4,428 views

欽ちゃん「萩本欽一」の人生を見てみる(占い鑑定)

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 萩本欽一

記事公開日:2016年05月18日
最終更新日:2022年04月26日

萩本欽一
→ 画像検索はこちら

萩本欽一(はぎもと きんいち)は、コメディアン、タレント、司会者、ラジオパーソナリティー、演出家。

1970年代から1980年代に活躍しました。コント55号で人気に火がつき、その後ピンでコメディアンとして活躍。
欽ちゃんのどこまでやるの!?は、最高視聴率42%を記録。長きにわたり欽ちゃんの時代を築き上げました。

このページでは、萩本欽一(はぎもと きんいち)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ ダウンタウンの誕生日占いと相性占いを診断
→ さんちゃん「明石家さんま」の人生を見てみる
→ 笑っていいとも「タモリ」の人生を見てみる

萩本欽一(はぎもと きんいち)の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1941年5月7日
誕生日から算出したツォルキンバースディはKin64(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識)ウェブスペル(潜在意識)銀河の音
黄色い種赤い空歩く人音12

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

一言でいえばKin64の萩本欽一は、「自分のためだけに生きられないタイプです。人の輪の中で力を発揮します。」

広告

萩本欽一の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京の上野で生まれます。父はカメラの製造販売で成功し浦和に一軒家を建て一家そろって引っ越し。
萩本欽一は裕福な少年時代を過ごします。しかし小学5年の時に父の会社が倒産。極貧生活を余儀なくされ萩本の高校時代に一家で夜逃げ。

極貧の生活を抜け出したい萩本は中学卒業と同時に芸人を目指し喜劇役者・大宮敏充の元へ弟子入りを願いましたが「せめて高校卒業してからおいで」と断られます。
高校卒業後に東洋劇場に入団。研究生としてコメディアンの卵となります。

コント55号

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1965.5.7~2424410黄色の種青い鷲
1966.5.7~258911赤い月青い嵐
1967.5.7~2619412白い魔法使い青い夜
1968.5.7~273913青い嵐青い手
1969.5.7~281441黄色の種黄色の種

1966年 坂上二郎とコント55号を結成。
1968年 「お昼のゴールデンショー」でコント55号がブレイク。

以降、多くのレギュラー番組や冠番組を持つ人気者となりテレビで大活躍した。
しかし1970年代後半以降はコンビでのコントやテレビ出演の機会が減少し、次第に萩本欽一はコメディアンとして、坂上二郎は俳優としてピン活動に変わっていった。

ウェブスペルの色が青色の後半にコンビを結成します。
コント55号がブレイクした年に黒Kinが表れていますね。この年が青色の最後の年でもありました。
Kin39の年を一言でいえば、「自分の無力さに気づくことをバネに大きなことを成し遂げられる年です。自分の実力が発揮される機会をゆっくり待つ時です。」
この年から大きなことを成し遂げることになりましたね。

ピンでの活動(1970年代前半)

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1970.5.7~292492赤い月黄色い星
1971.5.7~30943白い魔法使い黄色い人
1972.5.7~311994青い嵐黄色い戦士
1973.5.7~32445黄色の種黄色い太陽
1974.5.7~331496赤い月黄色の種
1975.5.7~342547白い魔法使い黄色い星

1971年 日本テレビ『スター誕生!』の初代司会者。
1972年 ラジオ番組『欽ちゃんのドンといってみよう!!』がスタート。
1972年 オールスター家族対抗歌合戦の司会。
1975年 ラジオ・チャリティー・ミュージックソンのメインパーソナリティ。

萩本欽一のゲストの家族や素人出演者へのいわゆる「素人いじり」は、時代を追うごとに上手になり天才の域まで達しました。

ウェブスペルの色が黄色になりました。ピンでの活動が増えていきます。

29才のKin249は「事実を直視し、静かに成り行きを見守る年」。
30才のKin94は「自然で飾らない姿に好感を持たれる年」。
31才のKin198は「いつも精一杯いきている年です。ただし表現が下手。言葉より行動を。」

