363 views

女優・浅丘ルリ子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 浅丘ルリ子

浅丘ルリ子
出典:wikipedia.org 2019年

浅丘ルリ子(あさおか ルリこ)は、日本の女優。前夫は石坂浩二。

日本映画全盛期の日活アクション映画における代表的なヒロイン。
数多くの映画に出演し人気を博した。現在までの映画出演本数は150本以上。

このページでは、浅丘ルリ子(あさおか ルリこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

浅丘ルリ子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1940年7月2日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin15です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 白い魔法使い 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin246
絶対反対kin kin145

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

ひとことでいえばKin15の誕生日占いは、チャレンジ精神旺盛なタイプです。チャレンジすると心が落ち着きます。自分自身が輝け、時を得て満足すること。

広告

浅丘ルリ子の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

満州国新京市生まれ。本名は浅井信子(あさい のぶこ)。
父は大蔵省の役人。満州国奉天に派遣され、そこで母と知り合い結婚。ルリ子は4人姉妹の次女。
1943年に家族はタイ・バンコクへ転居。1946年に日本に引き揚げます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1954.7.2~ 14 185 3 赤い蛇 青い夜
1955.7.2~ 15 30 4 白い犬 青い手
1956.7.2~ 16 135 5 青い鷲 青い猿
1954年に映画『緑はるかに』のヒロインに応募。約3000人の中から選ばれデビュー。
「ルリコカット」が当時の女性たちの間で大流行。瞳の大きな美少女として脚光を浴びます。

神田の下宿住まいだったが仕事が多忙のため日活撮影所近くの家を借り、遂にはその家を買って隣の空き地まで増築するほどだったという。
後に、その家は、高橋英樹ら若手俳優らが、毎日夕食をご馳走になりに来る場所となった。
「私の収入のいくらが、彼らの胃袋に消えていったか」と語ります。

ウェブスペルの色が青色の前半に映画『緑はるかに』のヒロインでデビュー。

小林旭

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1959.7.2~ 19 190 8 白い犬 青い夜
1960.7.2~ 20 35 9 青い鷲 青い手
1961.7.2~ 21 140 10 黄色い太陽 青い猿
小林旭主演の1959年『ギターを持った渡り鳥』などにヒロインとして出演。
私生活では小林旭と交際するが1961年に破局。生活が荒むものの石原裕次郎に励まされ持ち前の根性で再起。

ウェブスペルの色が青色の後半に小林旭との交際が破局。石原裕次郎に励まされ再起。

歌手デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1964.7.2~ 24 195 13 青い鷲 青い夜
1965.7.2~ 25 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
1966.7.2~ 26 145 2 赤い蛇 黄色の種
1964年に「夕陽の丘」でレコードデビュー。
1964年に石原裕次郎主演の『赤いハンカチ』などにヒロインで出演。
日本映画全盛期の日活アクション映画の代表的なヒロインとして活躍。人気を博した。

1966年に日活との専属契約を解消し石原プロに入社。

ウェブスペルの色が青色の最後の年に歌手デビュー。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.7.2~ 29 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
1971.7.2~ 31 150 7 白い犬 黄色の種
1972.7.2~ 32 255 8 青い鷲 黄色い星
その後も映画の話題作に出演。

1969年にシングル『愛の化石』がヒット。
1971年に石坂浩二と結婚。結婚は注目を集めましたが、ほどなく別居。
1972年に石原プロが劇場用映画製作から撤退。浅丘は石原プロを退社。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに石坂浩二と結婚。

男はつらいよ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.7.2~ 33 100 9 黄色い太陽 黄色い人
1974.7.2~ 34 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
1975.7.2~ 35 50 11 白い犬 黄色い太陽
1973年に映画『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』にマドンナでクラブ歌手の「リリー」で出演。
好評を博し1975年、1980年、1995年と『男はつらいよシリーズ』にマドンナとしてシリーズ最多の4回の出演。

ウェブスペルの色が黄色の後半に映画『男はつらいよシリーズ』にクラブ歌手の「リリー」で出演。

舞台

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.7.2~ 40 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
1981.7.2~ 41 160 4 黄色い太陽 赤い地球
1982.7.2~ 42 5 5 赤い蛇 赤い竜
1980年代以降は活動の中心を舞台に移し、泉鏡花の作品などに出演。
2000年に石坂浩二と離婚。

ウェブスペルの色が赤色の前半に活動の中心を舞台に移します。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.7.2~ 79 250 3 白い犬 黄色い星
2020.7.2~ 80 95 4 青い鷲 黄色い人
2021.7.2~ 81 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
浅丘ルリ子の現在は、ウェブスペルの色が黄色の始まり付近に当たります。
79才の時はKin250。人から信頼されることを大切に考える年です。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 白い犬は、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝えます。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。

