1,098 views

女優・渡辺典子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 渡辺典子

記事公開日:2019年03月29日
最終更新日:2021年08月06日

渡辺典子
→ 画像検索はこちら

渡辺典子(わたなべ のりこ)は、日本の女優、歌手。

「角川映画大型新人女優募集」でグランプリ獲得し芸能界デビュー。
薬師丸ひろ子、原田知世と共に「角川三人娘」と呼ばれ1980年代の角川映画を担う存在になった。
その後、角川映画から独立。独立後はテレビドラマや映画に多数出演。

このページでは、渡辺典子(わたなべ のりこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

渡辺典子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1965年7月22日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin60です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い太陽 赤い空歩く人 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い種
互いに学びあう 反対kin 白い犬
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い竜
以てるもの同士の類似kin 青い嵐
鏡の向こうのもう一人の自分 kin201
絶対反対kin kin190

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

ひとことでいえばKin60の誕生日占いは、誰にでも公平に振舞うことで才能の花が開くタイプです。平常心を保つ。母性能力ある。

広告

渡辺典子の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

福岡県北九州市で生まれます。父は建設省に勤務。
父の転勤で2歳の時に大分に移り住みます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.7.22~ 16 180 11 黄色い太陽 白い犬
1982.7.22~ 17 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
1983.7.22~ 18 130 13 白い犬 白い鏡
1981年にホリプロタレントスカウトキャラバンに出場し審査員奨励賞を受賞。
1982年に「角川映画大型新人女優募集」で応募総数57,480名からグランプリを獲得し芸能界デビュー。
以後、薬師丸ひろ子原田知世と共に「角川三人娘」と呼ばれるようになり、1980年代の角川映画を担う存在になります。

1983年に東宝の映画『積木くずし』で高部知子が降板した代役として不良少女役。翌年に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に「角川映画大型新人女優募集」でグランプリ獲得し芸能界デビュー。

テレビドラマデビュー、歌手デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.7.22~ 19 235 1 青い鷲 青い鷲
1985.7.22~ 20 80 2 黄色い太陽 青い嵐
1986.7.22~ 21 185 3 赤い蛇 青い夜
1984年にテレビドラマ『探偵物語』で初主演。主題歌も歌い歌手デビュー。
同年、角川映画からの初の主演映画『晴れ、ときどき殺人』。主題歌の「晴れ、ときどき殺人」もヒット。
1986年に映画『彼のオートバイ、彼女の島』に出演。

ウェブスペルの色が青色の始めの年にテレビドラマデビュー、歌手デビュー。

独立

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.7.22~ 22 30 4 白い犬 青い手
1988.7.22~ 23 135 5 青い鷲 青い猿
1987年に角川アニメの題歌を多数担当。花の色/少年ケニヤは23万枚を売上て自身最大のヒット曲となった。
同年、角川から離れ個人事務所「渡辺のり子プロダクション」を設立し、社長就任。

角川映画から1985年に薬師丸ひろ子、1987年に原田知世は独立。「角川三人娘」は3人とも角川からいなくなった。

ウェブスペルの色が青色の前半に角川映画から独立。

独立後はテレビドラマや映画に多数出演しています。

結婚・離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.7.22~ 30 90 12 白い犬 青い嵐
1996.7.22~ 31 195 13 青い鷲 青い夜
1998.7.22~ 33 145 2 赤い蛇 黄色の種
1995年にプロ野球選手の西岡洋と結婚。1女に恵まれますが1998年に離婚。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に結婚、黄色の始めころに離婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.7.22~ 55 115 11 青い鷲 赤い蛇
2021.7.22~ 56 220 12 黄色い太陽 赤い月
2022.7.22~ 57 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
渡辺典子の現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後付近に当たります。
56才の時はKin220。見込み違いの少ない、堅実な年です。相談にのるような生き方が大事です。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

勢いがつくほどに冷静沈着を心がける。

渡辺典子のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色で分けてみると

白色の最後付近に「角川映画大型新人女優募集」でグランプリ獲得し芸能界デビュー。
青色の始めの年にテレビドラマデビュー、歌手デビュー。
青色の前半に角川映画から独立。
青色の最期付近に結婚、黄色の始めころに離婚。

