432 views

女優・檀ふみの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 檀ふみ

檀ふみ
→ 画像検索はこちら

檀ふみ(だん ふみ)は、日本の女優、司会者、エッセイスト。

クイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー。女優として清純派女優として活躍。
父は作家の檀一雄。阿川佐和子との共著で講談社エッセイ賞を受賞。

このページでは、檀ふみ(だん ふみ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

檀ふみの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1954年6月5日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin158です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 赤い地球 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin103
絶対反対kin kin28

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin158の誕生日占いは、悩みと葛藤をバネに生きれるタイプです。前進したほうが良い。

広告

檀ふみの個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都練馬区出身。
父は作家の檀一雄(だん かずお)。私小説や歴史小説、料理の本などで知られる人物です。
この家の長女として誕生。兄・檀太郎(だんたろう)は後のエッセイスト。
子どもの頃から家や学校で良い子と見られ育ちます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.6.5~ 15 173 4 赤い空歩く人 白い犬
1971.6.5~ 17 123 6 青い夜 白い鏡
1972.6.5~ 18 228 7 黄色い星 白い風
1970年に東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)一年の15歳のときスカウトされます。
この時父がポルトガルへの長期旅行。帰国するまで待てと一時おあずけ。
1972年に父が帰国し交渉を再開。同年、映画『昭和残侠伝 破れ傘』にお雪役で女優デビュー。

ウェブスペルの色が白色の半ばに女優デビュー。

連想ゲーム

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.6.5~ 19 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1974.6.5~ 20 178 9 白い鏡 白い犬
1975.6.5~ 21 23 10 青い夜 白い魔法使い
高校を卒業し一浪後の1974年に慶應義塾大学経済学部経済学科に進学。大学は6年かけて卒業。

1973年よりNHKのクイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー解答者に抜擢。『連想ゲーム』では15年間の長期にわたって親しまれます。
女優業では清純派女優として人気を博します。1974年に映画『青春の蹉跌』で萩原健一の相手役に起用され人気急上昇。
1976年に映画『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』で柳生雅子役。同年、父の一雄が死去。

ウェブスペルの色が白色の後半にNHKのクイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー解答者に抜擢。

日本の面影

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.6.5~ 30 188 6 黄色い星 青い夜
1985.6.5~ 31 33 7 赤い空歩く人 青い手
1986.6.5~ 32 138 8 白い鏡 青い猿
1984年にドラマ『日本の面影』で小泉セツ役。檀ふみの代表作と言われます。セツは小泉八雲の妻。
1985年に『春の波涛』で大河ドラマ初出演。
1986年に父が原作の「火宅の人」が映画化。主人公・桂一雄役(緒形拳演)の母役。
1994年に『わが愛の譜・滝廉太郎物語』で第17回日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。
1996年より2002年まで『N響アワー』で司会のサポート役。

ウェブスペルの色が青色の半ばにドラマ『日本の面影』で小泉セツ役。檀ふみの代表作と言われます。

ああ言えばこう食う

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.6.5~ 44 98 7 白い鏡 黄色い人
1999.6.5~ 45 203 8 青い夜 黄色い戦士
2000.6.5~ 46 48 9 黄色い星 黄色い太陽
父・一雄の影響で、自らも料理、食事に関するエッセイを執筆。
大学の先輩であり、作家の娘という繋がりのある親友の阿川佐和子と共著『ああ言えばこう食う』を1998年に出版。1999年に第15回講談社エッセイ賞を受賞。
阿川とはこの本を含め6冊の共著があります。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに阿川佐和子と共著『ああ言えばこう食う』で講談社エッセイ賞を受賞。

その後の活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.6.5~ 60 218 10 白い鏡 赤い月
2015.6.5~ 61 63 11 青い夜 赤い空歩く人
2019.6.5~ 65 223 2 青い夜 白い風
2015年に大河ドラマ『花燃ゆ』で主演の井上真央の母役。
2019年にドラマ『初めて恋をした日に読む話』で主演の深田恭子の母役。

ウェブスペルの色が赤色の後半に大河ドラマ『花燃ゆ』で主演の母役。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.6.5~ 66 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
2021.6.5~ 67 173 4 赤い空歩く人 白い犬
2022.6.5~ 68 18 5 白い鏡 白い魔法使い
檀ふみの現在は、ウェブスペルの色が白色の始まり付近に当たります。
66才の時はKin68。多くの興味を持ちそれを楽しむことの出来る年です。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

