540 views

演歌歌手・坂本冬美の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 坂本冬美

記事公開日:2020年01月04日
最終更新日:2020年06月17日

坂本冬美
→ 画像検索はこちら

坂本冬美(さかもと ふゆみ)は、日本の演歌歌手、女優。

代表曲は「あばれ太鼓」「祝い酒」「夜桜お七」など。ドラマでも活躍。
紅白歌合戦に30回以上出場している常連です。

このページでは、坂本冬美(さかもと ふゆみ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 藤あや子と坂本冬美と伍代夏子の誕生日占いと相性占いを診断

坂本冬美の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1967年3月30日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin156です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 黄色い種 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin105
絶対反対kin kin26

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin156の誕生日占いは、自分から積極的にいくことができるタイプです。血気さかんな時こそ、来るべき事態に備える。

広告

坂本冬美の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

和歌山県出身。姉と弟がいます。
生まれた時に肌が雪のように白かったことから冬美と叔父から名付けられます。
中学時代の作文には将来の夢は演歌歌手と書いていました。石川さゆりのファンでした。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.3.30~ 18 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1986.3.30~ 19 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1987.3.30~ 20 176 7 黄色い戦士 白い犬
1985年に和歌山県の高校を卒業し大阪で経理の仕事をするものの4カ月で退社し和歌山の梅干し会社「ウメタ」に入社。勤務する傍ら演歌歌手を目指しカラオケ教室に通います。
1986年にNHK「勝ち抜き歌謡天国」の和歌山大会で名人になり上京。同年4月から11月まで作曲家の猪俣公章の内弟子になります。
1987年に「あばれ太鼓」でデビュー。同曲は80万枚を超える売上を記録し『日本レコード大賞』などで数々の新人賞を獲得。

ウェブbスペルの色が白色の半ばに「あばれ太鼓」でデビュー。80万枚を超える売上を記録。

紅白歌合戦に初出場

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.3.30~ 21 21 8 赤い竜 白い魔法使い
1989.3.30~ 22 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
1990.3.30~ 23 231 10 青い猿 白い風
1988年に「祝い酒」で『日本レコード大賞』の金賞を獲得。同年、紅白歌合戦に初出場。
紅白歌合戦にはこの後、2001年まで連続14回出場。

ウェブスペルの色が白色の後半に「祝い酒」で紅白歌合戦に初出場。

ユニット「HIS」

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.3.30~ 24 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1992.3.30~ 25 181 12 赤い竜 白い犬
1993.3.30~ 26 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
1991年に細野晴臣・忌野清志郎とユニット「HIS」を結成。アルバム「日本の人」発売。
同年、芸術選奨新人賞(げいじゅつせんしょうしんじんしょう)を受賞。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に細野晴臣・忌野清志郎とユニット「HIS」を結成。

心の糸

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.3.30~ 28 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1996.3.30~ 29 81 3 赤い竜 青い嵐
1995年に阪神・淡路大震災・チャリティーソングの「心の糸」を香西かおり・伍代夏子・坂本冬美・長山洋子・藤あや子名義で発表。
1996年に世良公則のカバー曲「銃爪(ひきがね)」はノエビアの「コスメティック・ルネッサンス」CMシリーズに使用。

順風満帆に歌手活動を続けます。

ウェブスペルの色が青色の始めころに阪神・淡路大震災・チャリティーソングの「心の糸」を発表。

芸能活動一時休業

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.3.30~ 30 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1998.3.30~ 31 31 5 青い猿 青い手
2001.3.30~ 34 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
1997年に父が交通事故で突然亡くなります。
坂本冬美の歌への情熱が薄れ、さらに持病の病気が悪化。体調の優れぬ中で過密なスケジュールをこなしていきます。
歌手活動15周年の2002年に一切の芸能活動を休止し和歌山の実家へ休養を兼ね戻ります。
紅白歌合戦への連続出場はここで途絶えます。

ウェブスペルの色が青色の前半に父が突然亡くなり歌への情熱が薄れていきます。
青色の後半に芸能活動を休止し和歌山の実家へ休養を兼ね戻ります。

復帰

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.3.30~ 35 191 9 青い猿 青い夜
2003.3.30~ 36 36 10 黄色い戦士 青い手
2004.3.30~ 37 141 11 赤い竜 青い猿
歌手復帰のきっかけは、和歌山の実家で二葉百合子の65周年リサイタルで「岸壁の母」を聴いた時。
感銘を受け、二葉百合子へ手紙を送り自宅を訪ねます。温かい励ましの言葉を掛けて貰います。
2002年11月より二葉百合子のレッスンを受け、完全復帰。
丁度休業から1年後の2003年4月1日『NHK歌謡コンサート』へ生出演。
2003年に2年ぶりに紅白歌合戦に参加。以降、2019年現在まで連続で参加。合計で31回。

