470 views

女優・濱田マリの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 濱田マリ

記事公開日:2020年09月30日
最終更新日:2021年05月03日

濱田マリ
→ 画像検索はこちら

濱田マリ(はまだ マリ)、日本の歌手、女優、ナレーター、タレント。

モダンチョキチョキズのボーカルとして活動後、テレビ朝日『あしたまにあーな』で早口でまくしたてるナレーターを担当。
近年は女優としてバイプレイヤーの活動が目立ってきています。

このページでは、濱田マリ(はまだ マリ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

濱田マリの誕生日占い(性格診断)

生年月日:1968年12月27日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin13です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い空歩く人 赤い竜 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い地球
互いに学びあう 反対kin 青い夜
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い星
以てるもの同士の類似kin 白い世界の橋渡し
鏡の向こうのもう一人の自分 kin248
絶対反対kin kin143

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

ひとことでいえばKin13の誕生日占いは、冒険心にあふれているタイプです。没頭すると怖いものなしです。自分自身が輝け、時を得て満足すること。

広告

濱田マリの個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

兵庫県神戸市出身。実家はクリーニング店を経営。年子の兄がいます。

関西のライブハウス

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.12.27~ 18 83 5 青い夜 青い嵐
1987.12.27~ 19 188 6 黄色い星 青い夜
1988.12.27~ 20 33 7 赤い空歩く人 青い手
地元の武庫川女子大学附属高等学校を卒業。
関西のライブハウスを中心に砂場のボーカリスト(兼ギタリスト)として活動。
TBS『三宅裕司のいかすバンド天国』をはじめ音楽番組に出演。
『いかすバンド天国』出演時は不思議キャラを演じたが審査員に全く相手にされず、結局「砂場」は大阪に帰ってすぐに解散。

ウェブスペルの色が青色の半ばに砂場というグループのボーカリストとして関西のライブハウスで活動。

モダンチョキチョキズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.12.27~ 22 243 9 青い夜 青い鷲
1991.12.27~ 23 88 10 黄色い星 青い嵐
1992.12.27~ 24 193 11 赤い空歩く人 青い夜
1991年にモダンチョキチョキズに加入しメインボーカルとして活動します。1992年にメジャーデビュー。
モダンチョキチョキズはテレビ東京系の深夜番組「モグラネグラ」で視聴者から新メンバーを募るオーディションを行います。応募者全員を合格にしたという逸話があり、一番多いときで200人くらいの大所帯。
濱田マリはツーテールの髪型にワンピース服のスタイルで、関西風のコテコテの色合いが強いパフォーマンスを披露します。
1992年10月から1993年3月まで料理バラエティ番組「おかずな夜」で中村有志と司会を担当。

ウェブスペルの色が青色の後半にモダンチョキチョキズのメインボーカルとしてメジャーデビュー。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.12.27~ 27 248 1 黄色い星 黄色い星
1996.12.27~ 28 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
1997.12.27~ 29 198 3 白い鏡 黄色い戦士
1995年にシングル『人の息子』でソロデビュー。1999年の5thシングル『パジャマトリッパー』が今のところ最後のシングル。
バンド・ソフトバレエの藤井麻輝と1996年に結婚。
1997年にモダンチョキチョキズは解散。活動停止後もヒット曲「ジャングル日和」が『はなまるマーケット』で使用されました。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に藤井麻輝と結婚。翌年、モダンチョキチョキズは解散。

あしたまにあーな

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.12.27~ 30 43 4 青い夜 黄色い太陽
1999.12.27~ 31 148 5 黄色い星 黄色の種
2000.12.27~ 32 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
モダンチョキチョキズは解散以降は、テレビドラマ、映画に出演。

1998年よりテレビ朝日『あしたまにあーな』で早口でまくしたてるナレーターを担当。2005年まで。
1999年に長女を出産。
2000年に「big」が初舞台。

ウェブスペルの色が黄色の前半よりテレビ朝日『あしたまにあーな』で早口でまくしたてるナレーターを担当。

声優に挑戦

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.12.27~ 34 203 8 青い夜 黄色い戦士
2003.12.27~ 35 48 9 黄色い星 黄色い太陽
2004.12.27~ 36 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
2002年にスタジオジブリのアニメ映画『猫の恩返し』でナトル役で声優に挑戦。
2004年に映画『血と骨』でビートたけしと夫婦役で共演。
たけしはモダンチョキチョキズ時代に濱田マリをかわいいと北野ファンクラブで連呼していた。

ウェブスペルの色が黄色の後半にアニメ映画『猫の恩返し』でナトル役で声優に挑戦。

離婚・再婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.12.27~ 37 258 11 白い鏡 黄色い星
2006.12.27~ 38 103 12 青い夜 黄色い人
2008.12.27~ 40 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
2005年に藤井麻輝と離婚。長女の親権は濱田マリが引き取ります。
2008年に一般男性と再婚。

