1,229 views

孤独のグルメ・松重豊の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 松重豊

記事公開日:2018年11月02日
最終更新日:2021年03月15日

松重豊
→ 画像検索はこちら

松重豊(まつしげ ゆたか)は、日本の俳優。名脇役として知られています。

2012年に「孤独のグルメ」で連続テレビドラマ初主演。シリーズ化され当たり役となります。

このページでは、松重豊(まつしげ ゆたか)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 漫画家・泉昌之の誕生日占いと相性占いを診断

松重豊の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1963年1月19日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin186です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 青い夜 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin75
絶対反対kin kin56

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

ひとことでいえばKin186の誕生日占いは、他人には正確な判断ができても、自分を見つめるのは苦手なタイプです。先が見えないときは気持ちにゆとりをもって。

広告

松重豊の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

福岡県福岡市で生まれます。
学生時代に柔道など格闘技に取り組み身長は一時190cmを超えるまでになります。

大学時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.1.19~ 18 256 9 黄色い戦士 黄色い星
1982.1.19~ 19 101 10 赤い竜 黄色い人
1983.1.19~ 20 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
福岡の高校を卒業後、明治大学文学部文学科に入学し演劇学を専攻。
当初は映画や演劇を作る側をめざしていましたが俳優の道へ進みます。
1983年に小劇場「スペースデン」にて初舞台。その後、大学在学中は三谷幸喜主催の東京サンシャインボーイズの作品に参加。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近より俳優の道を進みます。

蜷川スタジオ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.1.19~ 22 156 13 黄色い戦士 黄色の種
1986.1.19~ 23 1 1 赤い竜 赤い竜
1989.1.19~ 26 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
大学を卒業し蜷川幸雄が主宰する劇団「蜷川スタジオ」に入団。
1989年に蜷川スタジオを退団。退団後はフリーで活動します。

ウェブスペルの色が赤色の前半に蜷川スタジオで活動します。

困窮

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.1.19~ 27 161 5 赤い竜 赤い地球
1991.1.19~ 28 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1992.1.19~ 29 111 7 青い猿 赤い蛇
フリーで国内外の舞台、テレビドラマ、映画、Vシネマ、CM、ナレーションなどに多数出演。
しかし生活に困窮し嫌気から1年以上俳優を休業。建設会社の正社員として現場作業員を行います。
その後、所属事務所のザズウ社長の松野恵美子に激励され俳優に復帰。
1992年に黒沢清監督のホラー映画『地獄の警備員』でタイトル役に抜擢。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに困窮から俳優を一次休業。社長に激励され俳優へ復帰。

当初は見た目の強面と身長からヤクザ役が多かったが、コミカルな役もこなし存在感ある脇役として活躍します。

孤独のグルメ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.1.19~ 49 131 1 青い猿 青い猿
2013.1.19~ 50 236 2 黄色い戦士 青い鷲
2014.1.19~ 51 81 3 赤い竜 青い嵐
2012年に『孤独のグルメ』で連続テレビドラマ初主演。シリーズ化され松重の当たり役となった。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に『孤独のグルメ』で連続テレビドラマ初主演。当たり役となった。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.1.19~ 57 191 9 青い猿 青い夜
2021.1.19~ 58 36 10 黄色い戦士 青い手
2022.1.19~ 59 141 11 赤い竜 青い猿
松重豊の現在は、ウェブスペルの色が青色の後半に当たります。
58才の時はKin36。責任ある立場に立って本領を発揮できる年です。

  • 音10は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にしたりプロデュースやアドバイザーに向いています。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

着実に進もう。

松重豊のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最後付近より俳優の道を進みます。
赤色の前半に蜷川スタジオで活動します。
赤色の半ばに困窮から俳優を一次休業。社長に激励され俳優へ復帰。
青色の始めの年に『孤独のグルメ』で連続テレビドラマ初主演。当たり役となった。

松重豊は、釣り、散策、写真撮影、家庭菜園等の多趣味人でも知られています。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

