506 views

歌手・森山直太朗の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 森山直太朗

森山直太朗
→ 画像検索はこちら

森山直太朗(もりやま なおたろう)は、日本のシンガーソングライター、俳優。

「さくら(独唱)」でオリコン1位を獲得。紅白歌合戦に初出場。
朝の連続テレビ小説『エール』では藤堂清晴役で出演。

このページでは、森山直太朗(もりやま なおたろう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

森山直太朗の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1976年4月23日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin85(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い蛇 青い嵐 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い地球
互いに学びあう 反対kin 青い鷲
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い戦士
以てるもの同士の類似kin 白い魔法使い
鏡の向こうのもう一人の自分 kin176
絶対反対kin kin215

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin85の誕生日占いは、好きなことを行うとエネルギーが沸き、実力以上の力を発揮できるタイプです。浮気な試練。正式な手続きをしないと二の足を踏む。

広告

森山直太朗の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都渋谷区出身。
母は歌手の森山良子、父は歌手のジェームス滝。異母姉は元歌手の森山奈歩。
直太朗の名は「素直で太く朗らか」から付けられます。
サッカーが上手くプロを目指ており学生時代に歌手になる事は考えていませんでした。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.4.23~ 23 160 4 黄色い太陽 赤い地球
2000.4.23~ 24 5 5 赤い蛇 赤い竜
2001.4.23~ 25 110 6 白い犬 赤い蛇
成城大学に在学中から井の頭公園などでギターを抱えて歌うようになります。
1999年に大学を卒業。2001年にインディーズから「ワスレモノ」でデビュー。

ウェブスペルの色が赤色の半ばにインディーズから「ワスレモノ」でデビュー。

さくら

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.4.23~ 26 215 7 青い鷲 赤い月
2003.4.23~ 27 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
2004.4.23~ 28 165 9 赤い蛇 赤い地球
2002年に「星屑のセレナーデ」でメジャーデビュー。
同年の2ndシングル「さくら(独唱)」はオリコン1位を獲得。2003年末の紅白歌合戦に初出場。
2004年の1stアルバム「 新たなる香辛料を求めて」はオリコン1位を獲得。

ウェブスペルの色が赤色の後半に「さくら(独唱)」でオリコン1位を獲得。紅白歌合戦に初出場。

楽曲提供

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.4.23~ 29 10 10 白い犬 赤い竜
2006.4.23~ 30 115 11 青い鷲 赤い蛇
2007.4.23~ 31 220 12 黄色い太陽 赤い月
2005年の愛知万博の開会式テーマソング「マザーアース」を母・森山良子に提供。
同年、2度目の紅白歌合戦に出場。母・森山良子との共演。

2006年にNHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲「虹」を御徒町凧と共に作詞作曲。
同年、姉の森山奈歩と「おぎやはぎ」の小木博明が結婚。

2007年にアサヒビール・アサヒスタイルフリーのCMに出演。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に「マザーアース」「虹」を楽曲提供。

日本レコード大賞・作詞賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.4.23~ 32 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
2009.4.23~ 33 170 1 白い犬 白い犬
2010.4.23~ 34 15 2 青い鷲 白い魔法使い
2008年に『第50回日本レコード大賞』で「生きてることが辛いなら」が作詞賞を受賞。
同年、紅白歌合戦に3回目の出場。
2010年公開の映画『真幸くあらば』に楽曲提供、さらに音楽監督としても参加。

ウェブスペルの色が赤色の最後の年に日本レコード大賞・作詞賞を「生きてることが辛いなら」で受賞。

みいつけた!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.4.23~ 39 20 7 黄色い太陽 白い魔法使い
2016.4.23~ 40 125 8 赤い蛇 白い鏡
2017.4.23~ 41 230 9 白い犬 白い風
2015年に「みいつけた!」にセモタロウさん役で出演。
同年10月に追突事故を起こし半年間の活動休止。

ウェブスペルの色が白色の半ばに追突事故を起こし半年間の活動休止。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.4.23~ 42 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
2019.4.23~ 43 180 11 黄色い太陽 白い犬
2020.4.23~ 44 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
2018年にピアニストの平井真美子と結婚。
2020年に朝の連続テレビ小説『エール』に藤堂清晴役で出演。

