400 views

文学座附属演劇研究所の一期生・寺田農の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 寺田農

記事公開日:2021年12月09日
最終更新日:2022年05月31日

寺田農
→ 画像検索はこちら

寺田農(てらだ みのり)は、日本の俳優、声優。

文学座附属演劇研究所の一期生。映画『肉弾』で主演。毎日映画コンクール男優主演賞を受賞。
数多くの大河ドラマに出演。2008年より東海大学文学部特任教授。

このページでは、寺田農(てらだ みのり)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

寺田農(てらだ みのり)の誕生日占い

生年月日:1942年11月7日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin93(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識)ウェブスペル(潜在意識)銀河の音
赤い空歩く人黄色い人音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin赤い蛇
互いに学びあう 反対kin青い夜
互いに秘かれあう 神秘kin黄色い星
以てるもの同士の類似kin白い世界の橋渡し
鏡の向こうのもう一人の自分kin168
絶対反対kinkin223

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin93の誕生日占いは、挑戦意欲にあふれているタイプです。誠意と努力の人です。誠心誠意生きなさい。

広告

寺田農(てらだ みのり)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都出身。
洋画家の父・寺田政明の長男として生まれます。

文学座一期生

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1960.11.7~181637青い夜赤い地球
1961.11.7~1988黄色い星赤い竜
1962.11.7~201139赤い空歩く人赤い蛇
1961年に文学座附属演劇研究所に第一期生として入所。同期に橋爪功や樹木希林などいます。
早稲田大学に進学していましたが後に中退。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに文学座附属演劇研究所に第一期生として入所。

デビュー

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1964.11.7~226311青い夜赤い空歩く人
1965.11.7~2316812黄色い星赤い地球
1966.11.7~241313赤い空歩く人赤い竜
1965年に『恐山の女』で映画デビュー
同年、学園ドラマ『青春とはなんだ』にレギュラー出演。東宝青春学園ドラマの先駆け的作品。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に映画デビュー。

主演

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1967.11.7~251181白い鏡白い鏡
1968.11.7~262232青い夜白い風
1969.11.7~27683黄色い星白い世界の橋渡し
1968年に映画『肉弾』で主演。毎日映画コンクール男優主演賞を受賞。
1970年に女優の高橋紀子と結婚。高橋紀子は芸能界から引退。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に映画『肉弾』で主演。毎日映画コンクール男優主演賞を受賞。

大河ドラマ

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1975.11.7~331789白い鏡白い犬
1976.11.7~342310青い夜白い魔法使い
1977.11.7~3512811黄色い星白い鏡
1976年に大河ドラマ『風と雲と虹と』に出演。これが初の大河ドラマ出演。大河ドラマには2021年現在まで11作品に出演。
1978年に朝の連続ドラマ『おていちゃん』に出演。

ウェブスペルの色が白色の後半に『風と雲と虹と』で初の大河ドラマ出演。以後、数多くの大河ドラマに出演。

天空の城ラピュタ

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1985.11.7~431886黄色い星青い夜
1986.11.7~44337赤い空歩く人青い手
1987.11.7~451388白い鏡青い猿
1985年に映画『ラブホテル』でヨコハマ映画祭主演男優賞を受賞。
1986年に宮崎駿監督のアニメ映画『天空の城ラピュタ』でムスカの声優。ムスカはこの映画のラスボス的人物。

悪役に関しては、ドラマ、特撮、アニメどれに関しても高い評価。2時間ドラマでの悪役(医者、政治家等)は、はまり役。

ウェブスペルの色が青色の半ばに『天空の城ラピュタ』でムスカの声優を担当。

東海大学文学部特任教授

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2006.11.7~64531赤い空歩く人赤い空歩く人
2008.11.7~6633青い夜赤い竜
2011.11.7~69586白い鏡赤い空歩く人
2006年に高橋紀子と離婚。
2008年に東海大学文学部特任教授に就任。
2011年に一般女性と再婚。
2012年に再婚前に内縁だった女性から婚約不履行を理由に東京地方裁判所に提訴。後に和解。

ウェブスペルの色が赤色の前半に東海大学文学部特任教授に就任。

そして現在

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2020.11.7~782232青い夜白い風
2021.11.7~79683黄色い星白い世界の橋渡し
2022.11.7~801734赤い空歩く人白い犬
寺田農(てらだ みのり)の現在は、ウェブスペルの色が白色の始まり付近に当たります。
79才の時はKin68。多くの興味を持ちそれを楽しむことの出来る年です。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

