421 views

女優・余貴美子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 余貴美子

余貴美子
→ 画像検索はこちら

余貴美子(よ きみこ)は、日本の女優。

高校を卒業してから劇団に入団。その後、東京壱組を結成。東京壱組は解散後は活躍の場をTVや映画に移します。
代表作に『おくりびと』『ディア・ドクター』などあります。

このページでは、余貴美子(よ きみこ)の生年月日から求めた占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

余貴美子(よ きみこ)の誕生日占い

生年月日:1956年5月12日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin84です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い種 青い嵐 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い種
互いに学びあう 反対kin 白い魔法使い
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い地球
以てるもの同士の類似kin 青い鷲
鏡の向こうのもう一人の自分 kin177
絶対反対kin kin214

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

ひとことでいえばKin84の誕生日占いは、コミュニケーションの中から自然に知識を吸収できるタイプです。困ったときは自分の欠点を見直すチャンスになる。

広告

余貴美子(よ きみこ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

神奈川県横浜市出身。
父は台湾人、母は日本人。客家系台湾人二世にあたります。

オンシアター自由劇場

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.5.12~ 19 259 12 青い嵐 黄色い星
1976.5.12~ 20 104 13 黄色の種 黄色い人
1977.5.12~ 21 209 1 赤い月 赤い月
高校を卒業後の1976年にオンシアター自由劇場に入団。
自由劇場時代の代表作は『上海バンスキング』のリリー役。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近にオンシアター自由劇場に入団。

東京壱組

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.5.12~ 29 9 9 赤い月 赤い竜
1986.5.12~ 30 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
1987.5.12~ 31 219 11 青い嵐 赤い月
オンシアター自由劇場を退団。
1985年に大谷亮介らと東京壱組を結成。
劇団の活動と並行しTVや映画への出演を開始。

ウェブスペルの色が赤色の後半に東京壱組を結成。

東京壱組解散

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.5.12~ 40 124 7 黄色の種 白い鏡
1997.5.12~ 41 229 8 赤い月 白い風
1998.5.12~ 42 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
東京壱組では1996年の解散まで14公演を公演。
解散後は活躍の場をテレビや映画に移します。

1998年には映画『学校III』『あ、春』で日本アカデミー賞・優秀助演女優賞、ブルーリボン賞・助演女優賞と毎日映画コンクール・女優助演賞を受賞。

ウェブスペルの色が白色の半ばに東京壱組は解散。活躍の場をTVや映画に移します。
白色の後半で映画『学校III』『あ、春』で数々の映画の賞を受賞。

2時間ドラマ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.5.12~ 43 179 10 青い嵐 白い犬
2001.5.12~ 45 129 12 赤い月 白い鏡
2003.5.12~ 47 79 1 青い嵐 青い嵐
1999年に火曜サスペンス劇場「冬の駅」でギャラクシー賞個人賞受賞。
2001年より火曜サスペンス劇場「だます女だまされる女」に石毛まどか役で出演。2005年まで。
2003年より月曜ミステリー劇場「女タクシードライバーの事件日誌」に春成衿子役で出演。

多数の2時間ドラマで活躍。

ウェブスペルの色が白色の最後付近より多数の2時間ドラマで活躍。

2年連続日本アカデミー賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.5.12~ 50 134 4 白い魔法使い 青い猿
2008.5.12~ 52 84 6 黄色の種 青い嵐
2009.5.12~ 53 189 7 赤い月 青い夜
2006年に2歳年下のNHKの美術スタッフと結婚。
2008年に『おくりびと』、2009年に『ディア・ドクター』で2年連続日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞。

ウェブスペルの色が青色の半ばに『おくりびと』『ディア・ドクター』で2年連続日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞。

その後の活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.5.12~ 56 244 10 黄色の種 青い鷲
2013.5.12~ 57 89 11 赤い月 青い嵐
2019.5.12~ 63 199 4 青い嵐 黄色い戦士
2012年に『あなたへ』で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞。
2013年に『武士の献立』で日本アカデミー賞・優秀助演女優賞を受賞。

2019年に紫綬褒章を受賞。

ウェブスペルの色が黄色の前半に紫綬褒章を受賞。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.5.12~ 64 44 5 黄色の種 黄色い太陽
2021.5.12~ 65 149 6 赤い月 黄色の種
2022.5.12~ 66 254 7 白い魔法使い 黄色い星
余貴美子の現在は、ウェブスペルの色が黄色の前半に当たります。
64才の時はKin44。知識欲旺盛な年です。掘り下げましょう。のめりこみましょう。

