2,114 views

映画監督・伊丹十三の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 伊丹十三

記事公開日:2017年09月24日
最終更新日:2020年09月05日

伊丹十三
出典:wikipedia.org

伊丹十三(いたみ じゅうぞう)は映画監督、俳優。

代表作は「マルサの女」や「たんぽぽ」など。

父は映画監督の伊丹万作。妻は女優の宮本信子。義理の弟にノーベル文学賞を受賞した大江健三郎

このページでは、伊丹十三(いたみ じゅうぞう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

伊丹十三の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1933年5月15日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin12です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 赤い竜 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い種
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin249
絶対反対kin kin142

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

ひとことでいえばKin12の誕生日占いは、相手の気持ちを尊重すると自分の能力が磨かれるタイプです。偶然の出会いを生かすことで日常が新鮮になります。

広告

伊丹十三の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

京都で生まれます。2歳の時に後に大江健三郎と結婚する妹ゆかりが誕生します。

学生時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1946.5.15~ 13 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
1950.5.15~ 17 237 3 赤い地球 青い鷲
1953.5.15~ 20 32 6 黄色い人 青い手
1946年に父・伊丹万作が死去。
1950年に愛媛県松山市に転居。愛媛県立松山東高等学校に転入。ここで大江健三郎と親交を結びます。
1954年に20才の時に高校を卒業し上京します。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に父が亡くなります。
青色の前半に松山に引っ越しし高校で大江健三郎と親交を結びます。

商業デザイナー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1954.5.15~ 21 137 7 赤い地球 青い猿
1955.5.15~ 22 242 8 白い風 青い鷲
1956.5.15~ 23 87 9 青い手 青い嵐
上京後、商業デザイナーとなり、車内の吊り広告や目次のデザインなどを手がけます。
この頃山口瞳と出会い生涯にわたる親交を結びます。

ウェブスペルの色が青色の半ばに上京し商業デザイナーになります。

マルチタレント

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1960.5.15~ 27 247 13 青い手 青い鷲
1961.5.15~ 28 92 1 黄色い人 黄色い人
1965.5.15~ 32 252 5 黄色い人 黄色い星
1966.5.15~ 33 97 6 赤い地球 黄色い人
1960年に大映に入社。同年、川喜多和子と結婚、妹と大江が結婚。
1961年に大映を退社。退社後に外国映画に出演し話題となります。
1965年に外国映画に出演したことをまとめたエッセイがヒット。以降、文筆業にも活動の場を広げます。
1966年に川喜多和子と離婚。

ウェブスペルの色が黄色の半ばにエッセイがヒットし文筆業にも活動の場を広げます。

伊丹十三

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.5.15~ 34 202 7 白い風 黄色い戦士
1968.5.15~ 35 47 8 青い手 黄色い太陽
1969.5.15~ 36 152 9 黄色い人 黄色の種
1967年に宮本信子と知り合います。同年「伊丹十三」と改名。
1969年に宮本信子と再婚し2人の子に恵まれます。長男は俳優の池内万作、次男は池内万平。

ウェブスペルの色が黄色の後半に宮本信子と再婚し2人の子に恵まれます。

映画監督への転身

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.5.15~ 51 167 11 青い手 赤い地球
1985.5.15~ 52 12 12 黄色い人 赤い竜
1987.5.15~ 54 222 1 白い風 白い風
1992.5.15~ 59 227 6 青い手 白い風
1984年に「お葬式」で監督デビュー。国内で高い評価を得ます。
「お葬式」は宮本信子の父の葬式がきっかけ思いつきシナリオを1週間で書き上げたそうです。

1985年に売れないラーメン屋を立て直す「タンポポ」
1987年にマルサ(国税局査察部) を描いた「マルサの女」
1992年にヤクザの民事介入暴力を描いた「ミンボーの女」

「ミンボーの女」の公開1週間後、自宅の近くで刃物を持った5人組に襲撃され重傷を負います。犯人はヤクザの組員で懲役刑となります。
伊丹は、「私はくじけない。映画で自由をつらぬく。」と宣言します。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に映画監督としてデビューし高い評価を受けます。

スランプ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1993.5.15~ 60 72 7 黄色い人 白い世界の橋渡し
1994.5.15~ 61 177 8 赤い地球 白い犬
1995.5.15~ 62 22 9 白い風 白い魔法使い
1996.5.15~ 63 127 10 青い手 白い鏡
1993年に癌で余命1年となった男を描いた「大病人」。興業的には失敗に終わります。
「大病人」では映画館のスクリーンを切り裂く事件が起き、脅迫、嫌がらせをうけ、身辺警護を受けます。

