279 views

歌手・由紀さおりの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 由紀さおり

由紀さおり
→ 画像検索はこちら

由紀さおり(ゆき さおり)は、日本の歌手、タレント。

「夜明けのスキャット」は150万枚のミリオンセラー。
いかりや長介の薫陶を受けコメディエンヌとして開花。女優・司会者としてマルチに活動。
姉の安田祥子とユニットを組み、童謡ブームの火付け役。

このページでは、由紀さおりの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

由紀さおりの誕生日占い(性格診断)

生年月日:1948年11月13日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin209(絶対拡張Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い月 赤い月 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い月
互いに学びあう 反対kin 青い嵐
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い人
以てるもの同士の類似kin 白い犬
鏡の向こうのもう一人の自分 kin52
絶対反対kin kin79

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

絶対拡張Kinですので世の中に物事を広めやすいです。

ひとことでいえばKin209の誕生日占いは、粘り強くがんばれるタイプです。その分野の第一人者になりやすいです。初心忘れず誠意と努力で最後までやり遂げる。

広告

由紀さおりの個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

群馬県桐生市出身。本名・旧芸名は安田章子(やすだ あきこ)。
姉は歌手の安田祥子。姉妹でステージに立つことが多い。
由紀が3歳の時に横浜に引っ越し。

安田章子としてデビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1965.11.13~ 17 174 5 白い魔法使い 白い犬
1966.11.13~ 18 19 6 青い嵐 白い魔法使い
1967.11.13~ 19 124 7 黄色の種 白い鏡
少女時代から姉の安田祥子と共に本名の「安田章子」名義で童謡歌手として活躍。
1965年に本名の安田章子で「ヒッチハイク娘」で歌謡曲の歌手としてデビュー。しかしヒットに恵まれませんでした。

ウェブスペルの色が白色の半ばに安田章子で歌手デビュー。しかしヒットに恵まれませんでした。

由紀さおりとしてデビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.11.13~ 21 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
1970.11.13~ 22 179 10 青い嵐 白い犬
1971.11.13~ 23 24 11 黄色の種 白い魔法使い
1969年に10才年上の音楽ディレクター大森昭男と結婚。
芸名を由紀さおりに変え、1969年に「夜明けのスキャット」で再デビュー。深夜ラジオで紹介されジワジワと人気が出て、同年末の紅白歌合戦に初出場。「夜明けのスキャット」は150万枚売る大ヒットとなった。
紅白歌合戦には1978年まで10年連続で出場。1970年には「手紙」も大ヒット。

ウェブスペルの色が白色の後半に由紀さおりで再デビュー。「夜明けのスキャット」がミリオンヒット。紅白歌合戦に10年連続出場。

バラエティ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.11.13~ 24 129 12 赤い月 白い鏡
1973.11.13~ 25 234 13 白い魔法使い 白い風
1974.11.13~ 26 79 1 青い嵐 青い嵐
『8時ダヨ!全員集合』で共演したいかりや長介から薫陶を受け、コメディエンヌとしての才能も開花。
『8時ダヨ!全員集合』では歴代ゲスト出演回数ベスト10入り。『ドリフ大爆笑』においては最多ゲストで出演。

ウェブスペルの色が白色の最後付近にコメディエンヌとしての才能も開花。

女優・司会

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.11.13~ 34 139 9 青い嵐 青い猿
1983.11.13~ 35 244 10 黄色の種 青い鷲
1984.11.13~ 36 89 11 赤い月 青い嵐
1980年代にはテレビ司会者・タレント・女優としても活動。
1982年に『おもしろサンデー』へ桂文珍と共に司会として出演。
1983年に松田優作主演の『家族ゲーム』で母親役を演じ日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。

一方、私生活では結婚7年(1976年)で別居、14年目(1983年)に離婚。

ウェブスペルの色が青色の後半にはテレビ司会者タレント・女優としても活動。

童謡ブーム

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.11.13~ 37 194 12 白い魔法使い 青い夜
1986.11.13~ 38 39 13 青い嵐 青い手
1987.11.13~ 39 144 1 黄色の種 黄色の種
37才の時に子宮筋腫を患い、子宮内膜症も併発。41才の時に子宮を全摘。
1986年より姉・安田祥子と共に童謡コンサートをスタート。徐々に歌手活動に重点を置くようになります。
同年、日本レコード大賞企画賞を受賞。童謡ブームの火つけ役となります。
1987年に紅白歌合戦にソロで出場。

ウェブスペルの色が青色の最期付近より姉・安田祥子と共に童謡コンサートをスタート。徐々に歌手活動に重点。

赤とんぼ どこかに帰ろう

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.11.13~ 41 94 3 白い魔法使い 黄色い人
1992.11.13~ 44 149 6 赤い月 黄色の種
1993.11.13~ 45 254 7 白い魔法使い 黄色い星
1989年に姉・安田祥子と共に紅白歌合戦に初出場。
1992年に自身初となる紅白歌合戦の紅組のトリを務めます。
1993年より2001年まで姉・安田祥子と共に紅白歌合戦に連続出場。

