5,013 views

渡良瀬橋「森高千里」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 森高千里

記事公開日:2016年09月19日
最終更新日:2020年05月11日

森高千里
→ 画像検索はこちら

森高千里(もりたか ちさと)は、日本の歌手・音楽家、タレント。

1987年デビュー。GiRLPOPと呼ばれる、個性的な女性歌手を全面的に打ち出した音楽ジャンルの創始者として知られている。夫は俳優の江口洋介。

このページでは森高千里の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 江口洋介と森高千里の誕生日占いと相性占い

森高千里の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1969年4月11日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin118です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 白い鏡 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い鏡
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin143
絶対反対kin kin248

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin118の誕生日占いは、どんな状況でも自分を突き通すことが期待できるタイプです。変化に身を任せよう。頭の切り替えが大事。

広告

森高千里の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

1969年に大阪府茨木市に生まれる。幼少に一家で熊本県熊本市に移る。
実父はロカビリーバンド「オレンジ・ヒル」で活動していた森高茂一。
高校卒業後、1987年にメジャーデビューした。

芸能界入り

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.4.11~ 17 83 5 青い夜 青い嵐
1987.4.11~ 18 188 6 黄色い星 青い夜
1988.4.11~ 19 33 7 赤い空歩く人 青い手
1989.4.11~ 20 138 8 白い鏡 青い猿
1986年 「第1回ポカリスエット・イメージガールコンテスト」でグランプリを受賞。

1987年 映画『あいつに恋して』に出演、同映画の主題歌「NEW SEASON」で歌手デビュー

1989年 南沙織の楽曲のリメイク「17才」がヒット。一躍人気ミュージシャンとなる。
「17歳」では意図的にパンチラを見せ、男性ファンを獲得することになった。

ウェブスペルの色が青色の半ばに芸能界入りします。
青色の後半には「17才」がヒットで人気アイドルとなります。

「私がオバさんになっても」のヒット

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.4.11~ 23 193 11 赤い空歩く人 青い夜
1993.4.11~ 24 38 12 白い鏡 青い手
1994.4.11~ 25 143 13 青い夜 青い猿
1998.4.11~ 29 43 4 青い夜 黄色い太陽
1999.4.11~ 30 148 5 黄色い星 黄色の種
2000.4.11~ 31 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
1992年 「私がオバさんになっても」のヒットで女性ファンの心を掴む。

1993年 シングル「渡良瀬橋」「風に吹かれて」のヒット

1995年 阪神淡路大震災救済イベントで泉谷しげるのバンドに参加、ドラムを担当

1997年、1998年にローソンのCMで細野晴臣と夫婦役で共演

1999年 俳優の江口洋介と結婚。2000年2月に長女、2002年5月に長男を出産。

1999年末に産休に入って以後は育児を優先するため、芸能活動は休業状態であったが、休業期間中もCMや雑誌の連載などの活動は散発的に行っていた。

ウェブスペルの色が青色の最期付近にヒット曲を連発します。
ウェブスペルの色が黄色の半ばに結婚します。結婚したころには多くの黒Kinが表れています。

夫の江口洋介。白い巨塔で有名ですね。

結婚した後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.4.11~ 35 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
2007.4.11~ 38 208 13 黄色い星 黄色い戦士
2012.4.11~ 43 213 5 赤い空歩く人 赤い月
2013.4.11~ 44 58 6 白い鏡 赤い空歩く人
2014.4.11~ 45 163 7 青い夜 赤い地球
2004年 ハウス「ジャワカレー」のCM(2004年-2008年)では夫・江口洋介と共演していた。

2007年 5月、自身のヒット曲「渡良瀬橋」の歌碑が足利市にある渡良瀬橋のそばに完成。また同月には日産・ラフェスタのCFソングが発表された。

2008年 事務所の後輩のシャ乱Q結成20周年記念にゲスト出演し9年ぶりに公の場で歌を歌った。

2012年 デビュー25周年を機に本格的に歌手活動を再開することを発表した。メディアへの露出も急激に増え、再ブレイク。

2014年 「くまモンもん」で九州旅客鉄道 第7回 南九州魅力発掘大賞 特別賞を受賞

2017年5月25日、歌手デビュー30周年を迎えた。

ウェブスペルの色が赤色の半ばから本格的に歌手活動を再開しました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.4.11~ 49 63 11 青い夜 赤い空歩く人
2019.4.11~ 50 168 12 黄色い星 赤い地球
2020.4.11~ 51 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
森高千里の現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後の年に当たります。
51才の時はKin13。冒険心にあふれている年です。没頭すると怖いものなしです。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

