429 views

映画監督・大島渚の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 大島渚

記事公開日:2019年12月19日
最終更新日:2020年05月29日

大島渚
出典:wikipedia.org

大島渚(おおしま なぎさ)は、日本の映画監督、脚本家、演出家。

日仏合作『愛の亡霊』でカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。
『朝まで生テレビ』のレギュラーパネリストで出演しコメンテーターとしても活動。

このページでは、大島渚(おおしま なぎさ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

大島渚の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1932年3月31日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin122です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 白い鏡 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin139
絶対反対kin kin252

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin122の誕生日占いは、事実を伝えるタイプです。霊的なものを受けやすい面もあります。見極めがつかないことはこれから伸びる可能性あり。

広告

大島渚の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

岡山県生まれ。父は農林省の水産学者。瀬戸内海を転々としエビとカニの研究を行います。
大島は「渚」という名を与えられます。

学生時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1938.3.31~ 6 232 11 黄色い人 白い風
1950.3.31~ 18 192 10 黄色い人 青い夜
1951.3.31~ 19 37 11 赤い地球 青い手
6才の時に父が亡くなり、母の実家の京都へ移住。
その後、1950年に京都大学法学部に進学。
大学在学中に京都府学連委員長として学生運動に関わります。
また、在学中に劇団「創造座」を創設・主宰し、演劇活動も行います。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に父が亡くなり京都へ移住。
青色の後半に京都大学に進学。学生運動や演劇活動を行います。

松竹に入社

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1954.3.31~ 22 92 1 黄色い人 黄色い人
1955.3.31~ 23 197 2 赤い地球 黄色い戦士
1956.3.31~ 24 42 3 白い風 黄色い太陽
法学部助手試験を受け不合格。
京都大学を卒業し1954年に松竹に入社。大船撮影所で大庭秀雄や野村芳太郎などの元で助監督を務めます。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に松竹に入社。助監督を務めます。

監督デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1959.3.31~ 27 97 6 赤い地球 黄色い人
1960.3.31~ 28 202 7 白い風 黄色い戦士
1961.3.31~ 29 47 8 青い手 黄色い太陽
1959年に『愛と希望の街』で映画監督としてデビュー。
1960年に『青春残酷物語』や『太陽の墓場』がヒット。松竹ヌーヴェルヴァーグの旗手として知られるようになります。
同年、安保闘争を描いた『日本の夜と霧』を公表するものの4日で松竹により大島に無断で打ち切り。
これに猛抗議し1961年に松竹を退社。映画製作会社「創造社」を設立。

また、1960年に女優の小山明子と結婚。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに映画監督としてデビュー。
黄色の後半に松竹を退社し映画製作会社「創造社」を設立。

テレビに進出

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1962.3.31~ 30 152 9 黄色い人 黄色の種
1963.3.31~ 31 257 10 赤い地球 黄色い星
1964.3.31~ 32 102 11 白い風 黄色い人
1962年よりテレビにも活動範囲を広げます。
1963年にドキュメンタリー『忘れられた皇軍』は話題。
1964年にテレビドラマ『青春の深き渕より』は芸術祭文部大臣賞を受賞。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近よりテレビにも活動範囲を広げテレビドラマ『青春の深き渕より』は芸術祭文部大臣賞を受賞。

創造社

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.3.31~ 35 157 1 赤い地球 赤い地球
1971.3.31~ 39 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
1973.3.31~ 41 7 7 青い手 赤い竜
1960年代後半には『白昼の通り魔』『忍者武芸帳』『絞死刑』『新宿泥棒日記』など政治的・社会的な作品を矢継ぎ早に発表し、国内外での認知度も急速に高まります。
1971年に創造社時代の集大成とも言われる『儀式』を発表。

1973年に創造社を解散。

ウェブスペルの色が赤色に入り、創造社で数々の作品を矢継ぎ早に発表。
赤色の半ばに創造社を解散。

世界に進出

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.3.31~ 43 217 9 赤い地球 赤い月
1976.3.31~ 44 62 10 白い風 赤い空歩く人
1978.3.31~ 46 12 12 黄色い人 赤い竜
1975年に大島渚プロダクションを設立。
1976年に日仏合作『愛のコリーダ』を発表。ハードコア・ポルノとしての性描写が観客や批評家の間で話題。日本では大幅な修正され公開されます。
その後も日本国外資本で映画製作が中心となり、1978年に日仏合作『愛の亡霊』を発表。カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に日仏合作『愛の亡霊』でカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。

朝まで生テレビ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1983.3.31~ 51 17 4 赤い地球 白い魔法使い
1987.3.31~ 55 177 8 赤い地球 白い犬
1988.3.31~ 56 22 9 白い風 白い魔法使い
1980年に日本映画監督協会の理事長に就任。1996年まで。
1983年にビートたけし坂本龍一、デヴィッド・ボウイなど参加した国際的合作『戦場のメリークリスマス』を発表。カンヌ国際映画祭に出品したが無冠に終わります。
1987年からは『朝まで生テレビ』のレギュラーパネリストとなり、テレビ番組のコメンテーターとしても活動。