飯野賢治
飯野賢治(いいの けんじ)は日本の実業家、ゲームクリエイター。『Dの食卓』を発売し100万本売る大ヒット。代表作となった。その後、積極的にマスコミに露出し時代の寵児的扱いを受けます。42才の時に高血圧性心不全のため亡くなります。

続きを読む


遠藤雅伸
遠藤雅伸(えんどう まさのぶ)は日本の実業家、ゲームクリエイター。ナムコ在籍時に『ゼビウス』『ドルアーガの塔』等を手がけ、その後独立。『ゼビウス』のヒットを機にメディアに出演しゲームデザイナーとして知られる存在となった。

続きを読む


伊藤健太郎
伊藤健太郎(いとう けんたろう)は、日本の俳優。雑誌、広告を中心にモデルとして活動後に俳優に転身。2019年後期の朝の連続テレビ小説『スカーレット』に出演し高評価。

続きを読む


平山あや
平山あや(ひらやま あや)は、日本のタレント、女優、元グラビアアイドル。夫は俳優の速水もこみち。第23回ホリプロタレントスカウトキャラバンで約38000人の応募者の中からグランプリを獲得し芸能界入り。

続きを読む


本仮屋ユイカ
本仮屋ユイカ(もとかりや ユイカ)は、日本の女優。2005年の朝の連続テレビ小説『ファイト』ではヒロイン役を1154人の中のオーディションから勝ち抜きます。『王様のブランチ』の4代目女性総合司会を担当。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin186)

オノ・ヨーコ
オノ・ヨーコは日本生まれのアメリカの芸術家、音楽家。ザ・ビートルズのジョン・レノンと結婚、レノンとの数々の共作でも知られています。

続きを読む


山本美月
山本美月(やまもと みづき)は、日本の女優、ファッションモデル。夫は俳優の瀬戸康史。第1回「東京スーパーモデルコンテスト」でグランプリを獲得しモデルとしてデビュー。その後、女優としても本格的に活動。

続きを読む


美空ひばり
美空ひばりさんは、歌手、女優。昭和の歌謡界を代表する歌手・女優の1人であり、女性として初の国民栄誉賞を受賞しました。

続きを読む


竹内まりや
デビュー当時はアイドル歌手のように活動。山下達郎と結婚後はシンガーソングライターとして多数のヒット曲を送り出します。

続きを読む


テレサ・テン
テレサ・テンは、台湾出身の歌手。1970年代から1990年代にかけて、アジアにおいて広く人気を博したその業績から、生前から没後も「アジアの歌姫」と呼ばれています。

続きを読む


関連記事 (俳優)

神田正輝
神田正輝(かんだ まさき)は、日本の俳優、タレント。石原裕次郎と意気投合し石原プロに入社。「太陽にほえろ!」に出演し自信の代表作になります。歌手の松田聖子と結婚、離婚。子は神田沙也加。

続きを読む


高橋一生
高橋一生(たかはし いっせい)は、日本の俳優。子役出身で幼少期からテレビ、映画、舞台で活躍。2017年にドラマで準主役級の役どころで相次いで出演。2017上半期ブレイク俳優として注目を集めます。

続きを読む


榎木孝明
榎木孝明(えのき たかあき)は、日本の俳優、水彩画家。NHK朝の連続小説『ロマンス』で主演でテレビデビュー。『浅見光彦シリーズ』で主役の浅見光彦役は当たり役と評されます。

続きを読む


佐藤B作
佐藤B作(さとう ビーさく)は、日本の俳優。劇団東京ヴォードヴィルショーを結成。その後、萩本欽一の「週刊欽曜日」にレギュラー出演。コントを繰り広げ、全国的な人気を得ます。

続きを読む


森本レオ
森本レオ(もりもと レオ)は、日本の俳優、ナレーター、タレント。「脱力系」の芸能人の代表格として挙げられる人物。ダチョウ倶楽部の肥後克広のモノマネレパートリーの1人としても有名。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