867 views

女優・越路吹雪の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 越路吹雪

記事公開日:2018年12月16日
最終更新日:2020年03月17日

越路吹雪
出典:wikipedia.org 「ブギウギ巴里」を歌う越路(1953年)

越路吹雪(こしじ ふぶき)は、元宝塚歌劇団男役トップスター、シャンソン歌手、舞台女優。

宝塚歌劇団に在団しながら映画に出演。退団後はミュージカルスターとして活躍。
歌手としても数多くの曲を紹介し「日本のシャンソンの女王」と称されます。

このページでは越路吹雪の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

越路吹雪の誕生日占い

生年月日:1924年2月18日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin21です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 白い魔法使い 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い蛇
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin240
絶対反対kin kin151

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

ひとことでいえばKin21の誕生日占いは、目に見えないもの、価値のあるものに目を向けれるタイプです。勢いが増しているときこそタヅナを引き締めること。

広告

越路吹雪の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京で生まれます。出生名は河野美保子。
父が新潟に転勤し越路も新潟で下宿。のちに越路吹雪の芸名は父が命名するのですがこの時の転勤が由来となったそうです。

宝塚歌劇団

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1935.2.18~ 11 136 6 黄色い戦士 青い猿
1936.2.18~ 12 241 7 赤い竜 青い鷲
1937.2.18~ 13 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
長野の高等女学校を中退し宝塚音楽歌劇学校に入学。
子供の頃から歌を歌うのが好きな子で、このことを知っていた父が宝塚音楽歌劇学校を勧めます。
1937年に宝塚歌劇団に入団。

ウェブスペルの色が青色の後半に宝塚歌劇団に入団。

花組のトップスター

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1939.2.18~ 15 36 10 黄色い戦士 青い手
1943.2.18~ 19 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1944.2.18~ 20 41 2 赤い竜 黄色い太陽
宝塚歌劇団男役スターとして戦中から戦後にかけて活躍します。

1939年に月組公演「宝塚花物語」で初舞台を踏みます。この時に役はたくさんいるタンポポの花の精の一人でした。
その後、花組に所属。1943年に「森の石松」のモノマネが評判となり、この頃から注目を集めます。
1944年に戦争が悪化し宝塚歌劇団を退団する生徒が続出。結果、若手が台頭し越路吹雪は花組のトップスターとなります。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに花組のトップスターになります。

宝塚歌劇団を退団

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1946.2.18~ 22 251 4 青い猿 黄色い星
1950.2.18~ 26 151 8 青い猿 黄色の種
1951.2.18~ 27 256 9 黄色い戦士 黄色い星
1946年に第2回花組公演「ミモザの花」で主演し好評を博します。同年「ブギウギ巴里」でレコードデビューし大ヒットします。

品性高潔な宝塚歌劇団で越路吹雪はタバコを吸ったり、門限破りをしたりするなど異色の存在で「不良少女」と呼ばれる一方、面倒見がよく多くの芸能人から慕われます。

1950年に宝塚に在籍しながら東宝映画「東京の門」「エノケンの天一坊」などに出演。1951年に帝劇ミュージカル「モルガンお雪」で主演し大ヒット。
この舞台で越路が国産ミュージカル女優第一号になります。同年、宝塚歌劇団を退団します。

ウェブスペルの色が黄色の前半にレコードデビュー。
黄色の後半に宝塚に在籍しながら映画に出演。舞台「モルガンお雪」の大ヒットを機に宝塚歌劇団を退団します。

シャンソンの女王

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1952.2.18~ 28 101 10 赤い竜 黄色い人
1953.2.18~ 29 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
1954.2.18~ 30 51 12 青い猿 黄色い太陽
宝塚歌劇団を退団したあと1968年にフリーになるまで17年間東宝の専属スター女優として主にミュージカルで活躍。
これに並行し歌手としてシャンソンや映画音楽を多くカバーします。特にシャンソンの曲を数多く紹介し「日本のシャンソンの女王」と称されます。

1952年よりNHK紅白歌合戦に初出場。以来1969年まで通算15回出場します。

1953年に越路は初めてフランス・パリへ渡り、エディット・ピアフのステージを聴きます。ピアフの生ステージに衝撃を覚えます。生涯にわたりピアフが越路の目標になります。

ウェブスペルの色が黄色の後半より東宝の専属スター女優として主にミュージカルで活躍。並行し歌手として活動し「日本のシャンソンの女王」と称されます。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1959.2.18~ 35 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
1964.2.18~ 40 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
1968.2.18~ 44 221 13 赤い竜 赤い月
1959年に作曲家の内藤法美と結婚。生涯二人には子はいませんでしたが逝去まで連れ添います。
テレビに出ないことで有名でしたが1964年に音楽番組『ミュージックフェア』の初代司会者として出演。
1968年にフリーになります。

ウェブスペルの色が赤色の前半に作曲家の内藤法美と結婚。
赤色の最後の年に東宝の専属スター女優からフリーになります。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.2.18~ 56 181 12 赤い竜 白い犬
フリーになった後も舞台女優として活躍します。

