223 views

演出家・吉田鋼太郎の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 吉田鋼太郎

吉田鋼太郎
→ 画像検索はこちら

吉田鋼太郎(よしだ こうたろう)は、日本の俳優、演出家。

長く舞台で活躍。活動の場をテレビにも広げ『花子とアン』で嘉納伝助役、『おっさんずラブ』で黒澤部長役をつとめます。
蜷川幸男の後継の2代目芸術監督に就任。

このページでは吉田鋼太郎(よしだ こうたろう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

吉田鋼太郎の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1959年1月14日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin21です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 白い魔法使い 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い蛇
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin240
絶対反対kin kin151

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

ひとことでいえばKin21の誕生日占いは、目に見えないもの、価値のあるものに目を向けれるタイプです。勢いが増しているときこそタヅナを引き締めること。

広告

吉田鋼太郎の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都出身。小学生時代6年間を大阪で過ごしその後、東京都日野市で育ちます。
劇団雲のシェイクスピアを見て役者になるのを志します。

学生時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.1.14~ 19 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1979.1.14~ 20 41 2 赤い竜 黄色い太陽
1980.1.14~ 21 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
上智大学に在学中にシェイクスピア研究会公演『十二夜』で初舞台を踏みます。
その後、上智大学を中退。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに上智大学在学中に初舞台を踏みます。

その後、劇団四季に6か月在団。シェイクスピア・シアター、劇工房ライミング、東京壱組に在団し舞台を続けます。

劇団AUN

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.1.14~ 38 111 7 青い猿 赤い蛇
1998.1.14~ 39 216 8 黄色い戦士 赤い月
1999.1.14~ 40 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
1997年に演出家栗田芳宏と共に劇団AUNを結成。演出も手掛けます。

海外古典作品に要求される演技をこなせる役者として重宝され、蜷川幸雄の作品に多く出演。
同じく蜷川作品に出演が多かった藤原竜也や小栗旬と親交。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに劇団AUNを結成。演出も手掛けます。

テレビで見られる存在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.1.14~ 54 231 10 青い猿 白い風
2014.1.14~ 55 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
2015.1.14~ 56 181 12 赤い竜 白い犬
2013年にドラマ『半沢直樹』で半沢の上司役。
2014年に朝の連続ドラマ『花子とアン』で嘉納伝助役。
2015年より『所さん!大変ですよ』のナレーション担当。

活動の場をテレビにも広げます。

ウェブスペルの色が白色の最後付近より活動の場をテレビにも広げます。

蜷川幸男の後継

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.1.14~ 57 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
2017.1.14~ 58 131 1 青い猿 青い猿
2018.1.14~ 59 236 2 黄色い戦士 青い鷲
2016年に一般女性と結婚(事実婚1回を含めると4回目の結婚)。
同年、蜷川幸男の後継として『彩の国シェイクスピア・シリーズ』の2代目芸術監督に就任。
2018年にドラマ『おっさんずラブ』で黒澤部長役。

ウェブスペルの色が白色の最後の年に蜷川幸男の後継の2代目芸術監督に就任。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.1.14~ 60 81 3 赤い竜 青い嵐
2020.1.14~ 61 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
2021.1.14~ 62 31 5 青い猿 青い手
吉田鋼太郎の現在は、ウェブスペルの色が青色の始まり付近に当たります。
60才の時はKin81。面倒見がよいが、とりとめなくプライドの高い年です。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。
  • 青い嵐は、変化のエネルギーが強く、周りに影響を与え、まわりを巻き込みます。状況を変化させ、変化を恐れず、のめりこみます。

困ったときは自分の欠点を見直すチャンスになる。

吉田鋼太郎のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の始めころに上智大学在学中に初舞台を踏みます。
赤色の半ばに劇団AUNを結成。演出も手掛けます。
白色の最後付近より活動の場をテレビにも広げます。
白色の最後の年に蜷川幸男の後継の2代目芸術監督に就任。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

三浦友和
三浦友和(みうら ともかず)は、日本の俳優。妻は元歌手の山口百恵。山口百恵の相手役として映画初出演。次々にヒットとなりゴールデンコンビと騒がれます。その後、テレビドラマでも活躍。

続きを読む


佐藤弘道
佐藤弘道(さとう ひろみち)は、日本の体操インストラクター、司会者。『おかあさんといっしょ』の10代目たいそうのおにいさん。愛称は「ひろみちおにいさん」。

続きを読む


森末慎二
森末慎二(もりすえ しんじ)は、日本の元体操競技選手、タレント。1984年のロサンゼルス五輪では金銀銅の3つのメダルを獲得。引退後はテレビタレントとして活動。

続きを読む


舞の海秀平
舞の海秀平(まいのうみ しゅうへい)は元大相撲力士。最高位は東小結。現役時代は多彩な技で「平成の牛若丸」、「技のデパート」とも呼ばれファンを楽しませます。

続きを読む


笹野高史
笹野高史(ささの たかし)は、日本の俳優、タレント。コミカル、シリアス、真面目、堅物と、どのような役柄でも独特の味わいを見せる俳優。山田洋次監督作品の常連でもあり、時代劇には欠かせない存在。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin021)

堺屋太一
堺屋太一(さかいや たいち)は、日本の小説家・作家、評論家。通産省で大阪万博や沖縄海洋博覧会の企画に参加。通産省在籍中に作家として活動。大河ドラマの原作となった峠の群像、秀吉など歴史小説も数多く執筆。

続きを読む


松任谷由実
松任谷由実さんは、日本のシンガーソングライター。愛称はユーミン。女性最多となるアルバムミリオン「通算10作」、アルバム首位「通算22作目」の記録を持ちます。

続きを読む


坂本九
坂本九の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。坂本九(さかもと きゅう)は、俳優・タレント・歌手・司会者。愛称は、きゅうちゃん。『上を向いて歩こう』や『見上げてごらん夜の星を』、『明日があるさ』など数多くのヒット曲がある。

続きを読む


越路吹雪(こしじ ふぶき)は、元宝塚歌劇団男役トップスター、シャンソン歌手、舞台女優。宝塚歌劇団に在団しながら映画に出演。退団後はミュージカルスターとして活躍。

続きを読む


関連記事 (俳優)

志垣太郎
志垣太郎(しがき たろう)は、日本の俳優、声優。『あかんたれ』で主演し演技が認められ映画、テレビに多数出演。俳優としてキャリアを積んだ後、バラエティ番組に進出。

続きを読む


的場浩司
的場浩司(まとば こうじ)は、日本の俳優、タレント。映画『ビー・バップ・ハイスクール』やテレビドラマ『はいすくーる落書』などで全国区の知名度を得ます。一時はロックグループ「炎達」で歌手としても活動。

続きを読む


速水もこみち
速水もこみち(はやみ もこみち)は、日本の俳優。俳優としてドラマ『ごくせん』でブレイク。以降、ドラマで主演が多くなります。2011年より料理コーナー「MOCO'Sキッチン」を担当。

続きを読む


ムロツヨシ
ムロツヨシは、日本の俳優、コメディアン。長い下済み時代に無名の役者として多数の作品に出演。俳優や監督と繋がりを広げます。2014年に『日経トレンディ』の「今年のヒット人」に選ばれます。

続きを読む


松田優作
松田優作さんは、刑事ドラマ「太陽にほえろ!」で人気を獲得。1970年代後半からアクションスターとして人気を博し、1980年代からは演技派としても認められるようになりました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事