292 views

東映の創業者・大川博の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 大川博

大川博
→ 画像検索はこちら

大川博(おおかわ ひろし)は、日本の実業家。東映の事実上の創業者。

鉄道省事務官の時に五島慶太にスカウト受け東急グループへ入社。
東映で時代劇映画を軌道に乗せ黄金時代を築いた人物。
日本教育テレビ(現・テレビ朝日)社長。プロ野球東映フライヤーズ(現・北海道日本ハムファイターズ)を経営した。

このページでは、大川博(おおかわ ひろし)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

大川博の誕生日占い

生年月日:1896年12月30日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin256です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 黄色い星 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin5
絶対反対kin kin126

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin256の誕生日占いは、タイミングを大事にし、チャンスが来たら大胆に行動するタイプです。自身が揺らぐときこそ、変化への動きを感じる。

広告

大川博の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

現・新潟県新潟市で生まれます。実家は江戸時代は庄屋、明治期は村長をつとめた名家。

鉄道院

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1919.12.30~ 23 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1920.12.30~ 24 176 7 黄色い戦士 白い犬
1921.12.30~ 25 21 8 赤い竜 白い魔法使い
岩倉鉄道学校を経て、中央大学に進学。
中央大学在学中の1920年に鉄道院へ入ります。鉄道省時代の上司には佐藤栄作がいました。

ウェブスペルの色が白色の半ばに鉄道院に入ります。

鉄道省事務官

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1942.12.30~ 46 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
1943.12.30~ 47 251 4 青い猿 黄色い星
1944.12.30~ 48 96 5 黄色い戦士 黄色い人
中央大学を卒業。
鉄道院は鉄道省になり、鉄道省事務官時代は地方鉄道の経理知識に長け、計数管理では省内随一と評判を得ます。
その後、1942年に鉄道省の先輩である五島慶太にヘッドハンティングされる形で東京急行電鉄に入社。

ウェブスペルの色が黄色の前半に五島慶太にヘッドハンティングされ東京急行電鉄に入社。

五島の右腕

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1945.12.30~ 49 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1946.12.30~ 50 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1947.12.30~ 51 151 8 青い猿 黄色の種
東急では次長、事業部長、専務をへて、1951年に副社長に就任。
1946年に東急がプロ野球チーム・セネタースを買収した際、担当者としてオーナーに就任。同球団を「東急フライヤーズ」に改名し経営に当たります。
1947年に五島慶太が東條内閣の閣僚だったということで公職追放。
1948年に東急から京王・小田急・京急が分離独立。再編成案は起草し大いに辣腕をふるいます。
大川は五島が公職追放にあった期間中も東急の主要人物として経営の根幹に携わります。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに東急では五島の右腕として大いに辣腕をふるいます。

東映

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1950.12.30~ 54 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
1951.12.30~ 55 51 12 青い猿 黄色い太陽
1952.12.30~ 56 156 13 黄色い戦士 黄色の種
1951年に五島慶太の公職追放は解除され東急の会長に就任。倒産寸前の東映の再建に大川博を社長として派遣。
大川は徹底した予算管理と原価管理を遂行。時代劇解禁と共に、時代劇スターを多く揃えた東映の業績は好転。
東映を見事に3年で立ち直らせます。もし東映の再建に失敗していたら五島家は破産していたといわれます。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に東映の社長となり再建に成功。

東映フライヤーズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1953.12.30~ 57 1 1 赤い竜 赤い竜
1954.12.30~ 58 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1955.12.30~ 59 211 3 青い猿 赤い月
1953年にアメリカに視察旅行。来るべきテレビ時代に先手を打ち経営の多角化に乗り出します。
1954年にプロ野球・東急フライヤーズの経営を東映に委託され東映フライヤーズのオーナーとして経営に当たります。
1956年に日動映画を買収し、同社を東映動画(現在の東映アニメーション)と改称。
1950年代後半に時代劇ブームを巻き起こし売上は業界No.1に成長。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年より東急に委託され東映フライヤーズのオーナーとして経営に当たります。

テレビ朝日

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1958.12.30~ 62 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1959.12.30~ 63 111 7 青い猿 赤い蛇
1960.12.30~ 64 216 8 黄色い戦士 赤い月
1959年に五島慶太が死去し東急は長男の五島昇に引き継がれます。
1959年に日本教育テレビ(現在のテレビ朝日)を旺文社など教育関係者や日本経済新聞社とともに開局。
会長に就任するものの経営は厳しく1960年に社長になり経営改善に取り組みます。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに日本教育テレビ(現在のテレビ朝日)の開局に参加。その後、社長となり経営改善に取り組みます。

