1,109 views

小説家「池井戸潤」の人生を見てみる(占い鑑定)

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 池井戸潤

記事公開日:2016年05月26日
最終更新日:2017年07月14日

池井戸潤
→ 画像検索はこちら

池井戸潤(いけいど じゅん)は、日本の小説家。

1998年に果つる底なきで江戸川乱歩賞受賞し小説家デビュー。
半沢直樹、ルーズヴェルト・ゲーム、下町ロケットと作品が映像化されることが多い作家です。
2013年には半沢直樹の中で使われた「倍返し」が流行語大賞を受賞します。

このページでは池井戸潤の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 倍返しだ「堺雅人」の誕生日占いと人生鑑定
→ 俳優「阿部寛」の誕生日占いと人生鑑定
→ 小説家「赤川次郎」の誕生日占いと人生鑑定

池井戸潤の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1963年6月16日生まれ
誕生日から算出したツォルキンバースディはKin74です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い魔法使い 白い世界の橋渡し 音9

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

一言でいえばKin74の池井戸潤は、喜びを分かち合うことができ、面倒見の良いタイプです。相手の非ではなく自分の非を認めなさい。

広告

池井戸潤の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

岐阜の出身。
子どもの頃から、図書館にある国内外のミステリを読み漁る日々を送り、特に江戸川乱歩賞受賞作は必ず買って読むほどだった。
作家を志すきっかけになった。慶應義塾大学文学部および法学部卒業します。

銀行マン

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.6.16~ 24 254 7 白い魔法使い 黄色い星
1988.6.16~ 25 99 8 青い嵐 黄色い人
1994.6.16~ 31 209 1 赤い月 赤い月
1995.6.16~ 32 54 2 白い魔法使い 赤い空歩く人
1996.6.16~ 33 159 3 青い嵐 赤い地球

1988年 三菱銀行に入行
1995年 32歳の時に三菱銀行を退職

退職後はコンサルタント業のかたわら、ビジネス書の執筆や税理士・会計士向けのソフトの監修をしていた
ビジネス書は順調だったが、夢だった江戸川乱歩賞を目指し始める。
ビジネス書は銀行からの融資のノウハウ本が多かった。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに就職します。
ウェブスペルの色が赤色に変わり、32才の時に退職します。
その年のKin番号は54。ひところでいえば
張り詰めた緊張感を持つ年です。あなたの生かす力を背後に感じれば順風満帆の勢い。母性能力ある。

小説家デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.6.16~ 35 109 5 赤い月 赤い蛇
2000.6.16~ 37 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
2003.6.16~ 40 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
2004.6.16~ 41 219 11 青い嵐 赤い月
2005.6.16~ 42 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
1998年 『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞受賞。小説家デビュー。
2000年 テレビドラマ『果つる底なき』放送。
2003年 半沢直樹シリーズ・オレたちバブル入行組の連載開始
2004年 『株価暴落』出版

ウェブスペルの色が赤色の半ばに小説家デビューします。
その年に黒Kinが表れていますね。Kin番号は109。ひとことでいえば
世の中の流れに敏感なタイプです。巻きこまれる面もあります。失うことは与えること。マイナスをプラスに。
半沢直樹シリーズの連載開始した年にも黒Kinが表れていますね。

人気作家

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.6.16~ 43 169 13 赤い月 赤い地球
2008.6.16~ 45 119 2 青い嵐 白い鏡
2009.6.16~ 46 224 3 黄色の種 白い風
2010.6.16~ 47 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
2011.6.16~ 48 174 5 白い魔法使い 白い犬
2006年 シャイロックの子供たちの執筆
2008年 下町ロケットの連載開始
2009年 ルーズヴェルト・ゲームの連載開始
2010年 『鉄の骨』で第31回吉川英治文学新人賞受賞
2011年 下町ロケットで第145回直木賞受賞

