5,158 views

演歌歌手「森昌子」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 森昌子

記事公開日:2016年09月22日
最終更新日:2021年11月10日

森昌子
→ 画像検索はこちら

森昌子(もり まさこ)は、日本のアイドル・演歌歌手・女優。

『スター誕生!』に出場し初代グランドチャンピオンとなり芸能界デビュー。
アイドル歌手でしたが、数年して本格的な演歌歌手への道を歩み始めます。
絶好期に森進一と結婚し歌手業を引退。その後離婚し芸能活動を再開。
2019年いっぱいをもって芸能界から引退。

このページでは、森昌子(もり まさこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 歌手「森進一」の誕生日占いと人生鑑定
→ 昭和の歌姫「美空ひばり」の人生を見てみる
→ 演歌界の大御所「北島三郎」の人生を見てみる

森昌子(もり まさこ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1958年10月13日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin188です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い星 青い夜 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い星
互いに学びあう 反対kin 白い鏡
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い空歩く人
以てるもの同士の類似kin 青い猿
鏡の向こうのもう一人の自分 kin73
絶対反対kin kin58

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

ひとことでいえばKin188の誕生日占いは、生みの苦しみを知っているタイプです。あきらめの大切さを知りましょう。先が見えないときは気持ちにゆとりをもって。

広告

森昌子(もり まさこ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

栃木県宇都宮市の出身。
音楽好きで厳しく歌唱を教えられる。小学校4年生のとき東京に引っ越す。
人見知りが激しくいじめにあったため、学校に行くふりをして、実際には行かないことが多かった。

芸能界入り

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1970.10.13~ 12 148 5 黄色い星 黄色の種
1971.10.13~ 13 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
1972.10.13~ 14 98 7 白い鏡 黄色い人
1973.10.13~ 15 203 8 青い夜 黄色い戦士
1974.10.13~ 16 48 9 黄色い星 黄色い太陽
1975.10.13~ 17 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
1971年 『スター誕生!』に出場し初代グランドチャンピオンとなる。
同番組には、昌子本人ではなく、激しい人見知りを克服してほしい母親が内緒で申し込んだもの。
オーディション当日は、「洋服を買ってあげるついでだから」という口実で歌を歌わせた。

1972年 『せんせい』で歌手デビュー。
山口百恵、桜田淳子とともに「花の中三トリオ」と呼ばれる。

1973年 映画デビュー。この年から開催された『ものまね王座決定戦』の初代チャンピオンとなる。
1973年 NHK紅白歌合戦(第24回)に初出場。15歳は当時女性最年少での出場。
1975年 『おかあさん』が春の選抜高等学校野球大会(第47回)のに入場行進曲に選ばれ、森もセンバツ大会の開会式にゲスト出演した。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに『スター誕生!』に出場し初代グランドチャンピオンとなり芸能界デビューします。
紅白歌脱線に初出場した年には黒Kinが表れています。

演歌歌手へ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1977.10.13~ 19 103 12 青い夜 黄色い人
1978.10.13~ 20 208 13 黄色い星 黄色い戦士
1979.10.13~ 21 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
1980.10.13~ 22 158 2 白い鏡 赤い地球
1981.10.13~ 23 3 3 青い夜 赤い竜

1977年 『なみだの桟橋』以降、本格的な演歌歌手への道を歩み始め、『彼岸花』など、難易度の高い曲を歌いこなせる実力派へと成長。
1979年 新宿コマ劇場で史上最年少女座長として『森昌子公演』を行う
1981年 第32回NHK紅白歌合戦では『哀しみ本線日本海』で出場9回目、23歳にして初の紅組トリを務める。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近から本格的な演歌歌手への道を歩み始めます。
ウェブスペルの色が赤色に変わり、史上最年少女座長として『森昌子公演』を行います

引退

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1983.10.13~ 25 213 5 赤い空歩く人 赤い月
1984.10.13~ 26 58 6 白い鏡 赤い空歩く人
1985.10.13~ 27 163 7 青い夜 赤い地球
1986.10.13~ 28 8 8 黄色い星 赤い竜