1980年3月にライフワークである日生劇場でのロングリサイタルを行います。日生劇場でのロング・リサイタルはいつも満員という人気振りでした。

1980年7月に舞台公演中より胃の痛みを訴え公演終了後に緊急入院。胃の4/5を切除する大手術を行います。
その後入退院を3度繰り返し1980年11月7日に死去します。末期の胃がんでした。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に亡くなりました。

越路吹雪のまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

青色の後半に宝塚歌劇団に入団。
黄色の始めころに花組のトップスターになります。
黄色の前半にレコードデビュー。
黄色の後半に宝塚に在籍しながら映画に出演。舞台「モルガンお雪」の大ヒットを機に宝塚歌劇団を退団します。
黄色の後半より東宝の専属スター女優として主にミュージカルで活躍。並行し歌手として活動し「日本のシャンソンの女王」と称されます。
赤色の前半に作曲家の内藤法美と結婚。
赤色の最後の年に東宝の専属スター女優からフリーになります。
白色の最後付近に亡くなりました。

参考文献

越路吹雪(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

筧利夫
筧利夫(かけい としお)は、日本の俳優。劇団「第三舞台」で長く活躍。第三舞台に入ってからほぼ全ての作品に参加。ドラマ「踊る大捜査線シリーズ」で新城賢太郎役で大きく知名度を上げました。

続きを読む


桑田真澄
桑田真澄(くわた ますみ)は、日本の元プロ野球選手、野球解説者。PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビでチームをけん引。プロ入り後は先発投手として長きにわたり読売ジャイアンツを支えた人物です。

続きを読む


上塚周平
上塚周平(うえつか しゅうへい)は、日本のブラジル移民功労者。「ブラジル移民の父」と称される人物です。ブラジル移民の輸送監督としてブラジルに渡ります。生涯日系ブラジル移民のために尽力します。

続きを読む


佐藤隆太
佐藤隆太(さとう りゅうた)は、日本の俳優、タレント、司会者。『池袋ウエストゲートパーク』に出演し知名度UP。『ROOKIES』で主役の川藤幸一役。近年はシリアスな役柄までを幅広くこなす実力派俳優。

続きを読む


佐々木蔵之介
佐々木蔵之介(ささき くらのすけ)は、日本の俳優。学生時代から関西の小劇団『惑星ピスタチオ』の看板俳優として活躍。上京し俳優となった。朝の連続テレビ小説『オードリー』に出演し脚光を浴びます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin021)

吉田鋼太郎
吉田鋼太郎(よしだ こうたろう)は、日本の俳優、演出家。長く舞台で活躍。活動の場をテレビにも広げ『花子とアン』で嘉納伝助役、『おっさんずラブ』で黒澤部長役。蜷川幸男の後継の2代目芸術監督に就任。

続きを読む


松任谷由実
松任谷由実さんは、日本のシンガーソングライター。愛称はユーミン。女性最多となるアルバムミリオン「通算10作」、アルバム首位「通算22作目」の記録を持ちます。

続きを読む


坂本九
坂本九の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。坂本九(さかもと きゅう)は、俳優・タレント・歌手・司会者。愛称は、きゅうちゃん。『上を向いて歩こう』や『見上げてごらん夜の星を』、『明日があるさ』など数多くのヒット曲がある。

続きを読む


関連記事 (女優)

木村多江
木村多江(きむら たえ)は、日本の女優。ドラマ『リング』『らせん』で山村貞子役で注目を集めます。その後、演じた役柄から「日本一不幸役が板につく女優」と称され、同世代女優とは異なるポジションを確立。

続きを読む


美空ひばり
美空ひばりさんは、歌手、女優。昭和の歌謡界を代表する歌手・女優の1人であり、女性として初の国民栄誉賞を受賞しました。

続きを読む


富田靖子
富田靖子(とみた やすこ)は、日本の女優。中学在学中に映画『アイコ十六歳』のオーディションを受け、ヒロインに選ばれデビュー。最近では、主演やヒロインを務める事は少なくなったが、ベテラン脇役として活躍。

続きを読む


関連記事 (歌手)

山口百恵
山口百恵(やまぐち ももえ)は、日本の元歌手、元女優。芸能界デビューしわずか7年半、絶頂の時に俳優の三浦友和と結婚し芸能界を引退。引退してから25年以上たつ現在でも伝説的なアイドルとして語り継がれます。

続きを読む


AKB総選挙で第1回(2009年)から第7回(2015年)まで7位以内に入っているメンバーのうちAKBを卒業または見込みの方。前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美、高橋みなみ,小嶋陽菜の6名で行っています。

続きを読む


越智志帆
越智志帆(おち しほ)は、音楽ユニットSuperflyのボーカル。2007年よりSuperflyは越智のみのソロユニットとして活動を継続。2019年の連続テレビ小説「スカーレット」の主題歌「フレア」を担当。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事