913 views

女優・竹内結子の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 竹内結子

記事公開日:2019年05月03日
最終更新日:2020年01月21日

竹内結子
出典:wikipedia.org 2015年、第28回東京国際映画祭にて

竹内結子(たけうち ゆうこ)は日本の女優、ナレーター。

朝の連続ドラマ『あすか』のヒロインに抜擢。全国に知られる存在になります。
トレンディドラマの時代が終わると、女優不在の時代が続く中、数少ない実力派として注目。
その後、中村獅童と結婚、長男を出産、離婚。
2019年2月27日に所属事務所の後輩・中林大樹と再婚。

このページでは竹内結子の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

竹内結子の誕生日占い(性格診断)

生年月日: 1980年4月1日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin223です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い夜 白い風 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い鷲
互いに学びあう 反対kin 赤い空歩く人
互いに秘かれあう 神秘kin 白い鏡
以てるもの同士の類似kin 黄色い戦士
鏡の向こうのもう一人の自分 kin38
絶対反対kin kin93

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

ひとことでいえばKin223の誕生日占いは、心に落ち着きを求めるタイプです。探究心が強い一面もあります。気を引き締め運気にのり、忙しさを喜ぶ。

広告

竹内結子の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

さいたま市で生まれ育ちます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.4.1~ 16 83 5 青い夜 青い嵐
1997.4.1~ 17 188 6 黄色い星 青い夜
1998.4.1~ 18 33 7 赤い空歩く人 青い手
中学を卒業してすぐの春休みに原宿でスカウトされ現事務所・スターダストプロモーションに所属。
1996年に堂本光一主演の『新・木曜の怪談 Cyborg』に全話出演し女優デビュー。
その後は数々のドラマや映画等に出演。

ウェブスペルの色が青色の半ばにスカウトされ女優としてデビュー。

ブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.4.1~ 19 138 8 白い鏡 青い猿
2001.4.1~ 21 88 10 黄色い星 青い嵐
2002.4.1~ 22 193 11 赤い空歩く人 青い夜
1999年に朝の連続ドラマ『あすか』のヒロイン・宮本あすかに抜擢。
2001年に中居正広主演のドラマ『白い影』でヒロイン・志村倫子を務めます。
2002年にフジテレビ月9 『ランチの女王』で主演。
竹内結子の名は広く知られるようになります。
トレンディドラマの時代が終わると、女優不在の時代が続く中、数少ない実力派として注目されます。

ウェブスペルの色が青色の後半に朝の連続ドラマ『あすか』のヒロインに抜擢。全国に知られる存在になります。

結婚・離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.4.1~ 25 248 1 黄色い星 黄色い星
2006.4.1~ 26 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
2007.4.1~ 27 198 3 白い鏡 黄色い戦士
2008.4.1~ 28 43 4 青い夜 黄色い太陽
2005年に映画『いま、会いにゆきます』で共演した中村獅童と結婚。同年、男児を出産。
2007年に映画『サイドカーに犬』で主演。演技が高く評価され沢山の賞を受賞。
2008年に中村獅童と離婚。長男の親権は竹内結子が持った。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に中村獅童と結婚。長男を出産。
黄色の前半に離婚。長男の親権を持ちます。

舞台

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.4.1~ 34 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
2015.4.1~ 35 258 11 白い鏡 黄色い星
2016.4.1~ 36 103 12 青い夜 黄色い人
2014年に三谷幸喜の舞台『君となら』で主演を務め、舞台に初挑戦。
2015年に映画『残穢 -住んではいけない部屋-』で主演。第28回東京国際映画祭・コンペティション部門に作品が出品された。

ウェブスペルの色が黄色の後半に三谷幸喜の舞台で初舞台を踏みます。

再婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.4.1~ 38 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
2019年2月27日に所属事務所の後輩・中林大樹と結婚。連名で報告しました。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に後輩となる中林大樹と再婚しました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.4.1~ 39 158 2 白い鏡 赤い地球
2020.4.1~ 40 3 3 青い夜 赤い竜
2021.4.1~ 41 108 4 黄色い星 赤い蛇
竹内結子の現在は、ウェブスペルの色が赤色の始まり付近に当たります。
39才の時はKin158。悩みと葛藤をバネに生きれる年です。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。

