206 views

女優・佐藤藍子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 佐藤藍子

佐藤藍子
→ 画像検索はこちら

佐藤藍子(さとう あいこ)は、日本の女優、タレント。

第6回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞。
女優業やバラエティ番組の司会など幅広く活動を行い歴代グランプリ受賞者の中での知名度の高さはトップクラス。

このページでは、佐藤藍子(さとう あいこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

佐藤藍子の誕生日占い

生年月日:1977年9月26日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin86です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 青い嵐 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin175
絶対反対kin kin216

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

ひとことでいえばKin86の誕生日占いは、チャンスを生かすのが上手なタイプです。目上の人との出会いで変わります。浮気な試練。正式な手続きをしないと二の足を踏む。

広告

佐藤藍子(さとう あいこ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

神奈川県川崎市出身。

全日本国民的美少女コンテスト

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.9.26~ 15 101 10 赤い竜 黄色い人
1993.9.26~ 16 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
1994.9.26~ 17 51 12 青い猿 黄色い太陽
1992年に『第6回 全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリ受賞し芸能界入り。
同大会で審査員特別賞は米倉涼子、演技部門賞は鈴木紗理奈

1993年にテレビドラマ『ツインズ教師』で女優デビュー。
1995年に映画『今日から俺は!! 電撃の17才』で映画デビュー。

しかしデビュー後しばらくは低迷します。森永製菓のICEBOXの企画ユニットのメンバーとして活動していたこともありました。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に『第6回 全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリ受賞し芸能界入り。

テレビドラマ主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.9.26~ 18 156 13 黄色い戦士 黄色の種
1996.9.26~ 19 1 1 赤い竜 赤い竜
1997.9.26~ 20 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1996年にテレビドラマ『変[HEN]』、『イタズラなKiss』で主演。
『変[HEN]』では中性的キャラクターの男子高校生役を演じます。
1997年にテレビドラマ『研修医なな子』で主演。

1996年に『スーパージョッキー』の進行アシスタント。
1997年に『だんトツ!!平成キング』の司会と徳光和夫ヒロミとともに担当。
バラエティ番組にも進出を開始します。

ウェブスペルの色が赤色に変わりテレビドラマで主演、バラエティ番組にも進出。

奇跡体験!アンビリバボー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.9.26~ 21 211 3 青い猿 赤い月
1999.9.26~ 22 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
2000.9.26~ 23 161 5 赤い竜 赤い地球
1998年より2007年まで『奇跡体験!アンビリバボー』の初代司会を担当。ナビゲーターはビートたけし

ウェブスペルの色が赤色の前半より『奇跡体験!アンビリバボー』の初代司会を担当。
3年連続で黒Kinの年にバラエティ番組に進出していますね。

ちゅらさん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.9.26~ 24 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
2002.9.26~ 25 111 7 青い猿 赤い蛇
2003.9.26~ 26 216 8 黄色い戦士 赤い月
2001年に朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』に佐々木(古波蔵)奈々子役で出演。
ヒロイン役の国仲涼子の先輩看護婦役。
2002年に大河ドラマ『利家とまつ』に麻阿役で出演。

女優業やバラエティ番組の司会など幅広く行い全日本国民的美少女コンテストの歴代グランプリ受賞者の中で知名度の高さはトップクラスとなった。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』に出演。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.9.26~ 29 11 11 青い猿 赤い竜
2007.9.26~ 30 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
2008.9.26~ 31 221 13 赤い竜 赤い月
2007年3月をもって『奇跡体験!アンビリバボー』の司会を降板。後任は小林麻央
趣味の乗馬を通して知り合った乗馬インストラクターの沼田拓馬と2007年、30才の誕生日に結婚。
2008年に大河ドラマ『篤姫』に小ノ島役で出演。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に結婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.9.26~ 43 181 12 赤い竜 白い犬
2021.9.26~ 44 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
2022.9.26~ 45 131 1 青い猿 青い猿
佐藤藍子の現在は、ウェブスペルの色が白色の最後付近に当たります。
43才の時はKin181。一人で意欲満々の年です。他の人と協力することで大きな成果を得ます。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。
  • 白い犬は、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝えます。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。

