1,103 views

女優・黒木華の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 黒木華

記事公開日:2020年07月13日
最終更新日:2021年02月04日

黒木華
出典:wikimedia.org 2016年

黒木華(くろき はる)は、日本の女優。

映画『小さいおうち』『母と暮せば』で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を2年連続受賞の快挙。『重版出来!』で連続ドラマ初主演。

このページでは、黒木華(くろき はる)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

黒木華の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1990年3月14日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin215です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 赤い月 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin46
絶対反対kin kin85

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

ひとことでいえばKin215の誕生日占いは、自分は人とは違うと思いやすいタイプです。「柔軟性」がキーワード。人も金も集まってくる。我を通すと災いになる。

広告

黒木華の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪府高槻市出身。黒木華は本名。
幼いころより母に連れられ映画や芝居を見て育ちます。

演劇部のエース

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.3.14~ 15 230 9 白い犬 白い風
2006.3.14~ 16 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
2007.3.14~ 17 180 11 黄色い太陽 白い犬
大阪府茨木市にある演劇の名門・追手門学院高等学校に進学。
演劇部に所属し「演劇部のエース」として1年時から3年間主役を務めます。

ウェブスペルの色が白色の後半に演劇の名門・追手門学院高校に進学。「演劇部のエース」として1年時から3年間主役。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.3.14~ 19 130 13 白い犬 白い鏡
2010.3.14~ 20 235 1 青い鷲 青い鷲
2011.3.14~ 21 80 2 黄色い太陽 青い嵐
女優を志し京都造形芸術大学に進学。林海象、東陽一らに師事して演技を学びます。
2010年にオーディションに合格し初舞台を踏みます。
2011年に映画『東京オアシス』にメインキャストとして初出演。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に大学在学中にデビュー。

快進撃

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.3.14~ 22 185 3 赤い蛇 青い夜
2013.3.14~ 23 30 4 白い犬 青い手
2014.3.14~ 24 135 5 青い鷲 青い猿
2012年に『おおかみこどもの雨と雪』で声優にも初挑戦。同年、朝の連続テレビ小説『純と愛』に出演。
2013年に『リーガル・ハイ』第2期にレギュラー出演。連続ドラマ初レギュラー。同年、映画『シャニダールの花』で映画初主演。映画『舟を編む』に出演。
2014年に山田洋次監督の作品『小さいおうち』にオーディションを経て出演。第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。
同作で第38回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞、エランドール賞新人賞を受賞。

ウェブスペルの色が青色の前半に声優・ドラマ・映画で活躍し知られる存在になってきます。

日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を2年連続受賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.3.14~ 25 240 6 黄色い太陽 青い鷲
2016.3.14~ 26 85 7 赤い蛇 青い嵐
2017.3.14~ 27 190 8 白い犬 青い夜
2015年にドラマ『天皇の料理番』での好演が話題を呼び東京ドラマアウォード2015にて主演女優賞を受賞。
同年、映画『母と暮せば』で第39回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞。2年連続受賞の快挙となった。
2016年に映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』で映画単独初主演。同年、ドラマ『重版出来!』で連続ドラマ初主演。

ウェブスペルの色が青色の半ばに『小さいおうち』『母と暮せば』で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を2年連続受賞。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.3.14~ 30 245 11 赤い蛇 青い鷲
2021.3.14~ 31 90 12 白い犬 青い嵐
2022.3.14~ 32 195 13 青い鷲 青い夜
黒木華の現在は、ウェブスペルの色が青色の最後付近に当たります。
31才の時はKin90。心のそこから人に尽くすことの出来る年です。絆を大切にしましょう。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 白い犬は、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝えます。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。
  • 青い嵐は、変化のエネルギーが強く、周りに影響を与え、まわりを巻き込みます。状況を変化させ、変化を恐れず、のめりこみます。

今必要な準備をこつこつ行うこと。

黒木華のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の後半に演劇の名門・追手門学院高校に進学。「演劇部のエース」として1年時から3年間主役。
青色の始めの年に京都造形芸術大学在学中にデビュー。
青色の前半に声優・ドラマ・映画で活躍し知られる存在になってきます。
青色の半ばに『小さいおうち』『母と暮せば』で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を2年連続受賞の快挙。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

