350 views

日本画壇の巨匠・横山大観の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 横山大観

横山大観
出典:wikipedia.org

横山大観(よこやま たいかん)は、美術家、日本画家。

近代日本画壇の巨匠であり朦朧体(もうろうたい)という描絵手法を確立させた。

このページでは横山大観の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 板画家・棟方志功の誕生日占いと人生

横山大観の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1868年11月2日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin118です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 白い鏡 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い鏡
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin143
絶対反対kin kin248

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin118の誕生日占いは、どんな状況でも自分を突き通すことが期待できるタイプです。変化に身を任せよう。頭の切り替えが大事。

広告

横山大観の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

常陸国水戸で水戸藩士・酒井捨彦の長男として生まれます。初名は酒井秀麿。
10才の時に家族で上京します。

東京美術学校

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1886.11.2~ 18 188 6 黄色い星 青い夜
1887.11.2~ 19 33 7 赤い空歩く人 青い手
1888.11.2~ 20 138 8 白い鏡 青い猿
1888年に母方の縁戚である横山家の養子になり横山秀麿となります。
1898年に東京美術学校に第1期生として入学します。
父は画家になるのに反対。学費や生活費はアルバイトで工面します。

ウェブスペルの色が青色の半ばに父の反対を振り切り東京美術学校に入学します。

横山大観

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1892.11.2~ 24 38 12 白い鏡 青い手
1893.11.2~ 25 143 13 青い夜 青い猿
1894.11.2~ 26 248 1 黄色い星 黄色い星
1895.11.2~ 27 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
1896.11.2~ 28 198 3 白い鏡 黄色い戦士
1893年に東京美術学校を卒業後、京都に移り仏画の研究を始め、京都市立美術工芸学校予備科教員となります。
このころから横山大観と名乗ります。
1896年に東京美術学校の助教授に就任

ウェブスペルの色が青色の最期付近から仏画の研究を始め、このころから横山大観と名乗ります。
黄色の始め頃に母校の東京美術学校の助教授に就任します。就任した年から4年に3度の黒Kinが現れています。

日本美術院

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1897.11.2~ 29 43 4 青い夜 黄色い太陽
1898.11.2~ 30 148 5 黄色い星 黄色の種
1898年に東京美術学校の校長・岡倉天心の排斥運動が起き辞任。横山大観ら14人も続いて辞職した。
岡倉天心は日本美術院を設立。横山大観らも参加し私財を投入して設立運営に奔走します。

ウェブスペルの色が黄色の前半に日本美術院の設立に参加します。

海外での高い評価

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1902.11.2~ 34 48 9 黄色い星 黄色い太陽
1903.11.2~ 35 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
1904.11.2~ 36 258 11 白い鏡 黄色い星
1905.11.2~ 37 103 12 青い夜 黄色い人
1906.11.2~ 38 208 13 黄色い星 黄色い戦士
日本美術院の活動の中で、西洋画の画法を取り入れた新たな画風の研究を重ね次々に作品を発表していきます。

1903年にインド訪問。
1904年にニューヨーク、1905年にロンドンで展覧会を開き、高い評価を得ます。

海外での高い評価を受け、1907年から始まった文部省美術展覧会(文展)の審査員を務めます。
1913年から活動が途絶えていた日本美術院の再興をします。

ウェブスペルの色が黄色の後半から次々に作品を発表していきます。
作品は海外で高く評価され、黄色の最後の年に文部省美術展覧会の審査員を務めます。

横山大観の作品には国の重要文化財に指定された作品が2点あります。

1912年、『蕭湘八景』。東京国立博物館蔵
1923年、『生々流転』。東京国立近代美術館蔵

切手になったデザインは3点あり、霊峰飛鶴が有名です。
1897年、『無我』
1929年、『夜桜』
1953年、『霊峰飛鶴』

日本画壇の重鎮

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1933.11.2~ 65 183 1 青い夜 青い夜
1934.11.2~ 66 28 2 黄色い星 青い手
1935.11.2~ 67 133 3 赤い空歩く人 青い猿
1936.11.2~ 68 238 4 白い鏡 青い鷲
以後、横山大観は日本画壇の重鎮となります。

