3,578 views

渡る世間「泉ピン子」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 泉ピン子

記事公開日:2016年09月25日
最終更新日:2021年07月24日

泉ピン子
→ 画像検索はこちら

泉ピン子(いずみ ピンこ)は、日本の女優、コメディエンヌ、漫談家、歌手。

NHK連続テレビ小説『おしん』の母親役で高く評価される。
『渡る世間は鬼ばかり』では20年以上に渡りシリーズ化で放送され泉の代表作の一つとなった。

このページでは、泉ピン子(いずみ ピンこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 脚本家「橋田壽賀子」の誕生日占いと人生鑑定
→ プロデューサー「石井ふく子」の誕生日占いと人生鑑定
→ 釣りバカ日誌「西田敏行」の人生を見てみる

泉ピン子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1947年9月11日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin41です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 黄色い太陽 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin220
絶対反対kin kin171

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

ひとことでいえばKin41の誕生日占いは、一つの事をやり続けると成功するタイプです。浮き沈みの激しい面もあります。時に従い周囲に従い初めて自分の場所に立つ。

広告

泉ピン子の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都出身。本名は江口小夜(えぐち さよ)。父は浪曲師(ろうきょくし)の広沢竜造。
浪曲師とは三味線を伴奏に用いて話を語り、歌う人で明治時代後期から昭和中期にかけて日本全国で庶民的な人気を博します。

日本音楽高等学校中退後の1966年に牧伸二を師事し三門マリ子(みかど まりこ)の芸名で歌謡漫談家としてデビューするがキャバレー回りが続く。
1975年に日本テレビ『テレビ3面記事 ウィークエンダー』の番組リポーターを担当したのを機に泉ピン子と改名。

女優業に乗り出す

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.9.11~ 28 121 4 赤い竜 白い鏡
1976.9.11~ 29 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1977.9.11~ 30 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1978.9.11~ 31 176 7 黄色い戦士 白い犬
1979.9.11~ 32 21 8 赤い竜 白い魔法使い

1975年 テレビドラマ『花吹雪はしご一家』に出演。この頃から女優業に乗り出す。
1977年 歌手としても1977年に「哀恋蝶」が10.9万枚(オリコンチャート最高位37位)のヒットを記録した。
1980年 『手ごろな女』(日本テレビ)でドラマ初主演。

ウェブスペルの色が白色の前半に女優業に乗り出します。
白色の半ばには歌手として10万枚のヒットを記録します。

おしん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.9.11~ 35 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1983.9.11~ 36 181 12 赤い竜 白い犬
1984.9.11~ 37 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い

1983年 NHK連続テレビ小説『おしん』の母親役。脚本を書いた橋田壽賀子にも高く評価され、以降は橋田作品に数多く出演。
平均視聴率は52.6%最高視聴率62.9%。これはビデオリサーチの統計史上、テレビドラマの最高視聴率記録となっている。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に『おしん』の母親役で高く評価されます。

渡る世間は鬼ばかり

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.9.11~ 42 31 5 青い猿 青い手
1990.9.11~ 43 136 6 黄色い戦士 青い猿
1991.9.11~ 44 241 7 赤い竜 青い鷲
1992.9.11~ 45 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
1997.9.11~ 50 91 13 青い猿 青い嵐

1989年 内科医の武本憲重と結婚。結婚を後押ししたのは友人である西田敏行だったと言う。夫との間に子はいない。
1990年 『渡る世間は鬼ばかり』が放送開始、以後20年以上に渡りシリーズ化で放送され泉の代表作の一つとなる。
長い台詞にも動じない安定した演技で、以後橋田ファミリーの旗頭的な存在である
1992年 NHK連続テレビ小説『おんなは度胸』の主演。平均視聴率は38.5%、最高視聴率は45.4%
1997年 元々は酒を飲むのが好きだったが、50歳で酒を飲むのをやめた。

ウェブスペルの色が青色の半ばから『渡る世間は鬼ばかり』が放送開始されます。以後橋田ファミリーの旗頭的な存在になります。
青色の最期の年に酒を飲むのを止めます。

2000年以降

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.9.11~ 57 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
2005.9.11~ 58 151 8 青い猿 黄色の種
2007.9.11~ 60 101 10 赤い竜 黄色い人
2008.9.11~ 61 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
2013.9.11~ 66 211 3 青い猿 赤い月
2014.9.11~ 67 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人

2005年 TBS系列特別ドラマで美空ひばりの母親役を演じるために16kgものダイエットに成功。
2008年 『おふくろ先生の診療日記』の主演。
2014年 NHK連続テレビ小説『マッサン』の母役

ウェブスペルの色が黄色の半ばに16kgものダイエットに成功
赤色の前半にNHK連続テレビ小説『マッサン』の母役を演じます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.9.11~ 73 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
2021.9.11~ 74 11 11 青い猿 赤い竜
2022.9.11~ 75 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
泉ピン子の現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後付近に当たります。
74才の時はKin11。開放的な年です。個性を素直に出せば喜びや感動を伝えることができます。

