704 views

女優・加賀まりこの誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 加賀まりこ

記事公開日:2019年02月19日
最終更新日:2019年10月28日

加賀まりこ
→ 画像検索はこちら

加賀まりこ(かが まりこ)は日本の女優、司会者。

長く女優として活躍。デビュー以来、奔放な言動でマスコミを賑わせ「小悪魔」などと呼ばれます。
芸能界屈指の雀士としても知られます。

このページでは、加賀まりこの生年月日から求めた占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

加賀まりこの誕生日占い

生年月日:1943年12月11日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin232です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 白い風 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin29
絶対反対kin kin102

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

ひとことでいえばKin232の誕生日占いは、独自の道を歩きオリジナリティを大事にするタイプです。心を引き締め足元に注意しスタートすること。

広告

加賀まりこの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京の神田生まれ。本名は加賀雅子(かが まさこ)。
父は映画会社大映のプロデューサーの加賀四朗。
中学時代は陸上競技を行い、2年の時に走り幅跳びで都大会で優勝。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1960.12.11~ 17 197 2 赤い地球 黄色い戦士
1961.12.11~ 18 42 3 白い風 黄色い太陽
1962.12.11~ 19 147 4 青い手 黄色の種
高校在学中の1960年にスカウトされテレビドラマにデビュー。芸名の「加賀まりこ」は写真家の秋山庄太郎につけてもらいます。
松竹と5年契約を結び1962年に映画デビュー。その後、映画やCMに出演し注目を集めます。
しかしそのルックスとは反面に歯に衣着せぬ発言で「生意気」のレッテルが貼られます。

ウェブスペルの色が黄色の始めころにスカウトされデビュー。

一時休業・復帰

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1963.12.11~ 20 252 5 黄色い人 黄色い星
1964.12.11~ 21 97 6 赤い地球 黄色い人
1965.12.11~ 22 202 7 白い風 黄色い戦士
20才の時に憶測で書かれている週刊誌の記事に嫌気がさし半年先までスケジュールをキャンセル。単身パリに渡りそれまで稼いだお金で豪遊。
半年たちお金も底がついたところで日本より舞台出演の打診を受け帰国。劇団四季の舞台『オンディーヌ』に出演し大成功をおさめます。
この成功で女優としての喜びを知り女優として本腰を入れます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに半年休業しパリで豪遊。帰国後に舞台での成功を機に女優として本腰を入れます。

石坂浩二との交際

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1965.12.11~ 22 202 7 白い風 黄色い戦士
1966.12.11~ 23 47 8 青い手 黄色い太陽
1967.12.11~ 24 152 9 黄色い人 黄色の種
1965年に作家の川端康成原作の映画『美しさと哀しみと』に出演。ここで川端と加賀は初対面。以後、川端は加賀を大変気に入り交流が続きます。
1966年に石坂浩二と舞台で共演。これを機に2人の交際が開始。一時は同棲まで発展しますが、互いの仕事が忙しくなり自然消滅。
のちに石坂浩二と結婚する浅丘ルリ子を石坂に紹介したのは加賀です。

ウェブスペルの色が黄色の後半に石坂浩二と交際を開始。その後、自然消滅。

シングルマザー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.12.11~ 28 52 13 黄色い人 黄色い太陽
1972.12.11~ 29 157 1 赤い地球 赤い地球
1972年に加賀は未婚のまま妊娠。父は非公表。石坂と別れたあとに布施明と交際していた期間もあり父は布施との説もあり。
シングルマザーとなる決意し1972年2月に出産しますが出産7時間後に子供は死亡。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年に出産。しかしその7時間後に子供は死去。

事実婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.12.11~ 55 27 1 青い手 青い手
1999.12.11~ 56 132 2 黄色い人 青い猿
2003.12.11~ 60 32 6 黄色い人 青い手
2004.12.11~ 61 137 7 赤い地球 青い猿
60才の時から6歳下のドラマ演出家と事実婚。
加賀が55才の時からアプローチを続け、5年越しで事実婚になります。
事実婚だったことは2017年10月にテレビ番組で公表。

ウェブスペルの色が青色の半ばよりドラマ演出家と事実婚。

道明寺のお母さん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.12.11~ 63 87 9 青い手 青い嵐
2007.12.11~ 64 192 10 黄色い人 青い夜
2008.12.11~ 65 37 11 赤い地球 青い手
女優として第一線で活躍し続けます。
2007年に『花より男子』に出演したことで若い世代からも「道明寺のお母さん」と認知。

また、1972年生まれの飯島愛とテレビ番組で共演を機に「私もあなたのお母さんになる」と言うつもりで交流を始めます。
2009年に飯島愛の死に際しお別れ会の発起人の一人として名を連ねました。

