2,719 views

女優・宮本信子の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 宮本信子

記事公開日:2017年10月03日
最終更新日:2021年04月25日

宮本信子
→ 画像検索はこちら

宮本信子(みやもと のぶこ)は、日本の女優、歌手。

夫の伊丹十三監督の映画『お葬式』でブレイク、続く『マルサの女』で大ブレイク。
長男は俳優の池内万作。

このページでは、宮本信子(みやもと のぶこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

宮本信子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1945年3月27日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin183です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い夜 青い夜 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い空歩く人
互いに秘かれあう 神秘kin 白い鏡
以てるもの同士の類似kin 黄色い戦士
鏡の向こうのもう一人の自分 kin78
絶対反対kin kin53

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

ひとことでいえばKin183の誕生日占いは、自分の考えを持っており自分の世界をしっかり持っているタイプです。進行を妨げられたら計画を温めなおすこと。

広告

宮本信子の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

北海道小樽市で生まれ、名古屋で育ちます。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1963.3.27~ 18 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
1964.3.27~ 19 98 7 白い鏡 黄色い人
1969.3.27~ 24 103 12 青い夜 黄色い人
高校を卒業後の1963年に文学座演劇研究所の3期生として入所。
1964年に劇団青俳に入団後にフリーになります。

1969年に伊丹十三と結婚、結婚後は子育てに時間を当てます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに文学座演劇研究所に入所します。
黄色の最後付近に伊丹十三と結婚、結婚後は子育てに時間を当てます。

ブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.3.27~ 39 118 1 白い鏡 白い鏡
1985.3.27~ 40 223 2 青い夜 白い風
1986.3.27~ 41 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
1987.3.27~ 42 173 4 赤い空歩く人 白い犬
子育てがひと段落した1984年に夫が監督した『お葬式』に主演してブレイク

伊丹は「妻はいい女優なのに、なかなか主役の話が来ない。ならば彼女を主役にした映画を自分で撮ってしまえば良い」と起用。以降、伊丹作品には全て出演します。

1987年『マルサの女』で大ブレイク。国内の映画賞を多数受賞します。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に夫が監督した『お葬式』に主演してブレイク。以降、伊丹作品には全て出演します。

ジャズシンガー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.3.27~ 52 183 1 青い夜 青い夜
1998.3.27~ 53 28 2 黄色い星 青い手
1997年12月20日に夫の伊丹十三が突然亡くなります。宮本信子とはオシドリ夫婦として知られていました。

これを機に、ジャズシンガーとしての活動を開始します。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に夫が亡くなり、ジャズシンガーとしての活動を開始します。

復活

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.3.27~ 62 193 11 赤い空歩く人 青い夜
2011.3.27~ 66 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
2012.3.27~ 67 198 3 白い鏡 黄色い戦士
2013.3.27~ 68 43 4 青い夜 黄色い太陽
夫の死の後は映画への出演を控えていました。映画館に入るのも怖くなったそうです。

2007年に映画『眉山-びざん-』に出演。
2007年の連続テレビ小説「どんど晴れ」で、加賀美環役

2011年に映画『阪急電車 片道15分の奇跡』に出演。

2013年の連続テレビ小説「あまちゃん」で、天野夏役。ナレーションも兼任
2017年の連続テレビ小説「ひよっこ」で、 牧野鈴子役

ウェブスペルの色が青色の最期付近から女優としての活動を再開します。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.3.27~ 74 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
2020.3.27~ 75 258 11 白い鏡 黄色い星
2021.3.27~ 76 103 12 青い夜 黄色い人
宮本信子の現在は、ウェブスペルの色が黄色の最後付近に当たります。
76才の時はKin103。想像力豊かで鉄の意志、信念の強さを持っている年です

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。

過度な欲望を持つな。苦労性。

宮本信子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに文学座演劇研究所に入所します。
黄色の最後付近に伊丹十三と結婚、結婚後は子育てに時間を当てます。
白色の始めの年に夫が監督した『お葬式』に主演してブレイク。以降、伊丹作品には全て出演します。
青色の始めの年に夫が亡くなり、ジャズシンガーとしての活動を開始します。
青色の最期付近から女優としての活動を再開します。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

