191 views

昭和後期-平成時代の小説家・立松和平の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 立松和平

立松和平
→ 画像検索はこちら

立松和平(たてまつ わへい)は、日本の小説家。

『自転車』で第1回早稲田文学新人賞、『遠雷』で野間文芸新人賞を受賞。
『ニュースステーション』のコーナー「こころと感動の旅」に出演。独特の話し方で注目を集めた。

このページでは、立松和平(たてまつ わへい)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

立松和平の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1947年12月15日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin136です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 青い猿 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い戦士
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin125
絶対反対kin kin6

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin136の誕生日占いは、自分の意見をはっきり言うタイプです。何事にも疑問を持ち、問いを発する人です。責任ある立場に立つと本領発揮。

広告

立松和平の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

栃木県宇都宮市出身。本名は横松和夫(よこまつ かずお)。
ペンネームは「横松」のもじりで「立松」にします。

第1回早稲田文学新人賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.12.15~ 22 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1970.12.15~ 23 211 3 青い猿 赤い月
1971.12.15~ 24 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
地元の高校を卒業後の1966年に早稲田大学に進学。大学では現代文学に親しみます。
1970年、集英社に就職が決まっていましたが早稲田大学を留年。
同年、『自転車』で文芸雑誌『早稲田文学』の第1回早稲田文学新人賞を受賞。
1971年に結婚。この後、様々な職を転々とする流浪の生活が2年間続きます。

ウェブスペルの色が赤色の始めころに第1回早稲田文学新人賞を受賞。

就職

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.12.15~ 25 161 5 赤い竜 赤い地球
1973.12.15~ 26 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1974.12.15~ 27 111 7 青い猿 赤い蛇
1973年に経済的理由から宇都宮市役所に就職。
就職してからも栃木を題材にした小説を書き続けます。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに経済的理由から宇都宮市役所に就職。

専業作家

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.12.15~ 31 11 11 青い猿 赤い竜
1979.12.15~ 32 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
1980.12.15~ 33 221 13 赤い竜 赤い月
1979年に宇都宮市役所を退職し文筆活動に専念。同年「閉じる家」「村雨」が芥川賞候補となった。
1980年に『遠雷』で、野間文芸新人賞を受賞。
1981年に『遠雷』が映画化。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に宇都宮市役所を退職し専業作家となった。『遠雷』で野間文芸新人賞を受賞。

こころと感動の旅

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1983.12.15~ 36 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
1984.12.15~ 37 121 4 赤い竜 白い鏡
1985.12.15~ 38 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1984年に東京へ移住。
1986年より『ニュースステーション』のコーナー「こころと感動の旅」に出演。独特な話し方が注目されます。

ウェブスペルの色が白色の半ばにより『ニュースステーション』のコーナー「こころと感動の旅」に出演。知られる存在になります。

『光の雨』盗作事件

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.12.15~ 45 181 12 赤い竜 白い犬
1993.12.15~ 46 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
1994.12.15~ 47 131 1 青い猿 青い猿
1993年に連合赤軍を題材とした『光の雨』を連載。しかし獄中の元連合赤軍メンバー・坂口弘が自著『あさま山荘1972』と酷似していると抗議。
立松和平は盗作を認め連載を休載。社会問題となり以後テレビ出演等が急減。
のちに『光の雨』は物語や構成を変えて1998年に連載を再開。2001年に映画化されます。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に『光の雨』盗作事件でテレビ出演等が急減。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.12.15~ 49 81 3 赤い竜 青い嵐
1997.12.15~ 50 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
2009.12.15~ 62 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
1997年に『毒 – 風聞・田中正造』で毎日出版文化賞を受賞。

