344 views

歌手・橋幸夫の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 橋幸夫

橋幸夫
→ 画像検索はこちら

橋幸夫(はし ゆきお)は、日本の歌手、俳優、作曲家、プロデューサー。

1960年代半ばには舟木一夫、西郷輝彦とともに御三家としてアイドル的な人気を集めました。
歌手の他に、俳優としても活躍。

このページでは橋幸夫の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

橋幸夫(はし ゆきお)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1943年5月3日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin10です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い犬 赤い竜 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い鏡
互いに学びあう 反対kin 黄色い太陽
互いに秘かれあう 神秘kin 青い猿
以てるもの同士の類似kin 赤い月
鏡の向こうのもう一人の自分 kin251
絶対反対kin kin140

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

ひとことでいえばKin10の誕生日占いは、やさしく、オールマイティー、いろいろな才能をもっているタイプです。偶然の出会いを生かすことで日常が新鮮になります。

広告

橋幸夫(はし ゆきお)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都荒川区出身。呉服屋の9人兄弟の末っ子として生まれます。本名は橋幸男(はしゆきお)。
少年時代は悪童でボクシングに熱中。心配した母は遠藤実の歌謡教室に通わせたことが、歌の世界に入るきっかけになります。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1960.5.3~ 17 235 1 青い鷲 青い鷲
1961.5.3~ 18 80 2 黄色い太陽 青い嵐
1962.5.3~ 19 185 3 赤い蛇 青い夜
1960年に「潮来笠」でデビュー。第2回日本レコード大賞新人賞を受賞、同年、紅白歌合戦に初出場。
1962年に吉永小百合とのデュエット曲「いつでも夢を」を発売。100万枚を売る大ヒット。

ウェブスペルの色が青色の始めの年にデビュー。
青色の前半に吉永小百合とのデュエット曲「いつでも夢を」は大ヒットとなった。

御三家

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1963.5.3~ 20 30 4 白い犬 青い手
1964.5.3~ 21 135 5 青い鷲 青い猿
1965.5.3~ 22 240 6 黄色い太陽 青い鷲
1963年にコンサート中に暴漢に襲われ、その後遺症で左手小指は伸ばすことができなくなった。
1960年代半ばには舟木一夫、西郷輝彦とともに「御三家」としてアイドル的な人気を集めます。

ウェブスペルの色が青色の半ばには舟木一夫、西郷輝彦とともに「御三家」としてアイドル的な人気を集めます。

結婚・父になる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.5.3~ 26 140 10 黄色い太陽 青い猿
1970.5.3~ 27 245 11 赤い蛇 青い鷲
1971.5.3~ 28 90 12 白い犬 青い嵐
1969年に「京都・神戸・銀座」がヒット。同年、日本航空のスチュワーデスの凡子(なみこ)夫人と知り合い、1970年に婚約、1971年に結婚。後に長男・長女をもうけます。
1971年にテレビドラマ「子連れ狼」の主題歌を歌いヒット。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に結婚。長男、長女に恵まれます。

紅白歌合戦連続出場ストップ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1976.5.3~ 33 95 4 青い鷲 黄色い人
1977.5.3~ 34 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
1978.5.3~ 35 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
1976年に紅白歌合戦に17回連続出場。これで連続出場は止まった。
紅白へは1990年と1998年に出場。19回出場しています。

ウェブスペルの色が黄色の前半まで紅白歌合戦に17回連続出場。

リバスター音産

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.5.3~ 39 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
1983.5.3~ 40 50 11 白い犬 黄色い太陽
1993.5.3~ 50 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
1980年前後に漫才ブームの時期、ザ・ぼんちのぼんちおさむが橋幸夫のものまねを頻繁に披露。橋幸夫にもスポットが当たります。

橋幸夫の熱烈なファンである佐川急便の佐川清により1982年にリバスター音産が設立され、1983年に橋幸夫は副社長に就任。
しかし1993年に佐川急便事件に絡んで解散します。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に佐川清の支援でリバスター音産が設立され副社長に就任。
赤色の後半にリバスター音産が解散します。

それからの活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.5.3~ 69 235 1 青い鷲 青い鷲
2017.5.3~ 74 240 6 黄色い太陽 青い鷲
2012年に、「橋幸夫杯介助犬チャリティゴルフコンペ」が10年目を迎えたこの年、日本介助犬協会「介助犬サポート大使」に任命。
2017年末に凡子(なみこ)夫人と離婚。離婚成立後に五十代女性と再婚。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に日本介助犬協会「介助犬サポート大使」に任命。
青色の半ばに離婚、その後再婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.5.3~ 76 190 8 白い犬 青い夜
2020.5.3~ 77 35 9 青い鷲 青い手
2021.5.3~ 78 140 10 黄色い太陽 青い猿
橋幸夫の現在は、ウェブスペルの色が青色の半ばに当たります。
76才の時はKin190。職人気質な年です。心根は純な人です。理解されなくても貫きましょう。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 白い犬は、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝えます。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。

