役の声優。1979年4月から2005年3月まで26年間演じた。
1980年 映画ドラえもん公開。これから毎年春休みの時期に合わせて公開
1980年 「ドラえもん音頭」など大山が歌ったドラえもん関連のレコード売り上げが100万枚を突破
1981年 料理研究家として「大山のぶ代のおもしろ酒肴」を出版。136万部のミリオンセラーを記録した。
2001年 直腸がん、手術で除去
2005年 ドラえもん声優陣を2代目に引き継ぎ

ウェブスペルの色が少しずれていますが赤色と白色まるまる26年間「ドラえもん」の声優を行いました。

ドラえもん声優の引退後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.10.16~ 74 136 6 黄色い戦士 青い猿
2014.10.16~ 81 91 13 青い猿 青い嵐
2016.10.16~ 83 41 2 赤い竜 黄色い太陽

2008年 心筋梗塞と脳梗塞を併発して緊急入院したが、投薬治療を行い、同年8月17日に退院。
2015年5月頃に、認知症であることが明かされ現在も闘病中です
2017年7月11日に夫の砂川啓介さんが亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。

大山のぶよのまとめ

ウェブスペルの色で流れを見てみると

デビューした時は青色の半ばでした。
黄色の始めに結婚し、アニメの声優の主役として活躍
赤色の時に「ドラえもん」の声優になります。ドラえもん関連のレコードの売り上げも100万枚超え。料理研究家として著書がミリオンセラー。
白色の時に「ドラえもん」を継続。誰もが知る「ドラえもん」声優になりました。


赤色に誕生し、白色におだやかで行き過ぎや誤りのなく継続という感じでしょうか。

ドラえもんの特徴的な声はほぼ大山の地声で若い頃は自分の声に対しかなり思い悩んでいたという。結果的にはその声がドラえもん役に繋がることになった。
また原作者の藤子・F・不二雄に初めて対面したとき、大山が「ドラえもんの声、いかがでしょうか?」とおそるおそる聞いてみると「第1話を見ましたが、ドラえもんはああいう声をしてたんですね」と言われたという。
この声のコンプレックスを克服したエピソードは小学校の道徳の資料にも取り上げられた。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

なかやまきんに君
なかやまきんに君(なかやまきんにくん)は、日本の男性お笑い芸人。恵まれた体質を活かしてスポーツ特番に出演。数々の好成績を収めます。サバンナ・八木真澄とはプロレスでタッグを組んだり、漫才コンビ『ザ☆健康ボーイズ』を結成。

続きを読む


小川直也
小川直也(おがわ なおや)は、日本の柔道家、総合格闘家、平成期のプロレスラー。バルセロナオリンピックの95kg超級銀メダリスト。全日本選手権で優勝7回。フリー格闘家に転向。「ハッスル!」という掛け声とポーズでも有名。

続きを読む


松田翔太
松田翔太(まつだ しょうた)は、日本の俳優。父は俳優の松田優作、母は女優の松田美由紀、兄は俳優の松田龍平、妹は歌手の松田ゆう姫。妻はモデルの秋元梢。ドラマ『LIAR GAME』で連続ドラマで初主演し注目を集めます。

続きを読む


朝日奈央
朝日奈央(あさひ なお)は、日本の女性マルチタレント。 2008年よりアイドルグループ・アイドリング!!!の15号として活動。卒業後はソロで活動。2017年の年末年始の番組への出演で高い評価を得て以降バラエティ番組に多く出演。

続きを読む


中丸雄一
中丸雄一(なかまる ゆういち)は日本の歌手、タレント、俳優。KAT-TUNのメンバー。愛称は「ゆめっち」。俳優、司会業でも活躍。芸能活動を行いながら早稲田大学人間科学部の通信課程を卒業。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin166)

宮本亜門
宮本亜門(みやもと あもん)は、日本の演出家。演出家として国内外で幅広い作品を手がけ2017年に演出家30周年、演出作品数は再演作品含んで約120本に及ぶ。

続きを読む


石井ふく子
石井ふく子(いしい ふくこ)は、テレビプロデューサー。TBSでプロデューサーとして活躍。TBS退社後もフリーランスプロデューサーとしてTBSドラマの黄金時代を支えます。

続きを読む


稀勢の里
稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか)は、元大相撲力士。第72代横綱。貴乃花以来、14年間途絶えていた日本出身横綱でしたが2017年に稀勢の里が横綱に昇進。2019年1月に引退。

続きを読む


関連記事 (声優)

三石琴乃
三石琴乃(みついし ことの)は、日本の声優、ナレーター。セーラームーンで人気、知名度急上昇。エヴァンゲリオンの葛城ミサト役で大きくブレイク。ドラえもんの、のび太の母の声を行っています。

続きを読む


市原悦子
市原悦子(いちはら えつこ)は、日本の女優、声優。新劇女優として活動。高い評価を得た後に、「まんが日本昔ばなし」の声優、『家政婦は見た!』の主演を務めました。

続きを読む


加藤みどり
加藤みどり(かとう みどり)は、日本の女優、声優、ナレーター。1969年に開始されたアニメ「サザエさん」の主人公・フグ田サザエの声優で知られています。

続きを読む


関連記事 (料理研究家)

栗原はるみ
栗原はるみ(くりはら はるみ)は、日本の料理研究家、実業家。日本人で初めてグルマン世界料理本賞の受賞者。多くの料理本を発表する一方、料理番組でも活躍。

続きを読む


速水もこみち
速水もこみち(はやみ もこみち)は、日本の俳優。俳優としてドラマ『ごくせん』でブレイク。以降、ドラマで主演が多くなります。2011年より料理コーナー「MOCO'Sキッチン」を担当。

続きを読む


小林カツ代
小林カツ代(こばやし カツよ)は、日本の料理研究家。料理研究家として生涯で出版した著書は200冊を超えます。NHKの料理番組「きょうの料理」に26年間出演。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