765 views

女優・森口瑤子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 森口瑤子

記事公開日:2020年04月03日
最終更新日:2021年05月04日

森口瑤子
→ 画像検索はこちら

森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。

「ミス松竹」に選出され映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

このページでは、森口瑤子(もりぐち ようこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

森口瑤子の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1966年8月5日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin179です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 白い犬 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin82
絶対反対kin kin49

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin179の誕生日占いは、心の葛藤が行動のエネルギーになるタイプです。ダイナミックに行動すること。体裁を整える前に中身を充実すること。

広告

森口瑤子の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都出身。父はビール会社に勤務。
小学4年の時にアメリカ映画『ウエスト・サイド物語』を観て女優になるのを志します。

ミス松竹

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1983.8.5~ 17 144 1 黄色の種 黄色の種
1984.8.5~ 18 249 2 赤い月 黄色い星
1985.8.5~ 19 94 3 白い魔法使い 黄色い人
たくさんのオーディションを受ける中、1983年に「ミス松竹」に選出。映画『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』でデビュー。
1986年より土曜ワイド劇場「探偵・神津恭介の殺人推理」で主演の神津恭介(演:近藤正臣)の妹役。
共立女子短期大学に進学し卒業。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に「ミス松竹」に選出され映画デビュー。

地方記者・立花陽介

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.8.5~ 24 99 8 青い嵐 黄色い人
1993.8.5~ 27 154 11 白い魔法使い 黄色の種
1994.8.5~ 28 259 12 青い嵐 黄色い星
1990年にCMでチャーリー浜と共演。
1993年より火曜サスペンス劇場「地方記者・立花陽介」で主演の立花陽介(演:水谷豊)の妻を演じます。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近より「地方記者・立花陽介」で水谷豊の妻役で出演。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.8.5~ 32 159 3 青い嵐 赤い地球
2000.8.5~ 34 109 5 赤い月 赤い蛇
2001.8.5~ 35 214 6 白い魔法使い 赤い月
1998年に脚本家の坂元裕二と結婚。坂元は『東京ラブストーリー』の脚本を担当した脚本家。
長女が誕生し坂元が家で執筆をしながら育児を担当。坂元が仕事に復帰したのは2002年からだった。
2000年にフジテレビ月9「やまとなでしこ」に出演。主演は松嶋菜々子
2001年に映画「Unloved」で主演。カンヌ映画祭に出品され、レイル・ドール賞とエキュメニック新人賞を受賞。

ウェブスペルの色が赤色の前半に脚本家の坂元裕二と結婚。
赤色の半ばに映画「Unloved」でレイル・ドール賞とエキュメニック新人賞を受賞。

広く認知

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.8.5~ 38 9 9 赤い月 赤い竜
2005.8.5~ 39 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
2006.8.5~ 40 219 11 青い嵐 赤い月
2004年より土曜ワイド劇場「温泉 (秘) 大作戦」で主演。2016年まで全18回放送された。
2005年にドラマ「汚れた舌」に出演。
2006年にドラマ「僕の歩く道」に出演。

次第に広く認知されるようになります。

ウェブスペルの色が赤色の後半には次第に広く認知されるようになります。

八日目の蝉

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.8.5~ 45 224 3 黄色の種 白い風
2012.8.5~ 46 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
2013.8.5~ 47 174 5 白い魔法使い 白い犬
2011年に映画『八日目の蝉』に出演。
2012年に映画『おかえり、はやぶさ』に出演。主演は藤原竜也
2012年、2013年に『テレビでスペイン語』のナビゲーターを担当。

ウェブスペルの色が白色の前半に映画『八日目の蝉』に出演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.8.5~ 53 24 11 黄色の種 白い魔法使い
2020.8.5~ 54 129 12 赤い月 白い鏡
2021.8.5~ 55 234 13 白い魔法使い 白い風
森口瑤子の現在は、ウェブスペルの色が白色の最後の年に当たります。
55才の時はKin234。頭の切り替えが早く、忍耐強い年です。さっぱりしている年です。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

