2,041 views

映画監督・深作欣二の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 深作欣二

記事公開日:2018年03月05日
最終更新日:2021年05月31日

深作欣二
出典:wikipedia.org 映画芸術社『映画芸術』12月号(1964)より

深作欣二(ふかさく きんじ)は、日本の映画監督・脚本家。

社会に溶け込めない人々の絶望を描き、暴力的で過激な作品を多く世に出しました。
代表作に「仁義なき戦い」シリーズ、「魔界転生」「蒲田行進曲」「火宅の人」「バトル・ロワイアル」などあります。

このページでは、深作欣二(ふかさく きんじ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

深作欣二の誕生日占い

生年月日:1930年7月3日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin6です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 赤い竜 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い世界の橋渡し
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin255
絶対反対kin kin136

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

ひとことでいえばKin6の誕生日占いは、釣り合いや均衡、調和に優れているタイプです。一歩退いて周囲を見ましょう。

広告

深作欣二の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

茨城県で生まれ育ちます。
高校卒業後、日本大学芸術学部に入学し卒業します。

監督デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1952.7.3~ 22 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1953.7.3~ 23 81 3 赤い竜 青い嵐
1960.7.3~ 30 36 10 黄色い戦士 青い手
1961.7.3~ 31 141 11 赤い竜 青い猿
1953年に「東映」に入社。
1961年に千葉真一主演『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』で監督デビュー。
千葉真一とこの後17作品コンビで作りヒットを連発していきます。

ウェブスペルの色が青色の始めころに東映に入社
青色の後半に監督デビューし千葉真一とのコンビでヒットを連発していきます。

仁義なき戦い

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.7.3~ 39 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1970.7.3~ 40 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1972.7.3~ 42 256 9 黄色い戦士 黄色い星
1973.7.3~ 43 101 10 赤い竜 黄色い人
1970年に日米合作『トラ・トラ・トラ!』で日本側監督の黒澤明が降板。深作が部分監督を引き受けた。

1973年に『仁義なき戦い』が作られシリーズ化。広島抗争を題材にした内容は全5作のシリーズとして日本で大ヒットした。

ウェブスペルの色が黄色の後半に『仁義なき戦い』が公開され、邦画史に残るヒットとなった。

ヒット続々

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1977.7.3~ 47 1 1 赤い竜 赤い竜
1978.7.3~ 48 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1983.7.3~ 53 111 7 青い猿 赤い蛇
1984.7.3~ 54 216 8 黄色い戦士 赤い月
1978年に『柳生一族の陰謀』、30億円の興行収入を上げ大ヒット
1980年に『復活の日』、総製作費は25億円とも32億円ともいわれたSF大作映画
1981年に『魔界転生』、日本では観客動員数200万人・配給収入10億5000万円
1982年に『蒲田行進曲』、配給収入は17億6000万円。映画界の各賞を多数受賞。
1984年に『里見八犬伝』、配給収入は当時邦画1位の23億2000万円を記録。主演は薬師丸ひろ子真田広之

※ 興行収入はお客さんが劇場に払った累計。配給収入は劇場が映画配給会社に払った累計。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年から続々とヒットに恵まれます。

バトル・ロワイアル

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1993.7.3~ 63 121 4 赤い竜 白い鏡
1994.7.3~ 64 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1999.7.3~ 69 231 10 青い猿 白い風
2000.7.3~ 70 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1994年に『忠臣蔵外伝 四谷怪談』、松竹誕生100周年記念作品。配給収入は3億3000万円。複数の映画賞を受賞。
2000年に『バトル・ロワイアル』、ビートたけしなどが出演。興行収入31.1億円。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に『バトル・ロワイアル』を発表

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.7.3~ 72 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
2002年に前立腺ガンの脊椎転移を公表。『バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】』の。製作発表で深作は「命ある限り」と完全燃焼を誓った。
2003年1月12日に亡くなりました。

『バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】』の製作は深作欣二の手で1シーンだけ撮れ、残りは息子の深作健太が監督代行、2003年7月に公開されます。

ウェブスペルの色が白色の最後の年に亡くなりました。

深作欣二のまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

青色の始めころに東映に入社
青色の後半に監督デビューし千葉真一とのコンビでヒットを連発していきます。
黄色の後半に『仁義なき戦い』が公開され、邦画史に残るヒットとなった。
赤色の始めの年から続々とヒットに恵まれます。
白色の最後付近に『バトル・ロワイアル』を発表
白色の最後の年に亡くなりました。