1983年 『越冬つばめ』で第25回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。感激の余り受賞時に嬉し涙を流しながら歌った。
1985年 第36回NHK紅白歌合戦で初の紅組司会を、歌手出番では2度目の紅組トリをそれぞれ務める
1986年 10月1日、森進一と結婚し歌手業を引退。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。NHK紅白歌合戦で初の紅組司会
ウェブスペルの色が赤色の後半に森進一と結婚し歌手業を引退

人気最高潮の時の引退でした。この年のKin番号は8。ひとことでいえば
あるがままで生きることが最高の幸せと知っている年です。一歩退いて周囲を見ましょう。

復帰

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.10.13~ 46 78 13 白い鏡 白い世界の橋渡し
2005.10.13~ 47 183 1 青い夜 青い夜
2006.10.13~ 48 28 2 黄色い星 青い手
2007.10.13~ 49 133 3 赤い空歩く人 青い猿
2008.10.13~ 50 238 4 白い鏡 青い鷲
2009.10.13~ 51 83 5 青い夜 青い嵐

2005年 離婚

2005年に自宅で過呼吸の発作を起こし、意識を失って倒れ緊急入院した。
一種のパニック障害であった。わずか1日で退院したが様々な憶測を呼び、ワイドショーや週刊誌に不仲説が取り上げられて、後の離婚騒動に発展した。

2006年 旧所属事務所のホリプロから歌手として復帰。この年紅白歌合戦に出場。いまのところこれが最後の紅白出場。
2007年 NHK連続テレビ小説『どんど晴れ』で女優業を本格再開。
2008年 芸能活動を再開。ホリプロを退社し個人事務所おんがく工房を設立。
2009年 更年期障害や貧血、デビュー当時の歌唱力を失った自信喪失などからうつ状態に陥る。
2010年 子宮頸癌治療のため、子宮を全摘出手術

ウェブスペルの色が白色の最後の年に離婚
青色の始めの年から活動を再開します。
青色の前半から体の不調に見舞われます。

2度目の引退

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.10.13~ 57 193 11 赤い空歩く人 青い夜
2016.10.13~ 58 38 12 白い鏡 青い手
2019.10.13~ 61 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
2016年7月1日、デビュー45周年を迎えた。
2019年3月に2019年限りで芸能界引退を発表。
2019年12月25日の故郷の栃木県宇都宮市でのコンサートをもって活動終了。

ウェブスペルの色が黄色の始めの頃に芸能界から引退。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.10.13~ 62 198 3 白い鏡 黄色い戦士
2021.10.13~ 63 43 4 青い夜 黄色い太陽
2022.10.13~ 64 148 5 黄色い星 黄色の種
森昌子の現在は、ウェブスペルの色が黄色の前半に当たります。
63才の時はKin43。イメージを強めると実現しやすい年です。自分にしかできないことを考えましょう。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

時に従い周囲に従い初めて自分の場所に立つ。

森昌子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに『スター誕生!』に出場し初代グランドチャンピオンとなり芸能界デビューします。
黄色の最後付近から本格的な演歌歌手への道を歩み始めます。
赤色の始めに、史上最年少女座長として『森昌子公演』を行います。
赤色の半ばに日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。NHK紅白歌合戦で初の紅組司会。
赤色の後半に森進一と結婚し歌手業を引退。
白色の最後の年に森進一と離婚。
青色の始めの年から活動を再開します。
青色の前半から体の不調に見舞われます。
2度目の黄色の始めの頃に芸能界から引退。

森昌子は美空ひばりに大変可愛がられていた。
ひばりがテレビ局に共演を持ちかけ、昌子を楽屋に呼んだことが最初の対面である。
ヒバリは自らを「オネエチャマ」と呼ばせ、レッスンが遅くなると彼女を自宅に泊めたりもしたそうです。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

