3,354 views

大横綱「大鵬」の人生を見てみる(占い鑑定)

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 大鵬幸喜

記事公開日:2016年03月16日
最終更新日:2020年10月09日

大鵬幸喜
出典:wikipedia.org

大鵬幸喜(たいほう こうき)は、元大相撲力士。第48代横綱。現役時代は大変な美男子と評判。

当時の子供たちの好きな物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」という流行語に取り上げられるほど人気物でした。

このページでは、大鵬幸喜(たいほう こうき)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ ウルフ「千代の富士貢」の誕生日占いと人生鑑定
→ 憎らしいほど強い「北の湖 敏満」の人生を見てみる
→ 横綱「輪島大士」の誕生日占いと人生鑑定

大鵬幸喜の誕生日占い

生年月日:1940年5月29日
誕生日から算出したツォルキンバースディはKin241(黒Kin)です。

大鵬幸喜の誕生日占いの結果

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 青い鷲 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin20
絶対反対kin kin111

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin241の誕生日占いは、人に先んじて物事を起こすタイプです。男性ならば出世する人が多いです。苦しいときこそ、何が大切かはっきりわかる。

広告

大鵬幸喜の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

誕生から入門

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1940.5.29~ 0 241 7 赤い竜 青い鷲
1945.5.29~ 5 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
1955.5.29~ 15 256 9 黄色い戦士 黄色い星

1940年にロシア革命後に樺太へ亡命したウクライナ人将校と日本女性の三男として生まれた。

1945年に太平洋戦争によってソ連軍が南樺太へ侵攻してきたのに伴い、母親と共に最後の引き揚げ船だった小笠原丸で北海道へ引き揚げる。
小樽までのって行く予定だったが船酔いのために稚内で途中下船。小笠原丸はその後、潜水艦から魚雷攻撃を受けて沈没。大鵬親子は辛くも難を逃れました。

1956年 高校を中途退学して二所ノ関部屋に入門。

北海道での生活は母子家庭だったことから大変貧かったそうです。
あまりの貧しさから大鵬自身が家計を助けるために納豆を売り歩いていた話は有名です。

初土俵から三役へ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1956.5.29~ 16 101 10 赤い竜 黄色い人
1959.5.29~ 19 156 13 黄色い戦士 黄色の種
1960.5.29~ 20 1 1 赤い竜 赤い竜
1961.5.29~ 21 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇

1956年 初土俵。
1959年 新十両に昇進、師匠・二所ノ関から「大鵬」の四股名を授かる
1960年 新入幕、横綱・朝汐から初金星
1960年 新小結、新関脇(史上最年少・当時)、初優勝(史上最年少・当時)
1961年 新大関(史上最年少・当時)、新横綱(史上最年少・当時)
1961年 柏戸と共に横綱に昇進。「柏鵬(はくほう)時代」と言われる黄金時代を築く。

21歳3ヶ月で大鵬は横綱に昇進しました。のちに北の湖が21歳2ヶ月で最年少記録を更新します。

ウェブスペルの色が黄色の後半から赤色の前半のことでした。
赤色に入ってから「大鵬」の名をもらい、あっというまに横綱になりました。連続で黒Kinが表れていますね。

横綱時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1962.5.29~ 22 211 3 青い猿 赤い月
1963.5.29~ 23 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
1966.5.29~ 26 111 7 青い猿 赤い蛇
1967.5.29~ 27 216 8 黄色い戦士 赤い月
1971.5.29~ 31 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
1963年 6場所連続優勝
1967年 6場所連続優勝(2回目)
1971年 優勝32回(当時史上最多)。引退。「大鵬部屋」を創立

1960年に日本でテレビのカラー放送が開始されます。
1960年代に「巨人・大鵬・卵焼き」という流行語が誕生したそうです

現在活躍している第69代横綱・白鵬の四股名は柏戸・大鵬の「柏鵬(はくほう)時代」が由来だそうです。
優勝32回は白鵬に破られるまで最多でした。

6場所連続優勝している時に2度とも黒Kinが表れていますね。
ウェブスペルの色が赤色の前半から後半のことでした。

現役引退後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1976.5.29~ 36 121 4 赤い竜 白い鏡
1977.5.29~ 37 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1979.5.29~ 39 176 7 黄色い戦士 白い犬
2000.5.29~ 60 41 2 赤い竜 黄色い太陽
2001.5.29~ 61 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
2012.5.29~ 72 1 1 赤い竜 赤い竜
1976年 役員待遇・審判部副部長に就任
1977年 脳梗塞で倒れる。左半身麻痺など後遺症が残る。不屈の精神でリハビリ。
1980年 理事に就任
2000年 還暦土俵入り(北の湖・千代の富士の一大年寄両横綱を従え)
2001年 ウクライナ・ハリキフ市に大鵬記念館が建設される
2013年 1月19日死去