悩みの中にあっても希望を持って時を見る。

森口瑤子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の始めの年に「ミス松竹」に選出され映画デビュー。
黄色の最後付近より「地方記者・立花陽介」シリーズで水谷豊の妻役で出演。
赤色の前半に脚本家の坂元裕二と結婚。
赤色の半ばに映画「Unloved」でレイル・ドール賞とエキュメニック新人賞を受賞。
赤色の後半には次第に広く認知されるようになります。
白色の前半に映画『八日目の蝉』に出演。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

羽野晶紀
羽野晶紀(はの あき)は、日本の女優、タレント。「劇団☆新感線」に所属。関西ではアイドル的な存在。「笑っていいとも」の月曜レギュラーを機に全国区で知られる存在となった。和泉元彌と結婚し芸能活動を一時休止したがその後再開。

続きを読む


吉田栄作
吉田栄作(よしだ えいさく)は、日本の俳優、歌手。トレンディドラマで多数主演し「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれます。「マネーの虎」では司会を担当し人気を博しました。

続きを読む


鈴木保奈美
鈴木保奈美(すずき ほなみ)は、日本の女優。ホリプロのオーディションで審査員特別賞を獲得。『東京ラブストーリー』で主演し大ヒット。一躍人気女優となった。石橋貴明と再婚を機に芸能界を引退したがその後復帰。

続きを読む


知念里奈
知念里奈(ちねん りな)は、日本の歌手、女優。夫は俳優・井上芳雄。幼少の頃から沖縄アクターズスクールでレッスンを受けます。その後、女優、歌手としてデビュー。Wingは自身最大のヒット曲。歌手活動が減ってから舞台を中心に活動。

続きを読む


伊原剛志
伊原剛志(いはら つよし)は、日本の俳優。ジャパンアクションクラブに入団。翌年俳優デビュー。朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』でヒロインの幼なじみ役を演じ、全国的な知名度を得ます。『トクボウ 警察庁特殊防犯課』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin179)

坂口健太郎
坂口健太郎(さかぐち けんたろう)は、日本の俳優、モデル。メンズノンノのオーディションに自ら応募しモデルデビュー。その後、俳優としてもデビュー。2018年のドラマ『シグナル』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


手塚治虫
マンガの神様と評される「手塚治虫」は大学在学中の1946年に漫画家としてデビューしました。「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」「リボンの騎士」といったヒット作を次々と手がけました。

続きを読む


小澤征悦
小澤征悦(おざわ ゆきよし)は、日本の俳優。父は世界的な指揮者の小澤征爾(おざわ せいじ)。2002年の朝の連続テレビ小説『さくら』でヒロインの恋人役を演じ注目を集めます。『TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部-』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


イルカ
イルカは、日本のフォークシンガー、絵本作家。代表曲に「なごり雪」「雨の物語」。住友生命のCMソングの「みんな同じ生きているから・・」で始まる『まあるいいのち』でも知られます。

続きを読む


梶原一騎
梶原一騎(かじわら いっき)は、日本の漫画原作者、小説家、映画プロデューサー。『巨人の星』の原作者として名声を上げ、「スポ根」分野を確立した。

続きを読む


関連記事 (女優)

福原遥
福原遥(ふくはら はるか)は、日本の女優、声優。料理番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』に5年間出演。その後「キラキラ☆プリキュアアラモード」の声優、「もしもツアーズ」の3代目ツアーガイドを務めます。

続きを読む


中越典子
中越典子(なかごし のりこ)は、日本の女優、タレント。夫は俳優の永井大。モデル、女優としてデビュー後に朝の連続テレビ小説『こころ』でヒロイン役を演じブレイク。

続きを読む


篠原涼子
篠原涼子(しのはら りょうこ)は、女優、歌手。シングル『恋しさと せつなさと 心強さと』が200万枚を超える大ヒット。女優に転身したあとは『アンフェア』『ハケンの品格』などに出演し人気となります。

続きを読む


桜井日奈子
桜井日奈子(さくらい ひなこ)は、日本の女優、モデル、タレント。「岡山美少女・美人コンテスト」でグランプリを獲得し芸能界デビュー。CMに出演し人気が拡大。その後、女優としてデビュー。2018年より「桃太郎のまち岡山大使」。

続きを読む


国仲涼子
国仲涼子(くになか りょうこ)は、日本の女優、歌手。朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』でヒロイン・恵里役を演じ知られる存在になります。夫は俳優の向井理。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