進行を妨げられたら計画を温めなおすこと。

佐藤藍子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最後付近に『第6回 全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリ受賞し芸能界入り。
赤色に変わりテレビドラマで主演、バラエティ番組にも進出。
赤色の前半より『奇跡体験!アンビリバボー』の初代司会を担当。
赤色の半ばに朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』に出演。
赤色の最後付近に結婚。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

寺尾聡
寺尾聡(てらお あきら)は、日本の俳優、歌手。父は俳優の宇野重吉。石原軍団で刑事役で活躍。歌手活動では「ルビーの指輪」が大ヒット。石原軍団から脱退後は黒澤明監督の映画作品に立て続けに出演。

続きを読む


樋口可南子
樋口可南子(ひぐち かなこ)は、日本の女優。夫はコピーライターの糸井重里。日本でヘアーヌード解禁のきっかけとなった写真集を発売。ソフトバンクのCM、白戸家シリーズの母役などで有名。

続きを読む


笹生優花
笹生優花(さそう ゆうか)は、女子プロゴルファー。2021年に全米女子オープンで優勝。全米女子プロゴルフ(LPGA)ツアーで優勝したのは日本人女子ゴルファーとしては樋口久子、渋野日向子に次ぎ3人目となった。

続きを読む


大杉久美子
大杉久美子(おおすぎ くみこ)は、日本の歌手。『アタックNo.1』のOP主題歌を歌い自身初のヒット。1970年代後半には「アニソン四天王」と呼ばれるまで活躍。

続きを読む


丘みどり
丘みどり(おか みどり)は、日本の演歌歌手。アイドルグループ「HOP CLUB」のメンバーを経て演歌歌手としてデビュー。2017年に紅白歌合戦に初出場。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin086)

市川実日子
市川実日子(いちかわ みかこ)は、日本のファッションモデル、女優。10代からモデルとして活躍。その後、女優としてもデビュー。一つ姉の市川実和子も女優。

続きを読む


北里柴三郎
北里柴三郎(きたさと しばさぶろう)は日本の医学者、細菌学者。東大医科学研究所、北里大学、慶応大学医学部などの創立者。「日本の細菌学の父」として知られ、ペスト菌を発見。また破傷風の治療法を開発。

続きを読む


吉岡秀隆
吉岡秀隆(よしおか ひでたか)は、日本の俳優、ミュージシャン。ドラマ「北の国から」で黒板純役でレギュラー出演し代表作になった。山田洋次監督作品への出演が非常に多く、ほぼ常連である。

続きを読む


司馬遼太郎
司馬遼太郎(しば りょうたろう)は、日本の小説家。代表作に『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『坂の上の雲』など、戦国・幕末・明治を扱った作品が多くあります。

続きを読む


永井豪
永井豪(ながい ごう)は、日本の漫画家。石ノ森章太郎のアシスタントを経てデビュー。代表作に『ハレンチ学園』『マジンガーZ』『キューティーハニー』などあります。

続きを読む


関連記事 (女優)

木村佳乃
木村佳乃(きむら よしの)は、日本の女優、歌手、司会者。夫は俳優の東山紀之。イギリス・ロンドン生まれ、東京都世田谷区成城育ち。大学時代に女優としてデビュー。

続きを読む


八千草薫
八千草薫(やちぐさ かおる)は、日本の女優。宝塚歌劇団で美貌・清純派の娘役として一時代を風靡。退団後はおっとりとした良妻賢母役でテレビドラマなどで活躍。

続きを読む


石田ひかり
スカウトをうけアイドル歌手、女優としてデビュー。朝の連続テレビ小説『ひらり』のヒロイン、大林宣彦監督の映画『ふたり』『はるか、ノスタルジィ』で主演。姉は女優の石田ゆり子。

続きを読む


山村紅葉
山村紅葉(やまむら もみじ)は、日本の女優、タレント、元国家公務員。母は推理作家の山村美紗。母の作品が原作のドラマを中心に2016年時点で500本以上出演し、2時間ドラマの裏女王と言われる。

続きを読む


倉科カナ
倉科カナ(くらしな かな)は、日本の女優、タレント。『ミスマガジン2006』でグランプリを獲得。2009年後期の朝の連続テレビ小説『ウェルかめ』でヒロインの浜本(山田)波美役。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