下積みが日の目を見る。コミュニケーションが大事。

寺田農(てらだ みのり)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の半ばに文学座附属演劇研究所に第一期生として入所。
赤色の最後付近に映画デビュー。
白色の始めの年に映画『肉弾』で主演。毎日映画コンクール男優主演賞を受賞。
白色の後半に『風と雲と虹と』で初の大河ドラマ出演。以後、数多くの大河ドラマに出演。
青色の半ばに『天空の城ラピュタ』でムスカの声優を担当。
2度目の赤色の前半に東海大学文学部特任教授に就任。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

Ado(アド)
Ado(アド)は、日本の女性歌手。「うっせぇわ」でメジャーデビュー。「うっせぇわ」は「新語・流行語大賞」の年間トップテンに選出。映画『ONE PIECE FILM RED』でウタの歌唱キャストを担当。

続きを読む


藤原さくら
藤原さくら(ふじわら さくら)は、日本のシンガーソングライター、俳優。父の影響からギターを始めます。スカウトされ芸能事務所アミューズと育成契約。その後、メジャーデビュー、女優デビュー、自身初の他ミュージシャンへの楽曲提供。

続きを読む


西野七瀬
西野七瀬(にしの ななせ)は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。乃木坂46の元メンバー。乃木坂46ではグループ最多となる7度センターに抜擢。ソロ写真集『風を着替えて』は発行部数20万部を突破。auのCM「意識高すぎ!高杉くん」で貯杉先生として登場。

続きを読む


滝沢沙織
滝沢沙織(たきざわ さおり)は、日本の女優。ユニチカ水着キャンペーンガールに選出されデビュー。モデルとして活動後女優に転身。連続テレビドラマに23クール連続でレギュラー出演した記録を持ちます。

続きを読む


マリ・キュリー
マリ・キュリーは、ポーランド出身の物理学者・化学者。キュリー夫人の名で有名。ラジウム、ポロニウムの発見および放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞と2度ノーベル賞を受賞。ノーベル賞を2度受賞した人物はマリ・キュリーが初。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin093)

林真理子
林真理子(はやし まりこ)は、日本の小説家、エッセイスト。コピーライターを経てエッセイストとしてデビュー。「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞を受賞。

続きを読む


加藤一二三
加藤一二三(かとう ひふみ)は将棋棋士。幅広い層から「ひふみん」の愛称で親しまれます。14歳7ヶ月で棋士になり、以降棋士として活躍。2017年6月に現役を引退、引退後はタレント活動も行っています。

続きを読む


鈴木三郎助
鈴木三郎助(すずき さぶろうすけ)は、日本の実業家、味の素の創設者。

続きを読む


大川平三郎
大川平三郎(おおかわ へいざぶろう)は、日本の実業家。明治から昭和初期に活躍。渋沢栄一の書生から身を起こし様々な製紙会社を経営し「日本の製紙王」と呼ばれ「大川財閥」を築いた人物です。

続きを読む


原富太郎
原富太郎(はら とみたろう)は、実業家、美術品収集家。別名は三溪。横浜を拠点に絹の貿易により富を築きます。横浜本牧に三溪園を作り、京都や鎌倉の古建築の建物を移築。

続きを読む


関連記事 (俳優)

藤原竜也
藤原竜也(ふじわら たつや)は、日本の俳優。蜷川幸雄演出の舞台の新人オーディションでグランプリを獲得してデビュー。舞台、映画、ドラマと多方面で活躍する実力派俳優です。

続きを読む


あおい輝彦
あおい輝彦(あおい てるひこ)は、日本の俳優、歌手、声優。『ジャニーズ』のメンバーとして芸能界デビュー。その後、俳優に転身。ドラマ『水戸黄門』で佐々木助三郎役を13年に渡り務めました。

続きを読む


田辺誠一と大塚寧々
田辺誠一と大塚寧々は、2002年に結婚した夫婦です。大塚寧々が離婚したあとに田辺誠一からアタックが始まり交際開始。およそ1年で結婚に至ります。

続きを読む


石丸幹二
石丸幹二(いしまる かんじ)は、日本の俳優、歌手、司会者。劇団四季に17年在籍。ミュージカルとストレートプレイの両方で看板俳優として活動。退団後は舞台はもとよりテレビドラマや映画、歌手にも進出。

続きを読む


玉森裕太
玉森裕太(たまもり ゆうた)は、日本の歌手、俳優、タレント。アイドルグループ・キスマイのメンバー。『ごくせん THE MOVIE』で初の映画出演。ドラマ『信長のシェフ』で初の単独主演。『リバース』『グランメゾン東京』で助演男優賞を受賞。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