独立

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1963.12.30~ 67 11 11 青い猿 赤い竜
1964.12.30~ 68 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
1965.12.30~ 69 221 13 赤い竜 赤い月
1964年に東映は東急グループから離脱。
1965年に日本教育テレビの経営を巡り東映・朝日新聞社と旺文社・日本経済新聞社の日本教育テレビ争奪戦に発展。
結果、メインバンクである住友銀行の斡旋で和解。この一件で日本教育テレビの親会社は朝日新聞社となり、これが現在の総合局・テレビ朝日およびテレビ朝日ネットワークの形成に繋がります。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に東映は東急グループから離脱。日本教育テレビ争奪戦で脱落。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.12.30~ 72 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
1969.12.30~ 73 121 4 赤い竜 白い鏡
1970.12.30~ 74 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1960年代後半になるとテレビが一般家庭に急速に普及し映画は斜陽化が進みます。
しかし東映は任侠映画ブームを巻き起こし業界トップの人気を誇りました。
1971年8月17日に肝硬変のために亡くなりました。

ウェブスペルの色が白色の半ばに亡くなりました。

大川博のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばに鉄道院に入ります。
黄色の前半に五島慶太にヘッドハンティングされ東京急行電鉄に入社。
黄色の半ばに東急では五島の右腕として大いに辣腕をふるいます。
黄色の最後付近に東映の社長となり再建に成功。
赤色の始めの年より東急に委託され東映フライヤーズのオーナーとして経営に当たります。
赤色の半ばに日本教育テレビ(現在のテレビ朝日)の開局に参加。その後、社長となり経営改善に取り組みます。
赤色の最後付近に東映は東急グループから離脱。日本教育テレビ争奪戦で脱落。
2度目の白色の半ばに亡くなりました。

朝の連続テレビ小説『なつぞら』では広瀬すずが演じる「奥原なつ」が東洋動画に入社。社長を角野卓三が演じました。この社長のモデルが大川博です。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

駿河太郎
駿河太郎(するが たろう)は、日本の俳優、ミュージシャン。父は落語家の笑福亭鶴瓶。『taro』名義で歌手としてメジャーデビュー。その後、30才を機に俳優に転向し映画やテレビドラマなどに出演。

続きを読む


安田美沙子
安田美沙子(やすだ みさこ)は、日本のタレント。スカウトされ芸能界デビュー。ミスヤングマガジンに選出され知名度がUP。ドラマ「熟年離婚」で女優デビュー。タレントとしてバラエティ番組に多数出演。

続きを読む


坂下千里子
坂下千里子(さかした ちりこ)は、日本のタレント、女優。愛称は千里ちゃん。アルペンのオーディションでグランプリを獲得し芸能界デビュー。『王様のブランチ』に出演し注目を集めます。

続きを読む


安めぐみ
安めぐみ(やす めぐみ)は、日本のタレント。夫はタレントの東貴博。少年誌主催のオーディションで準グランプリを受賞しデビュー。結婚したい女性タレントランキングで1位を獲得。その後、映画、連続ドラマで初主演。

続きを読む


ゆりやんレトリィバァ
ゆりやんレトリィバァは、日本のお笑いタレント(ピン芸人)。NHK上方漫才コンテストで女性ピン芸人初の優勝、女芸人No.1決定戦 THE Wで優勝。吉本坂46のメンバーでもあります。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin256)

子門真人
子門真人(しもん まさと)は、日本の元歌手、元音楽プロデューサー。代表曲に「およげ!たいやきくん」「仮面ライダー」など。日本においてアニソン歌手の先駆者的存在です。

続きを読む


荻野目洋子
荻野目洋子(おぎのめ ようこ)は、日本の歌手、女優。80年代アイドル。1980年代に「ダンシングヒーロー」を含む数々のヒット曲をリリース。結婚、育児を経て2017年に再ブレイクします。

続きを読む


乃木希典(のぎ まれすけ)は、日本の武士(長府藩士)、軍人、教育者。日露戦争における旅順攻囲戦の指揮。明治天皇の後を慕って殉死。「乃木神社」や「乃木坂」に名前を残した人物。

続きを読む


矢野博丈
矢野博丈(やの ひろたけ)は日本の実業家。大創産業(100円SHOPダイソー)の創業者です。

続きを読む


岩崎弥太郎
岩崎弥太郎さんは三菱財閥の創業者で初代総帥。明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物です。

続きを読む


関連記事 (実業家)

長瀬富郎
長瀬富郎(ながせ とみろう)は、日本の実業家。花王の創業者です。国産の石鹸に不満を持ち自社開発。宣伝を強化した結果、贈答品として重宝されます。

続きを読む


栗原はるみ
栗原はるみ(くりはら はるみ)は、日本の料理研究家、実業家。日本人で初めてグルマン世界料理本賞の受賞者。多くの料理本を発表する一方、料理番組でも活躍。

続きを読む


サム・ウォルトン
サム・ウォルトンはアメリカの実業家。世界最大の小売業者であるウォルマートの創業者です。大型店を中心とした田舎での出店。ドミナント方式をいち早く実施。

続きを読む


第二代・野村徳七
第二代・野村徳七(のむら とくしち)は、日本の実業家。金融を中心とした野村證券など野村財閥を築いた人物です。

続きを読む


相賀武夫
相賀武夫(おうが たけお)は、出版事業家。小学館および集英社の創業者です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