自分の立場を考えて状況を静観すること。

橋幸夫のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の始めの年にデビュー。
青色の前半に吉永小百合とのデュエット曲「いつでも夢を」は大ヒット。
青色の半ばには舟木一夫、西郷輝彦とともに御三家と言われアイドル的な人気を集めます。
青色の最期付近に結婚。長男、長女に恵まれます。
黄色の前半まで紅白歌合戦に17回連続出場。
黄色の最後付近に佐川清の支援でリバスター音産が設立され副社長に就任。
赤色の後半にリバスター音産が解散。
2度目の青色の始めの年に日本介助犬協会「介助犬サポート大使」に任命。
2度目の青色の半ばに離婚、その後再婚。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

キムラ緑子
キムラ緑子(キムラ みどりこ)は、日本の女優。長く劇団M.O.P.の看板女優として活躍。2000年頃からテレビにも進出。朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めます。

続きを読む


角田光代
角田光代(かくた みつよ)は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。読みやすい文体で家族や恋愛をテーマにした作品を発表し若い女性から支持を得ます。『対岸の彼女』で直木賞を受賞。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


岩田聡
岩田聡(いわた さとる)は、日本のゲームクリエイター。任天堂の4代目社長で、HAL研究所社長なども歴任。プログラマーとして数々の逸話を持つ人物。

続きを読む


山田花子
山田花子(やまだ はなこ)は、日本のお笑いタレント、コメディアン。中学時代からタレントとして活動。「笑っていいとも!」などにレギュラー出演し全国区で活動。結婚後、大阪に拠点を戻し吉本新喜劇の座員として復帰。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin010)

山本リンダ
山本リンダ(やまもと リンダ)は、日本の歌手、タレント。60年代70年代のアイドル。『こまっちゃうナ』『どうにもとまらない』『狙いうち』などのヒット曲で知られる。

続きを読む


荒木飛呂彦
荒木飛呂彦(あらき ひろひこ)は、日本の漫画家。代表作に『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズがあります。

続きを読む


森鴎外
森鴎外(もり おうがい)は、日本の明治・大正期の小説家、陸軍軍医。東大卒業後に陸軍軍医となり、陸軍省派遣留学生としてドイツに留学。帰国後に数々の小説を発表。夏目漱石と並び反自然主義の巨匠と言われます

続きを読む


本田翼
本田翼(ほんだ つばさ)は、日本のファッションモデル、女優。YouTubeチャンネルを開設しゲーム実況も行っています。

続きを読む


大泉洋
大泉洋(おおいずみ よう)は、日本の俳優、タレント、コメディアン、声優。「水曜どうでしょう」が北海道内で人気となり全国に番販され、それに伴い大泉の知名度も上がります。

続きを読む


関連記事 (歌手)

由紀さおり
由紀さおり(ゆき さおり)は、日本の歌手、タレント。「夜明けのスキャット」はミリオンセラー。いかりや長介の薫陶を受けコメディエンヌとして開花。女優・司会者としてマルチに活動。童謡ブームの火付け役。

続きを読む


山口百恵
山口百恵(やまぐち ももえ)は、日本の元歌手、元女優。芸能界デビューしわずか7年半、絶頂の時に俳優の三浦友和と結婚し芸能界を引退。引退してから25年以上たつ現在でも伝説的なアイドルとして語り継がれます。

続きを読む


工藤静香
工藤静香(くどう しずか)は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。夫はSMAPの木村拓哉。1980年代後半から1990年代後半に渡りヒット曲を連発した。

続きを読む


伊藤蘭
伊藤蘭(いとう らん)は、日本の女優、ナレーター、歌手。愛称はランちゃん。元キャンディーズのメンバー。夫は俳優の水谷豊。長女は女優の趣里。2019年より歌手活動を41年ぶりに再開。

続きを読む


坂本九
坂本九の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。坂本九(さかもと きゅう)は、俳優・タレント・歌手・司会者。愛称は、きゅうちゃん。『上を向いて歩こう』や『見上げてごらん夜の星を』、『明日があるさ』など数多くのヒット曲がある。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事