  • 音11は、オリジナリティが高く、独自の道を歩むエネルギーの強いです。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

偶然の出会いを生かすことで日常が新鮮になります。

泉ピン子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の前半に女優業に乗り出します。
白色の半ばには歌手として10万枚のヒットを記録します。
白色の最後付近に『おしん』の母親役で高く評価されます。

青色の半ばから『渡る世間は鬼ばかり』が放送開始されます。以後橋田ファミリーの旗頭的な存在になります。
青色の最期の年に酒を飲むのを止めます。

黄色の半ばに16kgものダイエットに成功
赤色の前半にNHK連続テレビ小説『マッサン』の母役を演じます。

女優業の傍ら『渡る世間』での大人しい嫁役とは相反し、バラエティ番組では元コメディエンヌとしての才を活かし、テンションも高く時に辛口なコメントも交えたトークを展開している


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

スザンヌ
福岡を中心にローカルタレントとして活動後に上京。クイズ番組 『クイズ!ヘキサゴンII』に出演し珍解答を連発。「おバカタレント」の代表格としてバラエティ番組への出演が急増。

続きを読む


佐藤二朗
佐藤二朗(さとう じろう)は、日本の俳優、脚本家、映画監督。演劇ユニット「ちからわざ」を旗揚げし脚本、出演を担当。映像作品では個性豊かなトリッキーな役どころで活躍。

続きを読む


土屋アンナ
土屋アンナ(つちや アンナ)は、日本のモデル、歌手、女優。タレントとしてテレビ等に出演するほか、モデル、女優、歌手としても活動。映画『下妻物語』では深田恭子とW主演し8つの映画賞を受賞。

続きを読む


つるの剛士
つるの剛士(つるの たけし)は、日本のタレント、歌手、俳優。『クイズ!ヘキサゴンII』でおバカタレントとしてブレイク。羞恥心のリーダーとして活躍。また、積極的に育児に関わる男性「イクメン」の代表的ひとりとして数えられます。

続きを読む


布川敏和
布川敏和(ふかわ としかず)は、日本の俳優、タレント。愛称はふっくん。ドラマ『2年B組仙八先生』で俳優デビュー。シブガキ隊として活動。シブガキ隊解散後は俳優として活動。元妻は女優のつちやかおり。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin041)

渡辺謙
渡辺謙(わたなべ けん)は、俳優。大河ドラマ『独眼竜政宗』で主演、一躍有名俳優となります。しかし白血病を発病し闘病と復帰を繰り返します。その後映画『ラストサムライ』に出演し高い評価を得ます。

続きを読む


第二代・野村徳七
第二代・野村徳七(のむら とくしち)は、日本の実業家。金融を中心とした野村證券など野村財閥を築いた人物です。

続きを読む


橋本真也
橋本真也(はしもと しんや)は、日本のプロレスラー。新日本プロレス時代はIWGPヘビー級王者を通算20回防衛。小川直也との抗争で一時引退。プロレスリングZERO-ONEを旗揚げし他団体にも参加。

続きを読む


関連記事 (タレント)

森尾由美
森尾由美(もりお ゆみ)は、日本の女優、声優、タレント。アイドル歌手・女優としてデビュー。トレンディドラマに出演し人気を博します。その後、『元気が出るテレビ』『はなまるマーケット』にレギュラー出演。

続きを読む


だいたひかる
だいたひかるは、日本のお笑い芸人。R-1ぐらんぷり初代チャンピオン。歌を前フリに毒のあるツッコミを入れる一言漫談。どーでもいいですよの話で有名。

続きを読む


和田アキ子
和田アキ子は、歌手、タレント、女優、司会者、ラジオパーソナリティ。1968年にデビュー、1985年にアッコにおまかせ!の司会を担当。紅白歌合戦には現在もなお連続出場しています。

続きを読む


関連記事 (女優)

余貴美子
余貴美子(よ きみこ)は、日本の女優。高校を卒業してから劇団に入団。その後、東京壱組を結成。東京壱組は解散後は活躍の場をTVや映画に移します。代表作に『おくりびと』『ディア・ドクター』などあります。

続きを読む


樋口可南子
樋口可南子(ひぐち かなこ)は、日本の女優。夫はコピーライターの糸井重里。日本でヘアーヌード解禁のきっかけとなった写真集を発売。ソフトバンクのCM、白戸家シリーズの母役などで有名。

続きを読む


井川遥
井川遥(いがわ はるか)は、日本の女優。2000年ごろに癒し系アイドルとして人気を得ます。多くのテレビドラマ、映画、舞台などに出演。サントリー「角ハイボール」のCMに出演し大ヒット。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