ウェブスペルの色が青色の後半に二葉百合子のレッスンを受け、完全復帰。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.3.30~ 52 156 13 黄色い戦士 黄色の種
2020.3.30~ 53 1 1 赤い竜 赤い竜
2021.3.30~ 54 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
坂本冬美の現在は、ウェブスペルの色が赤色の変わったタイミングに当たります。
53才の時はKin1。過ちや欠点なども含め、相手のさまざまな点を受け入れることができる心の広さのある年です。

  • 音1は、迷いのない決断力のあり即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

初めての物事が多い。それは天からの贈り物。

坂本冬美のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばに「あばれ太鼓」でデビュー。80万枚を超える売上を記録。
白色の後半に「祝い酒」で紅白歌合戦に初出場。
白色の最後付近に細野晴臣・忌野清志郎とユニット「HIS」を結成。
青色の前半に父が突然亡くなり歌への情熱が薄れていきます。
青色の後半に芸能活動を休止し和歌山の実家へ休養を兼ね戻ります。その後、二葉百合子のレッスンを受け、完全復帰。

現在も私生活では独身を貫いています。
二葉百合子門下生の藤あや子、原田悠里、島津亜矢、石原詢子とは「二葉組」を結成。仲が良いそうです。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

寺脇康文
寺脇康文(てらわき やすふみ)は、日本の俳優、タレント。劇団『スーパー・エキセントリック・シアター』を退団後、活動の場を広げます。『王様のブランチ』の初代司会者。『相棒』の亀山薫役は、はまり役。

続きを読む


谷原章介
谷原章介(たにはら しょうすけ)は、日本の俳優、タレント、司会者。モデルを経て俳優としてデビュー。『王様のブランチ』の2代目司会者や『パネルクイズ アタック25』の3代目司会者。

続きを読む


上川隆也
上川隆也(かみかわ たかや)は、日本の俳優。ドラマ『大地の子』の主役に抜擢され以降、テレビドラマや映画にも活動の場を広げるようになります。大河ドラマ『功名が辻』で主役の山内一豊役。

続きを読む


福本豊
福本豊(ふくもと ゆたか)は、元プロ野球選手(外野手)、野球指導者。通算盗塁数およびシーズン盗塁数の日本記録保持者。「世界の福本、世界の盗塁王」の異名を持つ人物。阪急ブレーブス黄金時代の主力として活躍。

続きを読む


柳沢慎吾
柳沢慎吾(やなぎさわ しんご)は、日本のタレント、コメディアン、俳優。『ふぞろいの林檎たち』シリーズなどに出演し俳優としての地位を確立。バラエティ番組では「落ち着きのない」キャラクターを披露。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin156)

林原めぐみ
林原めぐみ(はやしばら めぐみ)は、日本の女性声優、歌手、ナレーター。『らんま1/2』の女らんまを担当して以来主役級のキャラクターを数多く演じます。第3次声優ブームの源流かつ最も代表的な人物。

続きを読む


芳根京子
芳根京子(よしね きょうこ)は、日本の女優。朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』で主演。2018年に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

続きを読む


安美佳(アン-ミカ)
安美佳(アン ミカ)は、韓国出身大阪育ちのファッションモデル。1993年にパリコレに参加。以降はモデル業以外にテレビ・ラジオ出演、エッセイ執筆や講演など様々な方面で活躍。

続きを読む


関連記事 (歌手)

倖田來未
倖田來未(こうだ くみ)は、日本の女性歌手。「エロかっこいい」独自のスタイルを確立。ミリオンセラーを連発。2006年に新語・流行語大賞トップ10に選ばれた。実妹は歌手のmisono。

続きを読む


円広志
円広志(まどか ひろし)は、日本のシンガーソングライター、タレント、作曲家。自ら歌った『夢想花』がロングヒット。森昌子の『越冬つばめ』の作曲家。関西製作のバラエティに多く出演。

続きを読む


森川美穂
森川美穂(もりかわ みほ)は日本の女性歌手、女優。80年代アイドル。アイドル歌手としてデビューするが路線変更。アニメ『ふしぎの海のナディア』の主題歌は大ヒット。GiRLPOPで人気の代表格となった。

続きを読む


藤井フミヤ
藤井フミヤ(ふじいフミヤ)は、日本のミュージシャン、俳優。元チェッカーズのリードボーカル。チェッカーズ解散後はソロとして活動。弟の藤井尚之と「F-BLOOD」を結成し活動。

続きを読む


小椋佳
小椋佳(おぐら けい)は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家。東京大学卒、銀行勤務の異例のシンガーソングライター。歌手としても活動する一方、多くの歌手に楽曲を提供。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事