526 views

小説家・小泉八雲の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 小泉八雲

記事公開日:2018年11月04日
最終更新日:2019年03月20日

小泉八雲
出典:wikipedia.org 1889年頃

小泉八雲(こいずみ やくも)は、ギリシャ生まれの新聞記者(探訪記者)、小説家、日本研究家。

アメリカの出版社の通信員として来日後に日本人の小泉セツと結婚し日本に帰化。
日本で英語教師を務める一方、日本各地に伝わる伝説、幽霊話などに独自の解釈を加えまとめた『怪談』を出版。

このページでは小泉八雲の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

小泉八雲の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1850年6月27日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin180です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い太陽 白い犬 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い犬
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い竜
以てるもの同士の類似kin 青い嵐
鏡の向こうのもう一人の自分 kin81
絶対反対kin kin50

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

ひとことでいえばKin180の誕生日占いは、多くの才能に恵まれているタイプです。内面を満たそう。体裁を整える前に中身を充実すること。

広告

小泉八雲の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

ギリシャでイギリス人の父とギリシャ人の母の間に生まれます。本名はパトリック・ラフカディオ・ハーン。
2才の時にイギリスに移り、イギリスとフランスでカトリックの教育を受けます。

ヨーロッパ時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1865.6.27~ 15 195 13 青い鷲 青い夜
1866.6.27~ 16 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
1869.6.27~ 19 95 4 青い鷲 黄色い人
1865年に回転ブランコで遊んでいる時にロープの結び目が左目に当たって失明してしまいます。
1866年に父母に変わり養育してくれていた大叔母が破産。
1869年に単身アメリカへ移民します。

ウェブスペルの色が青色の最後の年に左目を失明
黄色の始めころに大叔母が破産し失意のままアメリカへ移民します。

アメリカ時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1874.6.27~ 24 100 9 黄色い太陽 黄色い人
1877.6.27~ 27 155 12 青い鷲 黄色の種
1884.6.27~ 34 110 6 白い犬 赤い蛇
アメリカでは貧困生活を経験。その後、1874年にオハイオ州シンシナティの新聞記者に採用。
ジャーナリストとして認められるようになります。1877年にルイジアナ州ニューオーリンズへ移住。
1884年にニューオリンズで開催された万国博覧会の会場で農商務省官僚の服部一三と後に三共を創設する高峰譲吉と出会います。

ウェブスペルの色が黄色の後半に新聞記者に採用されジャーナリストとして認められるようになります。
赤色の半ばに万国博覧会の会場で日本人と知り合います。

日本へ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1890.6.27~ 40 220 12 黄色い太陽 赤い月
1891.6.27~ 41 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
1892.6.27~ 42 170 1 白い犬 白い犬
万博で出会った日本文化、英訳された「古事記」を読み日本へ行くことを決意し1890年に日本へ行きます。
アメリカで知り合った服部一三の斡旋で松江市にある島根県尋常中学校の英語教師になります。
1891年に小泉セツと結婚。三男一女に恵まれます。
同年、熊本市の第五高等学校の英語教師に赴任。学校の校長は嘉納治五郎でした。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に日本へ行きます。翌年、小泉セツと結婚。

東京へ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1894.6.27~ 44 120 3 黄色い太陽 白い鏡
1896.6.27~ 46 70 5 白い犬 白い世界の橋渡し
1897.6.27~ 47 175 6 青い鷲 白い犬
1894年に神戸市のジャパンクロニクル社に就職、神戸に転居。
1896年に東京帝国大学の英文学講師に就職。日本に帰化し「小泉八雲」と名乗ります。東京へ転居。

ウェブスペルの色が白色の半ばに東京帝国大学の英文学講師に就職。日本に帰化し小泉八雲と名乗ります。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1902.6.27~ 52 180 11 黄色い太陽 白い犬
1903.6.27~ 53 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
1904.6.27~ 54 130 13 白い犬 白い鏡
『雨月物語』『今昔物語』などの再話を欧米に紹介。再話とは昔からの物語や伝説・民話などをわかりやすく書き直すことです。
1904年に出版された『怪談』は妻の節子から聞いた日本各地に伝わる伝説、幽霊話などの再話で「耳無芳一の話」や「雪女」など17話が収録されます。