  • 音5は、一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。

時に従い周囲に従い初めて自分の場所に立つ。家庭的に苦労しやすい。

余貴美子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最後付近にオンシアター自由劇場に入団。
赤色の後半に東京壱組を結成。
白色の半ばに東京壱組は解散。活躍の場をTVや映画に移します。
白色の後半で映画『学校III』『あ、春』で数々の映画の賞を受賞。
白色の最後付近より多数の2時間ドラマで活躍。
青色の半ばに『おくりびと』『ディア・ドクター』で2年連続日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞。
2度目の黄色の前半に紫綬褒章を受賞。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

なかやまきんに君
なかやまきんに君(なかやまきんにくん)は、日本の男性お笑い芸人。恵まれた体質を活かしてスポーツ特番に出演。数々の好成績を収めます。サバンナ・八木真澄とはプロレスでタッグを組んだり、漫才コンビ『ザ☆健康ボーイズ』を結成。

続きを読む


小川直也
小川直也(おがわ なおや)は、日本の柔道家、総合格闘家、平成期のプロレスラー。バルセロナオリンピックの95kg超級銀メダリスト。全日本選手権で優勝7回。フリー格闘家に転向。「ハッスル!」という掛け声とポーズでも有名。

続きを読む


松田翔太
松田翔太(まつだ しょうた)は、日本の俳優。父は俳優の松田優作、母は女優の松田美由紀、兄は俳優の松田龍平、妹は歌手の松田ゆう姫。妻はモデルの秋元梢。ドラマ『LIAR GAME』で連続ドラマで初主演し注目を集めます。

続きを読む


朝日奈央
朝日奈央(あさひ なお)は、日本の女性マルチタレント。 2008年よりアイドルグループ・アイドリング!!!の15号として活動。卒業後はソロで活動。2017年の年末年始の番組への出演で高い評価を得て以降バラエティ番組に多く出演。

続きを読む


中丸雄一
中丸雄一(なかまる ゆういち)は日本の歌手、タレント、俳優。KAT-TUNのメンバー。愛称は「ゆめっち」。俳優、司会業でも活躍。芸能活動を行いながら早稲田大学人間科学部の通信課程を卒業。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin084)

石丸幹二
石丸幹二(いしまる かんじ)は、日本の俳優、歌手、司会者。劇団四季に17年在籍。ミュージカルとストレートプレイの両方で看板俳優として活動。退団後は舞台はもとよりテレビドラマや映画、歌手にも進出。

続きを読む


岡田斗司夫
岡田斗司夫(おかだ としお)は、プロデューサー、評論家、文筆家、実業家、企画者、講演者。自称オタキング。ガイナックスの初代社長。

続きを読む


六代桂文枝
六代 桂文枝(ろくだい かつら ぶんし)は日本の落語家、タレント、司会者です。2012年に桂文枝を襲名するまで「桂三枝」(かつら さんし)で活動。「新婚さんいらっしゃい!」でギネス記録。

続きを読む


赤塚不二夫
赤塚不二夫(あかつか ふじお)は、日本の漫画家。1967年に代表作である『天才バカボン』が爆発的ヒット。「ギャグ漫画の王様」と言われ、戦後ギャグ漫画史の礎を築きました。

続きを読む


水森亜土
水森亜土(みずもり あど)は、日本のイラストレーター、歌手、女優、画家、作家。1970年代に透明なアクリルボードに歌いながら両手で同時にイラストを描くパフォーマンスでブレイク。

続きを読む


関連記事 (女優)

小林聡美
小林聡美(こばやし さとみ)は、日本の女優、エッセイスト。映画『転校生』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『やっぱり猫が好き』に三女・きみえ役で出演し一躍人気者。元夫は映画監督の三谷幸喜。

続きを読む


宮沢りえ
宮沢りえ(みやざわ りえ)は、日本の女優、ファッションモデル、歌手。1987年、14才の時にCM『三井のリハウス』の初代リハウスガール“白鳥麗子”役を務めて注目を集め、トップアイドルの一人となった。

続きを読む


夏目雅子
夏目雅子さんは、女優として映画やテレビなどで活躍し、映画「鬼龍院花子」の「なめたらいかんぜよ!」は当時の流行語となります。大女優と期待されるが白血病になり若くして亡くなりました。

続きを読む


工藤夕貴
工藤夕貴(くどう ゆうき)は、日本の歌手、女優。中学の時に芸能界デビュー。高校の時にハリウッドに挑戦し長く海外を中心に活動。その後、日本に戻り再婚。広大な土地を購入し農業を行いながらカフェをオープン。

続きを読む


檀ふみ
檀ふみ(だん ふみ)は、日本の女優、司会者、エッセイスト。クイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー。女優として清純派女優として活躍。父は作家の檀一雄。阿川佐和子との共著で講談社エッセイ賞を受賞。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