繰り返しの感覚にとらわれたら、改めて見通しを立てる。

浅丘ルリ子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の前半に映画『緑はるかに』のヒロインでデビュー。
青色の後半に小林旭との交際が破局。石原裕次郎に励まされ再起。
青色の最後の年に歌手デビュー。
黄色の半ばに石坂浩二と結婚。
黄色の後半に映画『男はつらいよシリーズ』にクラブ歌手の「リリー」で出演。
赤色の前半に活動の中心を舞台に移します。

アネゴ肌で後輩の俳優のしつけについて厳しいので有名。
大原麗子を実妹のようにかわいがり、美空ひばりとは大親友。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

谷原章介
谷原章介(たにはら しょうすけ)は、日本の俳優、タレント、司会者。モデルを経て俳優としてデビュー。『王様のブランチ』の2代目司会者や『パネルクイズ アタック25』の3代目司会者。

続きを読む


上川隆也
上川隆也(かみかわ たかや)は、日本の俳優。ドラマ『大地の子』の主役に抜擢され以降、テレビドラマや映画にも活動の場を広げるようになります。大河ドラマ『功名が辻』で主役の山内一豊役。

続きを読む


福本豊
福本豊(ふくもと ゆたか)は、元プロ野球選手(外野手)、野球指導者。通算盗塁数およびシーズン盗塁数の日本記録保持者。「世界の福本、世界の盗塁王」の異名を持つ人物。阪急ブレーブス黄金時代の主力として活躍。

続きを読む


柳沢慎吾
柳沢慎吾(やなぎさわ しんご)は、日本のタレント、コメディアン、俳優。『ふぞろいの林檎たち』シリーズなどに出演し俳優としての地位を確立。バラエティ番組では「落ち着きのない」キャラクターを披露。

続きを読む


渡部篤郎
渡部篤郎(わたべ あつろう)は、日本の俳優。デビュー当初は『丹波道場』に所属し日活ロマンポルノにも出演。ドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』に出演を機に以降数々のドラマに出演。元妻はRICAKO。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin015)

ボビー・オロゴン
ボビー・オロゴンは、ナイジェリア出身のタレント、格闘家、実業家。『さんまのSUPERからくりTV』の街頭インタビューを受けスタッフに気にいられ同番組のレギュラーで出演。人気を得ます。

続きを読む


高木菜那
高木菜那(たかぎ なな)は、日本のスピードスケート選手。日本電産サンキョー所属。平昌オリンピックで、団体パシュート及びマススタートで金メダルに輝いた。

続きを読む


鈴木亮平
鈴木亮平(すずき りょうへい)は、日本の俳優。2014年にNHK朝ドラ『花子とアン』のヒロインの夫・村岡英治役。2018年の大河ドラマ『西郷どん』で主人公の西郷隆盛を演じます。

続きを読む


徳永英明
徳永英明(とくなが ひであき)は、日本のシンガーソングライター、俳優。代表曲に「夢を信じて」「壊れかけのRadio」「LOVE IS ALL」。2000年に入ってからカバーアルバムブームを巻き起こします。

続きを読む


関連記事 (女優)

小泉今日子
小泉今日子(こいずみ きょうこ)は、日本の女性歌手・女優。キョンキョンの愛称で知られます。1980年代前半にアイドル歌手として、花の82年組と言われ、歌手に俳優CMに活躍します。

続きを読む


夏目雅子
夏目雅子さんは、女優として映画やテレビなどで活躍し、映画「鬼龍院花子」の「なめたらいかんぜよ!」は当時の流行語となります。大女優と期待されるが白血病になり若くして亡くなりました。

続きを読む


仁支川峰子
仁支川峰子(にしかわ みねこ)は、日本の演歌歌手、女優。旧芸名は西川峰子。『あなたにあげる』で歌手デビュー。大ヒットとなり一躍人気歌手。その後、女優に転身。映画『吉原炎上』に出演し自身の代表作となった。

続きを読む


富田靖子
富田靖子(とみた やすこ)は、日本の女優。中学在学中に映画『アイコ十六歳』のオーディションを受け、ヒロインに選ばれデビュー。最近では、主演やヒロインを務める事は少なくなったが、ベテラン脇役として活躍。

続きを読む


中村勘九郎と前田愛
中村勘九郎と前田愛は2009年10月に結婚した夫婦です。2人は2001年に放送されたドラマ「光の帝国」での共演で知り合い交際を開始します。2011年に長男、2013年に次男が誕生します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事