576 views

女優・黒木華の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 黒木華

黒木華
出典:wikimedia.org 2016年

黒木華(くろき はる)は、日本の女優。

映画『小さいおうち』『母と暮せば』で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を2年連続受賞の快挙。『重版出来!』で連続ドラマ初主演。

このページでは、黒木華(くろき はる)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

黒木華の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1990年3月14日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin215です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 赤い月 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin46
絶対反対kin kin85

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

ひとことでいえばKin215の誕生日占いは、自分は人とは違うと思いやすいタイプです。「柔軟性」がキーワード。人も金も集まってくる。我を通すと災いになる。

広告

黒木華の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪府高槻市出身。黒木華は本名。
幼いころより母に連れられ映画や芝居を見て育ちます。

演劇部のエース

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.3.14~ 15 230 9 白い犬 白い風
2006.3.14~ 16 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
2007.3.14~ 17 180 11 黄色い太陽 白い犬
大阪府茨木市にある演劇の名門・追手門学院高等学校に進学。
演劇部に所属し「演劇部のエース」として1年時から3年間主役を務めます。

ウェブスペルの色が白色の後半に演劇の名門・追手門学院高校に進学。「演劇部のエース」として1年時から3年間主役。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.3.14~ 19 130 13 白い犬 白い鏡
2010.3.14~ 20 235 1 青い鷲 青い鷲
2011.3.14~ 21 80 2 黄色い太陽 青い嵐
女優を志し京都造形芸術大学に進学。林海象、東陽一らに師事して演技を学びます。
2010年にオーディションに合格し初舞台を踏みます。
2011年に映画『東京オアシス』にメインキャストとして初出演。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に大学在学中にデビュー。

快進撃

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.3.14~ 22 185 3 赤い蛇 青い夜
2013.3.14~ 23 30 4 白い犬 青い手
2014.3.14~ 24 135 5 青い鷲 青い猿
2012年に『おおかみこどもの雨と雪』で声優にも初挑戦。同年、朝の連続テレビ小説『純と愛』に出演。
2013年に『リーガル・ハイ』第2期にレギュラー出演。連続ドラマ初レギュラー。同年、映画『シャニダールの花』で映画初主演。映画『舟を編む』に出演。
2014年に山田洋次監督の作品『小さいおうち』にオーディションを経て出演。第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。
同作で第38回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞、エランドール賞新人賞を受賞。

ウェブスペルの色が青色の前半に声優・ドラマ・映画で活躍し知られる存在になってきます。

日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を2年連続受賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.3.14~ 25 240 6 黄色い太陽 青い鷲
2016.3.14~ 26 85 7 赤い蛇 青い嵐
2017.3.14~ 27 190 8 白い犬 青い夜
2015年にドラマ『天皇の料理番』での好演が話題を呼び東京ドラマアウォード2015にて主演女優賞を受賞。
同年、映画『母と暮せば』で第39回日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞。2年連続受賞の快挙となった。
2016年に映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』で映画単独初主演。同年、ドラマ『重版出来!』で連続ドラマ初主演。

ウェブスペルの色が青色の半ばに『小さいおうち』『母と暮せば』で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を2年連続受賞。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.3.14~ 30 245 11 赤い蛇 青い鷲
2021.3.14~ 31 90 12 白い犬 青い嵐
2022.3.14~ 32 195 13 青い鷲 青い夜
黒木華の現在は、ウェブスペルの色が青色の最後付近に当たります。
30才の時はKin245。独自の勘を生かすことのできる年です。神経質な面もあります。

  • 音11は、オリジナリティが高く、独自の道を歩むエネルギーの強いです。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。

賑わいの中で発展する。競争は避けられない。

黒木華のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の後半に演劇の名門・追手門学院高校に進学。「演劇部のエース」として1年時から3年間主役。
青色の始めの年に京都造形芸術大学在学中にデビュー。
青色の前半に声優・ドラマ・映画で活躍し知られる存在になってきます。
青色の半ばに『小さいおうち』『母と暮せば』で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を2年連続受賞の快挙。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

大倉喜七郎
大倉喜七郎(おおくら きしちろう)は、日本の実業家。大倉財閥2代目総帥。戦後の公職追放、財閥解体などの難局に直面しながらも、日本のホテル業に大きな足跡を残しました。

続きを読む


鈴木宗男
鈴木宗男(すずき むねお)は、日本の政治家。第2次橋本内閣改造内閣で北海道・沖縄開発庁長官に就任し初入閣。ムネオハウスの疑惑を発端として数々の疑惑で失脚。その後、新党大地を結党し衆議院議員に返り咲き。

続きを読む


松山千春
松山千春(まつやま ちはる)は、日本の歌手。北海道出身。代表曲に「大空と大地の中で」「季節の中で」「長い夜」「君を忘れない」などあります。

続きを読む


トーマス・ジェファーソン
トーマス・ジェファーソンは、アメリカの政治家。第3代アメリカ合衆国大統領。「アメリカ独立宣言」の起草者のひとり。バージニア大学の創設者。

続きを読む


筒美京平
筒美京平(つつみ きょうへい)は日本の作曲家、編曲家。『また逢う日まで』『魅せられて』『サザエさん』など、世代を超えて親しまれる数々の名曲を生み、昭和の歌謡曲黄金期を支えた作曲家です。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin215)

岸本加世子
岸本加世子(きしもと かよこ)は、日本の女優。ドラマ『ムー』でデビュー。当初はアイドルタレントとして活動。フジカラーのCMに樹木希林と共に出演。それなりに写りますは流行語になった。

続きを読む


平野ノラ
平野ノラ(ひらの ノラ)は日本の女性お笑いタレント。大きめの肩パッド付きスーツ、髪型はロングソバージュ、大きな携帯電話のバブリーキャラでブレイクした人物です。

続きを読む


熊田曜子
熊田曜子(くまだ ようこ)は日本のタレント、グラビアアイドル。『アッコにおまかせ!』と『ロンドンハーツ』の準レギュラーになり全国区で知名度を上げます。

続きを読む


リリー・フランキー
リリー・フランキーは、日本のマルチタレント。非常に多種多才な顔を持つ人物。絵本『おでんくん』はアニメ化された代表作。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』はベストセラー。

続きを読む


マイケル・ジョーダン
マイケル・ジョーダンはアメリカの元バスケットボール選手。その実績からバスケットボールの神様とも評されます。

続きを読む


関連記事 (女優)

趣里
趣里(しゅり)は、日本の女優。父は水谷豊、母は伊藤蘭。子供の頃からバレリーナになるのを志しますがケガで断念。演技学校で演技の面白さに目覚め女優になります。

続きを読む


中森明菜
中森明菜(なかもり あきな)は、日本の歌手、俳優。1980年代を代表する女性アイドル。スター誕生で合格し歌手としてデビュー。1980年代半ばまでヒットを飛ばし続けます。

続きを読む


浪花千栄子
浪花千栄子(なにわ ちえこ)は、日本の女優。昭和初期から昭和後期に活躍した女優。オロナインのCMに出演し、ホーロー看板にも登場。2020年後期の朝の連続テレビ小説『おちょやん』のヒロインのモデル。

続きを読む


夏菜
夏菜(なつな)は、日本の女優、タレント。2012年に連続テレビ小説『純と愛』のヒロインに2258名から抜擢され狩野純役を務めた。

続きを読む


浅野温子
浅野温子(あさの あつこ)は、日本の女優。1976年にオーディションに合格し映画デビュー。1991年にはテレビドラマ『101回目のプロポーズ』で武田鉄矢と共に主演。最高視聴率36.7%の高視聴率を記録

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事