「赤とんぼ どこかに帰ろう」は、ソロおよび姉・安田祥子とのユニットで紅白で合計5回歌っています。

ウェブスペルの色が黄色の前半より姉・安田祥子と共に紅白歌合戦に出場。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.11.13~ 71 124 7 黄色の種 白い鏡
2020.11.13~ 72 229 8 赤い月 白い風
2021.11.13~ 73 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
由紀さおりの現在は、ウェブスペルの色が白色の半ばに当たります。
71才の時はKin124。才能がありすぎてもてあますことのある年です。絞込みが大事です。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。

見極めがつかないことはこれから伸びる可能性あり。

由紀さおりのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばに安田章子で歌手デビュー。しかしヒットに恵まれませんでした。
白色の後半に由紀さおりで再デビュー。「夜明けのスキャット」がミリオンヒット。紅白歌合戦に10年連続出場。
白色の最後付近にいかりや長介の薫陶を受けコメディエンヌとしての才能も開花。
青色の後半にはテレビ司会者・タレント・女優としても活動。
青色の最期付近より姉・安田祥子と共に童謡コンサートをスタート。徐々に歌手活動に重点を置く。
黄色の前半より姉・安田祥子と共に紅白歌合戦に出場。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

キムラ緑子
キムラ緑子(キムラ みどりこ)は、日本の女優。長く劇団M.O.P.の看板女優として活躍。2000年頃からテレビにも進出。朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めます。

続きを読む


角田光代
角田光代(かくた みつよ)は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。読みやすい文体で家族や恋愛をテーマにした作品を発表し若い女性から支持を得ます。『対岸の彼女』で直木賞を受賞。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


岩田聡
岩田聡(いわた さとる)は、日本のゲームクリエイター。任天堂の4代目社長で、HAL研究所社長なども歴任。プログラマーとして数々の逸話を持つ人物。

続きを読む


山田花子
山田花子(やまだ はなこ)は、日本のお笑いタレント、コメディアン。中学時代からタレントとして活動。「笑っていいとも!」などにレギュラー出演し全国区で活動。結婚後、大阪に拠点を戻し吉本新喜劇の座員として復帰。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin209)

宮部みゆき
宮部みゆき(みやべ みゆき)は、日本の小説家。「我らが隣人の犯罪」でデビュー。推理・ミステリー・SF・時代小説など多彩な分野の作品を執筆。直木賞を始め数々の文学賞を受賞。

続きを読む


壇蜜
壇蜜(だん みつ)は日本のタレント、女優、グラビアモデル。様々な経歴の後にグラビアとしてデビュー。妖艶な雰囲気で注目され、映画、テレビに多数出演。

続きを読む


フォン・ノイマン
フォン・ノイマンは、20世紀科学史における最重要人物の一人。コンピュータや原子爆弾の開発者。数学・物理学・工学・計算機科学・経済学・気象学・心理学・政治学に影響。

続きを読む


関連記事 (タレント)

磯山さやか
磯山さやか(いそやま さやか)は、日本のグラビアアイドル、タレント。愛称は「いそっち」。野球好きのグラミアアイドル、いばらき大使として知られます。デビュー以来、幅広く活躍しています。

続きを読む


コサキン
コサキンは、小堺一機と関根勤によるコンビ。1981年にコンビを結成。欽ちゃんのどこまでやるの!?で全国的に知られるようになった。コサキンは小堺一機と関根勤が一緒に仕事をする時の通称だそうです。

続きを読む


綾小路きみまろ
綾小路きみまろ(あやのこうじ きみまろ)は、日本の漫談家、お笑いタレント。中高年世代が持つ人生の悲哀をユーモラスに語るのが特徴。とりわけ中高年に人気が高く「中高年のアイドル」とも言われます。

続きを読む


関連記事 (歌手)

布施明
布施明(ふせ あきら)は、歌手・シンガーソングライター、俳優。歌手としてデビュー。「シクラメンのかほり」がミリオンヒット。ハリウッド女優と結婚・離婚。その後、俳優としても活動。

続きを読む


GACKT
GACKT(ガクト)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。「芸能人格付けチェック!」で一流芸能人に分類されるほどの正解率を誇ります。

続きを読む


橋幸夫
橋幸夫(はし ゆきお)は、日本の歌手、俳優、作曲家、プロデューサー。1960年代半ばには舟木一夫、西郷輝彦とともに御三家としてアイドル的な人気を集めました。歌手の他に、俳優としても活躍。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事