2003年1月16日に東京の築地本願寺で葬儀・告別式が行われ、多くの弔問客やファンが参列し最期を悲しんだ。
2003年2月7日に勲四等旭日小綬章を追贈された。

参考文献

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

森本毅郎
森本毅郎(もりもと たけろう)は、日本のフリーアナウンサー・司会者。30年以上の長寿番組の『噂の!東京マガジン』の総合司会や「首都圏で最も聞かれている朝の情報番組」となった『森本毅郎・スタンバイ!』のパーソナリティで知られる人物。

続きを読む


北野誠
北野誠(きたの まこと)は、日本のお笑いタレント。初期の『探偵!ナイトスクープ』に探偵として加入。高視聴率番組に成長する一端を担った。大阪を拠点に東京に進出。その後、所属事務所の松竹芸能から無期限謹慎の処分。約1年弱で解除され復帰。

続きを読む


黒川智花
黒川智花(くろかわ ともか)は、日本の女優。『りぼん』モデルグランプリに選出。その後、芸能活動を開始。『3年B組金八先生』第7シリーズに稲葉舞子役でブレイク。ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍します。

続きを読む


羽野晶紀
羽野晶紀(はの あき)は、日本の女優、タレント。「劇団☆新感線」に所属。関西ではアイドル的な存在。「笑っていいとも」の月曜レギュラーを機に全国区で知られる存在となった。和泉元彌と結婚し芸能活動を一時休止したがその後再開。

続きを読む


吉田栄作
吉田栄作(よしだ えいさく)は、日本の俳優、歌手。トレンディドラマで多数主演し「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれます。「マネーの虎」では司会を担当し人気を博しました。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin006)

つかこうへい
つかこうへいは、日本の劇作家、演出家。代表作に戯曲『熱海殺人事件』と『蒲田行進曲』。舞台化を含め「つかブーム」を巻き起こしました。

続きを読む


影山ヒロノブ
影山ヒロノブ(かげやま ヒロノブ)は、日本のシンガーソングライター。「アニソン界のプリンス」の異名を持つ人物。アニメ『ドラゴンボールZ』の「CHA-LA HEAD-CHA-LA」は170万枚のセールスを記録。

続きを読む


野口五郎
野口五郎(のぐち ごろう)は、俳優・歌手。新御三家の一人として、1970年代の日本を代表する男性アイドルである。妻はタレントの三井ゆり。

続きを読む


千秋
千秋(ちあき)は、日本のマルチタレント。元夫はココリコの遠藤章造。現在休止中の音楽ユニット「ポケットビスケッツ」のボーカル。声優としてノンタンやドラミを担当。

続きを読む


安倍晋三
安倍晋三(あべ しんぞう)は日本の政治家。第90代と第96・97・98代内閣総理大臣です。内閣総理大臣としての通算の在職期間は歴代最長。

続きを読む


関連記事 (映画監督)

相米慎二
相米慎二(そうまい しんじ)は、日本の映画監督。『翔んだカップル』で映画監督デビュー。『セーラー服と機関銃』で興行的な成功。映画製作会社『ディレクターズ・カンパニー』を若手監督9人で設立。

続きを読む


角川春樹
角川春樹(かどかわ はるき)は、日本の実業家、映画監督、映画プロデューサー、俳人、冒険家。角川書店の元社長。角川映画で一世を風靡。しかしコカイン密輸事件で逮捕され角川書店より退任。

続きを読む


大友克洋
大友克洋(おおとも かつひろ)は、日本の漫画家、映画監督。1988年に公開したアニメ映画『AKIRA』は高い評価を得て「ジャパニメーション」と呼ばれ海外における日本アニメのさきがけとなりました。

続きを読む


山田洋次
山田洋次さんは、映画監督、脚本家。映画「男はつらいよ」は大ヒットシリーズとなり48作まで作られ、毎年お盆と暮れの興行は日本人の風物詩、国民的映画とまで言われました。

続きを読む


本広克行
本広克行(もとひろ かつゆき)は、日本の映画監督、テレビドラマや舞台の演出家。織田裕二に推薦されドラマ『踊る大捜査線』でチーフ演出を担当。映画版ではスピンオフを含め全6本の監督を行います。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