自分自身が輝け、時を得て満足すること。

森高千里のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の半ばに芸能界入りします。
青色の後半には「17才」がヒットで人気アイドルとなります。
青色の最期付近にヒット曲を連発します。
黄色の半ばに江口洋介と結婚します。
赤色の半ばから本格的に歌手活動を再開しました。

吉田拓郎はミュージシャンとしての森高を「我々ミュージシャンが、今まで何十年もの期間をかけて作り上げた詞の世界観を、森高が一瞬で破壊してしまった」「その辺のドラマーより全然うまい」と高く評価している。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

ジュディ・オング
ジュディ・オングは、台湾出身の歌手、女優。劇団ひまわりに入団し子役として活動。その後、「魅せられて」が大ヒットしブレイク。香港版『おしん』の主題歌「信」が東南アジア全域で大ヒット。

続きを読む


来生たかお
来生たかお(きすぎ たかお)、日本のシンガーソングライター、作曲家。歌手活動と同時に、姉・来生えつことのコンビを主軸に作曲家としても活動。「セーラー服と機関銃」「セカンド・ラブ」などが代表曲。

続きを読む


大倉喜七郎
大倉喜七郎(おおくら きしちろう)は、日本の実業家。大倉財閥2代目総帥。戦後の公職追放、財閥解体などの難局に直面しながらも、日本のホテル業に大きな足跡を残しました。

続きを読む


鈴木宗男
鈴木宗男(すずき むねお)は、日本の政治家。第2次橋本内閣改造内閣で北海道・沖縄開発庁長官に就任し初入閣。ムネオハウスの疑惑を発端として数々の疑惑で失脚。その後、新党大地を結党し衆議院議員に返り咲き。

続きを読む


松山千春
松山千春(まつやま ちはる)は、日本の歌手。北海道出身。代表曲に「大空と大地の中で」「季節の中で」「長い夜」「君を忘れない」などあります。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin118)

大江健三郎
大江健三郎(おおえ けんざぶろう)は、日本の小説家であり、日本で2人目のノーベル文学賞の受賞者です。

続きを読む


伊集院光
伊集院光(いじゅういん ひかる)は、お笑いタレント、ラジオパーソナリティ、評論家、元落語家。雑学に優れクイズ番組では「ひらめきの天才」の異名を持つ。ライフワークはラジオ

続きを読む


横山大観
横山大観(よこやま たいかん)は、美術家、日本画家。近代日本画壇の巨匠であり朦朧体(もうろうたい)という描絵手法を確立させました。

続きを読む


寺脇康文
寺脇康文(てらわき やすふみ)は、日本の俳優、タレント。劇団『スーパー・エキセントリック・シアター』を退団後、活動の場を広げます。『王様のブランチ』の初代司会者。『相棒』の亀山薫役は、はまり役。

続きを読む


大場久美子
大場久美子(おおば くみこ)は日本の女優、歌手。1970年代アイドル。「コメットさん」で主演を演じ全国に知られる存在になります。アイドルを卒業し女優として活躍。

続きを読む


関連記事 (歌手)

錦野旦
錦野旦(にしきの あきら)は、日本の歌手、俳優。旧芸名は、にしきのあきら。アイドル歌手としてデビュー。「空に太陽がある限り」は自身の代表曲。その後、「スターにしきの」のキャラクターで再び脚光を浴びます。

続きを読む


マライア・キャリー
マライア・キャリーはアメリカのシンガーソングライター、音楽プロデューサー、女優。シングル18曲で全米1位を獲得は歴代2位の成績です。

続きを読む


雪村いづみ
雪村いづみ(ゆきむら いづみ)は、日本の歌手、女優、画家。太平洋戦争後に美空ひばり,江利チエミとともに「3人娘」と呼ばれ大衆的に大人気を得た。

続きを読む


研ナオコ
研ナオコ(けん ナオコ)は、歌手、タレント、女優、コメディエンヌ。歌手として活動するだけではなく、数多くのCMやバラエティ番組にも出演するテレビ・タレントとしても活躍しました。

続きを読む


島倉千代子
島倉千代子(しまくら ちよこ)は、日本の演歌歌手。デビュー曲が200万枚を売る大ヒット。しかし私生活でのトラブルで多額の借金を背負います。その後『人生いろいろ』が大ヒット。モノマネをきっかけに再ブレイク。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事