1,114 views

小説家・京極夏彦の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 京極夏彦

記事公開日:2018年11月14日
最終更新日:2020年08月20日

京極夏彦
→ 画像検索はこちら

京極夏彦(きょうごく なつひこ)は、日本の小説家、妖怪研究家。

柳田国男,水木しげるの影響で妖怪研究に没頭。

1994年に『姑獲鳥の夏』でデビュー。代表作に『百鬼夜行シリーズ』、『巷説百物語シリーズ』など。

このページでは、京極夏彦(きょうごく なつひこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

京極夏彦の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1963年3月26日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin252です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 黄色い星 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin9
絶対反対kin kin122

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

ひとことでいえばKin252の誕生日占いは、運が強く、思ったことが叶いやすいタイプです。こだわりが強いです。繰り返しの感覚にとらわれたら、改めて見通しを立てる。

広告

京極夏彦の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

北海道小樽市で生まれます。
高校を卒業するまで北海道で過ごします。

上京

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.3.26~ 18 62 10 白い風 赤い空歩く人
1982.3.26~ 19 167 11 青い手 赤い地球
1983.3.26~ 20 12 12 黄色い人 赤い竜
北海道の高校を卒業し上京。専修学校の桑沢デザイン研究所に進学しますが中退。
広告代理店に勤務しますが体調不良で退職。その後、知り合いと小さなデザイン会社を設立します。

ウェブスペルの色が赤色の後半に上京。
赤色の最後付近に小さなデザイン会社を設立します。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.3.26~ 29 177 8 赤い地球 白い犬
1993.3.26~ 30 22 9 白い風 白い魔法使い
1994.3.26~ 31 127 10 青い手 白い鏡
バブルがはじけ不景気で仕事があまりない時期に同僚より早く帰るのが後ろめたかったので終業時まで執筆活動。小説『姑獲鳥の夏』を書きあげます。
1994年に講談社ノベルスの編集部に小説『姑獲鳥の夏』を送ります。読んだ編集者は「著名な作家が編集部のリテラシーを試しているイタズラでは」と感じるほど完成度が高く、すぐに講談社ノベルスとしての発売が決定します。

ウェブスペルの色が白色の後半に『姑獲鳥の夏』でデビュー。

執筆依頼が舞い込む

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.3.26~ 32 232 11 黄色い人 白い風
1996.3.26~ 33 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
1997.3.26~ 34 182 13 白い風 白い犬
1995年に『狂骨の夢』を発売。プロフィール等が解禁され、集英社・中央公論社・新潮社と続々と執筆依頼が舞い込みます。
この時期まで自分の会社に対して作家活動しているのを話してませんでしたが『狂骨の夢』以降、執筆依頼が殺到し会社は一旦退職。
後に会社の外部スタッフとして仕事も継続することとなります。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に次々と執筆依頼が舞い込みます。

声優・俳優活動

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.3.26~ 35 27 1 青い手 青い手
1999.3.26~ 36 132 2 黄色い人 青い猿
2000.3.26~ 37 237 3 赤い地球 青い鷲
自作のアニメ化や映像化に際し声優や俳優として出演します。
自作以外でも師匠と崇める水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」や「金田一少年の事件簿」に出演。

ウェブスペルの色が青色の始めころから声優や俳優としても活動します。

文学賞受賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.3.26~ 39 187 5 青い手 青い夜
2003.3.26~ 40 32 6 黄色い人 青い手
2002年に『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞受賞、
2003年に『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞受賞。

ウェブスペルの色が青色の半ばに『後巷説百物語』で直木賞を受賞

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.3.26~ 55 47 8 青い手 黄色い太陽
2019.3.26~ 56 152 9 黄色い人 黄色の種
2020.3.26~ 57 257 10 赤い地球 黄色い星
京極夏彦の現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
57才の時はKin257。姿・形を整えることにより宇宙の力とシンクロを得ることのできる年です。

  • 音10は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にしたりプロデュースやアドバイザーに向いています。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。