1934年に朝日文化賞を受賞します。
1935年に帝国美術院会員となります。
1937年にこの年制定された第1回文化勲章の受章者。同年、帝国芸術院会員となった。

ウェブスペルの色が青色の始めの年には横山大観は日本画壇の重鎮となり、様々な賞を受賞します。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1950.11.2~ 82 148 5 黄色い星 黄色の種
1951.11.2~ 83 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
1957.11.2~ 89 103 12 青い夜 黄色い人
戦後、1951年に日本美術院会員を辞任、同年に文化功労者となります。
1958年2月26日に亡くなりました。
永年に渡る日本美術発展への貢献により正三位に叙せられ、勲一等旭日大綬章を贈られました。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に亡くなりました。

横山大観のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の半ばに父の反対を振り切り東京美術学校に入学します。
青色の最期付近から仏画の研究を始め、このころから横山大観と名乗ります。
黄色の始め頃に母校の東京美術学校の助教授に就任します。
黄色の前半に東京美術学校を辞め、日本美術院の設立に参加します。
黄色の後半から次々に作品を発表し海外で高く評価されます。
黄色の最後の年に文部省美術展覧会の審査員を務めます。
2度目の青色の始めの年には横山大観は日本画壇の重鎮となり、様々な賞を受賞します。
2度目の黄色の最後付近に亡くなりました。

横山大観の脳は現在もアルコール漬けにされた状態で東京大学医学部に保管されているそうです。


参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

ダグラス・マッカーサー
ダグラス・マッカーサーは、アメリカの軍人、陸軍元帥。連合国軍最高司令官を務めた人物です。1950年まで日本占領の最高権力者として多くの占領政策を施行しました。

続きを読む


相田みつを
相田みつを(あいだ みつを)は、日本の詩人・書家です。平易な詩を独特の書体で書いた作品で知られます。書の詩人、いのちの詩人とも称されます。詩集『にんげんだもの』が有名です。

続きを読む


美川憲一
美川憲一(みかわ けんいち)は、演歌歌手、俳優、タレント、シャンソン歌手です。デビュー後に紅白歌合戦に7回連続出場。しかし大麻取締法違反で逮捕、以降仕事が激減。その後再起し奇跡の復活を遂げます。

続きを読む


アンネ・フランク
アンネ・フランクは、ユダヤ系ドイツ人の少女です。『アンネの日記』の著者として知られています。

続きを読む


サン=テグジュペリ
サン=テグジュペリは、フランスの作家、操縦士。著書『星の王子さま』は自身で描いた素朴な挿絵も含め世界各国で長く愛読された作品。世界で1億5000万部を突破。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin118)

森高千里
森高千里(もりたか ちさと)は、日本の歌手・音楽家、タレント。1987年デビュー。GiRLPOPと呼ばれる、個性的な女性歌手を全面的に打ち出した音楽ジャンルの創始者として知られている。

続きを読む


大江健三郎
大江健三郎(おおえ けんざぶろう)は、日本の小説家であり、日本で2人目のノーベル文学賞の受賞者です。

続きを読む


関連記事 (芸術家)

ゴッホ
ゴッホはオランダ生まれの画家。主要作品の多くは1886年以降のフランス居住時代に製作された。感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派を代表する画家。

続きを読む


安藤忠雄
安藤忠雄(あんどう ただお)は、建築家。コンクリート打ち放しと幾何学的なフォルムによる独自の表現を確立し、世界的な評価を得る。1990年代以降、公共建築、美術館建築の仕事を行う。

続きを読む


棟方志功
棟方志功(むなかた しこう)は、青森県出身の板画家。20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人。版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けました。

続きを読む


岡本太郎
岡本太郎さんは、日本の芸術家。少年期にフランスで過ごし、第二次世界大戦後に日本で積極的に絵画・立体作品を制作。大阪の万国博覧会では太陽の塔を製作しました。

続きを読む


山下清
山下 清さんは、日本中を放浪していたことで知られている画家です。「裸の大将」「日本のゴッホ」などと世の人々から親しまれました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事