2,016 views

水スペ探検隊・川口浩の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 川口浩

記事公開日:2018年01月23日
最終更新日:2021年03月17日

川口浩
→ 画像検索はこちら

川口浩(かわぐち ひろし)は、日本の映画俳優・タレント・探検家です。

映画俳優としてトップスターとなりその後実業界に転身。
成功をおさめた後、芸能界に復帰。「川口浩探検隊」はシリーズ全43回に及ぶ人気を博しました。

このページでは、川口浩(かわぐち ひろし)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

川口浩の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1936年8月22日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin166です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 赤い地球 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い魔法使い
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin95
絶対反対kin kin36

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

ひとことでいえばKin166の誕生日占いは、人望のあるタイプです。相手をわかってあげましょう。主導権を握ると相手にゆずることができる。

広告

川口浩の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京で生まれます。
父の川口松太郎(かわぐち まつたろう)は日本の小説家、劇作家。戦後の大映映画の専務です。
母は女優の三益愛子。川口浩は長男として生まれます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1956.8.22~ 20 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1957.8.22~ 21 31 5 青い猿 青い手
1958.8.22~ 22 136 6 黄色い戦士 青い猿
慶應義塾高等学校を中退後、俳優座演劇研究所に入学。
1956年に映画デビュー。以降、大映現代劇の若手二枚目トップスターとして多くの映画に主演します。

ウェブスペルの色が青色の前半に映画にデビューし若手二枚目トップスターとして多くの映画に主演します。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1960.8.22~ 24 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
1961.8.22~ 25 191 9 青い猿 青い夜
1960年に野添ひとみと結婚。
2人は映画での共演作も多く、数年越しの交際を実らせての結婚でした。
その後は娘2人をもうけ、おしどり夫婦として知られます。

ウェブスペルの色が青色の半ばに結婚し2児に恵まれます。

実業界に転身

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1962.8.22~ 26 36 10 黄色い戦士 青い手
1963.8.22~ 27 141 11 赤い竜 青い猿
1964.8.22~ 28 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
1962年に大映を退社し実業界に転身。
不動産管理会社を作り、アメリカ西海岸などの集合住宅を視察します。
1964年に父の自宅のある東京都文京区春日を建て替え、自宅兼デラックス賃貸及び分譲マンションである川口アパートメントを開業。入居者には有名芸能人たちが多数いたそうです。川口アパートメントは50年超えた現在でもあります。

ウェブスペルの色が青色の後半に実業界に転身し川口アパートメントの運営を行います。

芸能界に復帰

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.8.22~ 31 41 2 赤い竜 黄色い太陽
1968.8.22~ 32 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
1969.8.22~ 33 251 4 青い猿 黄色い星
1967年に芸能界に復帰し2足の草鞋を履きます。
復活後はテレビを活躍の場とし川口プロモーションを設立。

1969年にドラマ「キーハンター」にレギュラー出演。競馬中継の司会・解説も務めました。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに芸能界に復帰しテレビを活躍の場とします。

川口浩探検隊

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1977.8.22~ 41 51 12 青い猿 黄色い太陽
1978.8.22~ 42 156 13 黄色い戦士 黄色の種
1984.8.22~ 48 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1985.8.22~ 49 111 7 青い猿 赤い蛇
1977年より『水曜スペシャル』で「川口浩探検隊」が放送開始、シリーズ全43回に及ぶ人気を博した。

川口浩探検隊は川口が隊長となり世界各地の秘境を猛獣・UMA・少数民族などを求めて探検する番組。娯楽要素を随所に盛り込み、過剰な演出は人気を呼んだ。
1985年にやらせ事件が社会問題となり川口浩が胃ガンと診断されたのが重なり番組は終了した。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近から赤色の半ばまで川口浩探検隊で人気を博しました。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.8.22~ 50 216 8 黄色い戦士 赤い月
1987.8.22~ 51 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
川口浩の晩年は両親・親類・家族が相次いで亡くなるなど不幸が続いた。