寺尾聡
寺尾聡(てらお あきら)は、日本の俳優、歌手。父は俳優の宇野重吉。石原軍団で刑事役で活躍。歌手活動では「ルビーの指輪」が大ヒット。石原軍団から脱退後は黒澤明監督の映画作品に立て続けに出演。

続きを読む


樋口可南子
樋口可南子(ひぐち かなこ)は、日本の女優。夫はコピーライターの糸井重里。日本でヘアーヌード解禁のきっかけとなった写真集を発売。ソフトバンクのCM、白戸家シリーズの母役などで有名。

続きを読む


笹生優花
笹生優花(さそう ゆうか)は、女子プロゴルファー。2021年に全米女子オープンで優勝。全米女子プロゴルフ(LPGA)ツアーで優勝したのは日本人女子ゴルファーとしては樋口久子、渋野日向子に次ぎ3人目となった。

続きを読む


大杉久美子
大杉久美子(おおすぎ くみこ)は、日本の歌手。『アタックNo.1』のOP主題歌を歌い自身初のヒット。1970年代後半には「アニソン四天王」と呼ばれるまで活躍。

続きを読む


丘みどり
丘みどり(おか みどり)は、日本の演歌歌手。アイドルグループ「HOP CLUB」のメンバーを経て演歌歌手としてデビュー。2017年に紅白歌合戦に初出場。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin215)

岸本加世子
岸本加世子(きしもと かよこ)は、日本の女優。ドラマ『ムー』でデビュー。当初はアイドルタレントとして活動。フジカラーのCMに樹木希林と共に出演。それなりに写りますは流行語になった。

続きを読む


ギャル曽根
ギャル曽根(ギャルそね)は、日本のタレント、フードファイター、グルメコメンテーター。テレビ東京『元祖!大食い選手権』に出場。大食いタレントとして人気となります。

続きを読む


斉藤由貴
斉藤由貴(さいとう ゆき)は、女優、歌手。1984年に芸能界入りし、CM、歌手、ドラマと次々に成功していきます。1990年代以降、女優として映画・テレビ・舞台など幅広く活躍します。

続きを読む


高橋一生
高橋一生(たかはし いっせい)は、日本の俳優。子役出身で幼少期からテレビ、映画、舞台で活躍。2017年にドラマで準主役級の役どころで相次いで出演。2017上半期ブレイク俳優として注目を集めます。

続きを読む


小堺一機
小堺一機(こさかい かずき)は、日本のお笑いタレント、コメディアン、俳優。1984年から2016年までフジテレビ13:00-13:30のお昼の顔として活躍しました。関根勤とのコンビは、コサキンとして知られています。

続きを読む


関連記事 (女優)

余貴美子
余貴美子(よ きみこ)は、日本の女優。高校を卒業してから劇団に入団。その後、東京壱組を結成。東京壱組は解散後は活躍の場をTVや映画に移します。代表作に『おくりびと』『ディア・ドクター』などあります。

続きを読む


福原遥
福原遥(ふくはら はるか)は、日本の女優、声優。料理番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』に5年間出演。その後「キラキラ☆プリキュアアラモード」の声優、「もしもツアーズ」の3代目ツアーガイドを務めます。

続きを読む


伊藤つかさ
伊藤つかさ(いとう つかさ)は、日本の女優。幼少時代から子役で活動。「3年B組金八先生」ではクラスのアイドル的女子生徒で出演。翌年、アイドル歌手としてデビュー。1980年代に一世を風靡。

続きを読む


杏
杏(あん)は、日本の女優、ファッションモデル。モデルとしてデビュー。その後、女優としてデビュー。朝の連続ドラマ『ごちそうさん』でオーディションなしで主役に抜擢。父は俳優の渡辺謙。夫は俳優の東出昌大。

続きを読む


大地真央
大地真央(だいち まお)は、日本の女優。元宝塚歌劇団月組トップスター。宝塚歌劇団を退団後はミュージカルスターとして舞台を中心に活躍。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