下積みが日の目を見る。コミュニケーションが大事。

檀ふみのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばに女優デビュー。
白色の後半にNHKのクイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー解答者に抜擢。清純派女優として人気。
青色の半ばにドラマ『日本の面影』で小泉セツ役。檀ふみの代表作と言われます。
黄色の半ばに阿川佐和子と共著『ああ言えばこう食う』で講談社エッセイ賞を受賞。
赤色の後半に大河ドラマ『花燃ゆ』で主演の母役。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

川平慈英
川平慈英(かびら じえい)は、日本のタレント、スポーツキャスター。別名はジェイ・カビラ。長兄はタレントのジョン・カビラ。「ムムッ!」「いいんです!」の決まり文句。楽天カードマンでも有名。熱狂的なサッカー好きで知られています。

続きを読む


黒島結菜
黒島結菜(くろしま ゆいな)は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。沖縄が日本に復帰50年を記念して作成される2022年前期の連続テレビ小説『ちむどんどん』のヒロイン。

続きを読む


船越英二
船越英二(ふなこし えいじ)は、日本の俳優。長男は俳優の船越英一郎。大映第2期ニューフェイスに合格し俳優デビュー。大映倒産まで映画で、その後は学園ドラマ・現代劇・時代劇を問わず活躍。

続きを読む


生瀬勝久
生瀬勝久(なませ かつひさ)は日本の俳優、タレント、司会者。1980年代後半にテレビの深夜番組に出演し関西学生演劇ブームをひき起こす一端となった。その後、全国区のテレビドラマに本格的に進出。

続きを読む


賀来賢人
賀来賢人(かく けんと)は、日本の俳優。叔母(父の妹)は女優の賀来千香子。妻は女優の榮倉奈々。朝の連続テレビ小説『花子とアン』、大河ドラマ『花燃ゆ』に出演し知名度UP。映画『斉木楠雄のΨ難』に出演しコメディ俳優としてもブレイク。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin158)

永瀬正敏
永瀬正敏(ながせ まさとし)は、日本の俳優。元妻は歌手の小泉今日子。出演作の大半は映画作品。『私立探偵 濱マイク』はテレビドラマ化され人気になります。

続きを読む


由美かおる
由美かおる(ゆみ かおる)は日本の女優。長く人気時代劇『水戸黄門』に「かげろうお銀」役でレギュラー出演。番組の中で披露される入浴シーンは名物となった。

続きを読む


なぎら健壱
なぎら健壱(なぎら けんいち)は、フォークシンガー、俳優、タレント、漫談家、エッセイスト。フォークシンガーとしてデビュー。以降、バラエティ番組にタレントとして活動。俳優としても活動し映画、テレビに出演。

続きを読む


桂歌丸
桂歌丸(かつら うたまる)は、日本の落語家。『笑点』の放送開始から出演、およそ50年笑点のメンバーとして活躍。2006年より10年間は『笑点』の5代目司会者を務めました。

続きを読む


愛川欽也
愛川欽也(あいかわ きんや)は、日本の俳優・声優・タレント・司会者。愛称はキンキン。妻はタレントのうつみ宮土理。50年以上にわたってテレビ、ラジオ、映画で活躍した人物です。

続きを読む


関連記事 (女優)

中谷美紀
中谷美紀(なかたに みき)は、女優、歌手。映画『リング』『リング2』の高野舞役で話題となり、1999年に『ケイゾク』が放送され人気となる。

続きを読む


岸本加世子
岸本加世子(きしもと かよこ)は、日本の女優。ドラマ『ムー』でデビュー。当初はアイドルタレントとして活動。フジカラーのCMに樹木希林と共に出演。それなりに写りますは流行語になった。

続きを読む


田中律子
田中律子(たなか りつこ)は、日本の女優、タレント、歌手。CMやテレビのバラエティー番組に出演するとともに女優としても活動。ダイビングをきっかけに環境問題に取り組むようになります。

続きを読む


深田恭子
深田恭子(ふかだ きょうこ)は女優、歌手、タレント。愛称は、深キョン。第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し芸能界入り。代表作として『神様、もう少しだけ』『富豪刑事』など。

続きを読む


二階堂ふみ
二階堂ふみ(にかいどう ふみ)は、日本の女優。沖縄県那覇市出身。2020年度前期放送予定のNHK連続テレビ小説『エール』のヒロインオーディションで2,082人の中から選ばれヒロイン・関内音役を演じます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