2013年2月15日に故人として国民栄誉賞が授与された。第2次安倍内閣の時でした。

亡くなった年は大鵬の四股名をもらってから52年目。個人年表1周した年でした。

大鵬幸喜のまとめ

大鵬幸喜の個人Kin年表を見てみるとウェブスペルの色が

赤色の時に大相撲で幕入りし、あっというまに横綱になり、32回の優勝を果たし引退。

すべてのことがウェブスペルの色の赤色の13年間で起きました。

続く白色の期間に脳梗塞。不屈の精神でリハビリ。

黄色に父の生誕地に記念館が建設しました。

「巨人・大鵬・卵焼き」という流行語ですが、大鵬本人は巨人嫌いで大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)のファンだったそうです。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

大友康平
大友康平(おおとも こうへい)は、歌手、俳優、タレント。ロックバンド「HOUND DOG」のボーカル。日本武道館史上最多の15日連続ライブを決行。「BRIDGE あの橋をわたるとき」は最大のヒットシングル曲。

続きを読む


秋吉久美子
秋吉久美子(あきよし くみこ)は、日本の女優。映画『赤ちょうちん』に出演し名前が知られるようになります。『異人たちとの夏』『男はつらいよ 寅次郎物語』『深い河』などが代表作。

続きを読む


伊沢拓司
伊沢拓司(いざわ たくし)、日本のクイズプレイヤー、YouTuber、起業家、タレント。クイズ番組で数々の好成績を収めます。クイズ番組『東大王』の第1シーズンでは東大王チームの大将を務めます。

続きを読む


ウエンツ瑛士
ウエンツ瑛士(ウエンツ えいじ)は、日本のタレント、俳優。4才から芸能活動を開始。俳優業やバラエティ番組で活躍する一方、小池徹平と「WaT」で歌手活動も行っていました。

続きを読む


山口智充
山口智充(やまぐち ともみつ)は、日本のお笑いタレント。かつてはお笑いコンビ「DonDokoDon」で活動。全国的に知名度を得て、以降ピンで活動することが多くなります。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin241)

菅井きん
菅井きん(すがい きん)は、日本の女優。「必殺仕事人」シリーズ、映画「お葬式」などに出演。名脇役として数々の映画や演劇、テレビドラマに出演します。長く、おばあちゃん役が定着していました。

続きを読む


長澤まさみ
長澤まさみ(ながさわ まさみ)は女優。東宝のオーディションで12才史上最年少でグランプリに選ばれ芸能界に入ります。映画『世界の中心で、愛をさけぶ』が大ヒットとなり多数の映画賞を受賞します。

続きを読む


森繁久彌
森繁久彌(もりしげ ひさや)は、日本の俳優、歌手、コメディアン、元NHKアナウンサー。昭和を代表する国民的俳優の一人。映画・テレビ・舞台・ラジオ・歌手など幅広い分野で活躍。没後に国民栄誉賞が追贈。

続きを読む


関連記事 (国民栄誉賞)

森繁久彌
森繁久彌(もりしげ ひさや)は、日本の俳優、歌手、コメディアン、元NHKアナウンサー。昭和を代表する国民的俳優の一人。映画・テレビ・舞台・ラジオ・歌手など幅広い分野で活躍。没後に国民栄誉賞が追贈。

続きを読む


松井秀喜
松井秀喜(まつい ひでき)は、元プロ野球選手(外野手)。愛称は「ゴジラ」。1990年代から2000年代の球界を代表する長距離打者で、日本とアメリカの球団で活躍します。

続きを読む


羽生善治
羽生善治(はぶ よしはる)は日本の将棋棋士。1996年2月に、将棋界で初の7タイトル独占。2017年12月5日に永世竜王となり、初の永世七冠を達成した人物です。

続きを読む


関連記事 (大相撲力士)

高見山大五郎
高見山大五郎(たかみやま だいごろう)は、アメリカ・ハワイ出身で高砂部屋所属の元大相撲力士。外国出身力士として史上初の幕内優勝、引退後も大相撲の国際化に尽力。

続きを読む


鶴竜力三郎
鶴竜力三郎(かくりゅう りきさぶろう)は、モンゴル出身の大相撲力士。第71代横綱。基本的に組んで良し離れて良しのオールラウンダー。

続きを読む


朝乃山
朝乃山英樹(あさのやま ひでき)は、富山県出身の大相撲力士。2019年5月場所に平幕ながら幕内初優勝。最高位は大関(2020年3月場所後に昇進)。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