順風満帆な船出という感じですね

ピンでの活動(1970年代後半)

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1975.5.7~342547白い魔法使い黄色い星
1976.5.7~35998青い嵐黄色い人
1977.5.7~362049黄色の種黄色い戦士
1978.5.7~374910赤い月黄色い太陽
1979.5.7~3815411白い魔法使い黄色の種

1976年 『欽ちゃんのどこまでやるの!?』がスタート。
1978年 24時間テレビ 「愛は地球を救う」の総合司会。

欽ちゃんのどこまでやるの!?は最高視聴率42%を記録しました。

ウェブスペルの色が黄色の半ばのことでした。
24時間テレビ 「愛は地球を救う」の総合司会を開始した年はKin154
「独自の理論があり企画能力がある年です。自分以外に関心をもちます。」

ピンでの活動(1970年代後半以降)

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1980.5.7~3925912青い嵐黄色い星
1981.5.7~4010413黄色の種黄色い人
1982.5.7~412091赤い月赤い月
1983.5.7~42542白い魔法使い赤い空歩く人

1980年 欽ちゃんの爆笑仮装コンテストがスタート。
1981年 『欽ドン!良い子悪い子普通の子』がスタート。
1982年 『欽ちゃんの週刊欽曜日』がスタート。

ウェブスペルの色が黄色の後半から赤色の始めのころの事でした。

休養

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1984.5.7~431593青い嵐赤い地球
1985.5.7~4444黄色の種赤い竜
1986.5.7~451095赤い月赤い蛇

1985年 充電と称して当時のレギュラー番組を全て降板。半年間程休養する。
休養後テレビに復帰するも、復帰した番組は低視聴率に陥り、次々と打ち切りとなる。

ウェブスペルの色が赤色になり、復帰した番組でも以前のように視聴率はとれなくなります。
復帰した年のKin番号は4、「整理整頓ができる年です。物持ちが良いです。初めての物事が多い。それは天からの贈り物。」

これ以降テレビでの露出が減ります。

大学生

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2010.5.7~69293赤い月青い手
2015.5.7~74348白い魔法使い青い手
2019.5.7~7819412白い魔法使い青い夜
2011年3月10日にコント55号の相方だった坂上二郎がなくなります。3月11日に東日本大震災と2日連続で大きな出来事に見舞われます。
その後、認知症対策から受験勉強を始め2015年4月に駒澤大学仏教学部に進学。
しかし2019年5月に自主退学。

ウェブスペルの色が青色の前半に相方だった坂上二郎がなくなります。
青色の後半より最後付近まで駒澤大学で学びます。

そして現在

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2020.5.7~793913青い嵐青い手
2021.5.7~801441黄色の種黄色の種
2022.5.7~812492赤い月黄色い星
萩本欽一の現在は、ウェブスペルの色が黄色の始まり付近に当たります。
81才の時はKin249。事実を直視し、静かに成り行きを見守る年です。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。

繰り返しの感覚にとらわれたら、改めて見通しを立てる。

萩本欽一(はぎもと きんいち)のまとめ

1966年から1985年までの約20年間テレビで大活躍した萩本欽一ですが、個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の後半にコント55号を結成
黄色にピンでの活動を開始し多数の番組の司会をします。
赤色にレギュラー番組を全て降板し半年間程休養。復帰した番組は低視聴率に陥り、次々と打ち切りとなる。
2度目の青色の前半に相方だった坂上二郎がなくなります。青色の後半より最後付近まで駒澤大学で学びます。

萩本の番組や舞台をきっかけに活動の域を広げた関根勤、小堺一機、はしのえみ、柳葉敏郎勝俣州和らはその後もテレビやラジオ、舞台で活躍している。
東京では無名に近かったダウンタウンを自らの番組に出演させて、東京進出のきっかけを作っている。

じゃんけんの「あっち向いてホイ」は『スター誕生!』の欽ちゃんコーナーで放送されたのをきっかけに全国に広まったものです。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

キャリー・マリス
キャリー・マリスは、アメリカの生化学者。ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) 法の開発で知られ、その功績によりノーベル化学賞を受賞。サーフィン好きで、かつてLSDやマリファナを使用していたことを公言するなど、奇行も多い人物。

