412 views

女優・寺島しのぶの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 寺島しのぶ

寺島しのぶ
→ 画像検索はこちら

寺島しのぶ(てらじま しのぶ)は、日本の女優。

2010年に映画『キャタピラー』でベルリン国際映画祭で最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。
父は七代目尾上菊五郎。弟は五代目尾上菊之助。歌舞伎役者一家。

このページでは寺島しのぶ(てらじま しのぶ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

寺島しのぶの誕生日占い

生年月日:1972年12月28日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin174です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い魔法使い 白い犬 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い種
互いに秘かれあう 神秘kin 青い手
以てるもの同士の類似kin 赤い蛇
鏡の向こうのもう一人の自分 kin87
絶対反対kin kin44

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

ひとことでいえばKin174の誕生日占いは、分け隔てしないで多くの人から協力を得られるタイプです。順序良く進む。進む前に一人で歩けるように。

広告

寺島しのぶの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

京都生まれ、東京育ち。出生名は寺島忍(てらしま しのぶ)。
父は七代目尾上菊五郎。母は女優の富司純子。弟は五代目尾上菊之助。
男社会の歌舞伎役者の家系に生まれ、男だったら歌舞伎役者になりたかったと語ります。
小学校より青山学院で過ごします。

文学座に入団

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.12.28~ 19 89 11 赤い月 青い嵐
1992.12.28~ 20 194 12 白い魔法使い 青い夜
1993.12.28~ 21 39 13 青い嵐 青い手
大学在学中の1992年に女優になるのを志し文学座に入団。
舞台やテレビドラマで活動。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に文学座に入団。

文学座を退団

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.12.28~ 23 249 2 赤い月 黄色い星
1996.12.28~ 24 94 3 白い魔法使い 黄色い人
1997.12.28~ 25 199 4 青い嵐 黄色い戦士
1996年に文学座を退団しフリーになります。
その後は、蜷川幸雄、江守徹、久世光彦といった演劇界の大御所に度々起用され、着実に演技の幅を広げ、それに伴う数多くの演劇賞を受賞。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに文学座を退団します。その後は数多くの演劇賞を受賞。

映画デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.12.28~ 27 149 6 赤い月 黄色の種
2002.12.28~ 30 204 9 黄色の種 黄色い戦士
2003.12.28~ 31 49 10 赤い月 黄色い太陽
2000年に『シベリア超特急2』で映画デビュー。
2003年に『赤目四十八瀧心中未遂』と『ヴァイブレータ』で日本国内外で10以上の映画賞を受賞。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに映画デビュー。黄色の後半には数々の映画賞を受賞。

映画デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.12.28~ 34 104 13 黄色の種 黄色い人
2007.12.28~ 35 209 1 赤い月 赤い月
2007年2月に日本在住のフランス人と国際結婚。相手には一人娘がおり実子として認知。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年に国際結婚。

ベルリン国際映画祭

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.12.28~ 37 159 3 青い嵐 赤い地球
2010.12.28~ 38 4 4 黄色の種 赤い竜
2011.12.28~ 39 109 5 赤い月 赤い蛇
2010年に映画『キャタピラー』で主演。世界三大映画祭の1つのベルリン国際映画祭で最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。日本人として35年ぶりの快挙。
2012年9月に男児を出産。将来は歌舞伎役者にしてもいいと語ります。

ウェブスペルの色が赤色の前半にベルリン国際映画祭で最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.12.28~ 47 169 13 赤い月 赤い地球
2020.12.28~ 48 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
2021.12.28~ 49 119 2 青い嵐 白い鏡
寺島しのぶの現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後の年に当たります。
47才の時はKin169。誰もが行く道でなく、自分の道を行きたがる年です。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。

現状を維持することは大きな苦闘をともなう。

寺島しのぶのまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色で見てみると

青色の最期付近に文学座に入団。
黄色の始めころに文学座を退団します。その後は数多くの演劇賞を受賞。
黄色の半ばに映画デビュー。黄色の後半には数々の映画賞を受賞。
黄色の最後の年に国際結婚。
赤色の前半にベルリン国際映画祭で最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

寺脇康文
寺脇康文(てらわき やすふみ)は、日本の俳優、タレント。劇団『スーパー・エキセントリック・シアター』を退団後、活動の場を広げます。『王様のブランチ』の初代司会者。『相棒』の亀山薫役は、はまり役。

続きを読む


谷原章介
谷原章介(たにはら しょうすけ)は、日本の俳優、タレント、司会者。モデルを経て俳優としてデビュー。『王様のブランチ』の2代目司会者や『パネルクイズ アタック25』の3代目司会者。

続きを読む


上川隆也
上川隆也(かみかわ たかや)は、日本の俳優。ドラマ『大地の子』の主役に抜擢され以降、テレビドラマや映画にも活動の場を広げるようになります。大河ドラマ『功名が辻』で主役の山内一豊役。

続きを読む


福本豊
福本豊(ふくもと ゆたか)は、元プロ野球選手(外野手)、野球指導者。通算盗塁数およびシーズン盗塁数の日本記録保持者。「世界の福本、世界の盗塁王」の異名を持つ人物。阪急ブレーブス黄金時代の主力として活躍。

続きを読む


柳沢慎吾
柳沢慎吾(やなぎさわ しんご)は、日本のタレント、コメディアン、俳優。『ふぞろいの林檎たち』シリーズなどに出演し俳優としての地位を確立。バラエティ番組では「落ち着きのない」キャラクターを披露。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin174)

前田光世
前田光世(まえだ みつよ)は、講道館黎明期の柔道家。ブラジルに渡りグレイシー一族に柔術を伝えた人物であり、ブラジルに帰化し日本人の入植に尽力しました。

続きを読む


夏木マリ
夏木マリ(なつき マリ)は日本の女優、歌手。60才を超えてなお歌手、俳優、演出家などマルチな分野で精力的に活動。

続きを読む


関連記事 (女優)

吉高由里子
吉高由里子(よしたか ゆりこ)は、日本の女優。朝の連続テレビ小説『花子とアン』にオーディションなしで主演に抜擢。最近は『東京タラレバ娘』『正義のセ』で主演。

続きを読む


高島礼子
高島礼子(たかしま れいこ)は、日本の女優。恵まれたプロポーションと男勝りの気性がバブル時代にマッチ。幅広い役をこなし、女優として順調に成長。『極道の妻たち』シリーズの4代目「極妻」を務めます。

続きを読む


貫地谷しほり
貫地谷しほり(かんじや しほり)は日本の女優。2007年に朝の連続ドラマ『ちりとてちん』のヒロイン役に1864人の中から選ばれます。

続きを読む


中村勘九郎と前田愛
中村勘九郎と前田愛は2009年10月に結婚した夫婦です。2人は2001年に放送されたドラマ「光の帝国」での共演で知り合い交際を開始します。2011年に長男、2013年に次男が誕生します。

続きを読む


仁支川峰子
仁支川峰子(にしかわ みねこ)は、日本の演歌歌手、女優。旧芸名は西川峰子。『あなたにあげる』で歌手デビュー。大ヒットとなり一躍人気歌手。その後、女優に転身。映画『吉原炎上』に出演し自身の代表作となった。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事