1985年に父・松太郎が亡くなり自身はガンの手術。一時は持ちなおしたが1987年に食道癌と喉頭癌が発覚。

1987年11月17日に51才で亡くなりました。

ウェブスペルの色が赤色の後半に亡くなりました。

川口浩のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の前半に映画にデビューし若手二枚目トップスターとして多くの映画に主演します。
青色の半ばに結婚し2児に恵まれます。
青色の後半に実業界に転身し川口アパートメントの運営を行います。
黄色の始めころに芸能界に復帰しテレビを活躍の場とします。
黄色の最後付近から赤色の半ばまで川口浩探検隊で人気を博しました。
赤色の後半に亡くなりました。

川口浩探検隊を嘉門達夫がお約束要素を含めてネタにした曲「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」をヒットさせた。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

小川直也
小川直也(おがわ なおや)は、日本の柔道家、総合格闘家、平成期のプロレスラー。バルセロナオリンピックの95kg超級銀メダリスト。全日本選手権で優勝7回。フリー格闘家に転向。「ハッスル!」という掛け声とポーズでも有名。

続きを読む


松田翔太
松田翔太(まつだ しょうた)は、日本の俳優。父は俳優の松田優作、母は女優の松田美由紀、兄は俳優の松田龍平、妹は歌手の松田ゆう姫。妻はモデルの秋元梢。ドラマ『LIAR GAME』で連続ドラマで初主演し注目を集めます。

続きを読む


朝日奈央
朝日奈央(あさひ なお)は、日本の女性マルチタレント。 2008年よりアイドルグループ・アイドリング!!!の15号として活動。卒業後はソロで活動。2017年の年末年始の番組への出演で高い評価を得て以降バラエティ番組に多く出演。

続きを読む


中丸雄一
中丸雄一(なかまる ゆういち)は日本の歌手、タレント、俳優。KAT-TUNのメンバー。愛称は「ゆめっち」。俳優、司会業でも活躍。芸能活動を行いながら早稲田大学人間科学部の通信課程を卒業。

続きを読む


キートン山田
キートン山田(キートン やまだ)は、日本の声優、俳優、ナレーター。『ちびまる子ちゃん』のナレーションを約30年務めた人物。独特な口調は「キートン節」と呼ばれます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin166)

大山のぶ代
大山 のぶ代さんは、声優、歌手、タレント、料理研究家。テレビ朝日版「ドラえもん」で、ドラえもん役の声優を26年担当しました。

続きを読む


石井ふく子
石井ふく子(いしい ふくこ)は、テレビプロデューサー。TBSでプロデューサーとして活躍。TBS退社後もフリーランスプロデューサーとしてTBSドラマの黄金時代を支えます。

続きを読む


川島なお美
川島なお美(かわしま なおみ)は、日本の女優、タレント、歌手。女子大生タレントの先駆け的存在。ヘアーヌード写真集が転機となり、ドラマ『失楽園』で女優として開花。その後、セレブ女優に方向転換。

続きを読む


三田紀房
三田紀房(みた のりふさ)は、日本の漫画家。30才で漫画家としてスタート。代表作に『ドラゴン桜』『クロカン』などあります。

続きを読む


稀勢の里
稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか)は、元大相撲力士。第72代横綱。貴乃花以来、14年間途絶えていた日本出身横綱でしたが2017年に稀勢の里が横綱に昇進。2019年1月に引退。

続きを読む


関連記事 (俳優)

松田優作
松田優作さんは、刑事ドラマ「太陽にほえろ!」で人気を獲得。1970年代後半からアクションスターとして人気を博し、1980年代からは演技派としても認められるようになりました。

続きを読む


相葉雅紀
相葉雅紀(あいば まさき)は、歌手、俳優、タレント、司会者であり、男性アイドルグループ・嵐のメンバー。

続きを読む


藤岡弘、
藤岡弘、(ふじおか ひろし)は、剣豪・俳優・タレント・国際武道家。『仮面ライダー』で一躍人気俳優となる。2002年に川口浩の後任として『藤岡弘、探検シリーズ』が開始される

続きを読む


辰巳琢郎
辰巳琢郎(たつみ たくろう)は、日本の俳優、タレント。知的で端正な二枚目ぶりの俳優として個性を発揮。クイズ番組で驚異的な正解率を出し1990年代に「芸能界のクイズ王」と呼ばれます。

続きを読む


鈴木亮平
鈴木亮平(すずき りょうへい)は、日本の俳優。2014年にNHK朝ドラ『花子とアン』のヒロインの夫・村岡英治役。2018年の大河ドラマ『西郷どん』で主人公の西郷隆盛を演じます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