小説家デビューしてから銀行や組織の小説が多かったが、「シャイロックの子供たち」からそこで働く「生きている人」を書くことが目標に変わります。

ウェブスペルの色が白色に変わります。
吉川英治文学新人賞を取った時に黒Kinが表れていますね。
この年のKin番号はKin69。ひとことでいえば
感受性が鋭く、臆病さと頑固さを持っている年です。笑いの中に空虚さと豊かさがある。コミュニケーションが大事。

続々とテレビドラマ化

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.6.16~ 49 19 6 青い嵐 白い魔法使い
2013.6.16~ 50 124 7 黄色の種 白い鏡
2014.6.16~ 51 229 8 赤い月 白い風

2013年 テレビドラマ『半沢直樹』放送。

初回平均視聴率19.4%を記録
半沢直樹の中で使われた「倍返し」が2013年の流行語大賞となります。

2014年 テレビドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』放送。
2015年 テレビドラマ『下町ロケット』放送。

ウェブスペルの色が白色の半ばのことでした。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.6.16~ 53 179 10 青い嵐 白い犬
2017.6.16~ 54 24 11 黄色の種 白い魔法使い
2018.6.16~ 55 129 12 赤い月 白い鏡
池井戸潤の現在は、ウェブスペルの色が白色の最後付近に当たります。
54才の時はKin24。柔軟な感性の持ち主で素直な考えが出来る年です。

  • 音11は、オリジナリティが高く、独自の道を歩むエネルギーの強いです。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。

勢いが増しているときこそタヅナを引き締めること。

池井戸潤のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに銀行に就職
赤色の始めに銀行を退職。その後ビジネス書などを執筆します。
赤色の半ばに小説家デビュー
白色の始めに下町ロケットで直木賞受賞
白色の半ばには続々と自作がテレビドラマ化されます。

小説家にデビューするまでビジネス書を書いていた池井戸潤ですが1996年から2000年まで10冊に及びます。
小説家デビューが1998年ですので2年重なっていますね。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

香川照之
香川照之(かがわ てるゆき) は俳優、歌舞伎役者。俳優としてデビューしてから認知度を上げ2011年に歌舞伎俳優としても活躍します。

続きを読む


中村獅童
二代目 中村獅童(にだいめ なかむら しどう) は、歌舞伎役者、俳優・声優。2012年に映画『ピンポン』で準主役を射止めて以降多数の映画やドラマに出演。

続きを読む


久本雅美
久本雅美(ひさもと まさみ) は、日本のお笑いタレント、コメディエンヌ、司会者、女優。笑っていいとも!では17年半レギュラーを務めました。

続きを読む


宇多田ヒカル
宇多田ヒカル(うただ ヒカル)は、日本のシンガーソングライター、音楽家、歌手。デビュー曲がいきなり大ヒットとなり社会現象となります。

続きを読む


梅沢富美男
梅沢富美男(うめざわ とみお)は、日本の俳優、歌手、タレント。下町の玉三郎の異名を持ちます。歌手としては、1982年に『夢芝居』が大ヒット。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (作家)

吉川英治
吉川英治(よしかわ えいじ)は、日本の小説家。『宮本武蔵』は広範囲な読者を獲得し、大衆小説の代表的な作品となった。

続きを読む


石井ふく子
石井ふく子(いしい ふくこ)は、テレビプロデューサー。TBSでプロデューサーとして活躍。TBS退社後もフリーランスプロデューサーとしてTBSドラマの黄金時代を支えます。

続きを読む


瀬戸内寂聴
瀬戸内寂聴(せとうち じゃくちょう)は、小説家、天台宗の尼僧。結婚、出産、不倫、離婚、人気作家となり、その後出家。出家した後も精力的に作家活動は続けています。

続きを読む


さだまさし
さだまさしさんは、シンガーソングライター、タレント、小説家。トークの軽妙さはテレビ・ラジオ・コンサートなど大きな魅力とされている。

続きを読む


阿久悠と都倉俊一
阿久悠さんは作詞家、都倉俊一さんは作曲家。この2人がコンビで送り出した歌手に山本リンダやピンクレディーがいます。昭和の時代を代表する2人の歌手です。都倉俊一さんはピンクレディーの名付けの親でもあります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事