218 views

時代小説家・藤沢周平の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 藤沢周平

藤沢周平
→ 画像検索はこちら

藤沢周平(ふじさわ しゅうへい)は、日本の小説家。

江戸時代を舞台に、庶民や下級武士の哀歓を描いた時代小説作品を多く残した人物。
2010年には出身地の鶴岡市に「鶴岡市立藤沢周平記念館」が開館。

このページでは、藤沢周平(ふじさわ しゅうへい)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

藤沢周平の誕生日占い

生年月日:1927年12月26日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin127です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い手 白い鏡 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い鷲
互いに学びあう 反対kin 赤い地球
互いに秘かれあう 神秘kin 白い魔法使い
以てるもの同士の類似kin 黄色い人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin134
絶対反対kin kin257

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

「青い手」は、チャンスやお金、人のココロなど掴みやすい人です。献身的に人を理解し癒します。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

ひとことでいえばKin127の誕生日占いは、知らないことを知るために意欲を燃やすタイプです。依存からの一人立ちへ。

広告

藤沢周平の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

現在の山形県鶴岡市で生まれます。本名は小菅留治(こすげ とめじ)。
実家は農家。幼少期から家の手伝いを通して農作業に関わります。

教員時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1948.12.26~ 21 252 5 黄色い人 黄色い星
1949.12.26~ 22 97 6 赤い地球 黄色い人
1950.12.26~ 23 202 7 白い風 黄色い戦士
1949年に山形師範学校を卒業後に中学教師として赴任し国語と社会を担当。
師範学校卒の教師はエリートで順調な人生を歩み始めます。しかし1951年に肺結核がみつかり学校は休職。
1952年に東村山市の病院に入院。右肺上葉切除の大手術を受けます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに山形師範学校を卒業し中学教師になります。その後肺結核がみつかり入院。

記者時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1956.12.26~ 29 52 13 黄色い人 黄色い太陽
1958.12.26~ 31 2 2 白い風 赤い竜
1959.12.26~ 32 107 3 青い手 赤い蛇
1957年に退院。郷里で教員という就職先は見つかりませんでした。業界新聞に勤め始めますが倒産などで職を転々とします。
1959年に同郷の三浦悦子と結婚。
1960年に日本食品経済社に入社し業界紙「日本加工食品新聞」の記者となった。
日本ハム創業者の大社義規(おおこそ よしのり)と知り合い信頼関係を結びます。

ウェブスペルの色が赤色の前半に日本食品経済社に入社し記者となった。

藤沢周平

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1962.12.26~ 35 162 6 白い風 赤い地球
1963.12.26~ 36 7 7 青い手 赤い竜
1964.12.26~ 37 112 8 黄色い人 赤い蛇
業界紙「日本加工食品新聞」の編集長となった。
1963年に長女・展子が誕生。同年、妻がガンで亡くなります。
妻の死に大きな衝撃を受け、やり場のない虚無感をなだめるために時代小説を書くようになります。
1964年からオール讀物新人賞に投稿をはじめ、1965年から藤沢周平のペンネームを使いはじめます。
ペンネームの「藤沢」は妻の実家の鶴岡市藤沢から、「周」は妻の親族の名から採ります。

妻が亡くなってから目の悪い母を郷里から呼びよせ長女と3人で暮らし。母の世話、長女の育児、編集長、激務をこなします。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに妻が亡くなったのを機に時代小説を書き始めます。

作家デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.12.26~ 41 12 12 黄色い人 赤い竜
1970.12.26~ 43 222 1 白い風 白い風
1972.12.26~ 45 172 3 黄色い人 白い犬
1969年に高澤和子と再婚。家事から解放され週末は小説執筆に専念できるようになった。
1971年に『溟い海』が第38回オール讀物新人賞を受賞。
1973年に『暗殺の年輪』で第69回直木賞を受賞。

ウェブスペルの色が白色の始めの年にオール讀物新人賞、2年後に直木賞を受賞。

専業作家

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.12.26~ 46 17 4 赤い地球 白い魔法使い
1975.12.26~ 48 227 6 青い手 白い風
1976.12.26~ 49 72 7 黄色い人 白い世界の橋渡し
1974年に日本食品経済社を退社して専業作家になります。
初期の作品は暗く思い作風でしたが1976年の『用心棒日月抄』のあたりからユーモアを取り入れた作風にシフト。

ウェブスペルの色が白色の半ばにユーモアを取り入れた作風にシフト。

代表作

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1983.12.26~ 56 27 1 青い手 青い手
1984.12.26~ 57 132 2 黄色い人 青い猿
1985.12.26~ 58 237 3 赤い地球 青い鷲
1980年代前半、町人もので数多くの秀品。また娯楽色の強い短篇シリーズもの次々と生みだします。
1983年に『たそがれ清兵衛』。1984年に『海鳴り』。1985年に『白き瓶』。などが代表作。
『たそがれ清兵衛』は山田洋次監督により2002年に映画で公開された。
1986年に「白き瓶」で吉川英治文学賞を受賞。

