261 views

映画監督・今村昌平の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 今村昌平

記事公開日:2018年11月03日
最終更新日:2019年03月19日

今村昌平
出典:wikipedia.org 1963年

今村昌平(いまむら しょうへい)は、日本の映画監督、脚本家。

カンヌ国際映画祭で2度のグランプリを受賞した日本を代表する映画監督の一人。
日本映画学校(現・日本映画大学)の創設者。

このページでは今村昌平の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

今村昌平の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1926年9月15日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin180です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い太陽 白い犬 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い犬
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い竜
以てるもの同士の類似kin 青い嵐
鏡の向こうのもう一人の自分 kin81
絶対反対kin kin50

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

ひとことでいえばKin180の誕生日占いは、多くの才能に恵まれているタイプです。内面を満たそう。体裁を整える前に中身を充実すること。

広告

今村昌平の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京の大塚で耳鼻咽喉科を営む家に三男一女の三男として生まれます。

松竹大船撮影所

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1944.9.15~ 18 250 3 白い犬 黄色い星
1950.9.15~ 24 100 9 黄色い太陽 黄色い人
1951.9.15~ 25 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
1944年に現・筑波大学附属中学校・高等学校を卒業。
徴兵を避けるために現・群馬大学工学部に進学。終戦後に退学し早稲田大学へ進学。
早稲田大学在学中に映画監督を志し、黒澤明に付こうとしたが東宝は助監督募集をしていなかった。
1951年に早稲田大学を卒業後に松竹大船撮影所に入社。助監督の公募、2000人中8人という難関を突破しての合格でした。

ウェブスペルの色が黄色の後半に松竹大船撮影所へ助監督として入社します。

日活へ移籍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1952.9.15~ 26 50 11 白い犬 黄色い太陽
1953.9.15~ 27 155 12 青い鷲 黄色の種
1954.9.15~ 28 260 13 黄色い太陽 黄色い星
松竹では主に小津安二郎の助監督を務めます。しかし収入や仕事で不満から1954年に日活へ移籍。
松竹では束縛だらけだったが日活はまったくなく、ギャップに驚いたそうです。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に日活へ移籍。3年連続黒Kinの時でした。

監督デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1957.9.15~ 31 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
1958.9.15~ 32 160 4 黄色い太陽 赤い地球
1959.9.15~ 33 5 5 赤い蛇 赤い竜
1957年に川島雄三監督『幕末太陽傳』や浦山桐郎監督の『キューポラのある街』の脚本を担当。
1958年に『盗まれた欲情』で監督デビュー。
1959年に『にあんちゃん』で文部大臣賞も受賞。今村の名が一般に知られます。

ウェブスペルの色が赤色の前半に監督デビュー。

にっぽん昆虫記

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1963.9.15~ 37 165 9 赤い蛇 赤い地球
1964.9.15~ 38 10 10 白い犬 赤い竜
1965.9.15~ 39 115 11 青い鷲 赤い蛇
1963年に『にっぽん昆虫記』が配給収入3億5千万円と大ヒット。
1964年に『赤い殺意』を最後に日活を退社し今村プロダクションを設立。

ウェブスペルの色が赤色の後半に『にっぽん昆虫記』が大ヒット。翌年日活を退社し今村プロダクションを設立。

神々の深き欲望

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.9.15~ 41 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
1968.9.15~ 42 170 1 白い犬 白い犬
1969.9.15~ 43 15 2 青い鷲 白い魔法使い
今村プロダクションを設立した当時、今村は柳田国男の民俗学に傾倒。
2年がかりで沖縄ロケを行い、1968年に『神々の深き欲望』を発表。各賞を総なめにします。
しかし長期ロケのために2000万円の借金を抱え以後10年間は主にドキュメンタリー作品を手掛けます。

ウェブスペルの色が赤色の最後の年に『神々の深き欲望』を発表し各賞を総なめにします。
白色に入り、借金のために10年程、主にドキュメンタリー作品を手掛けます。

横浜放送映画専門学院

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1974.9.15~ 48 20 7 黄色い太陽 白い魔法使い
1975.9.15~ 49 125 8 赤い蛇 白い鏡
1976.9.15~ 50 230 9 白い犬 白い風
1975年に横浜放送映画専門学院(現:日本映画大学)を開校し、校長・理事長を務めます。
同校では多くの映画監督、脚本家を輩出。タレントのウッチャンナンチャン出川哲郎も卒業生です。

ウェブスペルの色が白色の半ばに横浜放送映画専門学院(現:日本映画大学)を開校

楢山節考

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.9.15~ 53 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
1981.9.15~ 55 235 1 青い鷲 青い鷲
1983.9.15~ 57 185 3 赤い蛇 青い夜
1979年に『復讐するは我にあり』を公開。ヒットし低迷していた映画監督から復帰を果たします。
1981年に『ええじゃないか』を松竹と共同制作。3億円のオープンセットなど莫大な予算を投じたが失敗作に終わった。
1983年に東映との共同製作で『楢山節考』を公開。カンヌ国際映画祭の最高賞(パルム・ドール)を受賞。受賞効果もあり12億円を稼ぐヒットとなった。