前進したほうが良い。

竹内結子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の半ばにスカウトされ女優としてデビュー。
青色の後半に朝の連続ドラマ『あすか』のヒロインに抜擢。全国に知られる存在になります。
黄色の始めの年に中村獅童と結婚。長男を出産。
黄色の前半に離婚。長男の親権を持ちます。
黄色の後半に三谷幸喜の舞台で初舞台を踏みます。
赤色の始めの年に後輩となる中林大樹と再婚しました。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

角田光代
角田光代(かくた みつよ)は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。読みやすい文体で家族や恋愛をテーマにした作品を発表し若い女性から支持を得ます。『対岸の彼女』で直木賞を受賞。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


岩田聡
岩田聡(いわた さとる)は、日本のゲームクリエイター。任天堂の4代目社長で、HAL研究所社長なども歴任。プログラマーとして数々の逸話を持つ人物。

続きを読む


山田花子
山田花子(やまだ はなこ)は、日本のお笑いタレント、コメディアン。中学時代からタレントとして活動。「笑っていいとも!」などにレギュラー出演し全国区で活動。結婚後、大阪に拠点を戻し吉本新喜劇の座員として復帰。

続きを読む


松本良順
松本良順(まつもとりょうじゅん)は、江戸時代末期(幕末)から明治期の日本の医師(御典医、軍医)、政治家。オランダ軍軍医のポンペに学びます。緒方洪庵の跡を継いで西洋医学所頭取に就任。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin223)

本宮ひろ志
本宮ひろ志(もとみや ひろし)は、日本の漫画家。代表作に、『男一匹ガキ大将』、『俺の空』、『サラリーマン金太郎』など多数あります。

続きを読む


寺島進
寺島進(てらじま すすむ)は、日本の俳優。その強面のキャラクターでヤクザ映画に欠かせない俳優としての地位を確立。その後、テレビドラマに進出。人気が出て個性派俳優として知られるようになります。

続きを読む


本田宗一郎
本田 宗一郎さんは、本田技研工業(通称:ホンダ)の創業者です。藤沢武夫に実印と会社経営の全権を委ね、自らは技術者に徹し共に本田技研工業(ホンダ)を世界的な大企業に育てました。

続きを読む


坂野惇子
坂野惇子(ばんの あつこ)は実業家。2016年のNHK朝ドラ「べっぴんさん」の主人公のモデルでアパレルメーカー・ファミリアの創業者です。

続きを読む


磯山さやか
磯山さやか(いそやま さやか)は、日本のグラビアアイドル、タレント。愛称は「いそっち」。野球好きのグラミアアイドル、いばらき大使として知られます。デビュー以来、幅広く活躍しています。

続きを読む


関連記事 (女優)

杉田かおる
杉田かおる(すぎた かおる)は、日本の女優(元・子役)、タレント。子役時代は天才子役と呼ばれます。その後、父の連帯保証人で借金を背負いどん底に陥りますが、バラエティ番組に進出し毒舌キャラでブレイク。

続きを読む


石田ゆり子
石田ゆり子(いしだ ゆりこ)は、俳優・歌手。高校生の時にスカウトされキャンペーンガールとして活躍。その後、女優と活躍。またアニメのアフレコにも挑戦します。『もののけ姫』サン役は有名です。

続きを読む


美保純
美保純(みほ じゅん)は、日本の女優、タレント、コメンテーター。日活ロマンポルノの女優としてデビュー。親しみやすいキャラクターで人気を博し、映画、ドラマ、バラエティなど幅広く活躍。

続きを読む


赤木春恵
赤木春恵(あかぎ はるえ)は、日本の女優。『3年B組金八先生』にて校長の君塚美弥子役。『渡る世間は鬼ばかり』では小島キミ役、泉ピン子演じる嫁役の小島五月をイビるシーンで有名でした。

続きを読む


綾瀬はるか
綾瀬はるか(あやせ はるか)は、女優、歌手。ドラマ『ホタルノヒカリ』で主演しヒット作となる。NHK大河ドラマ『八重の桜』で主演。NHK紅白歌合戦で紅組司会も務めた。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事