近年では女優としてはバイプレイヤー、また大胆なヌードシーンにも挑む活動が目立ってきています。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に離婚。親権は浜田が持ちます。赤色の始めの年に再婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.12.27~ 51 168 12 黄色い星 赤い地球
2020.12.27~ 52 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
2021.12.27~ 53 118 1 白い鏡 白い鏡
濱田マリの現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後の年に当たります。
52才の時はKin13。冒険心にあふれている年です。没頭すると怖いものなしです。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

自分自身が輝け、時を得て満足すること。

濱田マリのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の半ばに砂場というグループのボーカリストとして関西のライブハウスで活動。
青色の後半にモダンチョキチョキズのメインボーカルとしてメジャーデビュー。
黄色の始めの年に藤井麻輝と結婚。翌年、モダンチョキチョキズは解散。
黄色の前半よりテレビ朝日『あしたまにあーな』で早口でまくしたてるナレーターを担当。
黄色の後半にアニメ映画『猫の恩返し』でナトル役で声優に挑戦。
黄色の最後付近に離婚。親権は浜田が持ちます。赤色の始めの年に再婚。

趣味はフリークライミング。筋肉質の鍛えられた肉体の持ち主です。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

大橋悠依
大橋悠依(おおはし ゆい)は、日本の競泳選手。専門は個人メドレー。2020年東京オリンピック400m個人メドレーの金メダリストです。

続きを読む


新井恵理那
新井恵理那(あらい えりな)は、日本のフリーアナウンサー、タレント。アメリカ生まれの帰国子女。2009年にミス青学のグランプリを受賞。大学卒業後はフリーアナウンサーとして活躍。活動の場を広げ2019年上半期にはTV番組出演本数ランキング女性部門で首位を獲得。

続きを読む


スザンヌ
福岡を中心にローカルタレントとして活動後に上京。クイズ番組 『クイズ!ヘキサゴンII』に出演し珍解答を連発。「おバカタレント」の代表格としてバラエティ番組への出演が急増。

続きを読む


佐藤二朗
佐藤二朗(さとう じろう)は、日本の俳優、脚本家、映画監督。演劇ユニット「ちからわざ」を旗揚げし脚本、出演を担当。映像作品では個性豊かなトリッキーな役どころで活躍。

続きを読む


土屋アンナ
土屋アンナ(つちや アンナ)は、日本のモデル、歌手、女優。タレントとしてテレビ等に出演するほか、モデル、女優、歌手としても活動。映画『下妻物語』では深田恭子とW主演し8つの映画賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin013)

ドクター・スース
ドクター・スースはアメリカの絵本作家、画家、詩人、漫画家。アメリカではサンタクロースにならぶキャラクターのグリンチの作者であり、ジムキャリー主演で映画化もされました。

続きを読む


臼井儀人
臼井儀人(うすい よしと)は、漫画家、作詞家。「クレヨンしんちゃん」の原作者で知られています。アニメ版は1992年から放送され、1993年に映画化。社会現象を起こすほどのブームになりました。

続きを読む


ナディア・コマネチ
1976年に行われたモントリオール五輪で3個の金メダルを獲得。近代五輪で初の10点満点を獲得。世界で最も知られた体操競技選手となり体操競技の人気を高めました。

続きを読む


関連記事 (タレント)

本上まなみ
本上まなみ(ほんじょう まなみ)、日本のタレント、女優。公式ニックネームはほんじょ。女優としてデビュー後に司会、ナレーター、エッセイストなど幅広く活躍。

続きを読む


泉ピン子
泉ピン子(いずみ ピンこ)は、女優、コメディエンヌ、漫談家、歌手。『おしん』の母親役で高く評価される。その後『渡る世間は鬼ばかり』に出演。20年以上に渡りシリーズ化

続きを読む


高橋克実
高橋克実(たかはし かつみ)は、日本の俳優、マルチタレント、司会者。愛称は「カッツミー」。ドラマ『ショムニ』に出演しブレイク。バラエティ番組『トリビアの泉』の司会を務め全国区の認知度を獲得。

続きを読む


関連記事 (女優)

沢口靖子
沢口靖子(さわぐち やすこ)は、日本の女優。第1回「東宝シンデレラ」でグランプリを獲得し芸能界入り。朝ドラ『澪つくし』のヒロインを演じ全国区で知名度・人気が定着。

続きを読む


椎名桔平と山本未來
椎名桔平と山本未來は2003年に結婚した夫婦です。2人は1995年にドラマ「BLACK OUT」の共演をきっかけに交際を開始します。2003年の結婚式の衣装のデザインは父の山本寛斎が担当。2010年1月に男児誕生。

続きを読む


二階堂ふみ
二階堂ふみ(にかいどう ふみ)は、日本の女優。沖縄県那覇市出身。2020年度前期放送予定のNHK連続テレビ小説『エール』のヒロインオーディションで2,082人の中から選ばれヒロイン・関内音役を演じます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