森本毅郎
森本毅郎(もりもと たけろう)は、日本のフリーアナウンサー・司会者。30年以上の長寿番組の『噂の!東京マガジン』の総合司会や「首都圏で最も聞かれている朝の情報番組」となった『森本毅郎・スタンバイ!』のパーソナリティで知られる人物。

続きを読む


北野誠
北野誠(きたの まこと)は、日本のお笑いタレント。初期の『探偵!ナイトスクープ』に探偵として加入。高視聴率番組に成長する一端を担った。大阪を拠点に東京に進出。その後、所属事務所の松竹芸能から無期限謹慎の処分。約1年弱で解除され復帰。

続きを読む


黒川智花
黒川智花(くろかわ ともか)は、日本の女優。『りぼん』モデルグランプリに選出。その後、芸能活動を開始。『3年B組金八先生』第7シリーズに稲葉舞子役でブレイク。ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍します。

続きを読む


羽野晶紀
羽野晶紀(はの あき)は、日本の女優、タレント。「劇団☆新感線」に所属。関西ではアイドル的な存在。「笑っていいとも」の月曜レギュラーを機に全国区で知られる存在となった。和泉元彌と結婚し芸能活動を一時休止したがその後再開。

続きを読む


吉田栄作
吉田栄作(よしだ えいさく)は、日本の俳優、歌手。トレンディドラマで多数主演し「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれます。「マネーの虎」では司会を担当し人気を博しました。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin183)

鈴木宗男
鈴木宗男(すずき むねお)は、日本の政治家。第2次橋本内閣改造内閣で北海道・沖縄開発庁長官に就任し初入閣。ムネオハウスの疑惑を発端として数々の疑惑で失脚。その後、新党大地を結党し衆議院議員に返り咲き。

続きを読む


トーベ・ヤンソン
トーベ・ヤンソンは、フィンランドの画家、小説家、ファンタジー作家、児童文学作家。代表作は『ムーミン』シリーズ。日本ではあまり知られていませんが一般向けの小説も多く書いています。

続きを読む


モンキー・パンチ
モンキー・パンチは、日本の漫画家。本名は加藤一彦(かとう かずひこ)。代表作に『ルパン三世』・『一宿一飯』など。本名は加藤一彦(かとう かずひこ)。

続きを読む


村山聖
村山聖(むらやま さとし)は、日本の将棋棋士、九段(追贈)。「羽生世代」と呼ばれる棋士の一人。29才の若さで癌で亡くなります。将棋漫画のモデルとして取り上げられます。

続きを読む


ノーラン・ブッシュネル
ノーラン・ブッシュネルは、アメリカの元ゲームデザイナー兼実業家で、アタリ社の創業者。娯楽産業史上「ビデオゲームの父」と呼ばれる人物です。

続きを読む


関連記事 (女優)

夏目雅子
夏目雅子さんは、女優として映画やテレビなどで活躍し、映画「鬼龍院花子」の「なめたらいかんぜよ!」は当時の流行語となります。大女優と期待されるが白血病になり若くして亡くなりました。

続きを読む


仲間由紀恵
仲間由紀恵(なかま ゆきえ)は女優。沖縄県浦添市出身。夫は俳優の田中哲司。『TRICK』や『ごくせん』などの主役に抜擢され、大ブレイクした。

続きを読む


石田ひかり
スカウトをうけアイドル歌手、女優としてデビュー。朝の連続テレビ小説『ひらり』のヒロイン、大林宣彦監督の映画『ふたり』『はるか、ノスタルジィ』で主演。姉は女優の石田ゆり子。

続きを読む


三田佳子
三田佳子(みた よしこ)は、日本の女優。大河ドラマ『いのち』と『花の乱』で主演。大河ドラマに複数回主演した唯一の女優です。次男は高橋祐也。覚せい剤取締法違反で逮捕され度々メディアに取り上げられます。

続きを読む


福原遥
福原遥(ふくはら はるか)は、日本の女優、声優。料理番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』に5年間出演。その後「キラキラ☆プリキュアアラモード」の声優、「もしもツアーズ」の3代目ツアーガイドを務めます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