140 views

東京下町探索・なぎら健壱の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → なぎら健壱

なぎら健壱
→ 画像検索はこちら

なぎら健壱(なぎら けんいち)は、フォークシンガー、俳優、タレント、漫談家、エッセイスト。

フォークシンガーとしてデビュー。以降、バラエティ番組にタレントとして活動。
俳優としても活動し映画、テレビに出演。
趣味は多く、カメラ・散歩・自転車・落語・飲酒・がらくた収集など。
東京下町の造詣が深く著書を多く出版。

このページではなぎら健壱の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

なぎら健壱の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1952年4月16日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin158です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 赤い地球 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin103
絶対反対kin kin28

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin158の誕生日占いは、悩みと葛藤をバネに生きれるタイプです。前進したほうが良い。

広告

なぎら健壱の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京で生まれ育ちます。父は宝石箱をつくる職人です。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1970.4.16~ 18 228 7 黄色い星 白い風
1971.4.16~ 19 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1972.4.16~ 20 178 9 白い鏡 白い犬
1960年代後半、日本のフォークソングの創世期にフォークシンガーの「高石ともや」などに感化されアングラ―フォークに目覚めます。
1970年、1971年に全日本フォークジャンボリーにアマチュアとして飛び入り参加。
1972年に『万年床』でアルバムデビュー。

ウェブスペルの色が白色の後半にデビューします。

悲惨な戦い

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.4.16~ 21 23 10 青い夜 白い魔法使い
1974.4.16~ 22 128 11 黄色い星 白い鏡
1973年に「悲惨な戦い」は15万枚の売り上げ。大相撲の架空の取組で起きたハプニングをネタにしたコミックソング。発売後に相撲協会に気づかいし自主規制。
1974年に「葛飾にバッタを見た」。なぎらの代表的歌唱スタイルのトーキング・スタイルの曲。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に大相撲の架空コミックソング「悲惨な戦い」は15万枚の売り上げ。

いっぽんでもニンジン

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.4.16~ 23 233 12 赤い空歩く人 白い風
1976.4.16~ 24 78 13 白い鏡 白い世界の橋渡し
1977.4.16~ 25 183 1 青い夜 青い夜
1975年に「いっぽんでもニンジン」を発表。大ヒットした「およげ!たいやきくん」レコードのB面。本人には3万円の収入のみだったそうです。
1976年に日本青年館での実況録音盤『永遠の絆』は司会のタモリなどが盛り立てます。1970年代のなぎらの集大成、
同年、映画「嗚呼!!花の応援団」に出演。以降、役者としても活動をします。1977年に「嗚呼!!花の応援団」で日本映画大賞助演男優賞受賞

ウェブスペルの色が白色の最後付近に「いっぽんでもニンジン」を「およげ!たいやきくん」レコードのB面で発売。役者としても活動します。

タレント活動

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.4.16~ 30 188 6 黄色い星 青い夜
1983.4.16~ 31 33 7 赤い空歩く人 青い手
1984.4.16~ 32 138 8 白い鏡 青い猿
タレントとして数多くのバラエティ番組に出演。
タモリとは非常に仲が良く『笑っていいとも!』『タモリ倶楽部』に多くゲスト出演。
タモリから「瓶ビールの似合う男」「インチキくさい顔」などと言われることもある。

ウェブスペルの色が青色の半ばよりバラエティ番組に数多く出演します。

アコースティックギター

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.4.16~ 45 203 8 青い夜 黄色い戦士
1998.4.16~ 46 48 9 黄色い星 黄色い太陽
1999.4.16~ 47 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
1990年代後半よりカントリー、ブルーグラス色の強い作品を発表。
アコースティックギターの腕前に関しては隠れた名人です。

ウェブスペルの色が黄色の後半よりカントリー、ブルーグラス色の強い作品を発表します。

東京下町の庶民文化への造詣

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.4.16~ 63 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
2016.4.16~ 64 118 1 白い鏡 白い鏡
東京下町の庶民文化への造詣が深く著書も多く出版。
2015年より浅草公会堂の正面にあるスターの広場になぎらの手形が設置されました。

