1,634 views

女優・黒木華の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 黒木華

記事公開日:2020年07月13日
最終更新日:2021年09月10日

黒木華
出典:wikimedia.org 2016年

黒木華(くろき はる)は、日本の女優。

映画『小さいおうち』『母と暮せば』で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を2年連続受賞の快挙。『重版出来!』で連続ドラマ初主演。

このページでは、黒木華(くろき はる)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

黒木華の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1990年3月14日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin215です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 赤い月 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin46
絶対反対kin kin85

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

ひとことでいえばKin215の誕生日占いは、自分は人とは違うと思いやすいタイプです。「柔軟性」がキーワード。人も金も集まってくる。我を通すと災いになる。

広告

黒木華の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪府高槻市出身。黒木華は本名。
幼いころより母に連れられ映画や芝居を見て育ちます。

演劇部のエース

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.3.14~ 15 230 9 白い犬 白い風
2006.3.14~ 16 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
2007.3.14~ 17 180 11 黄色い太陽 白い犬
大阪府茨木市にある演劇の名門・追手門学院高等学校に進学。
演劇部に所属し「演劇部のエース」として1年時から3年間主役を務めます。

ウェブスペルの色が白色の後半に演劇の名門・追手門学院高校に進学。「演劇部のエース」として1年時から3年間主役。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.3.14~ 19 130 13 白い犬 白い鏡
2010.3.14~ 20 235 1 青い鷲 青い鷲
2011.3.14~ 21 80 2 黄色い太陽 青い嵐
女優を志し京都造形芸術大学に進学。林海象、東陽一らに師事して演技を学びます。
2010年にオーディションに合格し初舞台を踏みます。
2011年に映画『東京オアシス』にメインキャストとして初出演。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に大学在学中にデビュー。

快進撃

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.3.14~ 22 185 3 赤い蛇 青い夜
2013.3.14~ 23 30 4 白い犬 青い手
2014.3.14~ 24 135 5 青い鷲 青い猿
2012年に『おおかみこどもの雨と雪』で声優にも初挑戦。同年、朝の連続テレビ小説『純と愛』に出演。
2013年に『リーガル・ハイ』第2期にレギュラー出演。連続ドラマ初レギュラー。同年、映画『シャニダールの花』で映画初主演。映画『舟を編む』に出演。
2014年に山田洋次監督の作品『小さいおうち』にオーディションを経て出演。第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。
同作で第38回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞、エランドール賞新人賞を受賞。

ウェブスペルの色が青色の前半に声優・ドラマ・映画で活躍し知られる存在になってきます。

日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を2年連続受賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.3.14~ 25 240 6 黄色い太陽 青い鷲
2016.3.14~ 26 85 7 赤い蛇 青い嵐
2017.3.14~ 27 190 8 白い犬 青い夜
2015年にドラマ『天皇の料理番』での好演が話題を呼び東京ドラマアウォード2015にて主演女優賞を受賞。
同年、映画『母と暮せば』で第39回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞。2年連続受賞の快挙となった。
2016年に映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』で映画単独初主演。同年、ドラマ『重版出来!』で連続ドラマ初主演。

ウェブスペルの色が青色の半ばに『小さいおうち』『母と暮せば』で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を2年連続受賞。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.3.14~ 30 245 11 赤い蛇 青い鷲
2021.3.14~ 31 90 12 白い犬 青い嵐
2022.3.14~ 32 195 13 青い鷲 青い夜
黒木華の現在は、ウェブスペルの色が青色の最後付近に当たります。
31才の時はKin90。心のそこから人に尽くすことの出来る年です。絆を大切にしましょう。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 白い犬は、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝えます。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。
  • 青い嵐は、変化のエネルギーが強く、周りに影響を与え、まわりを巻き込みます。状況を変化させ、変化を恐れず、のめりこみます。

今必要な準備をこつこつ行うこと。

黒木華のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の後半に演劇の名門・追手門学院高校に進学。「演劇部のエース」として1年時から3年間主役。
青色の始めの年に京都造形芸術大学在学中にデビュー。
青色の前半に声優・ドラマ・映画で活躍し知られる存在になってきます。
青色の半ばに『小さいおうち』『母と暮せば』で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を2年連続受賞の快挙。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