ウェブスペルの色が青色の前半に『楢山節考』でカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。

うなぎ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.9.15~ 61 85 7 赤い蛇 青い嵐
1989.9.15~ 63 35 9 青い鷲 青い手
1997.9.15~ 71 95 4 青い鷲 黄色い人
『楢山節考』の成功により1987年に『女衒 ZEGEN』、1989年に『黒い雨』を発表。しかしヒットしなかった。
『黒い雨』の後、7年の沈黙の末、1997年に『うなぎ』で2度目のカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。

ウェブスペルの色が黄色の前半に『うなぎ』で2度目のカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.9.15~ 79 155 12 青い鷲 黄色の種
1998年に『カンゾー先生』、2001年に『赤い橋の下のぬるい水』を発表。
2006年5月30日に79歳で亡くなりました。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に亡くなりました。

今村昌平のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の後半に松竹大船撮影所へ助監督として入社します。
黄色の最後付近に日活へ移籍。3年連続黒Kinの時でした。
赤色の前半に監督デビュー。
赤色の後半に『にっぽん昆虫記』が大ヒット。翌年日活を退社し今村プロダクションを設立。
赤色の最後の年に『神々の深き欲望』を発表し各賞を総なめにします。
白色に入り、借金のために10年程、主にドキュメンタリー作品を手掛けます。
白色の半ばに横浜放送映画専門学院(現:日本映画大学)を開校
青色の前半に『楢山節考』でカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。
2度目の黄色の前半に『うなぎ』で2度目のカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。
2度目の黄色の最後付近に亡くなりました。

今村は総じて女性を肉感的に表現することを好み、多くの作品で女優のヌードシーンが登場しています。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

角川春樹
角川春樹(かどかわ はるき)は、日本の実業家、映画監督、映画プロデューサー、俳人、冒険家。角川書店の元社長。角川映画で一世を風靡。しかしコカイン密輸事件で逮捕され角川書店より退任。

続きを読む


八千草薫
八千草薫(やちぐさ かおる)は、日本の女優。宝塚歌劇団で美貌・清純派の娘役として一時代を風靡。退団後はおっとりとした良妻賢母役でテレビドラマなどで活躍。

続きを読む


藤田ニコル
藤田ニコル(ふじた ニコル)は、日本のファッションモデル、タレント、声優。ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得。年齢を重ね『nicola』『Popteen』『ViVi』と専属モデルを務めます。

続きを読む


パパイヤ鈴木
パパイヤ鈴木(パパイヤ すずき)は、日本のダンサー、振付師、タレント。『パパイヤ鈴木とおやじダンサーズ』を結成。人気を博します。その後『debuya』に出演し、デブタレントとして認知。

続きを読む


小島慶子
小島慶子(こじま けいこ)はタレント、エッセイスト、ラジオパーソナリティ。元TBSアナウンサー。近年はクイズ番組でも活躍しています。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin180)

若槻千夏
若槻千夏(わかつき ちなつ)は、日本のバラエティタレント、元グラビアアイドル。渋谷でスカウトされグラビアにデビュー。その後、バラエティタレントとして活躍します。

続きを読む


相葉雅紀
相葉雅紀(あいば まさき)は、歌手、俳優、タレント、司会者であり、男性アイドルグループ・嵐のメンバー。

続きを読む


小泉八雲
小泉八雲(こいずみ やくも)は、ギリシャ生まれの新聞記者(探訪記者)、小説家、日本研究家。アメリカの出版社の通信員として来日後に日本人の小泉セツと結婚し日本に帰化。著書『怪談』で有名。

続きを読む


中村玉緒
中村玉緒(なかむらたまお)は、日本の女優、タレント。歌舞伎界の名門の出身。夫は勝新太郎。テレビドラマの脇役として評価を得、1990年代からバラエティ番組やテレビCMに出演するようなります。

続きを読む


芳村真理
芳村真理(よしむら まり)は、女優、タレント、司会者。1980年代の大型番組の司会を長年にわたり務め、大物女性司会者として活躍しました。

続きを読む


関連記事 (映画監督)

角川春樹
角川春樹(かどかわ はるき)は、日本の実業家、映画監督、映画プロデューサー、俳人、冒険家。角川書店の元社長。角川映画で一世を風靡。しかしコカイン密輸事件で逮捕され角川書店より退任。

続きを読む


奥田瑛二
奥田瑛二(おくだ えいじ)は、日本の俳優、映画監督、画家。業界屈指の色気を持つ俳優。映画監督としてモントリオール世界映画祭でグランプリ、国際批評家連盟賞、エキュメニック賞の3冠を受賞。

続きを読む


黒澤明
世界のクロサワと呼ばれた「黒澤 明」は映画監督で、1943年に「姿三四郎」で監督デビュー、1954年に発表した「七人の侍」は大ヒットし、多数の映画人に大きな影響を与えました。

続きを読む


チャウ・シンチー
チャウ・シンチー(周星馳)は、香港を代表する映画監督、俳優。監督兼主演作の映画「小林サッカー」が世界的にヒット。香港を代表するスターとなります。2016年に『人魚姫』では世界で1億人超の観客を動員。

続きを読む


市川崑
市川崑(いちかわ こん)は、日本の映画監督、アニメーター。昭和の日本映画黄金期から21世紀初頭まで第一線で映画制作に取り組みます。代表作に『ビルマの竪琴』『炎上』『東京オリンピック』『犬神家の一族』など。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事