1903年に東京帝国大学を解任。後任は夏目漱石です。
東京帝国大学では学生の信望が厚く、解任のときは激しい留任運動が起きたそうです。

1904年3月より早稲田大学の講師を務めます。
1904年9月26日に狭心症で死去。

ウェブスペルの色が白色の最後の年に亡くなりました。

小泉八雲のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の最後の年に左目を失明
黄色の始めころに大叔母が破産し失意のままアメリカへ移民します。
黄色の後半に新聞記者に採用されジャーナリストとして認められるようになります。
赤色の半ばに万国博覧会の会場で日本人と知り合います。
赤色の最後付近に日本へ行きます。翌年、小泉セツと結婚。
白色の半ばに東京帝国大学の英文学講師に就職。日本に帰化し小泉八雲と名乗ります。
白色の最後の年に亡くなりました。

日本では学校教育の傍ら14年間に13冊の本を書きました。
1904年の著作・日本―一つの解明『Japan-An Attempt at Interpretation』は、太平洋戦争中、アメリカ合衆国の対日本心理戦に重要な役割を果たしたとされます。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

円広志
円広志(まどか ひろし)は、日本のシンガーソングライター、タレント、作曲家。自ら歌った『夢想花』がロングヒット。森昌子の『越冬つばめ』の作曲家。関西製作のバラエティに多く出演。

続きを読む


滝沢秀明
滝沢秀明(たきざわ ひであき)は、日本の演出家、実業家。愛称はタッキー。亡くなったジャニー喜多川の意思を継ぎ新人育成やプロデュースに専念。芸能活動を引退する前は歌手、俳優、タレントとして活動。

続きを読む


谷村新司
谷村新司(たにむら しんじ)は、日本のシンガーソングライター、タレント。堀内孝雄、矢沢透とアリスとして活動。解散後にはソロ活動。代表曲に、「昴 -すばる-」、「三都物語」など。

続きを読む


YOU
YOU(ゆう)は、日本の女優、歌手、タレント、モデル、エッセイスト。モデル、音楽(バンド)活動を経て、女優やバラエティタレントとしてテレビや映画、CM出演、雑誌のエッセイ連載など幅広く活躍。

続きを読む


雪村いづみ
雪村いづみ(ゆきむら いづみ)は、日本の歌手、女優、画家。太平洋戦争後に美空ひばり,江利チエミとともに「3人娘」と呼ばれ大衆的に大人気を得た。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin180)

芳村真理
芳村真理(よしむら まり)は、女優、タレント、司会者。1980年代の大型番組の司会を長年にわたり務め、大物女性司会者として活躍しました。

続きを読む


中村玉緒
中村玉緒(なかむらたまお)は、日本の女優、タレント。歌舞伎界の名門の出身。夫は勝新太郎。テレビドラマの脇役として評価を得、1990年代からバラエティ番組やテレビCMに出演するようなります。

続きを読む


若槻千夏
若槻千夏(わかつき ちなつ)は、日本のバラエティタレント、元グラビアアイドル。渋谷でスカウトされグラビアにデビュー。その後、バラエティタレントとして活躍します。

続きを読む


相葉雅紀
相葉雅紀(あいば まさき)は、歌手、俳優、タレント、司会者であり、男性アイドルグループ・嵐のメンバー。

続きを読む


今村昌平
今村昌平(いまむら しょうへい)は、日本の映画監督、脚本家。カンヌ国際映画祭で2度のグランプリを受賞した日本を代表する映画監督の一人。日本映画学校(現・日本映画大学)の創設者。

続きを読む


関連記事 (作家)

堺屋太一
堺屋太一(さかいや たいち)は、日本の小説家・作家、評論家。通産省で大阪万博や沖縄海洋博覧会の企画に参加。通産省在籍中に作家として活動。大河ドラマの原作となった峠の群像、秀吉など歴史小説も数多く執筆。

続きを読む


島田洋七
島田洋七(しまだ ようしち)は、日本の漫才師、タレント、作家。漫才コンビB&Bのひとり。1980年代に漫才ブームのトップに君臨した一人。月収1億円の時代から人気急降下。2000年代はベストセラー作家。

続きを読む


小林多喜二
小林多喜二(こばやし たきじ)は、日本のプロレタリア文学の代表的な作家、小説家。代表作に「蟹工船」などあります。29才の若さで壮絶な尋問を受け亡くなりました。

続きを読む


阿川佐和子
阿川佐和子(あがわ さわこ)は、日本のエッセイスト、タレント。2012年のエッセイ『聞く力』はベストセラー、2017年5月9日に元大学教授と結婚しました。

続きを読む


池井戸潤
池井戸潤は、日本の小説家。1998年に果つる底なきで江戸川乱歩賞受賞し小説家デビュー。半沢直樹、ルーズヴェルト・ゲーム、下町ロケットと作品が映像化されることが多い作家です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事