ウェブスペルの色が青色の後半に『花より男子』を出演を機に若い世代方も認知されます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.12.11~ 75 47 8 青い手 黄色い太陽
2019.12.11~ 76 152 9 黄色い人 黄色の種
2020.12.11~ 77 257 10 赤い地球 黄色い星
加賀まりこの現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
76才の時はKin152。知識を増すにしたがって謙虚になれる年です。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

勘を大切にすることで自然にまとまるようになる。

加賀まりこのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の始めころにスカウトされデビュー。
黄色の半ばに半年休業しパリで豪遊。帰国後に舞台での成功を機に女優として本腰を入れます。
黄色の後半に石坂浩二と交際を開始。その後、自然消滅。
黄色の最後の年に出産。しかしその7時間後に子供は死去。
青色の半ばよりドラマ演出家と事実婚。
青色の後半に『花より男子』を出演を機に若い世代方も認知されます。

芸能在屈指の雀士として知られています。子供のころに兄、姉とその友達が麻雀を打っているのを見て覚えたそうです。
フジテレビ『THEわれめDEポン』で過去に4度の優勝経験を持ちます。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

尾美としのり
尾美としのり(おみ としのり)は、日本の俳優。子役としてデビュー。『鬼平犯科帳』では同心の木村忠吾役でレギュラー出演。宮藤官九郎脚本作品に頻繁に出演していることでも有名。

続きを読む


小林聡美
小林聡美(こばやし さとみ)は、日本の女優、エッセイスト。映画『転校生』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『やっぱり猫が好き』に三女・きみえ役で出演し一躍人気者。元夫は映画監督の三谷幸喜。

続きを読む


小林幸子
小林幸子(こばやし さちこ)は、日本の歌手、女優、タレント、実業家。9才の時にスカウトされデビュー。しかし仕事が激減し低迷期を歩みます。その後『おもいで酒』で復活。紅白歌合戦では派手な衣装で話題。

続きを読む


田中要次
田中要次(たなか ようじ)、日本の俳優、タレント。俳優になる前は国鉄職員、照明助手など異色の経歴の持ち主。ドラマ『HERO』にバーテンダー役で「あるよ」のセリフでブレイク。

続きを読む


松野明美
松野明美(まつの あけみ)は、元陸上競技長距離走選手、タレント、政治家。ソウルオリンピックに10000mで出場。現役引退後、タレントなどマルチに活躍。マシンガントークを連発。その後、政界に進出。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin232)

王貞治
王貞治(おう さだはる)は、元プロ野球選手・監督。福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役会長。レギュラーシーズン通算本塁打868本を記録し、巨人のV9に貢献。1977年初めて国民栄誉賞を受賞した人物。

続きを読む


岩垂邦彦
岩垂邦彦(いわだれ くにひこ)は、日本の実業家。日本電気株式会社(NEC)の創業者。

続きを読む


サン=テグジュペリ
サン=テグジュペリは、フランスの作家、操縦士。著書『星の王子さま』は自身で描いた素朴な挿絵も含め世界各国で長く愛読された作品。世界で1億5000万部を突破。

続きを読む


飯島直子
飯島直子は日本のタレント、女優です。愛称は「なおちゃん」「直子姉さん」。缶コーヒー「ジョージア」のCMでブレイク。「癒し系女優」として人気が上昇し数多くのドラマに出演しました。

続きを読む


いかりや長介
いかりや 長介さんはザ・ドリフターズのリーダー。「8時だョ!全員集合」や「ドリフ大爆笑」で一世を風靡し、その後は俳優、タレントとして活躍しました。

続きを読む


関連記事 (女優)

大竹しのぶ
大竹しのぶ(おおたけ しのぶ)は日本の女優、タレント、歌手。1973年にデビュー。日本を代表する女優です。タレントのIMALUは明石家さんまと大竹との娘です。

続きを読む


斉藤由貴
斉藤由貴(さいとう ゆき)は、女優、歌手。1984年に芸能界入りし、CM、歌手、ドラマと次々に成功していきます。1990年代以降、女優として映画・テレビ・舞台など幅広く活躍します。

続きを読む


早見優
早見優(はやみ ゆう)は、日本の歌手、女優、タレント。14歳の時にハワイでスカウトされ歌手としてデビュー。花の82年組と呼ばれデビュー後に3度紅白歌合戦に出場します。

続きを読む


小林聡美
小林聡美(こばやし さとみ)は、日本の女優、エッセイスト。映画『転校生』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『やっぱり猫が好き』に三女・きみえ役で出演し一躍人気者。元夫は映画監督の三谷幸喜。

続きを読む


中谷美紀
中谷美紀(なかたに みき)は、女優、歌手。映画『リング』『リング2』の高野舞役で話題となり、1999年に『ケイゾク』が放送され人気となる。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事