行動派作家として知られ、自然環境保護問題にも積極的に取り組みます。
また、小説のほか紀行文、絵本、戯曲など多くの著書を発表。晩年は仏教への関心を深めます。

2010年2月8日に東京都内の病院にて多臓器不全で死去。62歳でした。

ウェブスペルの色が黄色の前半に亡くなりました。

立松和平のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の始めころに第1回早稲田文学新人賞を受賞。
赤色の半ばに経済的理由から宇都宮市役所に就職。
赤色の最後付近に宇都宮市役所を退職し専業作家となった。『遠雷』で野間文芸新人賞を受賞。
白色の半ばにより『ニュースステーション』のコーナー「こころと感動の旅」に出演。知られる存在になります。
白色の最後付近に『光の雨』盗作事件でテレビ出演等が減ります。
黄色の前半に亡くなりました。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

石塚英彦
石塚英彦(いしづか ひでひこ)は、日本のお笑いタレント、グルメリポーター、俳優。愛称は「石ちゃん」。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。グルメレポーターとして活躍。食べた後の「まいうー」はトレードマーク。

続きを読む


恵俊彰
恵俊彰(めぐみ としあき)は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。2009年より『ひるおび!』の総合司会で有名。俳優としても活動しており『下町ロケット』等に出演。

続きを読む


片瀬那奈
片瀬那奈(かたせ なな)は、日本の女優、司会者。スカウトを受け芸能界入り。『旭化成水着キャンペーンモデル』で注目されドラマ『美少女H2』で女優デビュー。情報番組『シューイチ』の総合司会を担当。

続きを読む


小倉久寛
小倉久寛(おぐら ひさひろ)は、日本の俳優、声優。三宅裕司が主催のスーパー・エキセントリック・シアターの旗揚げに参加。1980年代半ばよりバラエティ番組を中心にテレビ出演が増え、その後『ヤングスタジオ101』の司会に抜擢。

続きを読む


染谷将太
染谷将太(そめたに しょうた)は、日本の俳優。妻は女優の菊地凛子。7才から子役として活動。2011年に映画『ヒミズ』で二階堂ふみと共にヴェネツィア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin136)

鈴木大地
鈴木大地(すずき だいち)は元水泳選手、体育学者、スポーツ庁初代長官。1988年ソウルオリンピック100m背泳ぎ金メダリスト。バサロ泳法で有名な選手である。

続きを読む


鄭周永
鄭周永(チョン・ジュヨン)は、韓国の実業家。韓国の現代(ヒュンダイ)財閥の創業者です。裸一貫から一代にして韓国最大の財閥オーナーになった人物。また大規模な福祉事業も行ったことで知られています。

続きを読む


遠藤憲一
遠藤憲一(えんどう けんいち)は日本の俳優、声優、ナレーター、脚本家。眼光鋭く、強面な風貌から悪役を演じることが多い。近年は主役・準主役級からコミカルな役どころまで多く活躍しています。

続きを読む


田中久重
田中久重(たなか ひさしげ)は、江戸時代後期の発明家。「東洋のエジソン」「からくり儀右衛門」と呼ばれた人物で芝浦製作所(後の東芝の重電部門)の創業者です。

続きを読む


関連記事 (作家)

アガサ・クリスティ
アガサ・クリスティはイギリス生まれの推理作家。発表された推理小説の多くは世界的なベストセラーとなり「ミステリーの女王」と呼ばれました。

続きを読む


赤川次郎
赤川次郎(あかがわ じろう)は、小説家。難解な表現をあえて避けた優しい文章と軽妙な表現を得意とし、余人に真似ができないスタイルを構築しています。作品のジャンルは多岐に及びます。

続きを読む


森鴎外
森鴎外(もり おうがい)は、日本の明治・大正期の小説家、陸軍軍医。東大卒業後に陸軍軍医となり、陸軍省派遣留学生としてドイツに留学。帰国後に数々の小説を発表。夏目漱石と並び反自然主義の巨匠と言われます

続きを読む


樋口一葉
樋口一葉(ひぐち いちよう)は、小説家。わずか1年半で「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった作品を発表。しかしわずか24歳6ヶ月で肺結核により死去しました。

続きを読む


山崎豊子
山崎豊子さんは小説家。主要作品の大半が映画化およびドラマ化され社会派小説の金字塔を打ち立てた作家です。「白い巨塔」や「華麗なる一族」などが有名です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