433 views

女優・中村メイコの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 中村メイコ

記事公開日:2018年08月17日
最終更新日:2019年01月01日

中村メイコ
出典:wikipedia.org 『毎日グラフ』1957年6月9日号

中村メイコ(なかむら めいこ)は、日本の女優、歌手、タレント。

2才の時にデビューして以来、天才子役として活躍。
戦後、ラジオで七色の声の持ち主として人気をあつめます。
日本の芸能・放送史を知る上で黒柳徹子と並んで欠かせない存在です。

このページでは中村メイコの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

中村メイコの誕生日占い(性格診断)

生年月日:1934年5月13日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin115(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 赤い蛇 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い鷲
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin146
絶対反対kin kin245

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin115の誕生日占いは、過去を振り返らないで突き進むタイプです。先が見えなくてもあせってはいけない。

広告

中村メイコの個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都出身。
父は劇作家の中村正常(なかむら まさつね)と作家の中村チエコの長女として誕生します。

天才子役

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1936.5.13~ 2 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
1937.5.13~ 3 170 1 白い犬 白い犬
1938.5.13~ 4 15 2 青い鷲 白い魔法使い
1939.5.13~ 5 120 3 黄色い太陽 白い鏡
1940.5.13~ 6 225 4 赤い蛇 白い風
2才の時に映画デビュー。その後、数多くの作品に出演し天才子役として注目されます。
NHKにはテレビ本放送開始以前より出演。1940年の東京オリンピック開催前のNHKの実験放送の頃から出演します。
太平洋戦争中は奈良へ疎開します。

ウェブスペルの色が赤色の最後の年よりデビューし天才子役として注目されます。

神津ファミリー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1955.5.13~ 21 240 6 黄色い太陽 青い鷲
1956.5.13~ 22 85 7 赤い蛇 青い嵐
1957.5.13~ 23 190 8 白い犬 青い夜
戦後、ラジオで七色の声の持ち主として人気を集めます。
1955年に歌手として活動し「田舎のバス」がヒット。

1957年に作曲家の神津善行と結婚。
長女は作家の神津カンナ、次女は女優の神津はづき、長男は画家の神津善之介と芸能一家で知られ、メイコを含めた神津家は「神津ファミリー」と呼ばれます。

ウェブスペルの色が青色の半ばに歌手として「田舎のバス」がヒット
青色の後半には作曲家の神津善行と結婚します。

NHK紅白歌合戦の紅組司会

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1959.5.13~ 25 140 10 黄色い太陽 青い猿
1960.5.13~ 26 245 11 赤い蛇 青い鷲
1961.5.13~ 27 90 12 白い犬 青い嵐
1959年から1961年に「NHK紅白歌合戦」の紅組司会を3年連続でつとめます。

ウェブスペルの色が青色の最期付近にNHK紅白歌合戦の紅組司会を3年連続で務めます。

おやじのヒゲ・シリーズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.5.13~ 52 115 11 青い鷲 赤い蛇
1987.5.13~ 53 220 12 黄色い太陽 赤い月
1988.5.13~ 54 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
1986年から1996年まで主演は森繁久彌のホームドラマに出演。
このほか、榎本健一・三木のり平・三波伸介など、有名な喜劇俳優・コメディアン達と共演した影響で自らの肩書は「喜劇女優」と語っています。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近から有名な喜劇俳優・コメディアン達と共演。

芸歴80年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.5.13~ 82 145 2 赤い蛇 黄色の種
舞台,司会,執筆など幅ひろく活躍。
2016年に芸歴80年目を迎えました。

ウェブスペルの色が2度目の黄色の始めころに芸歴80年を迎えました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.5.13~ 84 95 4 青い鷲 黄色い人
2019.5.13~ 85 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
2020.5.13~ 86 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
中村メイコの現在は、ウェブスペルの色が黄色の前半に当たります。
84才の時はKin95。大らかな気持ちを誰に対しても発揮できる年です。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。

誠心誠意生きなさい。

中村メイコのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の最後の年よりデビューし天才子役として注目されます。
青色の半ばに歌手として「田舎のバス」がヒット
青色の後半には作曲家の神津善行と結婚します。
青色の最期付近にNHK紅白歌合戦の紅組司会を3年連続で務めます。
赤色の最後付近から有名な喜劇俳優・コメディアン達と共演。
2度目の黄色の始めころに芸歴80年を迎えました。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

八千草薫
八千草薫(やちぐさ かおる)は、日本の女優。宝塚歌劇団で美貌・清純派の娘役として一時代を風靡。退団後はおっとりとした良妻賢母役でテレビドラマなどで活躍。

続きを読む


藤田ニコル
藤田ニコル(ふじた ニコル)は、日本のファッションモデル、タレント、声優。ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得。年齢を重ね『nicola』『Popteen』『ViVi』と専属モデルを務めます。

続きを読む


パパイヤ鈴木
パパイヤ鈴木(パパイヤ すずき)は、日本のダンサー、振付師、タレント。『パパイヤ鈴木とおやじダンサーズ』を結成。人気を博します。その後『debuya』に出演し、デブタレントとして認知。

続きを読む


小島慶子
小島慶子(こじま けいこ)はタレント、エッセイスト、ラジオパーソナリティ。元TBSアナウンサー。近年はクイズ番組でも活躍しています。

続きを読む


安美佳(アン-ミカ)
安美佳(アン ミカ)は、韓国出身大阪育ちのファッションモデル。1993年にパリコレに参加。以降はモデル業以外にテレビ・ラジオ出演、エッセイ執筆や講演など様々な方面で活躍。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin115)

蜷川幸雄
蜷川幸雄(にながわ ゆきお)は日本の演出家、映画監督、俳優。商業演劇で世界の舞台へと活躍の場を広げます。国際的に評価が高く「世界のニナガワ」と呼ばれます。

続きを読む


篠原ともえ
篠原ともえは、日本の歌手、タレント。1990年末期に個性的なファッションと強烈なキャラクターで、「シノラー」ブームを巻き起こします。

続きを読む


高田屋嘉兵衛
高田屋嘉兵衛(たかたや かへえ)は、江戸時代後期の廻船業者、海商。蝦夷地と交易を行い巨額の財を稼ぎ、北海道函館の礎を築きます。またゴローニン事件を解決へと導きました。

続きを読む


関連記事 (女優)

野際陽子
野際陽子(のぎわ ようこ)は、日本の女優。NHKのアナウンサーと経て女優に転向。『キイハンター』に出演しブレイク。共演した千葉真一と結婚・離婚。その後、着物姿の姑役として数々のドラマに出演。

続きを読む


長澤まさみ
長澤まさみ(ながさわ まさみ)は女優。東宝のオーディションで12才史上最年少でグランプリに選ばれ芸能界に入ります。映画『世界の中心で、愛をさけぶ』が大ヒットとなり多数の映画賞を受賞します。

続きを読む


倍賞千恵子
倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)は、日本の女優、歌手、声優。愛称は「チコちゃん」。「男はつらいよ」シリーズで主人公・車寅次郎の妹さくら役を演じ、人気を不動のものにします。

続きを読む


岩下志麻
岩下志麻(いわした しま)は、日本の女優。松竹の看板女優の一人として活躍。『極道の妻たち』シリーズの初代「極妻」として有名。メナードのCMに長く出演、専属タレント契約の最長記録としてギネス認定。

続きを読む


永作博美
永作博美(ながさく ひろみ)は女優。父が美少女コンテストに応募したのが芸能界入りのきっかけ。オーディションに合格しアイドルグループribbonでデビュー。その後、女優として活動します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事