先を争わず控えめに。道は開かれる。

京極夏彦のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の後半に上京。
赤色の最後付近に小さなデザイン会社を設立します。
白色の後半に『姑獲鳥の夏』でデビュー。
白色の最後付近に次々と執筆依頼が舞い込みます。
青色の始めころから声優や俳優としても活動します。
青色の半ばに『後巷説百物語』で直木賞を受賞


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

来生たかお
来生たかお(きすぎ たかお)、日本のシンガーソングライター、作曲家。歌手活動と同時に、姉・来生えつことのコンビを主軸に作曲家としても活動。「セーラー服と機関銃」「セカンド・ラブ」などが代表曲。

続きを読む


大倉喜七郎
大倉喜七郎(おおくら きしちろう)は、日本の実業家。大倉財閥2代目総帥。戦後の公職追放、財閥解体などの難局に直面しながらも、日本のホテル業に大きな足跡を残しました。

続きを読む


鈴木宗男
鈴木宗男(すずき むねお)は、日本の政治家。第2次橋本内閣改造内閣で北海道・沖縄開発庁長官に就任し初入閣。ムネオハウスの疑惑を発端として数々の疑惑で失脚。その後、新党大地を結党し衆議院議員に返り咲き。

続きを読む


松山千春
松山千春(まつやま ちはる)は、日本の歌手。北海道出身。代表曲に「大空と大地の中で」「季節の中で」「長い夜」「君を忘れない」などあります。

続きを読む


トーマス・ジェファーソン
トーマス・ジェファーソンは、アメリカの政治家。第3代アメリカ合衆国大統領。「アメリカ独立宣言」の起草者のひとり。バージニア大学の創設者。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin252)

杉村太蔵
杉村太蔵(すぎむら たいぞう)は、日本のタレント、政治家、大学院生。2005年の郵政解散選挙で比例より出馬し当選。衆議院議員を1期務めました。

続きを読む


キング牧師
マーティン・ルーサー・キング・ジュニアはアメリカの牧師。キング牧師の名で知られています。黒人の差別問題に取り組みます。

続きを読む


桂小枝
桂小枝(かつら こえだ)は日本の落語家、タレント、スタイリスト。25年間探偵ナイトスクープの探偵を務め、小ネタ集、パラダイス紹介などで人気を獲得。

続きを読む


藤岡弘、
藤岡弘、(ふじおか ひろし)は、剣豪・俳優・タレント・国際武道家。『仮面ライダー』で一躍人気俳優となる。2002年に川口浩の後任として『藤岡弘、探検シリーズ』が開始される

続きを読む


江川卓
江川卓(えがわ すぐる)は、元プロ野球選手、野球解説者、タレント。高校時代より様々な記録を作り「怪物江川」と呼ばれます。法政大学を卒業後の1980年代の日本プロ野球を代表するエースとして活躍。

続きを読む


関連記事 (作家)

永六輔
永六輔(えい ろくすけ)は、放送作家・エッセイスト、作詞家。多彩な活躍ぶりで歴史に名を残します。作詞家としても知られ、「こんにちは赤ちゃん」「上を向いて歩こう」などの作品を残しました。

続きを読む


吉川英治
吉川英治(よしかわ えいじ)は、日本の小説家。『宮本武蔵』は広範囲な読者を獲得し、大衆小説の代表的な作品となった。

続きを読む


堺屋太一
堺屋太一(さかいや たいち)は、日本の小説家・作家、評論家。通産省で大阪万博や沖縄海洋博覧会の企画に参加。通産省在籍中に作家として活動。大河ドラマの原作となった峠の群像、秀吉など歴史小説も数多く執筆。

続きを読む


太宰治
太宰治さんは、昭和初期に活躍した小説家です。青森の豪農の子として生まれ乳母に育てられ、4度にわたる自殺未遂を繰り返します。主な作品に走れメロス、津軽、、斜陽、人間失格などがあります。

続きを読む


石井ふく子
石井ふく子(いしい ふくこ)は、テレビプロデューサー。TBSでプロデューサーとして活躍。TBS退社後もフリーランスプロデューサーとしてTBSドラマの黄金時代を支えます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事