1995年に大江健三郎の小説「静かな生活」の映画を公開。しかし興業的には失敗に終わります。

1996年にダメスーパーマーケットを立て直していく「スーパーの女」が大ヒットを記録
1997年に身辺警護の経験を描いた「マルタイの女」

ウェブスペルの色が白色の半ばから映画の興行的に失敗が続きます。
白色の後半に「スーパーの女」が大ヒットを記録します。

突然の死

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.5.15~ 64 232 11 黄色い人 白い風
1997年12月20日、伊丹プロダクションのある東京麻布のマンション下で遺体となって発見されます。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に亡くなりました。

伊丹十三のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の前半に松山に引っ越し、高校で大江健三郎と親交を結びます。
青色の半ばに上京し商業デザイナーになります。
黄色の半ばにエッセイがヒットし文筆業にも活動の場を広げます。
黄色の後半に宮本信子と再婚し2人の子に恵まれます。
赤色の最後付近に映画監督としてデビューし高い評価を受けます。
白色の半ばから映画の興行的に失敗が続きますが、白色の後半に「スーパーの女」が大ヒットを記録します。
白色の最後付近に亡くなりました。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

鈴木梨央
鈴木梨央(すずき りお)は、日本の女優、声優。芦田愛菜に憧れ同じ事務所に入り5歳の時から芸能活動を開始。大河ドラマ『八重の桜』や朝ドラ『あさが来た』ではヒロインの幼少期を演じます。

続きを読む


石原伸晃
石原伸晃(いしはら のぶてる)は、日本の政治家。父は石原慎太郎。叔父は俳優の石原裕次郎。弟はタレントの石原良純。

続きを読む


アンリ・デュナン
アンリ・デュナンは、スイスの実業家。赤十字社を創設。第1回ノーベル平和賞の受賞者。その功績から『赤十字の父』と呼ばれる人物です。

続きを読む


オダギリジョー
オダギリジョーは、日本の俳優、映画監督。代表作に『時効警察』シリーズや『八重の桜』など。2019年には『ある船頭の話』で脚本・監督を担当し長編映画監督デビュー。

続きを読む


麻生久美子
麻生久美子(あそう くみこ)は、日本の女優。『全国女子高生制服コレクション』でグランプリを受賞し芸能界入り。映画『カンゾー先生』で数々の映画賞を受賞し女優としての地位を確立。ドラマ『時効警察』に出演し女優としての新境地を開きます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin012)

丸山桂里奈
丸山桂里奈(まるやま かりな)は、日本の元サッカー選手、タレント。サッカー選手として日本代表に選出。FIFA女子ワールドカップに出場し初優勝に貢献。引退後はタレントに転身。発言で注目を集めます。

続きを読む


藤木直人
藤木直人(ふじき なおひと)は日本の俳優、歌手、ミュージシャン。「ナースのお仕事」、「ホタルノヒカリ」など数々の作品に出演。「おしゃれイズム」のパーソナリティを務めたりするなど幅広く活躍。

続きを読む


森泰吉郎
森泰吉郎(もり たいきちろう)は、日本の実業家、経営史学者。森ビルの創業者です。学者として横浜市立大学商学部長・教授も務めた。

続きを読む


小錦八十吉
小錦八十吉(こにしき やそきち)は、アメリカ・ハワイ出身。東関部屋の元大相撲力士。最高位は大関。現在はKONISHIKI(コニシキ)の芸名でタレント活動を行っています。

続きを読む


池畑慎之介
ピーターこと池畑慎之介(いけはた しんのすけ)は、日本の歌手、俳優、タレント。役者を行うときは池畑慎之介、バラエティー番組の時はピーターと名前を使い分けています。

続きを読む


関連記事 (映画監督)

山田洋次
山田洋次さんは、映画監督、脚本家。映画「男はつらいよ」は大ヒットシリーズとなり48作まで作られ、毎年お盆と暮れの興行は日本人の風物詩、国民的映画とまで言われました。

続きを読む


黒澤明
世界のクロサワと呼ばれた「黒澤 明」は映画監督で、1943年に「姿三四郎」で監督デビュー、1954年に発表した「七人の侍」は大ヒットし、多数の映画人に大きな影響を与えました。

続きを読む


三谷幸喜
三谷幸喜(みたに こうき)は、脚本家、演出家、俳優、映画監督。日本大学在学中から放送作家として活躍。2016年NHK大河ドラマ真田丸の脚本を担当しました。

続きを読む


庵野秀明
庵野秀明(あんの ひであき)は、アニメーター、映画監督、実業家。代表作に『新世紀エヴァンゲリオン』『トップをねらえ!』『ふしぎの海のナディア』などがあります。

続きを読む


高畑勲
高畑勲(たかはた いさお)は、日本の映画監督、アニメーション演出家、プロデューサー、翻訳家。スタジオジブリの長編映画で宮﨑駿と共にその名を知られています。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