ウェブスペルの色が青色に変わり数多くの秀品を次々と生みだします。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.12.26~ 68 247 13 青い手 青い鷲
1996.12.26~ 69 92 1 黄色い人 黄色い人
若いころの結核手術の輸血が原因で肝炎になり、1996年に入退院を繰り返します。
1997年1月26日に肝不全で亡くなります。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に亡くなりました。

藤沢周平のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに山形師範学校を卒業し中学教師になります。その後肺結核がみつかり入院。
赤色の前半に日本食品経済社に入社し記者となった。
赤色の半ばに妻が亡くなったのを機に時代小説を書き始めます。
白色の始めの年にオール讀物新人賞、2年後に直木賞を受賞。
白色の半ばにユーモアを取り入れた作風にシフト。
青色に変わり数多くの秀品を次々と生みだします。
2度目の黄色の始めの年に亡くなりました。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

川平慈英
川平慈英(かびら じえい)は、日本のタレント、スポーツキャスター。別名はジェイ・カビラ。長兄はタレントのジョン・カビラ。「ムムッ!」「いいんです!」の決まり文句。楽天カードマンでも有名。熱狂的なサッカー好きで知られています。

続きを読む


黒島結菜
黒島結菜(くろしま ゆいな)は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。沖縄が日本に復帰50年を記念して作成される2022年前期の連続テレビ小説『ちむどんどん』のヒロイン。

続きを読む


船越英二
船越英二(ふなこし えいじ)は、日本の俳優。長男は俳優の船越英一郎。大映第2期ニューフェイスに合格し俳優デビュー。大映倒産まで映画で、その後は学園ドラマ・現代劇・時代劇を問わず活躍。

続きを読む


生瀬勝久
生瀬勝久(なませ かつひさ)は日本の俳優、タレント、司会者。1980年代後半にテレビの深夜番組に出演し関西学生演劇ブームをひき起こす一端となった。その後、全国区のテレビドラマに本格的に進出。

続きを読む


賀来賢人
賀来賢人(かく けんと)は、日本の俳優。叔母(父の妹)は女優の賀来千香子。妻は女優の榮倉奈々。朝の連続テレビ小説『花子とアン』、大河ドラマ『花燃ゆ』に出演し知名度UP。映画『斉木楠雄のΨ難』に出演しコメディ俳優としてもブレイク。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin127)

渡辺麻友(わたなべ まゆ)は、日本の女優、歌手。AKB48の元メンバー。愛称は「まゆゆ」。第三期AKB48追加メンバーオーディションで合格。チームBの主力メンバーとして活躍。AKB48卒業後は女優として活動。

続きを読む


デーブ・スペクター
デーブ・スペクターは、日本を拠点に活動するアメリカ人テレビプロデューサー、放送作家。小学校時代に日本に興味を持ち、その後日本でコメンテーターとして活躍。ダジャレを発するアメリカ人としても有名。

続きを読む


広瀬アリス
広瀬アリス(ひろせ アリス)は、日本の女優、ファッションモデル。妹は女優・ファッションモデルの広瀬すず。

続きを読む


田中要次
田中要次(たなか ようじ)、日本の俳優、タレント。俳優になる前は国鉄職員、照明助手など異色の経歴の持ち主。ドラマ『HERO』にバーテンダー役で「あるよ」のセリフでブレイク。

続きを読む


平野レミ
平野レミ(ひらの レミ)は、日本の料理愛好家、タレント、シャンソン歌手。料理番組を中心に活躍。終始テンション高く早口で話すのが特徴。

続きを読む


関連記事 (作家)

樋口一葉
樋口一葉(ひぐち いちよう)は、小説家。わずか1年半で「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった作品を発表。しかしわずか24歳6ヶ月で肺結核により死去しました。

続きを読む


ジェームス三木
ジェームス三木(ジェームス みき)は、日本の脚本家、作家、元歌手。朝の連続テレビ小説「澪つくし」、大河ドラマ『独眼竜政宗』などが代表作。

続きを読む


三谷幸喜
三谷幸喜(みたに こうき)は、脚本家、演出家、俳優、映画監督。日本大学在学中から放送作家として活躍。2016年NHK大河ドラマ真田丸の脚本を担当しました。

続きを読む


川端康成
川端康成(かわばた やすなり)は、日本の小説家であり、日本初のノーベル文学賞の受賞者です。近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人です。

続きを読む


野坂昭如
野坂昭如(のさか あきゆき)は、作家、歌手、作詞家、タレント、政治家。『火垂るの墓』『アメリカひじき』で直木賞を受賞。参議院選挙に1度当選しました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