寺田農
寺田農(てらだ みのり)は、日本の俳優、声優。文学座附属演劇研究所の一期生。映画『肉弾』で主演し毎日映画コンクール男優主演賞を受賞。数多くの大河ドラマに出演。2008年より東海大学文学部特任教授。

続きを読む


田村裕
田村裕(たむら ひろし)は、日本のお笑いタレント、作家。お笑いコンビ・麒麟のツッコミ担当。自伝『ホームレス中学生』は200万部以上売れ、多数のメディアミックス化され一世を風靡。しかしブームが過ぎ去って以降は露出が激減。

続きを読む


若林正恭
若林正恭(わかばやし まさやす)は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優。お笑いコンビ・オードリーのツッコミ担当。2008年のM-1グランプリで2位となりブレイク。2012年ころからピンでの活動が増え番組司会を行うことが多くなった。

続きを読む


青木崇高
青木崇高(あおき むねたか)は、日本の俳優。妻はタレントの優香。映画『マッスルヒート』で俳優としてデビュー。朝の連続テレビ小説『ちりとてちん』で落語家・徒然亭草々役を演じ知名度UP。

続きを読む


川島明
川島明(かわしま あきら)は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者。お笑いコンビ・麒麟のボケでネタ作り担当。2014年ころからピンでの活動も増え2019年には朝の連続テレビ小説『なつぞら』に出演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin188)

鈴井貴之
鈴井貴之(すずい たかゆき)は、北海道を中心に活動するタレント、映画監督、放送作家。愛称はミスター。出演・企画・構成をした「水曜どうでしょう」は全国的な人気を獲得。

続きを読む


広岡浅子
朝の連ドラ「あさが来た」の「白岡あさ」は実在した人物で実業家の広岡浅子です。鉱山を経営、銀行を設立、大同生命創業に参画、日本女子大学校設立など明治時代を中心に活躍しました。

続きを読む


深津絵里
深津絵里は、日本の女優。1988年にJR東海のクリスマス・エクスプレス'88のCMに15歳で起用され認知されます。1997年にドラマ「踊る大捜査線」に恩田すみれ役でレギュラー出演しブームになります。

続きを読む


勝俣州和
勝俣州和(かつまた くにかず)は、日本のお笑いタレント、俳優。元アイドルでCHACHAのメンバー。テレビ番組には年中、七分丈ズボンを履いて出演することで知られます。

続きを読む


川鍋秋蔵
川鍋秋蔵(かわなべ あきぞう)は、日本の実業家。日本最大のハイヤー・タクシー会社である日本交通株式会社の創業者です。

続きを読む


関連記事 (歌手)

近藤真彦
近藤真彦(こんどう まさひこ)は、実業家、歌手、俳優、タレント、レーシングドライバー。ジャニーズ事務所取締役。ニックネームはマッチ。1980年代を代表する男性アイドル歌手。

続きを読む


森進一
森進一(もり しんいち)は、歌手、作曲家、社会福祉活動家。一聴して森と分かる、独特のハスキーボイスが特徴。1968年第19回NHK紅白歌合戦に初出場して以来48回連続出場。紅白歴代第1位の記録。

続きを読む


郷ひろみ
郷ひろみ(ごう ひろみ)は、日本の歌手、俳優。西城秀樹、野口五郎と共に『新・御三家』と並び称される昭和を代表するスターの一人です。長く第一線での活躍を続け、母娘の親子2代でファンというケースもあるほど。

続きを読む


都はるみ
都はるみ(みやこ はるみ)は、女性演歌歌手。昭和40年代から50年代にかけて数多くのヒット曲を生み、名実ともに日本を代表する演歌歌手です。代表曲は「アンコ椿は恋の花」「北の宿から」など。

続きを読む


前田敦子
前田敦子(まえだ あつこ)は、日本の女優、歌手。女性アイドルグループAKB48の元メンバー。オープニングメンバーであり、センターとして約6年活動。卒業後は女優業に専念。夫は俳優の勝地涼。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