ウェブスペルの色が白色の後半から『朝まで生テレビ』のレギュラーパネリスト。コメンテーターとしても活動。

闘病生活

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.3.31~ 64 82 4 白い風 青い嵐
1999.3.31~ 67 137 7 赤い地球 青い猿
2000.3.31~ 68 242 8 白い風 青い鷲
2001.3.31~ 69 87 9 青い手 青い嵐
2012.3.31~ 80 202 7 白い風 黄色い戦士
1996年に脳出血。3年に及ぶリハビリを経て1999年に『御法度』を発表。
2000年にブルーリボン賞の作品賞・監督賞を受賞。同年、紫綬褒章を受賞。
2001年に再び病状が悪化しリハビリ生活に専念。
2013年1月15日に亡くなりました。

ウェブスペルの色が青色の前半に脳出血でリハビリ生活。
青色の半ばに『御法度』でブルーリボン賞の作品賞・監督賞を受賞。紫綬褒章を受賞。
黄色の半ばに亡くなりました。

大島渚のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の最後付近に父が亡くなり京都へ移住。
青色の後半に京都大学に進学。学生運動や演劇活動。
黄色の始めの年に松竹に入社。助監督を務めます。
黄色の半ばに映画監督としてデビュー。
黄色の後半に松竹を退社し映画製作会社「創造社」を設立。
黄色の最後付近よりテレビにも活動範囲を広げテレビドラマ『青春の深き渕より』は芸術祭文部大臣賞を受賞。
赤色に入り、創造社で数々の作品を矢継ぎ早に発表。その後、創造社を解散。
赤色の最後付近に日仏合作『愛の亡霊』でカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。
2度目の白色の後半から『朝まで生テレビ』のレギュラーパネリスト。コメンテーターとしても活動。
2度目の青色の前半に脳出血でリハビリ生活。
2度目の青色の半ばに『御法度』でブルーリボン賞の作品賞・監督賞を受賞。紫綬褒章を受賞。
2度目の黄色の半ばに亡くなりました。


参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

車田正美
車田正美(くるまだ まさみ)は、日本の漫画家、作詞家。黄金期ジャンプの看板漫画家の一人として活躍します。代表作に『聖闘士星矢』『リングにかけろ』などあります。

続きを読む


古谷徹
古谷徹(ふるや とおる)は、日本の声優、俳優、ナレーター。代表作に『巨人の星』の星飛雄馬、『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイなどあります。

続きを読む


五木寛之
五木寛之(いつき ひろゆき)は、日本の小説家・随筆家。『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞を受賞。エッセイ『大河の一滴』など多数のベストセラーを生んだ人物です。

続きを読む


カズレーザー
カズレーザーは、日本のお笑いタレント。お笑いコンビ・メイプル超合金のボケ担当。クイズが得意で、多くのテレビ番組に出場。同じくクイズを得意とする芸人のロザン・宇治原史規とは良きライバル。

続きを読む


田中好子
田中好子(たなか よしこ)は、アイドル歌手でキャンディーズのメンバー、女優。愛称「スーちゃん」。キャンディーズ解散後は女優に転身しテレビや映画で活躍。2011年4月にガンで亡くなります。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin122)

大森南朋
大森南朋(おおもり なお)は、日本の俳優。妻は女優の小野ゆり子。ドラマ『ハゲタカ』で主演を行い知られる存在となります。2019年にドラマ『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』で民放連続ドラマ初主演。

続きを読む


浮川和宣
浮川和宣(うきがわ かずのり)は、日本の実業家。ジャストシステムの創業者であり、一太郎の開発者としても知られています。

続きを読む


田中真弓
田中真弓(たなか まゆみ)は、日本の声優、女優、ナレーター。1978年に声優デビュー。『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィの声優をはじめ、熱血・元気な少年を演じることが多い。

続きを読む


鈴木奈々
鈴木奈々(すずき なな)は、日本の女性ファッションモデル、タレント。益若つばさの追っかけをしている時にスカウトされ芸能界入り。その後テレビに出演しおバカキャラでバラエティを主に活躍。

続きを読む


鈴木亜美
鈴木亜美(すずき あみ)は、日本の歌手、女優、作詞家。旧芸名は鈴木あみ。『ASAYAN』の「小室哲哉プロデュースオーディション」でグランプリを獲得。デビューし一躍アイドルとなります。

続きを読む


関連記事 (映画監督)

ジェームズ・キャメロン
ジェームズ・キャメロンはカナダ出身の映画監督、脚本家、映画プロデューサー。代表作に「ターミネーター」「タイタニック」「アバター」などあります。

続きを読む


宮崎駿
スタジオジブリ初代創立者である宮崎駿、高畑勲、鈴木敏夫、徳間康快。1985年に徳間書店の出資を得てスタジオジブリを設立されました。

続きを読む


角川春樹
角川春樹(かどかわ はるき)は、日本の実業家、映画監督、映画プロデューサー、俳人、冒険家。角川書店の元社長。角川映画で一世を風靡。しかしコカイン密輸事件で逮捕され角川書店より退任。

続きを読む


高畑勲
高畑勲(たかはた いさお)は、日本の映画監督、アニメーション演出家、プロデューサー、翻訳家。スタジオジブリの長編映画で宮﨑駿と共にその名を知られています。

続きを読む


今村昌平
今村昌平(いまむら しょうへい)は、日本の映画監督、脚本家。カンヌ国際映画祭で2度のグランプリを受賞した日本を代表する映画監督の一人。日本映画学校(現・日本映画大学)の創設者。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事