細野晴臣
細野晴臣(ほその はるおみ)は、日本のミュージシャン。エイプリル・フールのベースとしてメジャーデビュー。イエロー・マジック・オーケストラを結成。テクノブームを巻き起こします。

続きを読む


小林旭
小林旭(こばやし あきら)は、日本の俳優、歌手。日活ニューフェイスに合格し映画デビュー。日活の黄金期を支えます。その後東映に移籍。映画『仁義なき戦い』シリーズに出演。シングル『熱き心に』は大ヒットし若い世代にも名を知られます。

続きを読む


大瀧詠一
大瀧詠一(おおたき えいいち)は、日本のミュージシャン。「はっぴいえんど」を結成し和製ポップス史に大きな影響を与えます。解散後は自身のレーベル「ナイアガラ・レーベル」を設立。通算14作目のシングル「幸せな結末」は大ヒット。

続きを読む


角田晃広
角田晃広(かくた あきひろ)は、日本のお笑いタレント・俳優。お笑いトリオ・プラスドライバーとして活動後、豊本明長と飯塚悟志と東京03を結成。俳優として活動しドラマ『半沢直樹』などに出演。俳優としてもブレイク。

続きを読む


上野樹里
上野樹里(うえの じゅり)は、日本の女優。「クレアラシル」の3代目イメージガールのCMで芸能界デビュー。月9ドラマ『のだめカンタービレ』で野田恵を演じて脚光を浴びます。夫はTRICERATOPSの和田唱。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin215)

北村一輝
北村一輝(きたむら かずき)は、日本の俳優。幅広い役をこなす実力派俳優。数多くのドラマ、映画に出演。2019年後期の朝の連続テレビ小説『スカーレット』ではヒロインの父役で話題となった。

続きを読む


小松左京
小松左京(こまつ さきょう)は、日本の小説家。筒井康隆、星新一と並んで「SF御三家」とも称される人物。代表作に『復活の日』『日本沈没』『果しなき流れの果に』などあります。

続きを読む


マイケル・ジョーダン
マイケル・ジョーダンはアメリカの元バスケットボール選手。その実績からバスケットボールの神様とも評されます。

続きを読む


ウサイン・ボルト
ウサイン・ボルトはジャマイカの陸上競技短距離選手。稲妻を意味する「ライトニング・ボルト」の愛称を持つ人類史上最速のスプリンター。

続きを読む


岸本加世子
岸本加世子(きしもと かよこ)は、日本の女優。ドラマ『ムー』でデビュー。当初はアイドルタレントとして活動。フジカラーのCMに樹木希林と共に出演。それなりに写りますは流行語になった。

続きを読む


関連記事 (女優)

星野真里(ほしの まり)は、日本の女優。『3年B組金八先生』で坂本乙女役でレギュラー出演。テレビ、映画、舞台、CM、ナレーション、エッセイなど幅広く活動。夫はTBSアナウンサーの高野貴裕。

続きを読む


黒木瞳
黒木瞳(くろき ひとみ)は、日本の女優、タレント、歌手、映画監督。元宝塚歌劇団月組トップ娘役。宝塚歌劇団を退団後、芸能界に転身。映画『失楽園』に出演し知名度は一気に上昇。活躍の場を広げます。

続きを読む


深津絵里
深津絵里は、日本の女優。1988年にJR東海のクリスマス・エクスプレス'88のCMに15歳で起用され認知されます。1997年にドラマ「踊る大捜査線」に恩田すみれ役でレギュラー出演しブームになります。

続きを読む


佐藤藍子
佐藤藍子(さとう あいこ)は、日本の女優、タレント。第6回全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞。女優業やバラエティ番組の司会など幅広く活動を行い歴代グランプリ受賞者の中での知名度の高さはトップクラス。

続きを読む


松井玲奈
松井玲奈(まつい れな)は、日本の女優、タレント。女性アイドルグループSKE48、乃木坂46の元メンバー。SKE48時代は松井珠理奈とダブルセンターポジションを務め、W松井と呼ばれます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