150 views

格闘ファイター・アンディフグの誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → アンディ・フグ

アンディ・フグ
出典:wikipedia.org 1996年

アンディ・フグは、スイス出身の格闘ファイター。1990年代のK-1ブーム作った立役者。得意技は踵落とし。

母国スイスでも絶大な人気を誇り、アンディの試合はスイス国営テレビの視聴率で50%を超えるほどでした。

そんな中、35才の若さで白血病で亡くなり多くの格闘技ファン・関係者に衝撃を与えます。

このページではアンディ・フグの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

アンディ・フグの誕生日占い

生年月日:1964年9月7日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin2です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 赤い竜 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い魔法使い
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin259
絶対反対kin kin132

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin2の誕生日占いは、好奇心旺盛なタイプです。チャレンジ精神旺盛。初めての物事が多い。それは天からの贈り物。

広告

アンディ・フグの個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

スイス・ボーレンで生まれます。本名はアンドレーアス・フーク。
幼少期はサッカー少年でした。

極真空手

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1974.9.7~ 10 12 12 黄色い人 赤い竜
1975.9.7~ 11 117 13 赤い地球 赤い蛇
1976.9.7~ 12 222 1 白い風 白い風
10才の時にブルースリーに憧れて極真空手を始めます。
一説にはあまりにも乱暴者だったために祖母が空手をやらせたという説もあります。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近から極真空手を習い始めます。

極真空手で頭角を見せる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.9.7~ 21 127 10 青い手 白い鏡
1987.9.7~ 23 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
1989.9.7~ 25 27 1 青い手 青い手
1991.9.7~ 27 237 3 赤い地球 青い鷲
1985年に極真ヨーロッパ選手権で優勝。
1987年に全世界空手道選手権大会で準優勝。
1989年に極真ヨーロッパ選手権で2度目の優勝。
1991年に極真ヨーロッパ選手権で準優勝。

ウェブスペルの色が白色の後半より極真空手の大会で好成績を収め頭角を見せはじめます。

K-1に参戦

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1993.9.7~ 29 187 5 青い手 青い夜
1994.9.7~ 30 32 6 黄色い人 青い手
1995.9.7~ 31 137 7 赤い地球 青い猿
その後、アンディはプロになりたく極真会館を退館し正道会館に移籍。
正道会館は1980年に当時極真会館芦原道場大阪支部の支部長だった石井和義が設立した空手団体。
アンディは1993年よりK-1に参戦。踵落としで勝利した姿はアンディ・フグの名前が広まるきっかけとなった。

ウェブスペルの色が青色の半ばよりK-1に参戦。

K-1 四天王

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.9.7~ 32 242 8 白い風 青い鷲
1997.9.7~ 33 87 9 青い手 青い嵐
1998.9.7~ 34 192 10 黄色い人 青い夜
K-1参戦当時は緊張しやすい性格でしたが試合を重ね実力を発揮。
ピーター・アーツ、アーネスト・ホースト、マイク・ベルナルドと共に創成期のK-1四天王として君臨。
母国スイスでK-1の大会が開催されると必ず凱旋試合を行い全勝を収めた。
スイス国営テレビの平均視聴率は必ず50%を超え、日本とスイスで英雄あつかいを受けた。

ウェブスペルの色が青色の後半よりK-1四天王として君臨。母国スイスでも圧倒的な人気を誇った。

突然の死

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.9.7~ 35 37 11 赤い地球 青い手
K-1で1993年から2000年7月まで47試合を行い37勝9敗1分。
2000年10月にK-1に参戦予定だったが、2000年8月24日に正道会館で記者会見が行われ、急性前骨髄球性白血病で危篤状態と発表。この日に亡くなります。
あまりにも早すぎた死は角界に衝撃を与えました。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に白血病で亡くなりました。

アンディ・フグのまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

赤色の最後付近から極真空手を習い始めます。
白色の後半より極真空手の大会で好成績を収め頭角を見せはじめます。
青色の半ばよりK-1に参戦。踵落としで有名になります。
青色の後半よりK-1四天王として君臨。母国スイスでも圧倒的な人気を誇った。
青色の最期付近に白血病で亡くなりました。

参考文献
アンディ・フグ(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

石原良純
石原良純(いしはら よしずみ)は、日本の俳優、タレント、司会者、気象予報士。愛称は「まゆ毛」「よっちゃん」「ずみさん」。父は元東京都知事の石原慎太郎。叔父は石原裕次郎。

続きを読む


勝新太郎
勝新太郎(かつ しんたろう)は、日本の俳優・歌手。妻は中村玉緒。映画俳優として活躍後に「勝プロダクション」を設立し、劇場用映画やテレビ作品などの製作にも携わった。

続きを読む


吉村明宏
和田アキ子のモノマネを武器に一躍人気タレントへ。自身初の冠番組を持ちますが、スタッフに上から目線で怒ったりするなどの悪行を繰り返し関係が悪化。『アッコにおまかせ!』を降板後はテレビ出演は激減。

続きを読む


生島ヒロシ
生島ヒロシ(いくしま ひろし)は、日本のアナウンサー、タレント。元TBSアナウンサー。TBSラジオで『生島ヒロシのおはよう定食』と『生島ヒロシのおはよう一直線』を担当。20年以上続けています。

続きを読む


鈴木杏樹
鈴木杏樹(すずき あんじゅ)は、日本の女優、司会者。女優として司会者として長く活躍。特に『ミュージックフェア』では20年に渡り司会を担当。一時期CM14本に出演しCMの女王の異名をとったこともあります。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin002)

中川翔子
中川翔子(なかがわ しょうこ)は、日本の女性マルチタレント。愛称は『しょこたん』。2004年11月にブログで人気を博し、2006年には歌手デビューした。

続きを読む


ディック・ブルーナ
ディック・ブルーナはオランダのデザイナー、絵本作家。ミッフィーの生みの親として知られる。2017年2月16日に亡くなりました。ご冥福をお祈りします。

続きを読む


関連記事 (アスリート)

ラモス瑠偉
ラモス瑠偉(ラモス ルイ)は、ブラジル出身の元サッカー選手、サッカー指導者、タレント。選手時代はミッドフィルダーとして活躍。ヴェルディ川崎に所属し3連覇に貢献。引退後はサッカー指導者として活躍。

続きを読む


ガトリン
ウサイン・ボルトとジャスティン・ガトリンは陸上の短距離競走選手です。2015年の世界陸上の男子100メートル決勝で1/100秒の差でボルトが勝利。熱い戦いを見せてくれました。

続きを読む


前田健太
前田健太(まえだ けんた)はプロ野球選手(投手)。愛称はマエケン。広島東洋カープで活躍後、メジャーリーグに挑戦。現在は、ロサンゼルス・ドジャーズに所属。

続きを読む


小林公太
片岡安祐美(かたおか あゆみ)と小林公太(こばやし こうた)は、2017年8月27日に24時間テレビの番組内で結婚を申し込み承諾された夫婦です。片岡安祐美は茨城ゴールデンゴールズの選手兼監督。

続きを読む


寺本明日香、村上茉愛、杉原愛子、宮川紗江、内山由綺
2016年リオデジャネイロ五輪で女子体操に内定している寺本明日香、村上茉愛、杉原愛子、宮川紗江、内山由綺の5名の生年月日から求めた誕生日占いと相性占いを行います。全員20才以下のとても若い編成です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事