続きを読む


Ado(アド)
Ado(アド)は、日本の女性歌手。「うっせぇわ」でメジャーデビュー。「うっせぇわ」は「新語・流行語大賞」の年間トップテンに選出。映画『ONE PIECE FILM RED』でウタの歌唱キャストを担当。

続きを読む


藤原さくら
藤原さくら(ふじわら さくら)は、日本のシンガーソングライター、俳優。父の影響からギターを始めます。スカウトされ芸能事務所アミューズと育成契約。その後、メジャーデビュー、女優デビュー、自身初の他ミュージシャンへの楽曲提供。

続きを読む


西野七瀬
西野七瀬(にしの ななせ)は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。乃木坂46の元メンバー。乃木坂46ではグループ最多となる7度センターに抜擢。ソロ写真集『風を着替えて』は発行部数20万部を突破。auのCM「意識高すぎ!高杉くん」で貯杉先生として登場。

続きを読む


滝沢沙織
滝沢沙織(たきざわ さおり)は、日本の女優。ユニチカ水着キャンペーンガールに選出されデビュー。モデルとして活動後女優に転身。連続テレビドラマに23クール連続でレギュラー出演した記録を持ちます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin064)

トータス松本
トータス松本(トータス まつもと)は、日本のシンガーソングライター、俳優。ウルフルズのボーカルを担当。俳優としても活動。映画「UDON」や朝の連続テレビ小説「おちょやん」など代表作。ソロとしても活動。わいもくんの原作者。

続きを読む


白石麻衣
白石麻衣(しらいし まい)は、日本の女優、タレント。乃木坂46の元メンバー。愛称は、まいやん。乃木坂46の1期生。卒業するまでWセンターを含め5度センターを担当。2ndソロ写真集『パスポート』は女性ソロ写真集の歴代最高記録。

続きを読む


都倉俊一
都倉俊一(とくら しゅんいち)は、日本のシンガーソングライター、作曲家。1970年代に阿久悠とのコンビで、ピンク・レディーの大ヒットを連発。2017年より紅白歌合戦の「蛍の光」の指揮者を平尾昌晃より引き継ぎます。

続きを読む


ウォーレン・バフェット
ウォーレン・バフェットはアメリカ合衆国の投資家、経営者、資産家、慈善活動家。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務めます。

続きを読む


広瀬香美
広瀬香美(ひろせ こうみ)は、日本のシンガーソングライター。「ロマンスの神様」は175万枚、ベストアルバム『広瀬香美 THE BEST "Love Winters"』は240万枚など次々と大ヒットを記録。前夫は俳優の大沢たかお。

続きを読む


関連記事 (タレント)

東尾理子
東尾理子(ひがしお りこ)は、日本の女性プロゴルファー、タレント。父は元プロ野球選手・監督の東尾修、夫は俳優の石田純一。

続きを読む


ボビー・オロゴン
ボビー・オロゴンは、ナイジェリア出身のタレント、格闘家、実業家。『さんまのSUPERからくりTV』の街頭インタビューを受けスタッフに気にいられ同番組のレギュラーで出演。人気を得ます。

続きを読む


横澤夏子
横澤夏子(よこさわ なつこ)は、日本の女性お笑いタレント。高校卒業後にNSC東京校第15期生となりピン芸人として活躍。2016年の「R-1ぐらんぷり」に出場し決勝に進出してから人気が上昇。メディアで見られる存在となった。

続きを読む


伊集院光
伊集院光(いじゅういん ひかる)は、お笑いタレント、ラジオパーソナリティ、評論家、元落語家。雑学に優れクイズ番組では「ひらめきの天才」の異名を持つ。ライフワークはラジオ

続きを読む


ヒコロヒー
ヒコロヒーは、日本の女性お笑いタレント。芸風は仕掛けに頼らない一人コント。2021年から初の冠番組『キョコロヒー』が始まるなどテレビ出演が増え、2021年ブレイクタレントランキングで5位。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