参考文献

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

菊地秀行
菊地秀行(きくち ひでゆき)は、日本の小説家。『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。『魔界行』はベストセラーとなり伝奇小説の旗手となった。エロスとバイオレンスを多数取り入れ『吸血鬼ハンターD』など多数のシリーズを持ち早いペースで執筆。

続きを読む


天野喜孝
天野喜孝(あまの よしたか)は、日本の画家、キャラクターデザイナー。ゲーム『ファイナルファンタジー』のキャラクターデザインを担当し知られる存在となった。繊細で妖艶・幻想的な絵柄は、欧米でも人気を博します。

続きを読む


野田聖子
野田聖子(のだ せいこ)は、日本の政治家。小渕内閣で郵政大臣に就任。郵政民営化法案に反対し衆院選で自民党の公認がうけれず刺客候補が送り込まれたが僅差で勝利。その後、自民党党紀委員会から離党勧告を受け自民党を離党。翌年復党。

続きを読む


石塚英彦
石塚英彦(いしづか ひでひこ)は、日本のお笑いタレント、グルメリポーター、俳優。愛称は「石ちゃん」。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。グルメレポーターとして活躍。食べた後の「まいうー」はトレードマーク。

続きを読む


恵俊彰
恵俊彰(めぐみ としあき)は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。2009年より『ひるおび!』の総合司会で有名。俳優としても活動しており『下町ロケット』等に出演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin060)

小池一夫
小池一夫(こいけ かずお)は、漫画原作者、小説家、脚本家、作詞家、作家。代表作に『子連れ狼』(画: 小島剛夕)など多数。「キャラクター原論」の提唱者。劇画村塾、小池ゼミなど行った人物です。

続きを読む


西太后
西太后(せいたいごう)は、清の咸豊帝の側妃で、同治帝の母。清末期の権力者。中国三大悪女の一人と言われる人物です。

続きを読む


ヤクルト
代田稔(しろた みのる)は、日本の医学博士、実業家。ヤクルトの開発者で実質的な創業者。

続きを読む


松崎しげる
松崎しげる(まつざき しげる)は、歌手、俳優、タレント。1970年代の後半に「愛のメモリー」が大ヒット。ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」でお茶の間に知れわたります。

続きを読む


照ノ富士
照ノ富士 春雄(てるのふじ はるお)は、モンゴル出身の大相撲力士。様々なスピード記録を持つ人物。大関まで昇進するが膝の故障で序二段まで転落。その後、幕内復帰。第72代横綱に昇進。

続きを読む


関連記事 (女優)

浜辺美波
浜辺美波(はまべ みなみ)は、日本の女優。第7回『東宝シンデレラオーディション』でニュージェネレーション賞を受賞。映画「アリと恋文」で主演し女優デビュー。代表作に『君の膵臓をたべたい』や『賭ケグルイ』シリーズなどあります。

続きを読む


財前直見
財前直見(ざいぜん なおみ)は、日本の女優。東亜国内航空のキャンペーンガールで芸能界デビュー。1990年代以降は主演・レギュラーを離れたことがなく、所属事務所の研音の評価を高めた人物。

続きを読む


長澤まさみ
長澤まさみ(ながさわ まさみ)は女優。東宝のオーディションで12才史上最年少でグランプリに選ばれ芸能界に入ります。映画『世界の中心で、愛をさけぶ』が大ヒットとなり多数の映画賞を受賞します。

続きを読む


伊藤蘭
伊藤蘭(いとう らん)は、日本の女優、ナレーター、歌手。愛称はランちゃん。元キャンディーズのメンバー。夫は俳優の水谷豊。長女は女優の趣里。2019年より歌手活動を41年ぶりに再開。

続きを読む


中条あやみ
中条あやみ(なかじょう あやみ)は、日本のファッションモデル、女優。14才の時に家族旅行のグアムでスカウトを受け芸能界入り。「ミスセブンティーン」でグランプリを獲得。モデル、女優としてデビュー。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