ウェブスペルの色が白色の最後の年に浅草公会堂の正面・スターの広場になぎらの手形が設置されます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.4.16~ 66 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
2019.4.16~ 67 173 4 赤い空歩く人 白い犬
2020.4.16~ 68 18 5 白い鏡 白い魔法使い
なぎら健壱の現在は、ウェブスペルの色が白色の始まり付近に当たります。
66才の時はKin68。多くの興味を持ちそれを楽しむことの出来る年です。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

下積みが日の目を見る。コミュニケーションが大事。

なぎら健壱のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の後半にデビューします。
白色の最後付近に大相撲の架空コミックソング「悲惨な戦い」は15万枚の売上。役者としても活動します。
青色の半ばよりバラエティ番組に数多く出演します。
黄色の後半よりカントリー、ブルーグラス色の強い作品を発表します。
2度目の白色の最後の年に浅草公会堂の正面・スターの広場になぎらの手形が設置されます。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

バカリズム
バカリズムは、日本のお笑いタレント、ナレーター。本名は升野英知(ますの ひでとも)。かつては松下敏宏とコンビでバカリズムしたが松下脱退後も芸名をそのまま使用。近年はテレビ番組のMCとしても活動。

続きを読む


的場浩司
的場浩司(まとば こうじ)は、日本の俳優、タレント。映画『ビー・バップ・ハイスクール』やテレビドラマ『はいすくーる落書』などで全国区の知名度を得ます。一時はロックグループ「炎達」で歌手としても活動。

続きを読む


夢枕獏
夢枕獏(ゆめまくら ばく)は、日本の小説家。自称「エロスとバイオレンスとオカルトの作家」。代表作に『キマイラ・吼』シリーズ、『陰陽師』シリーズなど。

続きを読む


堺屋太一
堺屋太一(さかいや たいち)は、日本の小説家・作家、評論家。通産省で大阪万博や沖縄海洋博覧会の企画に参加。通産省在籍中に作家として活動。大河ドラマの原作となった峠の群像、秀吉など歴史小説も数多く執筆。

続きを読む


立川志の輔
立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。落語を続け平成を代表する落語家として君臨。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin158)

桂歌丸
桂歌丸(かつら うたまる)は、日本の落語家。『笑点』の放送開始から出演、およそ50年笑点のメンバーとして活躍。2006年より10年間は『笑点』の5代目司会者を務めました。

続きを読む


愛川欽也
愛川欽也(あいかわ きんや)は、日本の俳優・声優・タレント・司会者。愛称はキンキン。妻はタレントのうつみ宮土理。50年以上にわたってテレビ、ラジオ、映画で活躍した人物です。

続きを読む


関連記事 (タレント)

平野レミ
平野レミ(ひらの レミ)は、日本の料理愛好家、タレント、シャンソン歌手。料理番組を中心に活躍。終始テンション高く早口で話すのが特徴。

続きを読む


間寛平
間寛平(はざま かんぺい)は、日本のお笑いタレント、歌手。吉本新喜劇のスターとして関西を中心に絶大な人気を得ます。「アヘアヘアヘアヘ…」「アーメマ!」「かいーの」などのギャグで有名。

続きを読む


水森亜土
水森亜土(みずもり あど)は、日本のイラストレーター、歌手、女優、画家、作家。1970年代に透明なアクリルボードに歌いながら両手で同時にイラストを描くパフォーマンスでブレイク。

続きを読む


古舘伊知郎
古舘伊知郎(ふるたち いちろう)は、フリーアナウンサー、タレント、司会者。アナウンサーとしてテレビ朝日に入社し『ワールドプロレスリング』を担当。退社後にフリーアナウンサーとして活躍。

続きを読む


井森美幸
井森美幸(いもり みゆき)は、日本のバラエティーアイドル、歌手、女優。80年代アイドル。ホリプロよりアイドルとしてデビューするが芽が出ず、バラエティアイドルに転向しブレイク。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事