ウェブスペルの色が白色の最後付近にピアニストの平井真美子と結婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.4.23~ 44 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
2021.4.23~ 45 130 13 白い犬 白い鏡
2022.4.23~ 46 235 1 青い鷲 青い鷲
森山直太朗の現在は、ウェブスペルの色が白色の最後付近に当たります。
44才の時はKin25。自分を必要としている人に尽くし輝ける年です。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。

全ての準備が整い、調和のとれた形で方向が定まる。

森山直太朗のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の半ばにインディーズから「ワスレモノ」でデビュー。
赤色の後半に「さくら(独唱)」でオリコン1位を獲得。紅白歌合戦に初出場。
赤色の最後の年に日本レコード大賞・作詞賞を「生きてることが辛いなら」で受賞。
白色の半ばに追突事故を起こし半年間の活動休止。
白色の最後付近にピアニストの平井真美子と結婚。


参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

伊沢拓司
伊沢拓司(いざわ たくし)、日本のクイズプレイヤー、YouTuber、起業家、タレント。クイズ番組で数々の好成績を収めます。クイズ番組『東大王』の第1シーズンでは東大王チームの大将を務めます。

続きを読む


ウエンツ瑛士
ウエンツ瑛士(ウエンツ えいじ)は、日本のタレント、俳優。4才から芸能活動を開始。俳優業やバラエティ番組で活躍する一方、小池徹平と「WaT」で歌手活動も行っていました。

続きを読む


山口智充
山口智充(やまぐち ともみつ)は、日本のお笑いタレント。かつてはお笑いコンビ「DonDokoDon」で活動。全国的に知名度を得て、以降ピンで活動することが多くなります。

続きを読む


ふかわりょう
ふかわりょうは、日本のお笑いタレント、エッセイスト、司会者。慶応大学在学中にお笑いタレントとしてデビュー。シュールなお笑いで「シュールの貴公子」と称され人気を博した。

続きを読む


檀ふみ
檀ふみ(だん ふみ)は、日本の女優、司会者、エッセイスト。クイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー。女優として清純派女優として活躍。父は作家の檀一雄。阿川佐和子との共著で講談社エッセイ賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin085)

円谷英二
円谷英二さんは特撮監督、映画監督、撮影技師、発明家。「特撮の神様」と呼ばれます。代表作はゴジラシリーズやウルトラマンなどあります。

続きを読む


さかなクン
さかなクンは魚類学者で、タレント、イラストレーターでもある。ハコフグの帽子をかぶり独特の口調とハイテンションでテレビに出演しています。

続きを読む


えなりかずき
えなりかずきは、日本の俳優・タレント。3才の頃から子役としてデビュー。『渡る世間は鬼ばかり』での演技で「橋田ファミリー」の主要メンバーと認知されブレイクします。

続きを読む


研ナオコ
研ナオコ(けん ナオコ)は、歌手、タレント、女優、コメディエンヌ。歌手として活動するだけではなく、数多くのCMやバラエティ番組にも出演するテレビ・タレントとしても活躍しました。

続きを読む


関連記事 (歌手)

江利チエミ
江利チエミ(えり チエミ)は、昭和期に活躍した日本の歌手・女優・タレント。天才少女と呼ばれ一躍スターダムに上がった。美空ひばり,雪村いづみとともに「3人娘」と呼ばれ大衆的に大人気を得た。

続きを読む


ライオネル・リッチー
ライオネル・リッチーは、アメリカの歌手、作曲家。現在までの全世界アルバムトータルセールスは、1億枚以上を誇る。

続きを読む


美川憲一
美川憲一(みかわ けんいち)は、演歌歌手、俳優、タレント、シャンソン歌手です。デビュー後に紅白歌合戦に7回連続出場。しかし大麻取締法違反で逮捕、以降仕事が激減。その後再起し奇跡の復活を遂げます。

続きを読む


岡村孝子
岡村孝子(おかむら たかこ)、日本のシンガーソングライター。あみんのメンバー。アルバムのセールス枚数は、総計600万枚を超えます。代表曲に「夢をあきらめないで」などあります。

続きを読む


小椋佳
小椋佳(おぐら けい)は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家。東京大学卒、銀行勤務の異例のシンガーソングライター。歌手としても活動する一方、多くの歌手に楽曲を提供。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